FC2ブログ

2019-09

冬至ー「一陽来復」

 冬至ー「一陽来復」
12/21は、冬至でした。
一年で一番昼の時間が短く夜が長い日。
昔は、寒さで凍えていた日もすっかり温暖化で…
金沢はなんと17℃ なんと冬らしくない冬至でしたでしょうか?
日中は軽いジャケット1枚で過ごせました。(^_^;)
こんなに温かいのは、初めての経験でした。

冬至と言えば、

この日を境に、昼の時間が長くなり暖かくなっていきます。

春の訪れを待ちわび気持ちも高揚して行きます。

詳しくは...

「毎年12月22日頃に、一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これを冬至と言います。昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、その厄〔やく〕を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。この慣わしは現在も続いています。」

更にこんな言葉もありますが。↓

一陽来復(いちようらいふく)

冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるというわけ。そのため、新年が来るという意味の他に、悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味も込められているのです。良くないことが続いている人も、冬至が来たら「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」と気持ちを切り替えましょう。そういうきっかけを与えてくれる日でもあるんですよ。
早稲田の穴八幡などの神社では「一陽来復」のお守りが配られます。


更に縁起の良いもの!
冬至
柚子やかぼちゃを楽しむ習慣。
皆さんも、柚子湯などに入られたでしょうか?

この時期のかぼちゃや柚子はビタミンも豊富、風邪などの予防効果にも期待できます。

今日は、石川県で有名な柚子の菓子。

丸柚餅子(ゆべし)

能登輪島に代表銘菓 
柚餅子総本舗中浦家

というお店があります。

毎年この時期にテレビや新聞で取り上げられるのが 

丸柚餅子

柚子の中身をくりぬき、調味した餅種を摘めて蒸す。
半年間自然乾燥。

見た目の美しさ
柚子の香り
上品な甘さ
かすかなほろ苦さ
絶妙なバランスで出来上がる逸品。

熟成期間が長く
かなり時間と手間がかかっています。

日本全国にも柚餅子がありますが…

ここのがすごいのは

完熟した特に大粒のものを選んでいる事。
品質の良さ
秘伝の味付けのもち米をいれる
数回蒸して半年間寝かせる独自の方法で自然乾燥。


柚子の苦みと甘さが堪能できる丸柚餅子。年に一度しか製造しない貴重品です。

珍味ならぬ珍菓と呼ばれています。

薄くスライスして、チーズと合わせてワインや酒のつまみにもなる上品な味わい。

この歴史は、源平の頃から、保存食、携帯食として生まれたのだそうです。

長い歴史ある珍菓





丸柚餅子

今日は、そんな銘菓をさっそく頂いてみました。

高級な1個入り
1700円前後





薄くスライスしてそのまま食べたり
蒸して少し柔らかくしたり…

お吸い物にちょっと浸して食べる。

甘いものではなく
食事に。

柚子の皮のほろ苦さが、と説明にあったとおり大人の味覚でした。
もち米は甘くなくごはんという感覚も感じませんが
おつまみ
珍味
ならぬ珍菓。

昔の人が考えたのならすごい。

ゆっくりと味わいたい1っピンです。

固さがあるのであたためると若干柔らかく。



カマンベールチーズと合わせてワインのおつまみにもいいらしい。

高級品です。

この時期しかないものなので、見つけたら一度食べてみたらいいかな
と思います。

美味しかった。
大人の珍菓。
近江町一番むかい
名鉄エムザ デパート地下にて販売されてました☆
この時期の土産にいいかも知れません!😋

金澤屋珈琲店
本日より大掃除。





コーヒーサーバ-
気になる茶渋をとりました❗

ぴかぴか✨

DSC02781_20161223084442aea.jpg

珈琲油には万能薬「重曹」

重曹に漬け込むか

汚れがひどい時は

漂白剤で。

30分漬け置き。

DSC02780_2016122308443510c.jpg 

金具までぴかぴか!


新品のようにきらり。


DSC02782.jpg

大掃除はまだまだこれから。

クリスマス3連休

皆様も楽しくお過ごしください。

営業は朝8時より。

ご来店お待ちしております。




● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/tb.php/2268-ae23ec40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2016年】今年の漢字といえば!「金」! «  | BLOG TOP |  » 【2016年】-お土産ベスト5

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

SDGs (4)
コーヒーノキ栽培 (50)
コーヒーギフト (9)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (348)
ネルドリップ (167)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (60)
サイフォン (20)
エスプレッソ (28)
アイス珈琲 (46)
ペーパードリップ全般 (374)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (130)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (507)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (30)
ブレンドコーヒー豆 (8)
シングルオリジンコーヒー豆 (26)
スペシャルティーコーヒー豆 (80)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (550)
珈琲英語 (41)
カフェメニュー (177)
スイーツ (85)
カカオ (32)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (0)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (885)
金沢城公園・兼六園 (311)
陶芸家「小西みき」 (18)
彫刻家「木下輝夫」 (18)
華道家「草月流 栄波」 (69)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (156)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (19)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (173)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (79)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (20)
珈琲ギフト (12)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (15)
看板 (1)
コーヒーバッグ (16)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

冬至ー「一陽来復」 2016/12/23  冬至ー「一陽来復」12/21は、冬至でした。一年で一番昼の時間が短く夜が長い日。昔は、寒さで凍えていた日もすっかり温暖化で…金沢はなんと17℃ なんと冬らしくない冬至でしたでしょうか?日中は軽いジャケット1枚で過ごせました。(^_^;)こんなに温かいのは、初めての経験でした。冬至と言えば、この日を境に、昼の時間が長くなり暖かくなっていきます。春の訪れを待ちわび気持ちも高揚して行きます。詳しくは...「毎年12月2...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 贈り物 ゲイシャ ドリップバッグ 新元号 平成 台風 クリスマス 新年度  金沢マラソン 兼六園,桜、花見 ハワイコナ 水出しコーヒー 大暑 コーヒーノキ カニ解禁 立冬 コーヒーの日 

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター