fc2ブログ

2016-11

【金沢はコーヒーの街】⑩-金沢と言えばコーヒーです!大切な方への贈り物に…

【金沢は珈琲の街】-⑩金沢と言えばコーヒーです!大切な方への贈り物に...

金沢と言えば
加賀友禅、加賀蒔絵、九谷焼、大樋焼き
金沢箔・・・
職人技がキラリと光る数々の伝統工芸

かうて栄えた加賀百万石の歴史。

かつて茶の湯の文化を中心に花開いた金沢の文化は、独自の文化として栄えてきました。

金沢では
全国的に珈琲と和菓子の消費量がトップクラスという統計結果が得られています。

かつて親しんだ茶の湯の文化が温故知新~

現代の珈琲と和菓子の文化に通じていると言われています。

金沢で茶と和菓子をこよなく愛した人物と言えば


前田利家公 加賀百万石の領土を一代で築いた方です。危険で波乱に満ちた人生を歩んだと言われている利家公。
その裏には、お松の方と言われる戦国時代を生き抜いた叡智溢れる妻の存在。才色兼備といわれ、よき理解者でした。

現在でも利家とまつは、歴史上の偉業をなした人物として尾山神社に祀られています。

また、利家と言えば、戦国時代有名な人物織田信長に仕え、若き頃は喧嘩好きのかぶきものとして名高く、別名「又左の槍」と呼ばれ恐れられていました。

一本木で負けん気の強い性格で裏表がなく、信長にも可愛がられていたそうです。

そんな織田信長の影響を大きく受けた利家公は同じく茶の湯を大切にしました。

茶を点てて客をもてなす茶の湯は、室町時代に始まり安土桃山時代には、千利休によって茶道として大成されました。




その後豊臣秀吉や織田信長、そして加賀藩前田利家公も含め...
権威の象徴として、
戦乱における心遣いとして茶を嗜みました。

利家は戦に行く人たちを茶でもてなし、勇気づけたと言われています。

かぶきものとは言われた彼は、晩年能や茶道、書に親しみその伝統は今も受け継がれています。 

茶でもてなし和菓子と共に、現在も加賀藩御用達の菓子店は続いています。

心の平安、安らぎを求めることを大切にし、人との出会いを大切に
一期一会。
気配り
心配り
おもてなしの精神。
金沢人は前田家譲りの気質。

ロケーションや四季を大切にし、親しみある食文化と共に人と一緒に過ごす時間を重んじています。



古きものを大切にし、
新しいことを取り入れ
創意工夫を重ね
独自のものが生まれています。

珈琲文化はまさにそのひとつ。

客人をもてなすおもてなしの心で四季折々のことあるごとに、毎日のくつろぎタイムに...

欠かせないものとなりました。

美味しい珈琲と合わせた極上のスイーツ。



創業1980年。



金沢の自家焙煎珈琲店
「金澤屋珈琲店」 から美味しいひとときを贈り物にします。

お歳暮コーヒーギフト

承り中です。
早期割引実施中~11月29日まで
なんと10%割引。

詳しい情報は、こちらをクリック↓
「お歳暮コーヒーギフトー金澤屋珈琲店」


いろいろな方のニーズにお答えして詰め合わせを提案しました。

金沢はコーヒーの街

金沢と言えば!コーヒーです。
金澤屋珈琲店について

花紅葉 まっさかり♪ 今が一番…

花紅葉 まっさかり♪ 今が一番…

2016年11月14日(月)

11月も中盤。

遅かった紅葉この数日でどんどん深まっています。毎日、毎日変わる展望に季節を感じながら

秋の紅葉のピークと共にお店も毎日慌ただしく…
外を眺める事を忘れがちですが、ふと立ち止まった時、朝出勤と同時に毎日感動する日々。

どんなに忙しくてもやっぱり心を奪われます。
この一瞬を大切にしなければ!
皆さんも、紅葉を見にいかれましたか?

癒されるコーヒーの香りに
大自然の景観に一体化するお店。

テラス席からの展望もおすすめですが、2階席は更に素晴らしい景観です。

花紅葉とは例えていうものの色とりどりの葉っぱがまるでお花のようですね。




今朝の金澤屋珈琲店です。

大きなケヤキと桜の木が紅葉しています。


ちなみに1か月前まで



1階席

2階席は、またまた格子戸から覗く紅葉に目を奪われます。

窓際席は、予約される方も多い人気席です。


今日は、秋の早朝散策に行ってきました。

知ってましたか?

金沢城公園と兼六園は朝6時から開園しています。

金沢城公園は無料(五十間長屋見学は有料)

兼六園は、入場料大人310円

ですが、兼六園は朝6時から7時45分まで無料開園しています。(入口は蓮池門

いつもこんなおそばにいながら…たまにしか散歩してない私。

散歩へ行くには、この時期は寒さとの戦いです。(^_^;)

金沢の朝は、曇っている事が多く太陽の温かさがない早朝。

そしてあまりいない人。

寒い代償として、こんなに贅沢な金沢城公園とその加賀百万石の大名庭園を独り占め!できちゃうのです。

これから観光客や外国人さんがもっともっと増えたら…きっとそうはいかないですね。

それでももし、金沢へいらした際に、無駄になりがちな朝の時間、
早朝が無駄なく観光に使えるので、知っておくと吉。

時間を有効に利用できますよ。


花紅葉便り
金沢城公園-新丸広場 河北門付近

ここには、あまり人が歩かない場所にひっそりと冬桜が毎年この時期に咲いています。

あまりにもひっそりしているので、遠くから見ると白い小粒の花がちらちら。

紅葉と重なりまた風情があります。







金沢城公園の紅葉は今が真っ盛り。
 
石川門 重要文化財 くぐって石川橋を渡れば兼六園です。

お堀通りと言われる街中の大きな道路の上空に位置する石川橋。

見渡す限り一面歴史ある木々の紅葉が展望できます。

スケールの大きな紅葉スポット。




石川橋を渡った先は森に包まれた 兼六園。

兼六園


金沢城の外郭として城に属したお庭でした。
約340年の歴史を持つ兼六園。
ここまでスケールが大きくなったのには、歴史的にいろいろな人物がかかわっていたようですよ。

六勝を兼備するという意味で「兼六園」と命名されました。

六勝は、中国宋の時代に詩人が記した「洛陽名園記」の文中から採ったもの。

宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望 の六勝 

造られた庭園でありながら、自然のまま残る美しさ。



無造作にかけられた橋やベンチから見渡す景観は、とても綺麗に整えられています。

年間を通して飽きる事のないお庭。

春には花が満開
夏には緑と泉の清さ
秋の紅葉
冬は雪吊りと雪化粧

これは日本で3つのうちの一つと称されるだけ価値があります。

季節事に違う音色を持っているのでとても趣があります。



瓢池

久々にこちらによりましたが、なんとも言えない自然な色合い。

翠滝
夕顔亭
海石塔













たまにススキ



兼六亭側。

いい感じ。

雪吊りも見られます。



日本最古の噴水

水源は、霞が池。

通常は3,5、メートルの高さ。霞が池の水位によって変化します。











ここが!
霞が池 二本足でたつと有名な! ことじ灯籠です。

今日も早朝からカメラマンらしき人がいました。

着物姿で記念撮影されているご家族も。






この池の360℃どの角度からとっても様になるように計算されて作られています。

なんとなく1周してみました。
この池には、兼六園の看板ともいえる

唐崎松があります。

最も枝ぶりが見事な松の木。琵琶湖の唐崎から種子を取り寄せて実生から育てた黒松です。














曇り空ですが、しっとりと紅葉のトーンが色艶やかに。






幻想的な紅葉見


朝から満喫した松崎でした。

兼六園の紅葉は、11月末まで楽しめそうな雰囲気。

ピークは今週末以降からその次か…

真紅に変わる紅葉をまた見に行こう…

「11月も逃せない金沢城公園情報!」

その①「紅葉の回廊をゆく」11/18~12/10まで
金沢城公園本丸園地周辺
ライトアップ自由散策 17:00~21:00

秋の紅葉した公園内を散策できます


その②金沢城公園・玉泉庵
「紅葉茶会」 
11/19 13::10~16:30
11/20 9:30~12:10
(15名×4席)
参加費:720円

今週末のご予定にいかがでしょうか?

とても良い季節となりました。

紅葉のピークも半ば。

一緒に花紅葉。

お店でお会いできる事を楽しみにしています。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク




リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (225)
コーヒーギフト (20)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (508)
ネルドリップ (256)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (67)
サイフォン (20)
エスプレッソ (77)
アイス珈琲 (61)
ペーパードリップ全般 (487)
ペーパードリップ―カリタ式 (26)
ペーパードリップ-メリタ式 (15)
ペーパードリップ-ハリオ式 (15)
ペーパードリップ-コーノ式 (215)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (661)
コーヒーと健康 (18)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (42)
ブレンドコーヒー豆 (16)
シングルオリジンコーヒー豆 (53)
スペシャルティーコーヒー豆 (101)
コピルアック (30)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (804)
珈琲英語 (44)
カフェメニュー (282)
スイーツ (187)
カカオ (41)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (4)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1347)
金沢城公園・兼六園 (565)
陶芸家「小西みき」 (33)
彫刻家「木下輝夫」 (106)
華道家「草月流 栄波」 (76)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (204)
コーヒーとグラインド (61)
コーヒーと器 (36)
コーヒーと保存 (41)
ドリップポット (31)
研修レポート (179)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (84)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (27)
珈琲ギフト (21)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (4)
金澤散策 (21)
看板 (1)
コーヒーバッグ (57)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (2)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (61)
花見 (1)
兼六園・金沢城公園 (18)
近江町市場 (2)
バリスタのお仕事 (8)
コーヒー通販 (40)
メール便 (6)
Bene Spriing Dripper (3)
三洋産業CAFEC (10)
カフェック (0)
コーヒーと和菓子 (18)
自動販売機 (4)
クラウドファンディング (14)
台湾珈琲 (25)
九谷焼 (4)
能登地震 (5)
ゲイシャ (0)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【金沢はコーヒーの街】⑩-金沢と言えばコーヒーです!大切な方への贈り物に… 2016/11/15 【金沢は珈琲の街】-⑩金沢と言えばコーヒーです!大切な方への贈り物に...金沢と言えば加賀友禅、加賀蒔絵、九谷焼、大樋焼き金沢箔・・・職人技がキラリと光る数々の伝統工芸かうて栄えた加賀百万石の歴史。かつて茶の湯の文化を中心に花開いた金沢の文化は、独自の文化として栄えてきました。金沢では全国的に珈琲と和菓子の消費量がトップクラスという統計結果が得られています。かつて親しんだ茶の湯の文化が温故知新~現代の珈...
花紅葉 まっさかり♪ 今が一番… 2016/11/15 花紅葉 まっさかり♪ 今が一番…2016年11月14日(月)11月も中盤。遅かった紅葉この数日でどんどん深まっています。毎日、毎日変わる展望に季節を感じながら秋の紅葉のピークと共にお店も毎日慌ただしく…外を眺める事を忘れがちですが、ふと立ち止まった時、朝出勤と同時に毎日感動する日々。どんなに忙しくてもやっぱり心を奪われます。この一瞬を大切にしなければ!皆さんも、紅葉を見にいかれましたか?癒されるコー...

タグ

兼六園 金沢城公園 コーヒー ネルドリップ コロナ 通販 コーヒーの木 コーノ エスプレッソ ゲイシャ 台湾珈琲 苔玉 木下輝夫 クリーマースプリングス 木のスプーン ラテアート 能登半島地震 金箔珈琲 九谷焼 ドリップバッグ こもかぶり ギフト コピルアック ハロウィン 板屋 コーヒーフェスティバル 氷室饅頭 送料無料 氷室万頭 ブルーマウンテン かき氷 SDGs 求人 かなざわ珈琲 チームラボ 

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR