FC2ブログ

2020-01

【幻のコーヒー19世紀のティピカ発見!】―ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える川島良彰」

【幻のコーヒー19世紀のティピカ発見!】―ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える川島良彰」


先週12/14(土)NHK BS1 夜10時放送

ドキュメンタリー

ザ・ヒューマン


ザ・ヒューマン[新]「コーヒーで世界を変える 川島良彰」

詳しい番組情報はこちら↓

https://www4.nhk.or.jp/P6137/x/2019-12-14/11/29768/3115788/



番組を見た方も多いですよね。

世界のコーヒーハンターと呼ばれる川島氏


何度かお会いしたことがありますが

一番の想い出は、タイのコーヒー収穫体験ツアーにて

アテンドをして下さったときです。


1年の半数を海外へ出向くといわれている、

世界のコーヒーハンターで名高い川島氏。

ミカフェートの代表です。

日本ではほとんど珈琲の栽培を見る事のできないコーヒー産地の事情を知り、

現地の方に美味しいコーヒー豆づくりの技術指導をしています。

社名の「ミカフェート」スペイン語で「コーヒーのために」

という通り、生産者以上に色々な世界のコーヒー産地へ行き、事情を知っている方。
珈琲の為にできることを全てするというモットーで会社を設立、今もなお続いています。

JAL国内線や国際線では、川島氏プロデュースの珈琲が楽しめます。国内線はインスタントコーヒーを開発、そして国際線は、レギュラーコーヒーを提供し、空の旅に適した美味しい珈琲が楽しめるようになっています。他にもホテルや料亭などに積極的にコーヒー指導をしているようで

色々なシーンで川島さんのコーヒーに出会う機会が増えていると思います。


今回は、ドキュメンタリー番組。


長い歳月をかけて発見した

幻のコーヒー

キューバの19世紀に植えられたといわれるティピカ。


キューバ政府の協力のもと密林に埋もれ

忘れられていたティピカ(19世紀の)

を発見したというストーリーです。


約45分間の番組。




最初から目が離せませんでしたね。

最後まであきらめない姿勢

まさにコーヒーハンターです。


今回の幻のコーヒーと繫がりのある

もう一つのコーヒーが在るのを知ってますか?


20191208072445978.jpg

つい先日

今期の貴重なブルボンポアントウにお目にかかり

頂いてきました。

かつてフランスのルイ王朝が愛したコーヒーと言われ

1年に1度だけ

フランスのレユニオン島から届くコーヒーです。


でレユニオン島がどこにあるのか(^_^;)

と思いますよね。


フランス共和国の海外県

マダガスカル島の東方のインド洋上に在ります。


小さな島でその面積は、日本でいう神奈川県位と言う事です。


そ小さな島では、希少な生物多様性

類まれな自然美

世界自然遺産に認定されるほどの特異な景観を持っています。


この地にコーヒー栽培がもたらされたのは

1715年フランスルイ14世の時代。


その当時ブルボン島と呼ばれていました。


瞬く間に王族貴族に愛される飲み物となり

ルイ15世

文豪バルザックにも親しまれました。


古の文化人や王族に愛されたコーヒーもその後消滅。

コーヒーの原種であるブルボン種でした。


そんな消滅したコーヒーが再び長い歳月をかけて

UCCと現地の方、政府機関の方で復活させたというのが

ブルボン・ポアントウです。

その当時UCCに勤務の川島氏が現地に赴き発見したというストーリーです。


幻のコーヒーと言うだけに

見た目も全然違います。

20191208072716314.jpg

「とても美味しい」

「とがった形の珍しい豆」

「ブルボン種の原種にとても近い」

「天然カフェインレス」


かつて王族が愛したコーヒーとして

今も名高いブルボンポアントゥの復活から20年。


今回のプロジェクトは、キューバのコーヒー産業の始まりとされる

ティピカ種の発見でした。


キューバと言えば

歴史が絡んでくるのですがハイチ革命にて追われたフランス人が

アラビカ種のティピカ亜種の苗をキューバ東部へ持ち込んだことが始まりとされています。


これが、コーヒー栽培の始まり。

その後、歴史的背景や自然災害によりコーヒー産業は衰退し

19世紀に植えられたティピカも幻に。


キューバのコーヒーと言えば

お店でもずーっと取扱いがない状態ですね。

そういえば。



現地の方にも忘れられていた高品質ティピカの原木を探しに

かなり奥地まで探索。

外国人が立ち入りを許可されていない場所まで探し

19世紀のティピカ発見によりキューバの衰退したコーヒー産業にいい影響が出る

生産者の方の努力を踏まえて公正な価格で商品を

お客様に提供する事で

私たちも継続的に美味しいコーヒーが飲むことができる

という信念でプロジェクトが行われ


見つけた原木の実から200個の種が入手されました。

何年後には、幻のキューバのティピカ種を

飲む日がくるのですね。


(^-^)/


そうそう、番組内で

川島さんがおっしゃってた

ティピカ種の特徴

「若葉がブロンズ色をしている」

というコメント。

タイに行っていた時もおっしゃっていました。


と思って、店のコーヒーの木の若葉を探索。


(゜_゜>)

なんかブロンズ色に似ている!?



100均で今年購入したコーヒーの木。

葉っぱが妙に大きく元気。


突然ブロンズ色の葉が…


まさかね。

ヽ( ´_`)丿


社長に聞いてみたら

色々な木の交配種だとまれにこういう事もあるらしい。

アラビカ種でなくてロブスタ種かもしれません。

(笑)


それでもティピカ種

コーヒー飲みたいですね!











いしかわウォームシェアキャンペーンに参加してプレゼント応募しよう!✌️

いしかわウォームシェアキャンペーンに参加してプレゼント応募しよう!✌️

金澤屋珈琲店本店は、いしかわウォームシェア

参加店です。





ウォームシェアという言葉を聞いたことはありますか?

極寒の真冬

これからですね。

北陸では、毎年この時期に増えるエアコンや暖房などの家電使用量


実は、夏よりもずーっと

冬の方が電気を使うのですよね。


(*´ω`)┛


1年の中で最も多くなるこの時期。

暖房や照明の利用率が多くなるので

出来るだけ、皆で集まり暖をとろうという取り組みです。


暖房を一日1時間止めると

年間で約1100円 お得になります。


という事は二酸化炭素も削減。


エコ!!に繋がります。


ウォームシェアといのは、つまり

一人一人が個々に電力を使うのではなく

家族で一つの部屋に集まったり

外へ出かける

という動きで、消費電力を抑える取り組みの事です。


いしかわウォームシェア参加スポットに行き

利用したレシートを集めて

プレゼントが当たる応募キャンペーンというものがあります。


期間は、12/1~2/29までの3か月間。




金澤屋珈琲店をはじめ

姉妹店のキャラバンサライコーヒーショップも参加しております。


2か所で商品を購入したレシートがあれば参加できます。

応募はがきは、各店舗に置いてありますので

持って行って下さいね。


プレゼントには、キャラバンサライより美味しいコーヒーも提供してます。

5名様❤


他にも入浴券、動物園、水族館のチケット

ひゃくまん穀のお米・・・

色々プレゼントも盛り沢山。


金澤屋珈琲店のレシートを

集めて応募してくださいね。

20191203134656072.jpg


20191203134658499.jpg

案内はこちら↓

http://ishikawa-ecolife.jp/approach/home/entry-135.html








[タイのコーヒー事情】―ドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」

[タイのコーヒー事情】―ドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」

20191014114403252.jpg

2019年9月12日(木)

東京都 ワシントンホテル有明にて行われた

セミナーに参加してきました。

今回のテーマは、タイのコーヒー栽培について

ドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」

20191014114408259.jpg

講師陣には、東京大学東洋文化研究所 教授 池本幸生氏

によるタイのドイトゥンコーヒープロジェクトの説明

タイの現地からメーファールアン財団の方が参加


セミナーでは、タイのコーヒーを美味しくしようという事で

プロジェクトに参加されている

ミカフェート代表取締役 川島 良彰氏

石光商事代表取締役 石脇 智広氏

コーヒー界のパイオニア的存在のお二人が参加し

現在のタイのプロジェクトの状況を教えて頂きました。


川島氏と石脇氏は、沢山本を書いてますので

知っている人も多いですね。

紹介はこちらにて↓

コーヒーハンター川島 良彰氏


コーヒーサロン石脇 智広氏


タイのドイトゥンコーヒープロジェクトというのは、

現在も行われている開発プロジェクト。

行われているのは、タイ最北部、ミャンマーとラオスに接する地域は

かつて治安が悪くアヘンの産地でした。

「黄金のトライアングル」「Golden Triangle」

と呼ばれていました。

が、その実情は貧困の三角地帯

お金を稼ぐためにアヘン栽培をと。

そこで立ち上がったのは、メ―ファールアン財団。

プミポン国王が18歳で即位し、民のために自分の目で見て現状を把握

問題解決に努めました。


1988年から始まった貧困の人々の生活向上のために行った、麻薬撲滅、森林保全、森林再生、持続可能な農業開発、少数民族の生活向上といいった取組の中で始まりました。

コーヒー事業も持続可能な農業開発に。

日本のコーヒー界のパイオニアである

石光商事 石脇氏

世界のコーヒー産地に赴い農業技術指導を行っている川島氏

がタイへ赴き何年もかけてタイのコーヒーを美味しくするプロジェクトに

参加しております。


ドイトゥン開発プロジェクト
1988年~1992年 農民に焼畑とケシ栽培をやめさせること、農民たち自身がプロジェクトに意欲が出るように自己啓発させること、生活向上のためにこの地域の人に仕事を与える事

 がなどが初めに取り組まれました。

現在では、地域に根差した職業を奨励し、自然環境保護を永続化させ、各民族の伝統文化を守り、世界的観光地に育成する取り組みに重点が置かれています。


私、松崎は川島さん率いるタイのコーヒー体験ツアーに実際に

行って参りました。(2016年1月)


ドイトン

ドイ=旗

トン=山

標高1000メートル以上

ドイトンは、想像していた以上に大自然に恵まれ美しいエリアでした。

現在では、すっかり観光地化されていますが

かつて忘れてはいけないのが、この山々がかつて一面のアヘン畑だったという事。

ミャンマー、タイ、ラオスの国境は、世界最大のケシの実栽培地帯でした。

生活のためにアヘン栽培を、そのため、森林は消滅し不毛の地に。

アヘンを作って豊かになったのはそれを四季っている一部の人のみで農民は、貧しいまま。貧困と森林破壊、感染症や病気 といった問題を抱え、それを何とかしようと立ち上がったのが、メ―ファールアン財団です。


タイ語でメ―ファールアンは「空からやってくるお母さん」という意味。

1972年に国民の尊敬を集めるプミポン国王(ラーマ9世王)の母、シーナカリン妃殿下が資金を拠出し、貧困にあえぐ人々の生活向上を支援する非政府組織を設立させました。
ドイトンロッジ


一見、緑豊かな観光地にしか見えませんが、皇太后一家が取り組んだ歴史がきざまれた博物館があります。どのように取り組み、改善されたのか、展示物やケシの実の生生しい展示物、アヘンなど、普段見れないものが展示されています。
観光と学びの地ドイトゥン

イギリス式庭園が美しく,故皇太后の別荘や庭園、植物園を見学しました。









農業技師として派遣された川島さんは、ここで

技術指導とタイに合ったコーヒーの栽培品種の研究などを行っていました。


石脇さんは、その結果を数値化するお仕事を主に。

タイのコーヒーは、ここ数年で美味しくなっているそうです。


ドイトンコーヒー

出会える場所が増えるかもしれませんね。


タイ・ミャンマー・ラオス

かつてのゴールデントライアングルからコーヒートライアングルに変わるかもしれません。


お店にもミャンマーのコーヒーを出しています!!

ミャンマーでコーヒーが採れるの?と興味を持ってくださる方が多いです。


<ドイトン開発プロジェクト>

★ケシ栽培をやめさせる

★森林破壊を食い止める

★収入源を創出

★コーヒー栽培

★マカデミアンナッツ栽培

★陶器

★伝統織物

★教育

★国籍取得


タイのコーヒーツアーを思い出しました。


色々、盛り沢山でした。

またお邪魔したいですね。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

SDGs (8)
コーヒーノキ栽培 (65)
コーヒーギフト (9)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (368)
ネルドリップ (183)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (60)
サイフォン (20)
エスプレッソ (32)
アイス珈琲 (46)
ペーパードリップ全般 (376)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (132)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (526)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (33)
ブレンドコーヒー豆 (9)
シングルオリジンコーヒー豆 (31)
スペシャルティーコーヒー豆 (84)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (568)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (184)
スイーツ (93)
カカオ (33)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (0)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (926)
金沢城公園・兼六園 (342)
陶芸家「小西みき」 (18)
彫刻家「木下輝夫」 (19)
華道家「草月流 栄波」 (69)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (161)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (21)
コーヒーと保存 (34)
ドリップポット (23)
研修レポート (175)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (81)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (21)
珈琲ギフト (12)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (3)
金澤散策 (15)
看板 (1)
コーヒーバッグ (19)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【幻のコーヒー19世紀のティピカ発見!】―ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える川島良彰」 2019/12/21 【幻のコーヒー19世紀のティピカ発見!】―ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える川島良彰」先週12/14(土)NHK BS1 夜10時放送ドキュメンタリーザ・ヒューマンザ・ヒューマン[新]「コーヒーで世界を変える 川島良彰」詳しい番組情報はこちら↓https://www4.nhk.or.jp/P6137/x/2019-12-14/11/29768/3115788/番組を見た方も多いですよね。世界のコーヒーハンターと呼ばれる川島氏何度かお会いしたことがありますが一番の想い出は...
いしかわウォームシェアキャンペーンに参加してプレゼント応募しよう!✌️ 2019/12/04 いしかわウォームシェアキャンペーンに参加してプレゼント応募しよう!✌️金澤屋珈琲店本店は、いしかわウォームシェア参加店です。ウォームシェアという言葉を聞いたことはありますか?極寒の真冬これからですね。北陸では、毎年この時期に増えるエアコンや暖房などの家電使用量実は、夏よりもずーっと冬の方が電気を使うのですよね。(*´ω`)┛1年の中で最も多くなるこの時期。暖房や照明の利用率が多くなるので出来るだけ、皆で集...
[タイのコーヒー事情】―ドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」 2019/10/20 [タイのコーヒー事情】―ドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」2019年9月12日(木)東京都 ワシントンホテル有明にて行われたセミナーに参加してきました。今回のテーマは、タイのコーヒー栽培についてドイトゥン・コーヒー「コーヒーで貧困削減と環境保護を」講師陣には、東京大学東洋文化研究所 教授 池本幸生氏によるタイのドイトゥンコーヒープロジェクトの説明タイの現地からメーファールアン財団...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 贈り物 ゲイシャ ドリップバッグ 新元号 平成 台風 クリスマス 新年度  金沢マラソン 兼六園,桜、花見 ハワイコナ 水出しコーヒー 大暑 コーヒーノキ カニ解禁 立冬 コーヒーの日 

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
3位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター