fc2ブログ

2023-10

希望の種その②-育てる珈琲

希望の種その②-育てる珈琲

コーヒーの木 栽培編

少しずつ暖かくなってきました。


日本では、栽培が難しい と言われるコーヒーの木の栽培。


勿論、飲むくらいに沢山育てるのはかなり厳しいのですが。


寒さや日当たりなどを考えて育てると きれいな緑の観葉植物になり…更に大きくなると3~5年で大きくなり、いつしか白い花を咲かせます。


まるでジャスミンのような香り。いい香りに突然包まれてコーヒーの木に白い花が咲いている事を気づくことと思います。


お花が咲き、何か月かかけて実が熟す。


完熟した見は、その姿形、色からサクランボのようといわれ、コーヒーチェリーと言われています。


チェリーの中にはほとんど果肉はなく大きな種が二つ。


之こそが珈琲豆なのです

珈琲豆は種子。


チェリーの中には種子が二つ向かい合わせに入っています。二つが接する面がフラットなので、フラットビーンとも言われます。


収穫されたコーヒーの実はすぐに種子だけ取り出されます。精製と言われる段階です。私たちが普段飲んでいる珈琲は、綺麗に精製され、長期保存や輸送に耐えられるようになった状態なのです!


今回は、ゲイシャ種らしきの珈琲実を手に入れました。


大きなチェリーの中には立派な種子が入っています。



大きな種の入った、ブドウのようです。
皮は外皮と言います。この状態はかなり熟している状態。過完熟。
赤ワインのようです。




外皮は簡単に向けます。つるんと。

種子が二つ。これがコーヒーの豆。
皮にはうっすーらと果肉がありますが、ほんとうにうっすーら。この部分は甘いらしい。



種はぬるぬるっとしたぬめりがあります、ミュシュレージと言います。
そして大きな珈琲豆は、パーチメント と言われる薄茶色の、黄色の硬い皮がついています。


この状態がパーチメントコーヒー。この中に私たちの知っているコーヒーの生豆が入っています。



1つのチェリーに種子は2つ。
この種子を取り除く方法が国によって、産地によって、更に農園の中でも細かく違ったり…と最近は、いろいろな事情があるようです。


この種子を取り出す工程で、出てくる香味特性。


侮れません。


更にここで、パーチメントを脱穀してある程度の水分をぬき焙煎をすると珈琲豆に!! 香りを放つ珈琲になります!


が今回は、種まき。


パーチメントの状態で、土に植えます。


芽が出るまでは2~3か月。


5月頃には、きっと目が出るでしょう。





取り出した種子は、何とも言えない柑橘系の香りが漂っています。




↓コーヒーチェリー




向いた皮。


コーヒーチェリーはその昔、チェリーごとに出して煎じて飲まれたり、皮と種に分けて飲用されてきました。

種が入ったままチェリーを煮出していたのが、次第に種を取り出し、更に果肉と皮ごと煮出す。
乾燥させた果肉(皮)を、いろいろなスパイスと煮出して飲むギシルコーヒー、その名残の中今でも残るコーヒーの違うスタイルの飲み方。

ギシルコーヒーで知られています。
日では、なじみがありませんが、現在でも飲んでいる国があります。

果肉をギシル 種をブン といいます。

この皮は、ほして芳香剤に使用か…





取り出した大きなパーチメントコーヒー。ぬめりをとって乾燥させ、脱穀。焙煎したら楽しそう。



いくつかは種として植えて。


皮は乾燥させ、更に残ったパーチメントからは、豆を取り出してみよう!







希望の種つい先日も違う品種のコーヒーの木の種を植えました。



また
楽しみが増えました。




ブドウでいう種なんでしょうが、何とも言えないこの香り。 1972年にキューバからコーヒーの木が移植されたコスタリカ産。


高品質なアラビカコーヒー、小農園が多いといわれています。近年はスペシャルティコーヒーの農園が多く、品質の高さは定評があります。


上手く育つと、オレンジやレモンといった柑橘系のフレーバーが出るそう。


このパーチメントからもフルーツ酸やあまずっぱい香りが漂っています。ゲイシャと言われますが、日本と言う環境ではまたここで育ち出来上がる特性も変わるのでしょうね。



つるつるで大粒。





コーヒーチェリー。

フルーツに違いがあるように、コーヒーチェリーも見た目や香りが全然違いますね。

ビックリ。
種からも美味しそうな香りがするコーヒー豆。

元気が出る薬だったようですがよくわかります。この香りは元気が出ます\(^^)/



早く芽が出ますように!

(関連記事)
「希望の種ー育てるコーヒー」↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-1854.html

「コーヒーチェリーのお茶ーギシルとブン」
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-1818.html

● COMMENT FORM ●

はじめまして。いつも楽しくブログを読んでます。

コーヒー豆、育てることができるんですね~
今まで焙煎した後の豆しか手に取ったことが無かったです。
家庭菜園で野菜やドングリを育ててますが、
コーヒーチェリーを入手できたら育ててみたいと思います。

19日に東京から金沢へ行けることになったので、美味しい一杯をいただきにお邪魔します^^

Re:

ご丁寧にコメントありがとうございます。
常日頃、珈琲とふれあうことを楽しんでいます。たわいもない日記ですがそういって頂けると大変嬉しく思います。
ご来店心よりお待ちしております!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/tb.php/1885-8d7fe116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

加賀の紅茶⑤日本の紅茶史 «  | BLOG TOP |  » 加賀の紅茶④不老不死

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク




リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (218)
コーヒーギフト (20)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (497)
ネルドリップ (249)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (66)
サイフォン (20)
エスプレッソ (74)
アイス珈琲 (61)
ペーパードリップ全般 (480)
ペーパードリップ―カリタ式 (26)
ペーパードリップ-メリタ式 (15)
ペーパードリップ-ハリオ式 (15)
ペーパードリップ-コーノ式 (209)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (656)
コーヒーと健康 (18)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (41)
ブレンドコーヒー豆 (14)
シングルオリジンコーヒー豆 (53)
スペシャルティーコーヒー豆 (101)
コピルアック (30)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (773)
珈琲英語 (44)
カフェメニュー (269)
スイーツ (171)
カカオ (39)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1307)
金沢城公園・兼六園 (543)
陶芸家「小西みき」 (32)
彫刻家「木下輝夫」 (98)
華道家「草月流 栄波」 (76)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (202)
コーヒーとグラインド (61)
コーヒーと器 (35)
コーヒーと保存 (41)
ドリップポット (30)
研修レポート (179)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (84)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (27)
珈琲ギフト (21)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (4)
金澤散策 (21)
看板 (1)
コーヒーバッグ (53)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (2)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (61)
花見 (1)
兼六園・金沢城公園 (18)
近江町市場 (2)
バリスタのお仕事 (8)
コーヒー通販 (37)
メール便 (6)
Bene Spriing Dripper (3)
三洋産業CAFEC (10)
カフェック (0)
コーヒーと和菓子 (11)
自動販売機 (4)
クラウドファンディング (14)
台湾珈琲 (3)
九谷焼 (2)

月別アーカイブ

Blogsharelink

希望の種その②-育てる珈琲 2016/03/18 希望の種その②-育てる珈琲コーヒーの木 栽培編少しずつ暖かくなってきました。日本では、栽培が難しい と言われるコーヒーの木の栽培。勿論、飲むくらいに沢山育てるのはかなり厳しいのですが。寒さや日当たりなどを考えて育てると きれいな緑の観葉植物になり…更に大きくなると3~5年で大きくなり、いつしか白い花を咲かせます。まるでジャスミンのような香り。いい香りに突然包まれてコーヒーの木に白い花が咲いている事を気...

タグ

兼六園 金沢城公園 コーヒー ネルドリップ コロナ 通販 コーヒーの木 コーノ 苔玉 エスプレッソ クリーマースプリングス 木のスプーン 木下輝夫 ラテアート ドリップバッグ ゲイシャ こもかぶり 金箔珈琲 コピルアック ギフト 氷室万頭 台湾珈琲 氷室饅頭 かき氷 SDGs 板屋 送料無料 九谷焼 ブルーマウンテン 

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR