fc2ブログ

2016-11

食いしん坊は忙しい(^_^;)11月―冬の味覚を愉しもう♪

食いしん坊は忙しい(^_^;)11月―冬の味覚を愉しもう♪

11月
もうすぐ暦では「立冬」
厚手のコートや手袋が必要になるころ。
DSC01608.jpg 

「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆればなり」

冬到来、山では初冠雪が見られ北国では、雪が降る。
冷たい風も強まり木枯らしが吹く。

なんとなく暖冬と言えども暦通りに寒くなってきた金沢です。

先日11月3日には、新聞で時折目にしていたあの話題!

DSC01611.jpg 

参勤交代のたび 完歩!

無事あのお二人が到着。
先月からなんと25日間かけて 加賀藩が参勤交代で通ったといわれる東京ー金沢間を歩く旅に。

金沢美術工芸大学の卒業生2人がチャレンジし、11月3日雨風にさらされながら金沢城公園大手門を通り、金沢城公園へ到着。

東京―金沢間 約516㌔
1日あたり20~35キロのペースで歩いてきました。

現在では、約2時間半の北陸新幹線の旅。

今回チャレンジしたお二人が、旅をふりかえり。

「秋雨も上がり満願成就する」
「冬あらしみんなの笑顔大手門」と

句を詠みました。

沢山の方が到着を待ちわびお出迎え。
その中にはなんと山野市長も。

お二人の道中を綴った日誌にも注目!
「KANABIあそび隊」


DSC01609.jpg 

といったのが最近のニュース。

DSC01610.jpg 

来週にはいよいよカニ解禁2016 金沢市


近江町市場は、この日から美味しいものを買い求めるお客様で年末まで人でごった返す…(^_^;)

カニ解禁と言えば、兼六園の雪吊りと並んで冬を象徴する風物詩。
今月中旬には、ボジョレーヌーボーの解禁。
飲んで食べて楽しみがいっぱい。

食べるのに忙しくなるこの時期。
美味しいものを食べて寒さを乗り切りましょ♪


11月、金澤屋珈琲店ネット通販サイト
今月の厳選セットが変わりましたよ!

<今月のセット内容>
ニカラグア・ジャバニカ/100g、
かなざわ物語ブレンド/150g、グカテマラ・ルシータ農園/150g、
コロンビア・トリマプラナタス/150g、カフェプリモブレンド/150g
~こちらの商品は特別送料にてお送りいたします~
<各地方の送料はこちら>
関東、中部、北信越、関西・・・送料無料
東北、中国、四国・・・110円 九州・・・220円  北海道・・・540円  沖縄・・・650円

送料も特別価格。
珈琲ファンは見逃せないセット。
SPset2015_2_20161104082147cf2.jpg
ご注文はコチラ↓
http://www.krf.co.jp/SHOP/OTST001.html


今月のおすすめドリンクメニュー

ミルクたっぷり「カフェオレ」


店でも最近注文が多いミルク珈琲
カフェオレはフランス生まれ。

コーヒーにたっぷりとミルクを加えたもの。エスプレッソを使って作るミルク珈琲はカフェラテと呼びます。
カフェオレのコーヒーは、マシーンでも手でもドリップした珈琲を使います。

お家でも実は簡単にできる。

美味しく作るコツは2つ!!
*コーヒーは、いつもより濃く抽出
*牛乳は温めすぎない!

たったこの二つ。

コーヒーは薄いと水っぽく珈琲感が弱くなります。また酸味の強いコーヒーは、牛乳と合わさると…
どちらかと言うとボディーのしっかりしたコクや苦みのあるタイプがおすすめ。

ミルクはレンジで温める方法と鍋で直接火にかける方法があります。
珈琲と合わせてから温めるよりも個別に温めた方が美味しい。
なぜなら、ミルクにはミルクの適温が。
珈琲には珈琲の適温があるのです。

沢山量を作る際はまとめてミルクを鍋で温める。鍋の淵がふつふつと泡立ってきたらもう少し待つ。
30秒ほど待つとちょうど良い温かさ。

ミルクは70℃手前位が一番甘い。

沸騰させないように弱火で。

レンジでも温めすぎると沸騰するので注意。

1カップ分に使うミルクならば600ワットのレンジで50秒ほどが目安です。

*カフェオレをお家で作る方法*
その①珈琲豆からドリップして作る本格派の方

今月の厳選セットの中では、カフェプリモ!がおすすめ。

粉20gで約120ccの濃いコーヒーを抽出します。
ミルクの合わせる量の目安は珈琲:ミルク=1:1
珈琲と同量のミルクを60℃以上70℃未満に沸かす。
熱々にしすぎると甘みが減っちゃいます。
カップに珈琲を注ぎ、ミルクを注いで出来上がります。
ストレーナーや茶漉しがあれば、ミルクの膜を濾す事ができクリアになります。

その②インスタントコーヒーを使って淹れる!
20161104133539945.jpg 

勿体ないですが、1杯ずつのスティックインスタントが便利。
カップにインスタントコーヒーをいれ、通常の注ぐ湯量の半分くらい注ぐ。

20161104133508374.jpg 
濃いのでこのままでは飲めません(^_^;)
20161104133458605.jpg 
マグカップいっぱい分のミルクは少量。

レンジでチン!で温めOKです。

20161104133454629.jpg 

かなり濃いめのカフェオレの完成。

珈琲を淹れる手間が省けて簡単。一人分でもできちゃいますよ!
20161104133438559.jpg

その③1派ずつのドリップバッグを使ってカフェオレを作る!
インスタントコーヒーよりもかなり本格的な味わい。
レギュラーコーヒーなので、淹れたての香りがかおる。

店頭では、深煎り珈琲の極みブレンドと金澤珈琲バッグの2種類。

粉の量は12gと10gで違います。

濃い目で深煎りビターテイストがお好みであれば、極みドリップを!

ミディアムタイプは金澤珈琲バッグをお選びください。

ドリップオン。中を開くとこのようになっています。
説明書き通りくみたてて下さいね!

20161104133432249.jpg 


20161104133233801.jpg 


20161104133230097.jpg 


20161104133225489.jpg 

湯を少量注ぎ蒸らします。約40秒ほど。
20161104133213563.jpg 
しっかりとしたコクや甘みを引き出すカギ。
蒸らす事で濃度感もでます。

20161104133200906.jpg 


20161104133155850.jpg 


20161104133151486.jpg 

その後数回に分けてゆっくりと抽出。
量はカップの半量程度でやめましょ。

20161104133145365.jpg 
ミルクを同じように温めてカップにそそぎます。

20161104133141840.jpg

以上3つの方法でした。

自分に合った淹れ方でお楽しみ下さい!

意外に簡単だったドリップバッグを使う方法。粉からいれる珈琲はやっぱり美味しい。

一人分のカフェオレにお勧め。

今月もまだ始まったばかり。
冬の味覚はいろんな所で待っています!

楽しみましょうね♪

関連記事↓
本当に美味しいカフェオレ

【メニューの裏話】②チョコレートカッピング

【メニューの裏話】チョコレートカッピング
20161024205823317.jpg
新しいメニューを考える時

いつも大切にしている事は、やはり「美味しいものを提供したい」という事。

実際には、原価と手間を抑える事が経営上でも大切ですが、

第一に美味しい事 が基本だと思います。

特にチェーン展開する喫茶店でも大手チェーン店でもない私たちのような形態のお店は


専門店らしく接客、提供、味、器…どの工程も抜かりなく。


お客様の価格との判断基準になっていると思います。

美味しいものやメニューを考える時、実際に食べのみ歩いたりします。美味しかった素材、組み合わせなど参考にし自分でも色々比べてみる。

高い素材だけがいいわけではなく、組み合わせでバランスが取れるものもあります。

メニュー作りは試作が楽しい。

提供価格に合った素材選びと仕上げ時間。

どんなに美味しくても、時間をかけすぎるのは

てきぱきっと仕上げて美味しいものを。

容量のよしあしと職人の技術とセンスがいきるメニュー作り。

今回の課題は「カフェモカ」

人気のドリンクメニューなだけに、飲みに来るお客様も知識や情報、実際に飲んだことのある人が多いメニュー。

合わせるのは「エスプレッソ」+「ミルク」+「チョコレート」

抽出量は仕上げるカップによりますが、バランスが大切です。

独得のエスプレッソの風味も、チョコレートの甘みと香りも残したい。絶妙のバランス。

何をどれだけ淹れて、どんなふうに作ろう。

エスプレッソとチョコをからめるタイミング。比べると結構違いがでます。

最後の仕上げはどのようにしようか?

色々迷うときりがありません。(^_^;)

今回は、「エスプレッソ」はミルクに合う自家製ブレンド「利家ブレンド」
煎りが深すぎず、浅すぎず…配合に使用しているベースのブラジルがなんとも言えない口当たりとアロマを引き出します。

利家ブレンドのエスプレッソにあまみある河北潟ミルクを。地元のホリ牛乳です。

「エスプレッソ」と「ミルク」のコンビネーションはバランスよし。

後は、合わせる「チョコレート」

 ドリンクに使うチョコレートも様々なタイプのものが出回っています。

★製菓用のクーベルチュールタイプ
★固形上のチョコレート
★液体上のフレーバーシロップタイプ
★液体状のチョコレートシロップ

リキュールになったものもありますが、本当に幅広い。

液体上のものは香料が強い傾向で、さらに使いやすいチョコレートシロップは水あめや香料がきついものもありチョコ感がどうしても

まずは、そのままテイスティング。
20161024083336331.jpg

色つや、香りが違います。
 20161024083339951.jpg

甘みの強さや質も違う。

20161024083343213.jpg 

製菓用は、甘さや香りがやっぱりチョコらしい。

20161024083346307.jpg 

次はエスプレッソと合わせて

20161024083350872.jpg

混ぜ混ぜ。

溶けやすい、溶けにくい…
エスプレッソに負けず、チョコらしさがきつくないもの…

 20161024083355919.jpg

ミルクと合わせて…

20161024083325939.jpg

テイスティング。

色々ありますが、香料がきつくないチョコシロップや、溶けにくいチョコとの相性が良い。

全然違う。

20161024083400927.jpg 

チョコレートカッピング。

相性がいい、チョコと合わせて「カフェモカ」を。

香料は、NGでした。

チョコレートから溶かすカフェモカはやっぱいうまい。

隠し味にバニラシロップもgood。

「金澤屋のかふぇもか」

もうすぐ登場♪

20161024205842823.jpg








































 


イベント開催予告!【小さな花遊び】11/25~29

イベント開催予告!【小さな花遊び】11/25~29


20161025181850468.jpg 

11月イベント開催予告

店内でちょこっと可愛らしい花展をすることになりました。
20161025181845002.jpg 20161025181854155.jpg
勿論お花❤ と言えば、金澤屋珈琲店をいつもきれいにしてくれている華道家栄波先生。

ご縁あって店内で開催することに。

花器は、お店のカップをいつも作って頂いている小西みきさん。
20161025181832506.jpg
五感に感じる空間
秋色の店内
紅葉 

そして作家さん作品による美しい花器

今回は、栄波先生のお弟子さんたちが彩ってくれます。
20161025181903068.jpg 20161025181825034.jpg 20161025181811333.jpg
「小さな花遊び」

2016.11/25~11/29までの5日間

9:00~18:00

場所:金澤屋珈琲店本店 店内
飲食はいつも通り営業しております。


店内にお気軽にご来店下さいませ。

生け花教室はよく開催してますが、花展は初めてです!

お花にあ未知なるエネルギーがあります。

ご来店されるお客様が元気になりますように。

尚、11月23日(水)は祝日のため営業致します。
朝8時より夕方6時までとなっております。

11月24日(木)が振替休日となっています。

変則的になりますが、ご了承くださいませ。

お天気がよくなりますように!


「うまみ」は日本の文化?

「うまみ」は日本の文化?


ちょっと気になる新商品!

「ダイドーブレンド うまみブレンド」
~豆だけでなくコーヒー果肉まで使用~

ダイドーの自動販売機にかかれたこの秋冬の(2016年)新製品。
なんと うまみ ブレンド!

更に、特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”とは??
ダイドーさんによる商品概要はコチラ↓
特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”
  • 豆だけでなくコーヒー果肉までまるごとドリップ
  • “うまみ”引き立つこだわりのブレンド
  • “うまみ雫”を配したNewパッケージ
※Coffeeberry®Brandのコーヒーチェリー抽出物
うまみ雫をイメージしたニューパッケージ。
ブルーカラーをベースにコーヒーの果実が描かれています。
かなりのインパクトですが、秋冬?というより真夏のよう。(^_^;)

コーヒー豆はコーヒーの木と言われる植物からなる木の実の種です。その木の実は、このパッケージにある通り真っ赤に熟れたサクランボ のようなので! コーヒーチェリーと呼ばれています。
今回は、そんな豆だけでなく果肉を丸ごとドリップ!? と謎のキーワード。

詳しく見ると、収穫したコーヒーチェリーを洗浄、水に透けた後6時間いないにチェリーごと乾燥させて粉砕。
その後抽出し粉噴射という他に例のない方法で果肉をまるごとドリップしているそうです。
果肉と一緒に豆をブレンド。


出来上がった珈琲をどのようにイメージしますでしょうか?
「●商品特長
特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”


    1)豆だけでなくコーヒー果肉までまるごとドリップ
特許技術でコーヒーの豆だけでなく、果肉までまるごとドリップ。豆のコクと果肉のほのかな甘みが融合して生まれるコーヒー本来の“うまみ”を引き出すとともに、香料無添加で素材本来の味わいを追求しました。

2)“うまみ”引き立つこだわりのブレンド
コーヒーの果肉と相性の良い豆を中心にブレンド。浅煎りから深煎りまで幅広く焼き分けることでコーヒーのコクと香りを引き出しました

3)“うまみ雫”を配したNewパッケージ
洗練された深い青の配色に、赤く熟したコーヒーの果実と豆を印象的にデザイン。そこから滴る雫を新たに加えることで、豆だけでなく、コーヒー果肉までまるごとドリップして引き出した“うまみ”のおいしさを訴求しました。

商品概要
■商 品 名ダイドーブレンド うまみブレンド
■発 売 日2016年8月22日(月)
■容量・希望小売価格185g缶・115円(税抜き)
■販売チャネルコンビニエンスストア、量販店、自動販売機および
通信販売(DyDo オンラインショップ http://drinco.jp/)等


(ダイドーより)

丸ごと果実
そして 「うまみ」
皆さんは、よく料理や飲み物を良く表現する際に使う言葉はありますか?
私たちコーヒー業界でも美味しいコーヒーを表現する際にいろいろな身近なものや食品、植物などに例えます。
そのダイレクトな特徴意外にも、ヒトは味を感じる5つのセンサーがあります。


大きく分けて5つ
苦味、酸味、甘み、塩味、うまみの5つ。
説明がしづらく、どのようなものが旨みなのか?

味が総合的に美味しいか美味いかの感覚ではないうまみ。


皆さんはどのような味を想像しますか?

面白いことに、以前外国人と日本人の味覚力調査でこのうまみをわかる人は外国人が3割程度に対して日本人は7割以上も感覚的にわかっていたようです。日本人はうま味を無味のものや塩味と間違えたのに対し、外国人は酸味と間違えたそう。
昆布、カツオ節、緑茶など、旨味が強いものに慣れ親しんでいる国の人と、そうでない国の人では、結果的に味覚力に差が出たということです。

「そもそも味は、下にある味蕾(みらい)というセンサーで感じ取っています。この味蕾は、普段から薄味の食事に慣れ、味の変化を感じようとしたり、味のアレンジを楽しんだりしようとすれば、センサーの感度が上がり、味覚力も高まるらしいのです!味覚は本来、健康に良いものをおいしいと感じるようになっているのですが、濃い味つけの食生活に慣れてしまうとセンサーが狂い…(^_^;)感覚が鈍るのだとか。」

コーヒーには主に、苦み、酸味、甘みがあるといわれ、うまみがある、感じるなどという場合があります。良質なお茶にも感じるうまみ。
うまみの正体はアミノ酸(テアニン、グルタミン酸など)といわれ、鰹節やトマトにもあります。お茶や珈琲にも感じられる成分です。
日本の食生活に欠かせないだし。そのカツオや昆布のだしの味はうま味を含んでいます。


そんな和食文化の発達した日本人が発見した味覚!として海外からも注目を受けています。近年日本食ブームの陰にもそんな背景があります。 なんとも繊細な感覚でしょうか!
そんなうまみ。






















【11/3文化の日】~雪吊り始まる 兼六園無料開園!!~

【11/3文化の日】~兼六園無料開園~

11月に入りました。
せかせかする年の瀬が近づき…そわそわ。

兼六園は、紅葉が進むこの時期にライトアップを行います。
今年の金沢は、長期予報で昨年並みの積雪を予想していました。昨年…と言えばなんどか朝から早起きをして雪かきをしました。

それでも、年々減っているな…とは実感しています。

金沢は、雪国。
11月になると車のスノータイヤへタイヤ交換、そして雪吊り作業。
雪吊りは、木に積もった雪の重みで木がおれないようにするもの。
クリスマスツリーのようなものを見かけたことはないでしょうか。

北陸地方の雪は、水分の多い重い雪。(^_^;)
その重みから、木の枝を守るために施されています。単に木を丈夫にするだけに思われていますが、それだけではなく、その姿は冬の金沢の象徴でもあり、とても風情を感じるものです。

冬の金沢では企業や一般家庭に至るまで、広くこの雪吊りが行われている中、 兼六園の雪吊りは、その代表的なものです。
そして雪吊り!と言えば、見事に施される兼六園の雪吊りが冬の風物詩となっています。



兼六園、連日観光客の方で賑わっていますね。
1477912940051.jpg




1477912943857.jpg


1477912930035.jpg


1477912937624.jpg

ゆっくりと紅葉は進んでいますが、まだまだ楽しめそうですが…

ことじ灯籠のもみじはまだまだでした。
きっと今月の終わりごろですね!

来る11/3文化の日には、メインの唐崎松の雪吊りが完成しているでしょうか…

20161014_075407.jpg 


兼六園無料開園【文化の日】

11月3日(木・祝) 8:00~17:00

この日は、終日無料開園。
お天気が良ければきっと人がいっぱいでしょうね。

日本三名園、兼六園がある金沢は藩政時代から造園に対する関心が高く、造園技術が発達していると言われています。中でも雪吊りの技術は「兼六園方式」と呼ばれ、全国の庭師が学びに来るほどと言われている見事なものです。

11月1日から12月中旬にかけて合計814ヶ所の雪吊りが延べ人数500人をかけて施される。この期間は庭師の皆さんの職人技を見ることができるのです。

実際に雪がつもるのを見る事が出来るのは、12月に入ってからですね。

*今年の兼六園・金沢城公園 ライトアップの日程*

その①金沢城・兼六園ライトアップ【秋の段】

11月18日(金)~12月3日(土) 17:30~21:00

その②金沢城・兼六園四季物語【漆黒の庭園散策】

12月4日(土)~10日(火)17:30~21:00(兼六園)

昨年はこんな風に







雪が降っても
曇っても
晴れても
…それぞれに風情があります。

北陸の冬の魅力の一つです。

昨日のニュース

20161101_075534.jpg 20161031_112223.jpg

今年は、海外から日本へ訪れる訪日客が2000万人を突破したそうです。
東京オリンピック開催までには4000万人を目標に掲げていますが、対応や宿泊施設…いろいろ問題は増えているのだそう。 消費額は伸び悩んでいますが、沢山の方が日本へ。

先日行ってきた兼六園。
外国人の団体様が沢山いました。
これは以前と違って(@_@;)。
店にも沢山いらっしゃっているので日々痛感。

何はともあれ…
金沢に人が増えるのは活気があってよい事。

11月23日(祝日)は水曜日(毎週定休日)ですが営業いたします。
朝8時開店

晩秋を楽しめる11月。
今月も美味しいコーヒーをご用意してお待ちしております!







11月1日は「紅茶の日」らしい!?

11月1日は「紅茶の日」らしい!?
DSC08807_20160710194915bd5.jpg

その謂れ
日本紅茶協会ではこのように
「海難にあってロシアに漂着した日本人、伊勢の国(現在の三重県)の船主、大黒屋光太夫他2名は、ロシアに10年間滞在せざるを得なかった。

帰国の許可を得るまでの辛苦の生活のなかで、ロシアの上流社会に普及しつつあったお茶会に招かれる幸運に恵まれた。とりわけ1791年の11月には女帝エカテリーナ2世にも接見の栄に浴し、茶会にも招かれたと考えられている。

そこから、大黒屋光太夫が日本人として初めて外国での正式の茶会で紅茶を飲んだ最初の人として、この日が定められた。 」
(日本紅茶協会ホームページより)

定められたのは昭和58年から
制定されてから、34年位ですね。

客人が来たら…
必ず出すもの・・・・
珈琲、紅茶にお茶

と言う位、日本ではメジャーな紅茶。
それでも最近は、インドやスリランカなどの海外から輸入紅茶意外に、国産紅茶の生産量が急増中です。

そもそもペットボトルで販売される緑茶が増え、茶葉の価格が下がりました。そして紅茶の生鮮にのりだし、海外の紅茶に負けない国産紅茶が出てきました。

お茶といっても、実や緑茶も、ウーロン茶も紅茶も実はすべて同じツバキ科の茶木が原料です。

同じ茶葉でも発酵度によって色や味、香りに違いがでます。
皮をむいたリンゴ
リンゴは酸化するとどんどん茶色く変化します。
その性質と同じように緑色の茶葉はどんどん発酵が進む過程で赤茶色になります。
発酵させない ⇒ 緑茶
半発酵 途中で発行をやめると⇒ウーロン茶
最後まで発酵させる⇒ 紅茶


お茶は面白い。

そもそも世界の紅茶、ダージリンやアッサム、セイロン
始まりは17世紀
オランダ商人が中国から茶葉をヨーロッパへ持ち込んだ。
イギリスで紅茶に砂糖を入れて飲む方法がイギリスを中心に広がりました。
紅茶の商売で剤をなしたイギリス。
植民地で茶葉の栽培を始めました。
それが現在のインドやスリランカ
成功し、ダージリン、アッサム、セイロンに!

日本でも紅茶は栽培されています。
緑茶大国日本も明治初期から。
「紅茶を輸出して近代化を進めよう」と。
その研究者は、徳川家の元家来 「多田元吉」
彼がインド各地を訪ね持ち込んだ品種で成功しました。

現在も主な産地は、三重県、鹿児島県…

一時は高品質の安い海外の紅茶が入り衰退しましたが
今では「日本人の好みに合った味わいの和紅茶、渋みの少ない和紅茶が人気」

和紅茶 というと忘れてはいけない
金澤屋珈琲店の和紅茶。 石川県産
「加賀の紅茶」は店内でもお召し上がりいただけるほか、今年から茶葉の販売も始めれるようになりました。
DSC01452.jpg
紅茶を使用したスイーツもございます。
DSC08866.jpg
加賀の紅茶
石川県加賀市打越茶園にて作られています。

品種は、ヤブキタとオクヒカリのブレンド

柔らかく飲み口が軽い。

DSC00903.jpg

紅茶も珈琲と同じ嗜好品。

皆さんにも毎日飲みたくなるようなお気に入りの紅茶がありますか?

加賀の紅茶は、ほんのり甘い。

砂糖もミルクもなく、ゆっくりと味わいたい和紅茶。

約300年以上前から金沢では、茶葉の栽培が始められました。
加賀藩前田利常が推奨したといわれています。

紅茶も歴史あるゆえ…現在も続けられています。

生産量がもっと増え安定すれば、もっと気軽にいただくことができるでしょうね。

DSC02910_20160504202012588.jpg

今日は、紅茶の日。

紅茶で一服。ティータイムしましょ♪

DSC09456.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク




リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (225)
コーヒーギフト (20)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (508)
ネルドリップ (256)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (67)
サイフォン (20)
エスプレッソ (77)
アイス珈琲 (61)
ペーパードリップ全般 (487)
ペーパードリップ―カリタ式 (26)
ペーパードリップ-メリタ式 (15)
ペーパードリップ-ハリオ式 (15)
ペーパードリップ-コーノ式 (215)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (661)
コーヒーと健康 (18)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (42)
ブレンドコーヒー豆 (16)
シングルオリジンコーヒー豆 (53)
スペシャルティーコーヒー豆 (101)
コピルアック (30)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (804)
珈琲英語 (44)
カフェメニュー (282)
スイーツ (187)
カカオ (41)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (4)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1347)
金沢城公園・兼六園 (565)
陶芸家「小西みき」 (33)
彫刻家「木下輝夫」 (106)
華道家「草月流 栄波」 (76)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (204)
コーヒーとグラインド (61)
コーヒーと器 (36)
コーヒーと保存 (41)
ドリップポット (31)
研修レポート (179)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (84)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (27)
珈琲ギフト (21)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (4)
金澤散策 (21)
看板 (1)
コーヒーバッグ (57)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (2)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (61)
花見 (1)
兼六園・金沢城公園 (18)
近江町市場 (2)
バリスタのお仕事 (8)
コーヒー通販 (40)
メール便 (6)
Bene Spriing Dripper (3)
三洋産業CAFEC (10)
カフェック (0)
コーヒーと和菓子 (18)
自動販売機 (4)
クラウドファンディング (14)
台湾珈琲 (25)
九谷焼 (4)
能登地震 (5)
ゲイシャ (0)

月別アーカイブ

Blogsharelink

食いしん坊は忙しい(^_^;)11月―冬の味覚を愉しもう♪ 2016/11/05 食いしん坊は忙しい(^_^;)11月―冬の味覚を愉しもう♪ 11月もうすぐ暦では「立冬」厚手のコートや手袋が必要になるころ。 「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆればなり」冬到来、山では初冠雪が見られ北国では、雪が降る。冷たい風も強まり木枯らしが吹く。なんとなく暖冬と言えども暦通りに寒くなってきた金沢です。先日11月3日には、新聞で時折目にしていたあの話題! 参勤交代のたび 完歩!無事あのお二人が到着。先月から...
【メニューの裏話】②チョコレートカッピング 2016/11/04 【メニューの裏話】チョコレートカッピング 新しいメニューを考える時いつも大切にしている事は、やはり「美味しいものを提供したい」という事。実際には、原価と手間を抑える事が経営上でも大切ですが、第一に美味しい事 が基本だと思います。特にチェーン展開する喫茶店でも大手チェーン店でもない私たちのような形態のお店は専門店らしく接客、提供、味、器…どの工程も抜かりなく。お客様の価格との判断基準になっていると思い...
イベント開催予告!【小さな花遊び】11/25~29 2016/11/03 イベント開催予告!【小さな花遊び】11/25~29 11月イベント開催予告店内でちょこっと可愛らしい花展をすることになりました。  勿論お花❤ と言えば、金澤屋珈琲店をいつもきれいにしてくれている華道家栄波先生。ご縁あって店内で開催することに。花器は、お店のカップをいつも作って頂いている小西みきさん。 五感に感じる空間秋色の店内 そして作家さん作品による美しい花器今回は、栄波先生のお弟子さんたちが...
「うまみ」は日本の文化? 2016/11/02 「うまみ」は日本の文化?ちょっと気になる新商品!「ダイドーブレンド うまみブレンド」~豆だけでなくコーヒー果肉まで使用~ダイドーの自動販売機にかかれたこの秋冬の(2016年)新製品。なんと うまみ ブレンド!更に、特許技術※「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”とは??ダイドーさんによる商品概要はコチラ↓特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”豆だけでなくコーヒー果...
【11/3文化の日】~雪吊り始まる 兼六園無料開園!!~ 2016/11/02 【11/3文化の日】~兼六園無料開園~11月に入りました。せかせかする年の瀬が近づき…そわそわ。兼六園は、紅葉が進むこの時期にライトアップを行います。今年の金沢は、長期予報で昨年並みの積雪を予想していました。昨年…と言えばなんどか朝から早起きをして雪かきをしました。それでも、年々減っているな…とは実感しています。金沢は、雪国。11月になると車のスノータイヤへタイヤ交換、そして雪吊り作業。雪吊りは、木に積もっ...
11月1日は「紅茶の日」らしい!? 2016/11/01 11月1日は「紅茶の日」らしい!?その謂れ日本紅茶協会ではこのように「海難にあってロシアに漂着した日本人、伊勢の国(現在の三重県)の船主、大黒屋光太夫他2名は、ロシアに10年間滞在せざるを得なかった。帰国の許可を得るまでの辛苦の生活のなかで、ロシアの上流社会に普及しつつあったお茶会に招かれる幸運に恵まれた。とりわけ1791年の11月には女帝エカテリーナ2世にも接見の栄に浴し、茶会にも招かれたと考えられている。...

タグ

兼六園 金沢城公園 コーヒー ネルドリップ コロナ 通販 コーヒーの木 コーノ エスプレッソ ゲイシャ 台湾珈琲 苔玉 木下輝夫 クリーマースプリングス 木のスプーン ラテアート 能登半島地震 金箔珈琲 九谷焼 ドリップバッグ こもかぶり ギフト コピルアック ハロウィン 板屋 コーヒーフェスティバル 氷室饅頭 送料無料 氷室万頭 ブルーマウンテン かき氷 SDGs 求人 かなざわ珈琲 チームラボ 

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR