FC2ブログ

2019-01

【東京へGO!】-IWCAカッピングセミナー

【東京へGO!】-IWCAカッピングセミナー

大寒間近…
寒さは厳しいですが
まだ本格的な雪の日が少ない金沢…


この時期の県外へのお出かけは、色々あるので控えているのですが
気になるセミナーがあったので❤
先日のお休みを使用して
東京へ行ってきました。

レッツゴーで北陸新幹線で東京へ

日帰りでセミナーの参加も、身軽に行ける時代になりました。
当日券で新幹線に乗りましたが…やはりビジネスマンでいっぱいですね。

金沢 7:48発

東京 10:20着

目的地は、新橋のワタル株式会社にて行われたIWCA カッピングセミナーへ

東京から新橋はあっという間に
もう10時半すぎには新橋に到着

とってもとっても行きたかった
カフェドランブル さん

銀座8丁目永田ビル

今は亡き店主 関口一郎さんは、日本の珈琲御三家の一人であり
生前は、100歳をこえても店頭にいらっしゃり
お客様と会話も。
素敵な方でした。

全国とは言わず、国内外から珈琲ファンや信望者が集う
「カフェ・ド・ランブル」


1948年創業66年の歴史ある喫茶店です。

は、12時からの営業のため あきらめて…

目的地に近い
草枕 さんへ行ってきました。
何度か行くとなんとなく道も覚えてきました。
新橋駅を西へ向かって歩き

ふと気が付くと素敵な緑の暖簾

20190118075633348.jpg 20190118075617362.jpg

緑もきれいな演出。
中は、細く奥が長い
カウンター席に2人がけテーブルも。
ビジネスマンも多いのでしょうか。

早速ネルドリップのデミタスを頂きました。



こちらは、何年か前に行った際のメニューですが、今回はデミタスというメニューを発見しました。

コーヒーの粉を25g使い50㏄いれる濃厚なコーヒーです。

マスターに聞いてみると、数年前に新たに加えてのだとか…
お客様からオーダーがあったのでしょうか…

20190118075608223.jpg 

赤いデミタスカップに。
こちらのカップ&ソーサーもお客様によってかえてらっしゃるのでしょう。
かわいいカップです。

マスターがネルドリップで点滴ドリップを。
濃厚な1杯でありながら、とても丸い味わいです。
美味しく頂いました。

20190118080627728.jpg 


手回しロースターで自家焙煎。

あの有名な、大坊珈琲に憧れてお店をしたのだそうです。

隠れ家的な雰囲気もいいですね。

デミを頂いてふらっと散策。
まだまだあります。

コーヒーを頂いてもまだまだ時間が
という事で虎の門森タワー

ランチの後に見つけたカフェ

THE 3RD CAFE

20190118081010227.jpg 20190118081015406.jpg

セルフスタイルのカフェを発見。
お昼時間前でも店内は、いっぱいです。
サンドやパン類
他焼き菓子もあり間口がオープン。
気軽に入りやすいお店です。

見た目の通りカジュアルな印象。

20190118081021295.jpg 20190118081028662.jpg

コーヒーは、ハンドドリップで淹れてくれる珈琲と機械で淹れる珈琲があります。
価格は違いますが
ハンドドリップは400円~
その日のシングルオリジンによって違うのですね。

ハンドドリップは、このようにお客様から見えるところで演出。
私がオーダーした時は、すぐに淹れてくれました。

20190118081034333.jpg 20190118081038989.jpg

「ブラジル」

20190118081044548.jpg 

虎の門から離れて徒歩10分

上島珈琲店No.11


ここは、広くて入りやすく
ゆったりとくつろげます。



ここへ来たら
みるく珈琲を。




セミナー会場へはここから徒歩10分圏内。
近場に色々あります。

20190118082250241.jpg 20190118082259155.jpg

裏道では、こんなお店も。
PEACE COFFEEROASTER

店内は、豆売りとちょっとしたサンドやドリンクを提供するカフェ。
常連さんが次から次へと入ってくる
地域密着のお店でした。

豆うりにも力を入れているようで、入口には、沢山豆が陳列されていました。
見ていると、コーヒー豆の説明もしてくれます。
本店の千葉県でスマートロースターで焙煎したものを配送しているのだそうです。

豆の袋の裏には、ローストデイも記載されていました。
カッピング直前 という事で
コーヒーを飲むのは控えて

おすすめのブラジルとマンデリンをゲット。

早速本題の会場へ。

コーヒーを飲みすぎて
ここまでで実はお腹がチャプチャプに。(^_^;)
今回のセミナーは、女性限定でした。
一般の方から焙煎や輸入業者さん
喫茶店の経営をされているかた
沢山いらっしゃいました。

【内 容】スパイスを使ったフレーバーの勉強

【講 師】糸井優子

(IWCA日本支部代表理事、SCAJローストマスターズ元委員長、(有)タイムズクラブ代表取締役)
【対象者】カッピング・焙煎に興味のある方

【目 的】カッピングの基礎知識と技術を習得する/焙煎の重要性を再確認する

講師の糸井さんはとても気さくな方で
楽しく始まりました。

題材となるのは、世界各国のスペシャルティーコーヒーです。
スペシャルティーコーヒーとは何かご存知でしょうか?

日本では、2000年ごろから少しずつ目にするようになったスペシャルティコーヒーの文字。
日本スペシャルティコーヒー協会では、「スペシャルティコーヒーとは、
消費者がおいしいと評価し、満足するコーヒー」と定義しています。

評価基準はあくまでも消費者サイド。

従来のコーヒーの評価は、標高や豆の大きさ。欠点数の多さなど、
生産者サイドの格付け基準で行われていました。加えて飲んだ時の味わいは評価されず…(-_-;)

そんな状況に対してアメリカで、少しずつ「高品質のコーヒーを正しく評価するためには、カッピング(テイスティング)による味わいに注目すべきだ!」という動きになりました。1978年のフランスで開催された世界コーヒー会議では、
アメリカのクナッセンス史により初めて「スペシャルティコーヒー」という言葉が使われました。

その後、1982年、アメリカのカリフォルニアでアメリカスペシャルティコーヒー協会が誕生し、

世界各国に誕生、日本では2003年に日本スペシャルティコーヒー協会が誕生しました。

世界で流通するコーヒー豆のランクとして評価点数80点以上をスペシャルティコーヒーと呼び全体のわずか6%です。
他にはプレミアムコーヒー14%
    コマーシャルコーヒー約40%
    輸出規格外品 約40%となり、普段私たちが飲んでいる珈琲にはランクがあるのです。

難しく感じるかもしれませんが
簡単にいうと美味しいコーヒーを表す言葉の一つであります。
評価は、点数やコメント表現などで。


その際に使うのがカッピングフォーム。
SCAA方式
SCAJ方式がありますが

その基礎となったものを造ったのが

アメリカ人のジョージ・ハウエル氏

コーヒー豆の国際審査会カップオブエクセレンスの創設者の一人であり
現在の評価基準を確立された方です。

ボストン郊外のアクトンという町でTerroir Coffeeというロースターを経営されています。

20190118082344731.jpg 
カッピングは、飲む前から始まります。

サンプルの焙煎度

コーヒーは粉砕された状態での香り
お湯を注いだと気の香り
撹拌した際の香り
そののち
各項目の点数やコメントを書き込みます。

最初にフレーバーとアフターテイスト
次にマウスフィールとアシディティ
そしてクリーンカップとスイートネス
温かい時
ぬるい時
冷めた時
それぞれに評価をしますが
香りやフレーバーは、冷めるととぶので…
フレーバーはやはり早めにとります。

フレーバーは、口に含んだ際に鼻から抜ける香りを
アロマは、鼻で感じる香りを

アシディティ―は、ポジティブな酸味をさします。
日本人がよく嫌いという酸味には
しぶみ
えぐみ、ざらつきを感じる
古くなった食べ物から連想するような
酸をとらえる人も多いのですがここでは
果物や発酵食品などの良質な酸をさします。

アシディティ―に対して
嫌な酸味は、サワネス

他にもマウスフィール 口当たり
シルクなどの布や生地に表現することも多いようです。

今回は、点数をつけながら

コーヒーのフレーバーに感じる食べ物を

ディスカッション

20190118082330531.jpg

果物
草木花
木の実
スパイス

大きくわけて甘さを感じるものと甘さのないものに
スパイスは、普段なかなか使わないのですが
サンプルがあり、香り比べ。

刺激的でエキゾチックで
なんとなくクセになるスパイス

人気は、カルダモンでした。

コーヒーのフレーバーって色々あるのですね。
さてさて、コーヒーにスパイシーさを感じるのか

 20190118082315680.jpg

アフリカ4か国
中南米
合計8か国のコーヒーをテイスティングしました。

自分で感じたものと
他の方の意見と

20190118082309106.jpg


比べると面白い…

コーヒーの香味も精製の違いで個性がでるように。
同じ国でも全然違います。

点数が高いものは、熱い時でも冷めてからでも

クリーンカップの評価が高く

雑味を感じず
味わいに重みがあり色々な香味を感じる
複雑な味わい
私が一番気に入ったのは、生産国「ペルー」
COE1位の評価の高いコーヒーでした。
コーヒーって苦いだけでなく色々な味わいがあるのですね。

ふらっと東京へ
楽しいカッピングセミナーでした。


【ご協力】ワタル株式会社様

IWCA(International Women's Coffee Alliance)は、2003年にコーヒー生産に携わる女性の生産技術と地位向上、持続可能な社会生活の実現を目的としてコスタリカでNPO法人として設立されました。

現在はニューヨークに本部を置き、コーヒーの生産国の60%である17カ国がIWCAに加盟しています。IWCA日本支部は消費国で米国を除き最初に設立され、現在意欲的に活動されています。

◆IWCAについて詳しくは下記サイトをご覧ください。

■IWCA公式サイト:
http://www.iwcajapan.org/
■IWCA Facebook page:
https://www.facebook.com/IWCAJAPAN/

【金沢でなんと予選!!】-ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ (JHDC) 2019

【金沢でなんと予選!!】-ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ (JHDC) 2019

耳寄り情報!!

ジャパンハンドドリップ競技会
というコーヒーのドリップの抽出技術を競う大会が
あるのを知っていましたか?

今年はなんと、大会初の
金沢予選が行われるのです。


DSC06026.jpg  


近年始まった珈琲のハンドドリップの抽出技術を競う

「ジャパンハンドドリップ競技会」 
一体どんな競技会でしょうか?

知っている方もいらっしゃるでしょうか!

決められた抽出器具は、なんと日本の家庭で最も普及し使われているなじみのある器具 
ドリッパーを使用した「ハンドドリップ」
 です。

競技会を主催する日本スペシャルティコーヒー協会公式ホームページにはこう書かれています。↓

『JHDCとは

「ジャパンハンドドリップチャンピオンシップ」(以下、JHDC)は、珈琲専門店から各家庭まで、日本で最も親しまれている抽出方法「ハンドドリップ」に特化した競技会です。シンプルなルールでありながら、競技を勝ち抜くためにはコーヒーとハンドドリップ抽出に関する多角的な知識と技術と経験が求められます。本競技会では、各地区予選を通じて幅広い層からの参加を募り、多くの方々が「美味しいハンドドリップコーヒー」を淹れるための検証と工夫に取り組んでくれることを願っています。

本競技会を通じ、より多くの人々にコーヒーを「手で淹れる」ことの魅力を伝え、日本の「ハンドドリップコーヒー」の素晴らしさを世界に向けて発信していきたい。そんな願いを込めた競技会です。』

(日本スペシャルティ‐協会公式ホームページールール規約引用)

参加資格は国籍不問の日本語が理解できる18歳以上の方すべて 


間口が広いのですが、実は奥が深い。参加者は、プロもいれば一般の方も勿論います。


毎年ルールが少しずつ変わってはいますが
日々やっている事がそのまま力量となって出る
チャレンジしがいのある競技です。

そんな、競技会は、2012年から始まり
毎年素晴らしい日本チャンピオンが誕生し
コーヒー業界でも盛り上がっております。

競技は、地区予選と決勝大会に分かれます。

なんと昨日、地区予選の募集が始まりました。

福岡 3/8 
大阪 3/12、13
金沢 3/29
東京 4/4,4/5

計6日間 各日定員32名 という事で参加者は、合計192名

福岡、東京、大阪に続いて
なんと今年から 金沢予選が始まり…。

コーヒーの街 金澤でも激戦がはじまりそうです!

北陸新幹線が通り、東京金沢間なんと2時間半
日本のほぼ中央に位置する金沢…って実は利便性が良いのですね。



北陸新幹線東京からの終着駅は、
「金沢駅」

image1 (1024x768)
巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」と木製の「鼓門」を完成させました。
大きなガラス製ドームは、風、雨や雪の日が多いお天気の金沢でも
安心して歩けるドーム型。
これぞおもてなしです。

「2011年12月27日に米の旅行雑誌「トラベル・レジャー」のウェブ版で、
「世界で最も美しい駅」の14駅の内の1つに選ばれた」


観光スポット 鼓門


金沢の街中は、ホテルが建設ラッシュ。

気になる金沢予選は、そろそろ桜のお花見シーズンでございます。

30.jpg

いい季節。

予選へ参加して花見をするのもいいかもしれません!!

気になる予選の応募は、なんと昨日ネットで始まりました。

2019年の1月16日から2月11までのお申込み期間

なんと、申込み締切でございます。

参加者総勢 192名。 
申込日と共にすぐに埋まるとはなんと人気でしょうか!!

参加したい方は、キャンセル待ち。

金沢予選も即応募締切となり…北陸勢が参加するのでしょうか?

ちなみに
場所は、勤労者プラザ(金沢市北安江) すぐそばです。

応援しにいったり見に行くこともできます。

2012年から始まり、わたくしも競技者として参加をしたり
予選大会の運営スタッフのお手伝いをしたり
何年か前には、ジャッジのお仕事をさせて頂きました。

それぞれの立場で携わらせて頂き、大会を通していろいろな方とかかわるうちに
視野が広がりました。
大変だったなと想いながらも今となっては、良き経験の一つ。

競技会に参加した時の、あれほどの緊張感は、なかなかないものですが
ボランティアスタッフとして働いても、
ハラハラ、ドキドキ
緊張はどの立場でもするものでした。

勝敗だけではなく、素晴らしいものがあります。

今年もどんな予選が繰り広げられるのでしょうか!
楽しみですね。

金沢にお住まいの方
興味のある方はこちら↓

ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ (JHDC) 2019 競技者募集
http://scaj.org/activity/competitions/jhdc-2/2019overviewstop



玉露―ぎょくろ―別名「お茶のブランデー」

玉露―ぎょくろ―別名「お茶のブランデー」


今さらですが、日本語の語源って実は
知っているようで知らない事が多いなと感じます。

たとえば「日常茶飯事」
と書いて
「にちじょうさはんじ」と言いますね。

この日常茶飯事の意味は…

毎日食べるご飯
食事の後、家事の後、そして休憩に一服の茶を飲む。

そんな、毎日当たり前にする食事や茶を飲むように
ありふれた行為や出来事という。

なるほど
そういわれてみたら
ご飯を食べたり、お茶を飲むのって当たり前の日常です。

お茶を飲む
最近、肌寒くなり、毎日お茶を飲んでいます。

皆さんの好きなお茶は、なんですか?

鮮やかなグリーンの煎茶
香ばしい香りが魅力のほうじ茶
とろっと甘みのある玉露
優美に過ごす時に楽しむお抹茶

 DSC02108.jpg

日本茶って色々バラエティーに富んでいますね。

日本茶には、コーヒーにも勝る体に嬉しい効能がいっぱい。

風邪ひき予防にビタミンCたっぷり
老化予防
虫歯予防
眠気覚ましに
そして血圧を下げる

よく飲むお手軽なお茶には2種類

煎茶 と 番茶 があります。
煎茶と番茶の違いは、1番茶で作るのが煎茶
2番から4番茶で作るのが番茶です。

お茶の旬の時期
新茶の季節は5月

その後、10月の秋口まで4回摘み取られます。

やはり、栄養効果的は
1番茶の方がたーっぷり。

なぜなら、初摘みまで葉は養分をため込んでいるからです。

栄養たっぷりで
香りも豊か
そして美味しい。

私がやっぱりゆっくりと味わいたいのは、玉露とお抹茶。

上質な茶葉の香味わい
そしてなんといっても色の美しさ。

澄んだ緑の綺麗なこと。

玉露とお抹茶は
他の茶葉と違うのですね…

あの類まれな香りや味わいは、育ちから違っていました。
玉露や抹茶の茶畑には、覆いをかけて直射日光をカットして育てるようです。

何とも言えないうまみは、そこからきたのでしょうか。

コーヒーも育て方で味が違い
精製でも変わります。

お茶の世界も
ちょっと覗けば色々。

色の濃いほうじ茶や玄米茶
味よりも香ばしい香りがなんとも言えません。

ですが
玉露 は、最高級の緑茶として
海外の方にも人気です。

早速玉露を頂いてみました。

DSC02112.jpg 

玉露は、低温でいれます。

甘み
うまみ
味わいが深く

なんとも言えません。

別名お茶のブランデーとも言われる玉露。

これは、飲む価値があります。

日本茶を飲むと、やっぱり食が進みます。

と思いませんか?
日本の食文化を感じます。

お抹茶と玉露
店内でも始めました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (3)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (317)
ネルドリップ (161)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (56)
サイフォン (19)
エスプレッソ (13)
アイス珈琲 (42)
ペーパードリップ全般 (365)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (124)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (482)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (6)
スペシャルティーコーヒー豆 (75)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (507)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (148)
コーヒースイーツ (74)
カカオ (33)
加賀紅茶 (42)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (826)
金沢城公園・兼六園 (269)
陶芸家「小西みき」 (16)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (151)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (164)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (70)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (16)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【東京へGO!】-IWCAカッピングセミナー 2019/01/19 【東京へGO!】-IWCAカッピングセミナー大寒間近…寒さは厳しいですがまだ本格的な雪の日が少ない金沢…この時期の県外へのお出かけは、色々あるので控えているのですが気になるセミナーがあったので❤先日のお休みを使用して東京へ行ってきました。レッツゴーで北陸新幹線で東京へ日帰りでセミナーの参加も、身軽に行ける時代になりました。当日券で新幹線に乗りましたが…やはりビジネスマンでいっぱいですね。金沢 7:48発↓東京 10...
【金沢でなんと予選!!】-ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ (JHDC) 2019 2019/01/18 【金沢でなんと予選!!】-ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ (JHDC) 2019耳寄り情報!!ジャパンハンドドリップ競技会というコーヒーのドリップの抽出技術を競う大会があるのを知っていましたか?今年はなんと、大会初の金沢予選が行われるのです。  近年始まった珈琲のハンドドリップの抽出技術を競う「ジャパンハンドドリップ競技会」 一体どんな競技会でしょうか?知っている方もいらっしゃるでしょうか!決...
玉露―ぎょくろ―別名「お茶のブランデー」 2019/01/17 玉露―ぎょくろ―別名「お茶のブランデー」今さらですが、日本語の語源って実は知っているようで知らない事が多いなと感じます。たとえば「日常茶飯事」と書いて「にちじょうさはんじ」と言いますね。この日常茶飯事の意味は…毎日食べるご飯食事の後、家事の後、そして休憩に一服の茶を飲む。そんな、毎日当たり前にする食事や茶を飲むようにありふれた行為や出来事という。なるほどそういわれてみたらご飯を食べたり、お茶を飲むの...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 アイスコーヒー 金箔珈琲 ゲイシャ 台風 ドリップバッグ 金沢マラソン コーヒーノキ 立冬 カニ解禁 コーヒーの日 水出しコーヒー ハワイコナ クリスマス 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
11位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター