FC2ブログ

2015-10

メンテナンスー道具

今日は、大事な商売道具のメンテナンスデー。

まずは、ドリップポット。

ステンレス製品、クエン酸をぬるま湯に溶かして水垢を取ります。

お湯しか入れないドリップポットは、薬品を使わない方法で優しく洗浄。

細くちの注ぎ口は、要チェック。

柔らかいスポンジで研磨します。



そしてサーバーやドリッパー。

コーヒーの酸性の油汚れには重曹がオススメです。

茶渋。

使い込むうちに自然についてしまう茶渋。

少し位は、気になりませんが、ほうって置くと頑固な染みに!

少しずつ抽出時の珈琲の味に影響を与えます。

しっかりと落とすにはやはり漂白剤。



サーバーの持ち手や金具に染みた珈琲の液体。

ブラシなどでこすって落とすか、外せる場合は、外して油汚れを取ります。



ドリッパーの漂白、使用頻度の多い順に色づいています。

つけおきし、更にスポンジで擦り洗い。



底から見ても分かりやすいですね。


カラータイプも綺麗に。


そしてペーパードリップの要は、コーヒーミルのメンテナンス。

使用頻度が多ければ多いほどこまめなメンテナンスが必要です。

ミルで最初に感じる粗さ
微ふんの多さ

歯の消耗も考えられますが、珈琲の油分や歯についた微ふんのお手入れが肝心です。

ミルを購入する際は、永く使うことを考えるかたにはちょっと高いかも知れませんが数万円する電動ミルで替え刃があるものがオススメです。

夏の間は、アイスコーヒー用の深煎りの珈琲豆を挽くことが多かったのでかなり油分と微ふんがたまり...

メインのミル。



ネジを緩めて中を開けます。

ネジにまで油分と微ふんの汚れがついています。

油汚れは布巾やティッシュでひたすら拭きます。




あららf(^^;早速パウダー状の粉。

こびりついています。

ここからは地道に作業。

お掃除用具
はけ
ブラシ
静電気除去機能付きはけ
布巾
ペーパータオル
掃除機
ミルお手入れのほとんどは、水分を嫌います。

水を使わずに汚れを落とす。。

固まった微ふんの汚れは爪楊枝や竹串。

ねじ部分。
こんな所にも飛び散ったコーヒーパウダー。

綺麗になってきましたが細部はやはり楊枝で珈琲を取り除きます。

きれいになりました。

この部分は調節ねじ部分。
粗さ設定をかえたいときはここで番号をずらすと変わりますが、あらかじめ外す前に、基準の箇所にどの番号があったかを覚えておかないと、取り付け後に依然と全然違う粗さに(^_^;)

なりがちです。

気になるところはドライバーで外して要チェック。こんなところまで微粉。



ここにも微粉。
刷毛で除去。



粗さ調節部分は、完了です。

粉が出てくる入口部分。
ここは毎日のお手入れでお掃除が必要な箇所。
飛び散った細かい微粉が出てきます。



鏡をあてて観察。
通常はしゃがまないと見えないのです。




地道に地道に!
綺麗になってきました。


豆をいれるホッパー部分。
こちらは取り外し可能です。
毎日のお手入れでも珈琲の油を落とすようにしましょうね。
この部分は、外して洗えます。



中の歯はこのような状態です。
茶色いココアパウダー状のものが珈琲の微粉です。

かなり油分でかたまったものは黒い炭のように塊となって出てきます。

刷毛は固めの丈夫なものを
エアーブラッシャーがあると空気を送り込んで風邪で吹き飛ばせます。

刷毛の毛がついたりするので注意。


溝に入り込んだ微粉は固めのブラシ、竹ぐし、つまようじでとっていき、仕上げに乾いた付近で油おとし。





豆導入口を上から覗くと黒いかたまりがこびりついています。
之もコーヒーです。
とれます!

この部分はねじを外せばとれます。
綺麗にしておきましょう。

固まりで出てきた珈琲の微粉。









歯の奥は、黒っぽいかたまりの微粉がどんどん出てきます。







綺麗になってきました。




歯はもう一つあります。
こちらも同じようにお手入れ。






















細かい作業なので、かなり時間がかかります。
ですが、かなりピカピカ。

歯の消耗もチェック。
まだまだ大丈夫。







そろそろもとに戻していきます。









今日の微粉。
珈琲を挽く前にミルの中にたまってました!
夏の終わりのお手入れ。


コーヒーミルをお手入れ前には普段メインで使用している粗さに合わせて、試引きをしたものを残しておきます。
お手入れ後に比較してみましょう。

ミルのメンテナンス
お手入れ前と後
写真でも比べます!
粉が出てくる入り口

珈琲豆をいれる入り口

ミルの中の歯







お手入れ前に挽いた粉とお手入れ後に挽いた粉を茶漉しでふるって微粉をチェック。
写真左がお手入れ後。
写真右がお手入れ前。

微粉もわずかながら違いがでました。





コーヒーミル
メンテナンス完了。
後は、いつも通り珈琲を淹れて味の濃度などの微調整を行います。
味は格別に変わります。

勿論美味しく・・・・(^^)
道具のお手入れでも美味しさアップ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

SDGs (6)
コーヒーノキ栽培 (58)
コーヒーギフト (9)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (354)
ネルドリップ (171)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (60)
サイフォン (20)
エスプレッソ (30)
アイス珈琲 (46)
ペーパードリップ全般 (376)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (132)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (512)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (30)
ブレンドコーヒー豆 (8)
シングルオリジンコーヒー豆 (27)
スペシャルティーコーヒー豆 (80)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (554)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (179)
スイーツ (86)
カカオ (32)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (11)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (909)
金沢城公園・兼六園 (332)
陶芸家「小西みき」 (18)
彫刻家「木下輝夫」 (18)
華道家「草月流 栄波」 (69)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (159)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (20)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (23)
研修レポート (175)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (81)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (20)
珈琲ギフト (12)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (3)
金澤散策 (15)
看板 (1)
コーヒーバッグ (16)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

メンテナンスー道具 2015/10/03 今日は、大事な商売道具のメンテナンスデー。まずは、ドリップポット。ステンレス製品、クエン酸をぬるま湯に溶かして水垢を取ります。お湯しか入れないドリップポットは、薬品を使わない方法で優しく洗浄。細くちの注ぎ口は、要チェック。柔らかいスポンジで研磨します。そしてサーバーやドリッパー。コーヒーの酸性の油汚れには重曹がオススメです。茶渋。使い込むうちに自然についてしまう茶渋。少し位は、気になりませんが、ほうって...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 贈り物 ゲイシャ ドリップバッグ 新元号 平成 台風 クリスマス 新年度  金沢マラソン 兼六園,桜、花見 ハワイコナ 水出しコーヒー 大暑 コーヒーノキ カニ解禁 立冬 コーヒーの日 

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター