fc2ブログ

2024-03

金澤屋珈琲店のカフェオレとカフェラテ

当店のメニューのお話

人気のミルク入りコーヒー
カフェオレ」と「カフェラテ」のお話

この通り、どちらも日本語に訳すと「牛乳入りのコーヒー」と言うこと

それでも、カフェオレカフェラテどちらがいい?と
メニューを見て悩む方も多く、2人で来てラテとオレどちらも注文して飲み比べする方が多いのです😅

なんとなーく
そう言う見てみたい!飲んでみたい!と言う気持ちが分かりますね。
お酒のドリンクもどう違うのかなーとなんとなく微妙な違いを楽しんだり。

以外な発見もあったり。

コーヒーって淹れ方、アレンジの仕方によっても変わるので飽きないですね。

今日は、お客様に聞かれるカフェオレカフェラテの違いを色々な角度で解説!

1.カフェオレカフェラテとは?
2.どちらが甘い?また、甘くない方は?
3.金澤屋珈琲店のカフェオレ極みとは?
4.金澤屋珈琲店のカフェラテとは?
5.当店のカフェオレはこんな気分の方におすすめ
6.当店のカフェラテはこんな気分の方におすすめ
7.まとめ


1.カフェオレとカフェラテ
日本語訳で、どちらもコーヒー牛乳です。
ミルクコーヒー、牛乳入りコーヒー

カフェオレは、フランス生まれフランス語 コーヒー牛乳
カフェラテは、イタリア生まれイタリア語 コーヒー牛乳

「カフェオレ」
フランス生まれ



ドリップ珈琲を好むフランス人。
強いコーヒーを柔らかくして飲みやすくするために牛乳で割っていたのだとか。

コーヒーの抽出方法は、ドリップコーヒー。普段私たちが飲み親しんでいる珈琲です。

ネルやペーパーでドリップした珈琲を使います。
「カフェラテ」

イタリア生まれ



エスプレッソを好むイタリア人のスタイルから生まれたのでしょう。
ベースのコーヒーはエスプレッソです。


大きな業務用マシーンで高温高圧で瞬時に珈琲を抽出します。

その時間はわずか30秒。濃厚な厚みのあるエスプレッソを牛乳で割っています。

2.どちらが甘い?また、甘くない方は?

基本的にカフェオレもカフェラテのいずれも砂糖を使用せずに作っています。
どちらも砂糖を入れた甘味はありません。
どちらも、基本的には砂糖の甘さはありませんが
珈琲を含め、アレンジしたメニューには、旨味を持つ砂糖を入れない甘さがあります。その複雑な香味がやはりいいですね。
当店のカフェオレとカフェラテどちらも甘味はついてませんが、後口に広がる甘さを双方兼ね備えています。砂糖意外にシロップ、フレーバーシロップと合わせてもまた美味しくおすすめです。
特にアレンジには、強い持ち味のエスプレッソがベースのカフェラテに多く見られます。
 シンプルに飲むならば、カフェオレ
 アレンジを楽しむならば、カフェラテ がおすすめです。

3.金澤屋珈琲店のカフェオレ極みとは?

日本では、濃いめに抽出した珈琲をミルクで割った飲み方が多いですね。コーヒーがミルクで負けないよう工夫しています。
抽出したコーヒーに別鍋で温めた牛乳を混ぜます。
やはり温度は熱々。
ミルクの程よいあったかさとドリップしたコーヒーの暖かさ。
カフェオレは熱々。
体が合ったまるメニューでもあります。

日本の家庭で定着しているミルク珈琲は「カフェオレ」
淹れた珈琲を牛乳で割って飲む
簡単に作れる「カフェオレ」は、人気のアレンジメニューですね。

DSC02678_201705211657256de.jpg 

フランス生まれ
牛乳と珈琲を1:1の割合で基本的に作る。
コーヒーを飲みやすくするために考えられました。
牛乳と珈琲は別で準備して混ぜるのが一般的。
金澤屋珈琲店のカフェオレは、専門店らしく・・・
珈琲感を強くしました。
ミルクに負けないベースのコーヒーは、水出しコーヒーを使っています。

20170520170221653.jpg 
当店のダッチ珈琲は、丸1日かけて珈琲のエキスを抽出しております。濃度は、しっかりと香りも蓄積されまるで洋酒のような香りを放つコーヒーの要因は、水出しコーヒーならではの特徴とは別に使用している極みブレンドの持ち味でもあります。しっかりとした濃度、苦味を持ちながらまろやかさや口当たりの良さ、渋みがないのは、水出しと言う手法によるもので、さらに持続する洋酒のような香りは極みブレンドの特徴であります。ミルクと合わせることで、口当たりが良いかろやなか味わいとなっています。

4.金澤屋珈琲店のカフェラテとは?

エキスを絞り出す…

20170520180641669.jpg 

ぎゅぎゅぎゅっとつまった
質感
苦味
コク
甘み
初めて飲んだ一杯は、コーヒーの常識を覆すものでした。
にがーい。

DSC00751_201705211657279cd.jpg 

エスプレッソ…
極細に挽いたパウダー状の珈琲を使い短時間でコーヒーを作ります。
日本では、家庭ではまずあまり作っている方のいないタイプのコーヒーです。
コーヒーの原液に近い漆黒の液体。
少量でもかなりの満足度。
デミタスカップと言われる小さなカップで飲むのが一般的です。

イタリアでは、家庭でもモカプレッソと言われる直火式のコンパクトな家庭用のエスプレッソメーカーで短時間で圧力をかけて濃い目の珈琲を作っています。バールと言われるカフェがコンビニ並みにどこにでもあります。

バールではエスプレッソマシーンを使い数十秒で濃厚でとろりとしたエスプレッソコーヒーを砂糖や牛乳をいれてさっと飲むのが当たり前のようです。

そしてミルクの温め。
コチラも手鍋で温めるのではなくエスプレッソの抽出同様
数十秒で温まります。
エスプレッソマシーンの蒸気で温めます。

スチーミング と言いますがこの時にエアーで表面をクリーミーにホイップクリームのように泡立てる事ができます。
スチームドミルクは泡だってないあたたかいミルク
フォームドミルクは泡だったミルク
DSCN0024.jpg


カフェラテは、フォームをたっぷりのせたメニューが「カプチーノ」
カプチーノとカフェラテの違いは、ある店とない店もあるのです。
どちらもエスプレッソとミルク。
イタリアでは、家庭ではカフェラテ

ミルクを注いだ際に

エスプレッソのクレマと言われるふわふわの泡がマーブル状に広がります。

芸術的に

思わずきれいと。

DSC01603_20170521165729736.jpg

イタリアンスタイルのミルク珈琲。

日本では、シアトル系のスターバックスなどの外資系のカフェが
あたらしいコーヒーの波をもたらしました。

コーヒーの
セカンドウェーブ。
品質を重視したチェーン店の台頭
1960年代から珈琲の品質を重視する動きが活発になりスタバこと「スターバックスコーヒー」が世界から台東しエスプレッソをミルクで割ったカフェラテをヒットさせたのです。


 DSC00797.jpg 
日本では、まだまだ珈琲と言えばドリップコーヒーです。
エスプレッソは苦くてなじみがありませんが、エスプレッソをベースとしたカフェラテは、エスプレッソの認知がないのですがとても好んで飲んれらっしゃる人が多いのです。

5.当店のカフェオレはこんな気分の方におすすめ

 当店のカフェオレは、濃厚な水出しコーヒーを使用しております。
 コーヒーにかける抽出時間は、約8時間。
 一杯のカフェオレには約100㏄のダッチ珈琲と同じく同量のミルクを合わせます。
 贅沢なコーヒーをミルク割。
胃に優しい水出しコーヒーは、負担が少なくカフェインも少なめです。
 贅沢なコーヒーをミルク割。
胃に優しい水出しコーヒーは、負担が少なくカフェインも少なめです。
 胃に優しいコーヒーを飲みたい
 カフェインが気になる
 軽やかに飲みたい
 朝の目覚めの一杯に
 パンやトーストなどと合わせて楽しみたい
 といった方におすすめです。
 カフェインが気になる
 軽やかに飲みたい
 朝の目覚めの一杯に
 パンやトーストなどと合わせて楽しみたい
 といった方におすすめです。


6.当店のカフェラテはこんな気分の方におすすめ
 エスプレッソと牛乳を混ぜたカフェラテは、それぞれを個々に抽出、スチーミンングしその場で仕上げるまさに究極のミルクコーヒー。マシーンでわずか30秒で抽出するエスプレッソに使用する粉の量は、一杯あたり13g。25gのエスプレッソの中には、コーヒーのエキス、旨味が凝縮されたっぷりのミルクで割ったもの。
 エスプレッソを抽出し、その中にミルクを注ぐ。
ただ注ぐわけではなく、回し入れることでエスプレッソとミルクが満遍なく混
ざります。
 また、温めたミルクフォームに薄めのふわふわっとしたフォームミルクを加えることで、エスプレッソの苦味をまろやかに包み柔らかい口当たりにしております。
 濃度感のあるミルクコーヒーを味わいたい
 たっぷりと量感を楽しみたい
 小腹が空いた時に
 といった方におすすめです。
 
7.まとめ
 濃いめといえば カフェラテ
 軽めといえば  カフェオレ
 重厚感やボリューム カフェラテ
 あっさりサラリとした カフェオレ
 甘味のある カフェラテ
 熱々である カフェオレ
 お腹が膨れる カフェラテ
 ライトに飲める カフェオレ
 コーヒー感 カフェラテとカフェオレ当店は同じくらいしっかりしてます。

といった印象です。

皆様
楽しんでくださいね。



 

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/tb.php/3921-016743fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネルドリップ虎の巻き62巻₋替え布フィルターに交換しよう!生地の交換方法についての取説  «  | BLOG TOP |  » 【金澤屋珈琲店本店よりお知らせ】-10月の営業について

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク




リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (225)
コーヒーギフト (20)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (508)
ネルドリップ (256)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (67)
サイフォン (20)
エスプレッソ (77)
アイス珈琲 (61)
ペーパードリップ全般 (487)
ペーパードリップ―カリタ式 (26)
ペーパードリップ-メリタ式 (15)
ペーパードリップ-ハリオ式 (15)
ペーパードリップ-コーノ式 (215)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (661)
コーヒーと健康 (18)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (42)
ブレンドコーヒー豆 (16)
シングルオリジンコーヒー豆 (53)
スペシャルティーコーヒー豆 (101)
コピルアック (30)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (805)
珈琲英語 (44)
カフェメニュー (283)
スイーツ (187)
カカオ (41)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (4)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1347)
金沢城公園・兼六園 (565)
陶芸家「小西みき」 (33)
彫刻家「木下輝夫」 (106)
華道家「草月流 栄波」 (76)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (204)
コーヒーとグラインド (61)
コーヒーと器 (36)
コーヒーと保存 (41)
ドリップポット (31)
研修レポート (179)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (84)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (27)
珈琲ギフト (21)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (4)
金澤散策 (21)
看板 (1)
コーヒーバッグ (57)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (2)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (61)
花見 (1)
兼六園・金沢城公園 (18)
近江町市場 (2)
バリスタのお仕事 (8)
コーヒー通販 (40)
メール便 (6)
Bene Spriing Dripper (3)
三洋産業CAFEC (10)
カフェック (0)
コーヒーと和菓子 (18)
自動販売機 (4)
クラウドファンディング (14)
台湾珈琲 (25)
九谷焼 (4)
能登地震 (5)
ゲイシャ (0)

月別アーカイブ

Blogsharelink

金澤屋珈琲店のカフェオレとカフェラテ 2020/09/25 当店のメニューのお話人気のミルク入りコーヒー「カフェオレ」と「カフェラテ」のお話この通り、どちらも日本語に訳すと「牛乳入りのコーヒー」と言うことそれでも、カフェオレとカフェラテどちらがいい?とメニューを見て悩む方も多く、2人で来てラテとオレどちらも注文して飲み比べする方が多いのです😅なんとなーくそう言う見てみたい!飲んでみたい!と言う気持ちが分かりますね。お酒のドリンクもどう違うのかなーとなんとなく...

タグ

兼六園 金沢城公園 コーヒー ネルドリップ コロナ 通販 コーヒーの木 コーノ エスプレッソ ゲイシャ 台湾珈琲 苔玉 木下輝夫 クリーマースプリングス 木のスプーン ラテアート 能登半島地震 金箔珈琲 九谷焼 ドリップバッグ こもかぶり ギフト コピルアック ハロウィン 板屋 コーヒーフェスティバル 氷室饅頭 送料無料 氷室万頭 ブルーマウンテン かき氷 SDGs 求人 かなざわ珈琲 チームラボ 

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR