FC2ブログ

2019-03

【ひがし茶屋街】―歴史を感じる東山散策

 【ひがし茶屋街】―歴史を感じる東山散策

梅雨らしく雨がしとしと降るお休みの日。
気になる話題の一つ
先日の新聞でも、ここ東山の旧町名復活申請の話題が取り上げられていました。

金沢でも旧町名復活の動きが見られます。
木倉町、柿木畠、六枚町、袋町…
地元っ子は、知らず知らずと聞く町名の他

なんとなーく観光の方によく聞かれるこれってなんていう町名?
一番は!人気の観光地でもある

主計町と書いて
かずえまちといいます。

浅野川沿いの風情ある街並みが今も残され和文化を色濃く感じる場所。
かずえまちというのは、加賀藩富田主計の屋敷があったことから名づけられました。

旧町名の歴史をたどると、歴史ある人物像や色々な昔話が出てきて面白いものです。

ちなみに私の住んでいる場所も
近くに2つ標柱がたてられていたので調べてみると…

三社町(さんじゃまち)
この付近は、旧石川郡戸板郷三社村。
三社の宮があったのでこの名に。
藩政時代は武家屋敷に農家、町家が混在した町であったそう。

他にも
旧宗叔町(きゅうそうしゅくちょう)
堀宗叔という医師が住んでいたのでこの名がついた。
堀家は代々藩医をつとめていたという。

参考文献:歴史のみちしるべ標柱一覧

金沢城から近い街中には、そんな城下町を示すシグナルがいっぱいです。
歩いてみると、色々発見しますね。

金沢の中心には現在3つの茶屋街があります。

「ひがし」「主計町」「にし」の3つ
3茶屋街


茶屋街というのは、かつて江戸時代
加賀藩によって公認されました花街。

花街一般には、はなまちと言いますが,本当は、かがいというそうです。
かがいという人ほど、よく熟知した人なのだとか。

そんな「花街」が金沢の中心に3つ。

「ひがし」が最も格式が高く、規模が大きく広いです。

よく観光雑誌にも取り上げられています。

藩政期時代のお茶屋建築を残す町並みは、国の重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

そもそもお茶屋さんって??というと

あまりなじみがありませんが、かつて富裕層や文化人たちが舞や三味線などの芸妓の洗練された芸を楽しんだ町人の社交場でした。

現在も紹介なしに新規では入れない「一見さんお断り」が原則。

それでも中を一般公開するお茶屋さんもあるのでその文化に触れる事ができます。

で、どう楽しむ!?

江戸時代の頃の建築物を眺めたり
歩いたりしながら建物を楽しむ

江戸時代の様式が残った建物を見学したり
老舗が多いのでお茶をして楽しんだり、お土産を買い物したり
体験ができる茶屋街

にしとひがしは、昼間観光の方が多く、お店が多く並んでいます。
主計町の方は、昼間は食べ物屋さんが数件ほど
夜の方が営業されている店が多いですね。

歩いて風情を楽しんでもいいかもしれません。

浅野川です。
市内には、浅野川と犀川が流れています。

浅野川は、女川そして犀川は、男川として地元では親しまれています。

20180628074522241.jpg

天神橋

 20180628074452856.jpg

主のようなカラスを発見。

20180628074432933.jpg 

梅の橋

20180628074353447.jpg 

歩行者用の通り道。

20180628081149103.jpg

德田 秋聲 記念館

20180628074416808.jpg

石川県金沢市生まれの小説家です。
並木道
木のうねりが歴史を感じます。

  20180628074303809.jpg 20180628074329862.jpg 

天神橋、梅の橋、浅野川大橋、中橋

20180628074225819.jpg 20180628074206675.jpg 

歩いていくと
古きよき町並み、川沿いに栄えた城下町文化。

街中にあるのでふらっと息抜きするにはちょうど良い場所です。

6月も終盤。
梅雨空が舞い戻り蒸し暑い中、そこそこ観光の方も見られましたが
いつもより少ないかな…(^_^;)

久しぶりにゆっくりと歩けました。

20180628081816597.jpg

旧御歩街区域
おかちまち といいます。
藩政時代、藩主を警護する歩(かち)が住んでいたので、この名がついた。
はじめ観音下御歩(徒)町などと呼ばれていた。

ここにも発見。旧町名。
お休みの店も多く今日は、静かでした。



 20180628081833057.jpg 20180628081846207.jpg

映画のワンシーンのように綺麗な街並みです。

 20180628081856645.jpg

ここは、定番の写真スポット。
建物によく見られる
この格子。
「木虫籠(キムスコ」と言われる伝統的な造りで、外からは中が見えにくく中からは見やすい。
不思議な茶屋様式の造りです。

 20180628081917854.jpg 
今日は水曜日。
毎週水曜日がお休みでいけないお店もありますが。

やっとで行けました。
タレントのMEGUMI さんがオープンさせたcafe多聞さん。

20180628082136041.jpg 20180628082124070.jpg

素敵ですね。
いつも満員か、お休みで入れませんが今日ははいれました。

 20180628082112715.jpg 

日本の文化を色濃く感じる場所
としてかねてより好きだった金沢の地でカフェを。

1か月に1回くらいはいらしてるらしい…

とよくしゃべる警備員さんが目の前に。(^_^;)

観光客の方も調べて来てました。

宇多須神社の芽の前です。

20180628083026529.jpg

手を合わせて

 20180628083041720.jpg 
 
  20180628083116466.jpg

この神社には、3体の忍者がいるそう。
1体発見(^_^;)本物みたい。

20180628083059070.jpg 

20180628083131789.jpg

夏越しの大祓

茅の輪くぐりも。

 20180628083142929.jpg

穢れを払って

20180628083116466.jpg 

多聞さんで一服。

20180628082149171.jpg

東山散策もいいもの。

【ひがし茶屋街】金沢来たら…やっぱりここへ行きたいな✨


観光地をぶらり観光客気分で散策。

本日のフォーカスは「ひがし茶屋街」

地元の人は、ほとんど行くことがない(^_^;)と言われる茶屋街。なぜなら混雑しているらしい…駐車場がほとんどなく狭い。

いいお店や気になるお店は、ありますが

たまに夜食事に行ったり、県外のお友達が来たら連れて行ったり…というときに行くことが多いかもしれません。

さらに、ちょっと敷居が高い!?なんて印象もあるのがイメージに。

それでもやっぱり行くと楽しい…まるでタイムスリップ。

街中にあるのが(@_@;)。金沢ってなんてコンパクトにいろいろなモノ・コトが集中しているのでしょうか。

そうそう、お店のドリップバッグ
でおなじみの「ドリップカフェ金澤珈琲」

色、デザインがとても金澤らしい…と評価され

「金沢ブランド優秀新製品」を受賞しています。
dripbag_kanazawakcoffee01_201708240801405b0.jpg dripbag_kanazawakcoffee03_20170824080136cbd.jpg dripbag_kanazawakcoffee05_20170824080138cfb.jpg
絵柄に描かれたデザイン…よーく見ると金澤の名所ばかり。中には勿論金澤屋珈琲店なる建物も

赤色は、金澤屋珈琲店です。

金沢では古来より茶の湯をたしなみ和菓子とともにお客様をもてなし「一期一会」の心を大切にしています。金澤屋珈琲店・丸の内本店ではその精神を現代の珈琲店に生かした新しいスタイル「金澤珈琲」を提唱し、金沢の風土の中で育てられ完成された「金沢ブランド」のコーヒーを自家製のスィーツとともにご提供しています。平成24年度金沢都市美文化賞を受賞した店舗外観をモチーフとしました。

購入された方の想い出す金沢の想い出とそしてプレゼントされた方にも城下町金澤を味わって頂けます。

店頭でも、販売してます。


気になる方はコチラ↓
http://www.krf.co.jp/SHOP/DC009.html

本日のピックアップ名所
「ひがし茶屋街」
なる歴史ある場所は、ドリップカフェの絵柄ではこちら
「梅の橋」

dripbag_kanazawakcoffee07_201708240801386f9.jpg
 紫のドリップカフェは、
金沢・東茶屋街近くにかかる橋。付近は泉鏡花の出世作「義血侠血」の舞台にもなっており、作品にちなんだ滝の白糸碑やヒロイン滝の白糸をかたどった像が建てられています。


色柄ともにバラエティーに入ったドリップカフェは、主に観光でいらした方のお土産品として人気高い商品となっています。

金澤屋珈琲店にいらしたお客様の多くが、観光で金澤を巡っています。

今から兼六園へ
近江町市場へ
更に21世紀美術館
長町

色々聞きますが、兼六園の次に多いのが「ひがし茶屋街」です。

芸能人がよくCMやドラマ収録で出ている金澤らしいロケ地としてよく皆さんもいつの間にか目にしているかもしれない…観光地。

北陸新幹線開通後では、その人気は爆発的に。

ただの平日の何気ない時間でも外国人と観光客が沢山。

人力車なるものも見かけたり
かなり金澤も観光地らしくなってきました。

お店から東茶屋街へは、徒歩15分。

バスをご利用のお客様は、店を出てから大手掘りのふらっとバスにて100円で、行けます。
ただし(^_^;)このフラットバス、かなり鈍行です。東茶屋までは20分ほど見てください。

朝9:00~18:00の間に15分間隔で
代金は何処で載ってどこで降りても、100円
先に払います。
観光客も利用しますが、地元の方もよく乗ってます。
ガイドアナウンスでは、簡単に昇降口の場所の説明をしてくれます。

住宅街のマニアックな路地裏も入るのでかなりびっくりするかもしれません。

20170824081351700.jpg 

大手掘り、店からすぐ。
ここです。
材木ルートです。
他にも色々ルートがあり、街中を走っているのでよく見かけると思います。

15分おきにやってくるのと、停留所が細かく沢山あるので、ちょっと近いけど歩くには(゜-゜)と言う時に

20170824081428139.jpg 

大手掘りで乗車
15駅(^_^;)
梅の橋又は浅野川大橋で下車して橋を渡る先が東茶屋街付近。

20170824081519121.jpg 

店から歩いて15分
ふらっとバスで20分
どちらを選ぶ!?と思いつつ疲れと汗をかきたくない人は、ぜひふらっとバスへ。

「梅の橋」で下車
20170824082047556.jpg 20170824082102748.jpg
木製の高欄と桁隠しを採用した鋼橋
何もないけど
雰囲気や造りにを歴史を感じますね。

散策したくなる街なみが広がっています。
20170824082124517.jpg 

橋を渡ってひがし茶屋へ

紅葉シーズンもいい感じです。


P1050317.jpg

P1050316.jpg

金沢駅からのアクセス
東口バスターミナル3番からバス停「橋場町」で下車徒歩3分

*金沢駅から出ている城下町周遊バス右回りで11分です。
金沢人は、普段車移動なのでついついバス停が出てこなく説明足らずになるのですが、最近はなんとなく覚えてきました。


茶屋街って!?

金沢の中心には現在3つの茶屋街があります。

「ひがし」「主計町」「にし」の3つ
3茶屋街

「主計町」ってよくなんて呼ぶんですか?と観光客の方に聞かれます。そうですね。金沢にすんでなかったら答えれず(笑)
「かずえまち」というとみなさんびっくり。

私も昔から、字を見るよりも言葉で聞く方が多かったかな、有名な場所なので行くことがあったのですが漢字を見て一致せず。

かつて江戸時代
加賀藩によって公認されました。
花街一般には、はなまちと言いますが,本当は、かがいというそうです。かがいという人ほど、よく熟知した人なのだとか。

そんな「花街」が金沢の中心に3つ。


「ひがし」が最も格式が高く、規模が大きく広いです。

よく観光雑誌にも取り上げられています。

藩政期時代のお茶屋建築を残す町並みは、国の重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

そもそもお茶屋さんって??というと

あまりなじみがありませんが、かつて富裕層や文化人たちが舞や三味線などの芸妓の洗練された芸を楽しんだ町人の社交場でした。

現在も紹介なしに新規では入れない「一見さんお断り」が原則。

それでも中を一般公開するお茶屋さんもあるのでその文化に触れる事ができます。

で、どう楽しむ!?


江戸時代の頃の建築物を眺めたり
歩いたりしながら建物を楽しむ

江戸時代の様式が残った建物を見学したり
老舗が多いのでお茶をして楽しんだり、お土産を買い物したり
体験ができる茶屋街

人気のあるお店は、平日でもいっぱい。賑わっています。
古い町屋づくりの建物をリノベして出店が多く
寿司、欧米料理、麺処まで…
気になるお店が増えていますね。
最近できたお店も増えていて面白いですね。
つい最近の新聞にも掲載されてました!!
金沢発祥の面白いアイス。


「金座和アイス」 金沢東山
時間がたっても溶けない…暑い中持ち歩いても溶けないといわれる
変わったアイスがあるといわれています。

その秘密は…

天然素材の
苺ポリフェノールを使いアイスを固める方法を見つけたのだそうです。


金沢大学の太田名誉教授が考案したのだそう。


20170824122918176.jpg 

20170824122927557.jpg

溶けないアイスのカフェフロート500円を注文。

20170824092455357.jpg

アイスが溶けないので、アイスはアイスでコーヒーはコーヒーですべて味わっちゃいました(^_^;)

アイス単品を選ぶと自分でソースや金箔でデコレーションして食べれます。
話題性のあるアイス、お客さんでいっぱいでしたね…

20170824092450648.jpg 20170824092442232.jpg



久々に歩くと

観光客の多さは半端ないですね😅
観光地京都に行ってきた気分
浴衣👘歩きも流行っているようですね♪
街並みに合ってますね。
金箔🍦で大変有名な✨
箔一さん…とても入れる雰囲気ではないくらい店内は混雑(^-^;流行ってます。
他にもいきたかったカフェ☕😌✨順番待ち故に断念

タレントのMEGUMIさんがひがし茶屋街にオープンしたカフェでできる前から話題になってました。昨年10月開店。宇田須神社前いい場所。

今回で三度目ですが、またもやいっぱいで入れず!待つのが嫌なので断念😓

恐るべし人気のカフェ☕😌✨

Cafe 多聞

MEGUMIさんは金沢が好きだったんですね🎵いい場所見つけましたね。

 

メイン通りを通りすぎた静かな場所です。落ち着いてて素敵です。メニューはパンケーキが有名だとか。

今回はお茶するのをあきらめて(^-^;

ビア!!

ここも有名なスポット!金澤🍻が飲めるお店。ビールを作ってるんです!☺

入りやすい雰囲気。

テイクアウトで😋美味しいビールが頂けます。

クラフトビールとナポリピザの店

「オリエンタルブルーイング」

(金沢市東山、TEL 076-255-6378)

オーナーさんは小松市出身で勿論ビール好き世界中を旅して色々培った感性やセンスがいいお店。金澤では数少ない外国のパブのような雰囲気。外国人さんが入りやすそうと思えば(^-^;たっくさんいました。

建物は、老舗氷店・クラモト氷業(東山)の店舗だった町家を改装したそう。工房を併設したブルーパブ形式で、店舗にはカウンター8席、テーブル席12席が設けられています。

メニューはコチラ♪

英語表記もしっかり

やっぱりこの時期の🍻がうまい。最初は静かだったのですが、3時過ぎるとわんさか。休憩がてら昼から沢山の人で賑わってました。

金澤ビールと金沢ピクルス。

😋

ピザが(゜ρ゜)で美味しそう❗

今度はピザをオーダー🙆

お腹もいっぱい

😃🎶楽しい休日でした。

たまには地元観光もいいですね🎵

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (4)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (320)
ネルドリップ (162)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (56)
サイフォン (19)
エスプレッソ (15)
アイス珈琲 (42)
ペーパードリップ全般 (368)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (125)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (497)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (14)
スペシャルティーコーヒー豆 (76)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (517)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (154)
コーヒースイーツ (77)
カカオ (33)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (15)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (832)
金沢城公園・兼六園 (273)
陶芸家「小西みき」 (17)
彫刻家「木下輝夫」 (17)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (151)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (165)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (71)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (17)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【ひがし茶屋街】―歴史を感じる東山散策 2018/06/30  【ひがし茶屋街】―歴史を感じる東山散策梅雨らしく雨がしとしと降るお休みの日。気になる話題の一つ先日の新聞でも、ここ東山の旧町名復活申請の話題が取り上げられていました。金沢でも旧町名復活の動きが見られます。木倉町、柿木畠、六枚町、袋町…地元っ子は、知らず知らずと聞く町名の他なんとなーく観光の方によく聞かれるこれってなんていう町名?一番は!人気の観光地でもある主計町と書いてかずえまちといいます。浅...
【ひがし茶屋街】金沢来たら…やっぱりここへ行きたいな✨ 2017/08/26 観光地をぶらり観光客気分で散策。 本日のフォーカスは「ひがし茶屋街」 地元の人は、ほとんど行くことがない(^_^;)と言われる茶屋街。なぜなら混雑しているらしい…駐車場がほとんどなく狭い。 いいお店や気になるお店は、ありますが たまに夜食事に行ったり、県外のお友達が来たら連れて行ったり…というときに行くことが多いかもしれません。 さらに、ちょっと敷居が高い!?なんて印象もあるのがイメージに。 ...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 アイスコーヒー 金箔珈琲 ゲイシャ 台風 ドリップバッグ 金沢マラソン コーヒーノキ 立冬 カニ解禁 コーヒーの日 水出しコーヒー ハワイコナ クリスマス 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター