fc2ブログ

2018-01

【真冬に食べたい!!】―新登場!冬ショコラ

【真冬に食べたい!!】―新登場!冬ショコラ



今日は、鏡開きの日です。

お供えしていた鏡もちを食べる日です。

硬くなっているお餅でも
包丁できることはせず

木槌でたたいて開くといいます。

鏡もちは、神様からの頂きものと考えすべて残さず食べる事が大切といわれています。

「割る」「切る」とは言わずに「開く」というそうです。

つまり縁起のよい言葉で神様との縁を切らないためと言われています。

 今日は、一日雪の予報です。

寒いですが、美味しいものを食べて栄養を付けたいですね。

皆様もお気をつけてお過ごしくださいね。

 

  お正月明け…

バレンタインを2月に控え、どこへ行ってもチョコレートやチョコ製品でいっぱいになりますね。

チョコずきとしては、たまらないこの時期。

店内でもチョコレートケーキのメニューを増やしました。


真冬に食べたいショコラ
 「カカオのクリームケーキ」

DSC08341.jpg 

たっぷりのクリームは

「自家製カカオクリーム」
横からみるとそそられますね。

DSC08342.jpg 

ふわふわとろとろっ

濃厚なチョコレートケーキは、バターやクリームたっぷりしっとりした質感です。

DSC08336.jpg 

バレンタイン頃を目安に限定で提供します。

DSC08344.jpg 

チョコ好きが考えた
食べたいチョコレートケーキ

やっぱりクリームもりもり、夢いっぱい

チョコレートを堪能できるケーキです。

店内で 1peace 450円

お勧めのハンドドリップ珈琲とセットで880円


真冬に食べたいショコラ
「自家焙煎カカオのビスコッティ」
日持ちする焼菓子です。

店内で、珈琲のお供に…
お持ち帰りも出来ます。



DSC08345.jpg 
ビスコッティって?
イタリア生まれ💓

イタリアの固焼きビスケット。
トスカーナ地方の郷土菓子。イタリア語で2度焼いた と言う意味で、その製法も2度焼き。
生地を海鼠型にまとめて一度焼いた後にスライスし、もう一度焼きます。
水分がからっと抜け固いですが、食べると食感がたまりません。

勿論水分が抜けているので保存もききます。

と聞くとまるで皆さんは乾パンを思い浮かべるでしょうか?(^_^;)

乾パンはのどが詰まりますが、ビスコッティは違います。(笑)

カントッチョとも呼ばれイタリアではクッキーのように愛着を持って食べられている焼き菓子です。

カントゥッチの生地には小麦粉・砂糖・卵などを用い、バターは用いないことが多い。

また、アーモンドやクルミを入れて作ることが多いのです。
DSC08351.jpg 
とりあえず
固い✨
そのままでも美味しいのですが、映画ローマの休日でも
有名なシーン
王女様がカプチーノにビスコッティをおどおどっとした表情で
浸して食べるシーン✨
食べ方は!
DSC00746.jpg
★コーヒーやワインに浸して食べる。

DSC00426.jpg

DSC00810_20160710190708f7c.jpg  
★イタリアでは、VinSanto(ヴィン サント)と呼ばれるお酒に浸して食べるのが一般的。

★カプチーノやカフェラテなどのミルクメニューに浸して食べる。
DSC00744.jpg
★紅茶に浸す
DSC08807.jpg  
一番一般的なのは珈琲やカプチーノ。

朝食に多いらしい。

忙しい朝。

バールでちょいっとカプチーノとビスコッティを。

珈琲と相性のいい焼き菓子 ビスコッティ。

DSC00801.jpg
金澤屋珈琲店のビスコッティはごロッと大きなサイズ。
朝食にいかが?

重すぎず、軽すぎず・・・

満足できます。

一口目は、そのまま食べてみて・・・・そしてカプチーノに浸す…

最高です!
軟らかく、ほんのり甘く…

クッキーよりもしつこくない。
今回は自家焙煎カカオで作った
カカオのビスコッティ✨
お家では作れません!☺

DSC08357.jpg 
素材の持ち味を活かして
作られた素朴な焼き菓子

DSC08349.jpg 
今だけの限定販売。

更にバレンタイン向けに💓のクッキーも出ました!



さくさくっとした食感

ボリューム

チョコチップの大きさ

見た目も満足食べても💓

こちらも限定販売です!
チョコレートのメニューでした!

【これイイね!】―面白器具集合!!

【これイイね!】―面白器具集合!!

昨年も色々…
面白い器具に出会いました…

アイディア品
見た目からわーっとなる器具

なんとなく衝動にかられて器具を買っちゃった…なんて事

たまにありませんか?
器具には、開発の裏ストーリーがあり
少し除いてみると

奥が深い。

そんな面白器具 集めてみました。

面白器具その① フジローヤル/ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ) 

DSC01714_20170511185011baa.jpg

本体は、ずっしりと重たいステンレス製。

大きな鍋!?らしきものがまるで顔のように(^_^;)

更に中間帯には、ネルフィルターが!?

名前は

はじめまして ねるっこです。

ネルブリューワー
という名の通り

ネルドリップを愛する人のために
ネルドリップで淹れた珈琲を
気軽に楽しんで頂くために

開発されました。
 
いたってシンプル
上の鍋のような部分にお湯を注ぐだけ。

ぽたぽた
点滴でネルドリップ してくれます。
DSC01692.jpg

「ネルブリューワーは、どなたでも簡単に専門店のネルドリップができるコーヒー抽出器です。ネル布は、蒸らしと流下に適した天竺編みのヘンプコットンを採用。フランス発祥のネル布は、日本ではポットとネルドリッパーを手に持ち、糸のように細くお湯をおとす職人の点滴抽出を生み出しました。そうした先人の知恵を結集した本品は、慌ただしい毎日でも美味しいネルドリップ珈琲を所望する愛好家を助ける日常の道具として開発。ご家庭や職場、喫茶店などで気軽にお使い下さい。」(概要)

なんてったって
見れるのが楽しい。

淹れているところ❤ 
ネルでいれた珈琲は至極の美味しさと言われています。
一歩足を踏み入れませんか?販売もしてましたが現在は売切れ…
レア器具になること間違いなし。
現在は、店頭にさりげなく展示しております。(たまに使ってますが・・)

DSC02897_20170113165720dbf.jpg

オンラインショップサイト↓

http://www.krf.co.jp/SHOP/FUJINC001.html

面白器具その②ドリッペン(猿田彦珈琲さんで開発販売された)
ドリッペンは、珈琲を淹れるドリッパーの事です。
開発したのは、なんと東京都恵比寿のスペシャルティ-コーヒー専門店の猿田彦珈琲さんです。雑誌、テレビ、CМなど色々見かけます。缶コーヒーもありましたね、皆さんも知っているという方は多いのではないでしょうか。

DSC06866.jpg
 
一体どうなっているのか?というと
コチラ↓

ドリッペンは、箱入り。

思った以上にコンパクト。

ドリッパーと専用の紙フィルターです。

DSC06831.jpg 

箱を開けると…

DSC06833.jpg 

なんとまさかの組み立て式。
というのは、組み立てが苦手な私…自信ない

とりあえずだしてみました。

思ったよりもパーツが少なく…

DSC06834.jpg 

簡単な説明書がついてました。

DSC06836.jpg 

頑張って組み立てました。

カチッというまではめたいのですが、力づくで淹れると割れそうで…

DSC06837.jpg 

最初は、何だろう?と思ってた器具がなんとなくドリッパーらしき形に。

DSC06838.jpg

完成。 
上から覗いて
DSC06839.jpg 

横から見て

DSC06840.jpg 

DSC06841_20170808080242bcf.jpg 

底から覗いて…

DSC06842.jpg 

逆さにして…

DSC06843.jpg 

障壁がない!?


あれれ?と違和感を感じる方もいるのではないでしょうか?

通常ドリッパーと言えば、紙をセットし周りにフィットするものがあるはず…

これはいったい…

専用の紙をセットします。
専用の紙は丈夫に縫い付けられ通常の紙よりもしっかりとしていました。
コチラ↓
DSC06847.jpg

普通はこうです↓

紙があってささえ(ドリッパー)がある。

 
 飲んでみましたが…

するするとお湯が落ちるのかと思えば

「コクうま」 しっかり抽出。
なんとも言えないまろやかな味もでたんですよ。

これにはびっくり!シンプルながら、中身が深い。
面白器具でした。お値段もお手頃。

コンパクトにできるのでアウトドアでも活躍できそうな予感…


面白器具その③セラミックフィルター”Loca coffee ceramic filter"

昨年開催されたSCAJ2017会場にてお目にかかったドリッパーです。

20170920_151641_201709251402015d4.jpg 

セラミックとは聞きなれませんが…実は珈琲を淹れる器具のフィルターとしても昔からあったようですね。

紙でもなく

布でもなく

金属でもない。

皆さんは、どんな淹れる器具を想像しますでしょうか?


形状は、このようなVタイプと可愛らしいお茶碗のようなお椀型のラウンドタイプもあり…メーカーさん曰く
20170920_151748.jpg
バリエーションを増やしてみたかっそうです。

1杯用

2~3杯用の2パターン。

価格は3000円~4000円ほどしていました。

少々冒険するには高価(^_^;)ですが…セラミックだといい事も一杯あるのだそうです。
20170920_152513.jpg

セラミックを使ううんちくとしては…(^_^;)

★科学的に証明されたといわれる甘み成分。ペーパードリップよりかなりでるらしい。

★うまみあり、雑味や苦味を抑えられる。

★メンテナンスする事によって繰り返し使えるエコフィルター

実際には、

フレンチプレスとペーパードリップの中間のような感じに。

フレーバーやアロマといった香りやまったりとした印象が強い珈琲でした。

ただし…使用後とメンテには少々難(笑)

前のコーヒーの油脂分がはやりセラミックに詰まっていくのですね!

それでも
なんか可愛らしいな・・と感じました!

面白器具その④アメリカンプレス

フレンチプレスでもなく
エアロプレスでもない。
アメリカンプレス。

DSC05953.jpg

見た目は、似てますが…

 フレンチプレスに比べ抽出時間が短く、洗浄が楽というのがアメリカンプレスの特徴。

アメリカで開発された器具は、せっかちなアメリカ人らしい ともいうべき特徴を持っているんですね。

DSC05956.jpg

バスケット部分に粉をいれお湯をセットし時間をおいてからプレス。

抽出過程で、お湯から珈琲へ変化する過程がはっきりと
楽しめます。
珈琲を淹れた!という気分に。

DSC05963.jpg


フレンチプレス同様油脂分たっぷり
やや微粉は少な目。(上澄みの方は)
ドリップしたコーヒーにも近い味ですね。

まろやか
香りが良い

DSC04581.jpg



DSC04553.jpg

掃除はしやすいかな…楽


DSC04590.jpg

いいね。アメリカンプレス。

他にあるフレンチプレス、エアロプレスとも似ていますが。

プレスする器具の特徴とは…
簡単で奥が深い

特徴としては
*豆本来の味を堪能できる
*コーヒーの粉とお湯を接触させ抽出する手軽さ
*ペーパーデ取り除かれてしまうコーヒーの油脂分が濾されず出てくるのが独特の質感と美味しさの秘密

が良い点として挙げられます。
日本では、コーヒーの美味しさを追求した高品質コーヒー、スペシャルティーコーヒーと言われるエリート珈琲豆を堪能する抽出方法として広まってきた抽出方法です。
近年、コーヒーの嗜好も高品質時代へ。
ご家庭で
カフェで
淹れて楽しむ抽出方法も様々ですね。

見かける事も増えるかもしれません!

以上

今年であった面白器具でした。

ネルブリューワーは、4万円に近く
ドリッペンは1000円j前後
セラミックフィルターや、3000~4000円
アメリカンプレスはなんと1万円(^_^;)

とドリッペン以外は
冒険するには高い!?

(笑)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク




リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (225)
コーヒーギフト (20)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (508)
ネルドリップ (256)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (67)
サイフォン (20)
エスプレッソ (77)
アイス珈琲 (61)
ペーパードリップ全般 (487)
ペーパードリップ―カリタ式 (26)
ペーパードリップ-メリタ式 (15)
ペーパードリップ-ハリオ式 (15)
ペーパードリップ-コーノ式 (215)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (661)
コーヒーと健康 (18)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (42)
ブレンドコーヒー豆 (16)
シングルオリジンコーヒー豆 (53)
スペシャルティーコーヒー豆 (101)
コピルアック (30)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (804)
珈琲英語 (44)
カフェメニュー (282)
スイーツ (187)
カカオ (41)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (4)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1347)
金沢城公園・兼六園 (565)
陶芸家「小西みき」 (33)
彫刻家「木下輝夫」 (106)
華道家「草月流 栄波」 (76)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (204)
コーヒーとグラインド (61)
コーヒーと器 (36)
コーヒーと保存 (41)
ドリップポット (31)
研修レポート (179)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (84)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (27)
珈琲ギフト (21)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (4)
金澤散策 (21)
看板 (1)
コーヒーバッグ (57)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (2)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (61)
花見 (1)
兼六園・金沢城公園 (18)
近江町市場 (2)
バリスタのお仕事 (8)
コーヒー通販 (40)
メール便 (6)
Bene Spriing Dripper (3)
三洋産業CAFEC (10)
カフェック (0)
コーヒーと和菓子 (18)
自動販売機 (4)
クラウドファンディング (14)
台湾珈琲 (25)
九谷焼 (4)
能登地震 (5)
ゲイシャ (0)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【真冬に食べたい!!】―新登場!冬ショコラ 2018/01/11 【真冬に食べたい!!】―新登場!冬ショコラ 今日は、鏡開きの日です。 お供えしていた鏡もちを食べる日です。 硬くなっているお餅でも 包丁できることはせず 木槌でたたいて開くといいます。 鏡もちは、神様からの頂きものと考えすべて残さず食べる事が大切といわれています。 「割る」「切る」とは言わずに「開く」というそうです。 つまり縁起のよい言葉で神様との縁を切らないためと言われています。  今日は、一...
【これイイね!】―面白器具集合!! 2018/01/11 【これイイね!】―面白器具集合!!昨年も色々…面白い器具に出会いました…アイディア品見た目からわーっとなる器具なんとなく衝動にかられて器具を買っちゃった…なんて事たまにありませんか?器具には、開発の裏ストーリーがあり少し除いてみると奥が深い。そんな面白器具 集めてみました。面白器具その① フジローヤル/ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ) 本体は、ずっしりと重たいステンレス製。大きな鍋!?らしきものがまる...

タグ

兼六園 金沢城公園 コーヒー ネルドリップ コロナ 通販 コーヒーの木 コーノ エスプレッソ ゲイシャ 台湾珈琲 苔玉 木下輝夫 クリーマースプリングス 木のスプーン ラテアート 能登半島地震 金箔珈琲 九谷焼 ドリップバッグ こもかぶり ギフト コピルアック ハロウィン 板屋 コーヒーフェスティバル 氷室饅頭 送料無料 氷室万頭 ブルーマウンテン かき氷 SDGs 求人 かなざわ珈琲 チームラボ 

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR