FC2ブログ

2019-11

珈琲豆と保存 検証日記⑥

珈琲は、知れば知るほど謎が多いもの(*_*)

ですが、一つ一つに焦点を絞るとまるで科学の世界です。

研究を初めてから3ヶ月。

確実に成果が出てきました。

前回までの結果からもわかるように瓶詰めボトル珈琲の優れた保存性にはびっくりしました。

珈琲豆は焙煎後、炭酸ガスの放出と共に酸化、劣化が進みます。保存といっても面白いことに、同じような瓶詰めでもセラーメイトガラス密封瓶のような口広タイプとスイングボトルでは、歴然とした差が出ました。





今回の実験はこのスイングボトルにフォーカス!

下記の3パターンで比較してみました。

使用した珈琲豆はフレンチロースト「百万石ブレンド」



1 焙煎後1週間後に瓶に詰め14日目でテスト試飲


ペーパードリップとネルドリップで


   

  
開封時はややライトにガスの抜ける音がし、抽出はガスのでもよく問題はなさそうでしたが、味の風味はややぬけ気味であり味も濃く感じました。

これはちょっとガスを抜きすぎたようです^^;

2 焙煎後、当日の瓶詰め、更に豆のままと粉の状態で保存し8日目でテスト※炭酸ガスで瓶が破裂するかもしれません。危険です!真似しないようにしましょ(^_^;



瓶を開けるときに、勇気がいりますね…!?

まずは豆の状態

開封時、ポンとガスはでたものの、吹き飛ぶまでは行きませんでしたがいきおいはありました。

香りも良く抽出できましたが、煎り立てを淹れた時のように味が落ち着いてなく浮いた感じ。新しすぎる味がしました。



粉の状態

珈琲豆は粉にすると炭酸ガスの放出も猛烈なスピードで進行します。香りも奪われます。

瓶を開けた瞬間、粉が飛びました!^^;



勢いで瓶の蓋に珈琲粉が張り付きました・・

抽出中はきめ細かな泡がたくさんでて香りよい旨味が感じられる珈琲になりました。

きちんと密閉されていたのがわかります!

3 焙煎後、3日目瓶詰めし、8日目テスト豆と粉で検証



豆と粉だと、粉の状態で保存した珈琲が濃いめに入るもののどちらも珈琲豆の風味がバランス良くでていました。



更に同じ焙煎日の百万石ブレンド

タッパに入れて保管した珈琲と比較してみました。

膨らみも弱く、香りが少ない。更に舌に重くのしかかる苦味が多く濃度もかなりでました。

豆の状態での保管でも密閉性のあるなしではかなり変わることがわかりました★

まとめ※瓶詰め色々検証

◆焙煎後1週間後の瓶詰めは、ガスの放出と共にやや珈琲の酸化が進んでいた。1週間は長すぎる
◆焙煎直後に瓶詰め。煎り立ての落ち着いてない味がカップに出てきてしまった
◆焙煎直後の粉の状態での保存はガス圧を想定すると危険
◆豆と粉では、豆の方が長持ちする
◆粉の方がガスの量が少なく、味は濃いめの傾向
◆焙煎後3日。バランス良く最も美味しいと感じた
◆同じ豆のままでも、ただの容器と密封瓶では美味しさに差がで、保存用としての容器としての魅力も感じずにはいられない

ちょっとマニアックでしたね…☆彡



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/tb.php/820-bdd392ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

珈琲豆と保存 検証日記⑦ «  | BLOG TOP |  » 珈琲豆と保存 検証日記⑤

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

SDGs (6)
コーヒーノキ栽培 (58)
コーヒーギフト (9)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (354)
ネルドリップ (171)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (60)
サイフォン (20)
エスプレッソ (30)
アイス珈琲 (46)
ペーパードリップ全般 (376)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (132)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (512)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (30)
ブレンドコーヒー豆 (8)
シングルオリジンコーヒー豆 (27)
スペシャルティーコーヒー豆 (80)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (554)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (179)
スイーツ (86)
カカオ (32)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (11)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (909)
金沢城公園・兼六園 (332)
陶芸家「小西みき」 (18)
彫刻家「木下輝夫」 (18)
華道家「草月流 栄波」 (69)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (159)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (20)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (23)
研修レポート (175)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (81)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (20)
珈琲ギフト (12)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (3)
金澤散策 (15)
看板 (1)
コーヒーバッグ (16)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

珈琲豆と保存 検証日記⑥ 2014/05/09 珈琲は、知れば知るほど謎が多いもの(*_*)ですが、一つ一つに焦点を絞るとまるで科学の世界です。研究を初めてから3ヶ月。確実に成果が出てきました。前回までの結果からもわかるように瓶詰めボトル珈琲の優れた保存性にはびっくりしました。珈琲豆は焙煎後、炭酸ガスの放出と共に酸化、劣化が進みます。保存といっても面白いことに、同じような瓶詰めでもセラーメイトガラス密封瓶のような口広タイプとスイングボトルでは、歴然...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 贈り物 ゲイシャ ドリップバッグ 新元号 平成 台風 クリスマス 新年度  金沢マラソン 兼六園,桜、花見 ハワイコナ 水出しコーヒー 大暑 コーヒーノキ カニ解禁 立冬 コーヒーの日 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター