FC2ブログ

2017-03

「コーヒーの木」栽培日誌―害虫トラブル

「コーヒーの木」観察日誌―害虫トラブル

お店で育てているコーヒーの木たち。
寒さの峠を超え…少しずつみずやりの回数も増えてきました。

成長の度合いはまちまちですが
なんとか冬を乗り切ったものと

残念ながら成長がとまり
枯れてしまったものもあり。

それでも、残ったのがこちら。

ある程度、成長しているものほど無事でした。

DSC03478_20170227080358ae0.jpg 

之が、私たちが生活の中で楽しんでいる珈琲、嗜好飲料の原料となる植物です。

アジア、アフリカ、アメリカの熱帯地域を中心に育てられその品種も沢山。

私たちが普段飲んでいる珈琲の多くはアラビカ種といわれもっとも生産されています。
ちなみにこの木たちもアラビカの仲間。
入手ルートが違うので、おそらく細かい品種はまちまち。

数年後に大きくなると白い花を咲かせ、ジャスミンのような香りが漂います。そして花が咲き、実がなるのです。
グリーンから真っ赤に熟し、熟した赤ワインのような色になるころが美味しいらしい。
チェリーの中に種が2つ。
それが珈琲豆です。
コーヒーは、豆でなく種。

果実のような酸や甘みを持つ種。
コーヒーチェリーいは実がほとんどありませんが、かじると酸味のあるさっぱりとしたジューシーな味わいです。

種を煎るとまた違う芳醇な香りがでて更に抽出でも沢山の味わいが。
とても不思議であり神秘的。

日本での成長の仕方と生産地での成長の仕方には雲泥の差があります。
通常日本の気候は寒さが厳しく
向いておりません。


*日本でのコーヒーの木の育て方*

冬(11~3月)
みずやりは、土が乾いた頃ですが、乾かし気味で。
室内のできるだけ太陽光のあたる明るい場所。
10℃以下を避ける。

この位にしおれても水分と日光ですぐに回復してくれます。

DSC03473.jpg 

春(4月~5月初旬)
みずやりは、土の表面が乾いたらこまめにやる。
栄養を土に与える時期。
室内のできるだけ明るい場所。

暖かくなってくる時期。室内の気温で大丈夫。

夏(5月中旬から8月末)
一番の成長期です。
みずやりは、ほぼ毎日します。
肥料もまき、窓際や、テラスなど日中外においても大丈夫。
害虫に注意。
また、一番の成長期なので、植木のサイズをかえたりする植え替えの時期に向いています。

この時期は、カイガラムシ、アブラムシ、ハダニなど出現

秋(9月~10月)
みずやりは、土の表面が乾いたらこまめにやる。
栄養を土に与える。
寒くなってくるので、(朝晩)室内のできるだけ明るい場所で。

虫にも注意しましょ。

と言うのが1年のサイクル。
とはいっても金沢での場合です。同じ日本の中でも北と南では正反対。

暖かい気候ほどコーヒーの木は元気に育つでしょう。

今日は、コーヒーの木についた害虫を発見。

恐るべし。
つぶつぶっと茎に無数のものが。
更に葉っぱの油のようなてかり。
気のせいのようなそうでないような(^_^;)

社長が気が付いて、とってくれましたが。
まだ居る。

コーヒーの木には、新芽の出る頃にアブラムシがつきやすく…
風通しの悪い室内では、カイガラ虫やハダニが発生するらしい。

これは、おそらくアブラムシ!?のように見えてカイガラムシに似ているしそうだと思います。

なぜついたのか?
はきっと秋頃にテラスに出しておいた時がとっても怪しい(^_^;)

DSC03981.jpg 

気のせいかと、プチプチついたものを放置したら
先日大量発生しているのを発見。
幸い他の木には全くなく…

DSC03978.jpg 

歯ブラシでこすっておとしました。
通常は!
 見つけしだい、殺虫殺菌剤「ベニカⅩファインスプレー」、殺虫剤「カイガラムシエアゾール」を散布して駆除するらしい。

一つ勉強になりました。

すくすく大きくなりますように。

コーヒーの木栽培日誌でした。

DSC03480_20170227080352852.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (3)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (312)
ネルドリップ (160)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (56)
サイフォン (19)
エスプレッソ (11)
アイス珈琲 (42)
ペーパードリップ全般 (358)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (120)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (467)
コーヒーと健康 (15)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (4)
スペシャルティーコーヒー豆 (72)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (483)
珈琲英語 (41)
カフェメニュー (135)
コーヒースイーツ (72)
カカオ (33)
加賀紅茶 (41)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (814)
金沢城公園・兼六園 (264)
陶芸家「小西みき」 (16)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (150)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (17)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (164)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (70)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (15)
珈琲ギフト (9)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (7)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

「コーヒーの木」栽培日誌―害虫トラブル 2017/03/09 「コーヒーの木」観察日誌―害虫トラブルお店で育てているコーヒーの木たち。寒さの峠を超え…少しずつみずやりの回数も増えてきました。成長の度合いはまちまちですがなんとか冬を乗り切ったものと残念ながら成長がとまり枯れてしまったものもあり。それでも、残ったのがこちら。ある程度、成長しているものほど無事でした。 之が、私たちが生活の中で楽しんでいる珈琲、嗜好飲料の原料となる植物です。アジア、アフリカ、アメ...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 ゲイシャ 贈り物 台風 ドリップバッグ コーヒーの日 立冬 ハワイコナ 金沢マラソン カニ解禁 コーヒーノキ 水出しコーヒー 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター