2017-05

【お店のこだわり】―「ネルフィルター」こと「ファブリック フィルター プアオーバー ブリューイング」

【お店のこだわり】―「ネルフィルター」こと「ファブリック フィルター プアオーバー ブリューイング」

本日の主役はコチラ↓

DSC08695_2017051112411743c.jpg 

日本では、通称ネル、ネルフィルター、布ドリップ…と言えば

大方わかってくれる人が多いのです。

ネルはフランネルの略語。

それでも、どこからいらっしゃる外国人さんかは謎ですが、何でコーヒーを淹れるのか聞かれて

「ネルドリップ」は通じず

「フランネル」も微妙で

実物を見せると…知ってる人はなんとなく理解して
自国で使ってない人は

じゃ、いったいなんていうんだろう?と思っていたところ
20170511200826567.jpg


 20170511200832716.jpg



こんな冊子ができてました。
アメリカで先日お披露目されたらしく

日本でお披露目されたネルっこは海外へ。

DSC01692.jpg;DSC01714_20170511185011baa.jpg

フジローヤル/ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ) 


現在、ネットにて販売もしているこちらの器具。

皆さんはご存知でしょうか?
ご家庭で気軽にネルドリップを楽しんで頂けるネルッコ

何かといいますと!
「ネルブリューワーNELCCO(ねるっこ)はどなたでも簡単に専門店のネルドリップができるコーヒー抽出器です。ネル布は、蒸らしと流下に適した天竺編みのヘンプコットンを採用。フランス発祥のネル布は、日本ではポットとネルドリッパーを手に持ち、糸のように細くお湯をおとす職人の点滴抽出を生みだしました。そうした先人の知恵を結集した本品は、あわただしい毎日でも美味しいネルドリップコーヒーを所望する愛好家を助ける日常の道具として開発。ご家庭や職場、喫茶店などで気軽にお使いください。」

DSC01718_2017051118500805c.jpg

詳しくは
ホームページリンク先

 http://www.krf.co.jp/SHOP/FUJINC001.html

英語版リーフレットがなんとできていた!

面白い。

冊子の中では、ネルドリップは
「ファブリック フィルター プアオーバー ブリューイング」という説明になっていました。

Fabric filter pour-over brewing

長い
覚えれるかわかりませんが、今度お店で外国人さんに試してみようと思います(^_^;)

おそらく、該当するネルドリップの言葉がないのか、どういうものかの説明ですね。
やはり、日本ならではという印象をあらためて受けました。

そして気になるのは コーヒーの味
コーヒーマニアの多くが認める「至極の美味しさ(うまく淹れてくれたネルドリップコーヒーは…)
紙で淹れるペーパードリップ

金属フィルター

セラミックフィルターとも

違い、確実なる美味しさがあるのです。

美味しいのに、ユーザーが昔から今も少ないのは、なぜだか知ってますか?
それは、
「管理や抽出の準備に手間がかかり、味が安定しない事。下手なネルドリップは美味いペーパードリップにかなわず」

と言う位ぶれます。

布の状態が悪くなるときちんと美味しさを発揮できないゆえに…

一度チャレンジした人も使わなくなってしまった…なんて事もあるのです。
家庭では、どんどん減りつつ

そしてネルで1杯ずつ淹れてくれるお店も減りつつ
あたらしい器具がどんどん世に出回ってくるようになりました。
そんな中で、
金澤屋珈琲店では、

時代に逆らうように…

ネルドリップから始めた専門店です。

販売店も少ない中
オリジナルのネルフィルターの販売もしています。

開店から丸5年。
わざわざわ遠方からネルフィルターを買いにお店にいらっしゃる方も増えてきました。

DSC03101_20170511124118847.jpg 

サイズは、大中小3種類。

一番小さなネルは1~2杯

一番大きいと1~2杯は、袋が大きすぎて淹れづらくあっという間に
適量適サイズがあるので

サイズ選びは大切です。

DSC03103_201703191209451fc.jpg

参考までに、規格と粉の使用量の目安です。
粉の量に対しての抽出量は、人によって好みもありますが

ペーパードリップの容量と同じ感覚で
もしくは

1g=10㏄として


粉を15g使用するなら150ccで淹れて味がどうか見てみるといいかもしれません。

お店では、大体1gで10㏄を抽出する割合で粉の粗さや量を加減しています。

粉は、細かいと苦み傾向になります。
苦味を出すと美味しいコーヒーとそうでないときもあるので…
あとはお好みで。

粉の使用量目安

ネルの口径

ネルの深さ

持ち手の長さ

替え布バラ

1杯用

1525g

70

90

105

2杯用

2545g

90

100

105

3杯用

4060g

95

115

105









[広告] VPS
ネットでも購入できます。
「ドリップ用品」
http://www.krf.co.jp/SHOP/337590/list.html

詳しい記事はコチラを参考に↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/category1-1.html

ネルフィルターに合わせてあるといいもの。

それは、「使い勝手のいいドリップポット」

イイものを買ったら、抽出技術を上げてくれる「ドリップポット」が欲しくなります。

ネルドリップ!と言えば
コチラのポットは切っても切れない関係です。

昔ながらの細口ドリップポット

ユキワポットM-5型(コーノ式特別仕様・細口)


知らない方はコチラを読んでね!↓

コーノ式特別仕様の「ユキワポットM-5」です。
コーノ式ドリッパーで美味しくコーヒー抽出をする事を考え改良した製品。
「ユキワポット」は昔からよく喫茶店などで見かけますが、あまり市販で出回らず知る人ぞ知る名品。
大事にずっと使いたくなる、そんなポットです。
今回わずかながら入荷致しましたのでご紹介いたします。

容量:750cc
材質:18-8ステンレス
形式:M-5型(5人用)
※職人の手作業で加工している為、個体差がございます。
※こちらの商品は撮影の為一度開封したものとなります。(未使用品)


http://www.krf.co.jp/SHOP/YKDP-M5.html

ユキワポットM-5型(コーノ式特別仕様・細口)


名品と言われる通り

価格は思い切って…という値段ですが


重厚感あるフォルムで淹れる人の事をよく考えた作りになっています。ずーっと大事にしたくなるポットです。



ユキワポットM-5型(コーノ式特別仕様・細口)





松崎も愛用してます。
難点は

お湯をいれてネルを持ちながら淹れるととても重たい。
仕方ないですが

沢山淹れなければいけない

仕事中は、もうちょっと軽めの

こちらもおすすめ。
タカヒロ細口コーヒーポット
「タカヒロ細口ステンレスポット 0.9㍑サイズ」
http://www.krf.co.jp/SHOP/KKM-004.html


ネルドリップの場合は…

一般に、左でネルフィルターを持ちながら(利き腕が逆なら右ですが)
右でドリップポットを持ち抽出します。

勿論、最初は軽く…

最終的には、粉をお湯をすい袋に湯が入る分だけ重たくなります。

抽出時間は約3分~なんと10分かけて淹れる人も(^_^;)

重たい!
という方には

やぐら と言われるものがあります。


DSC03117_20170511192846264.jpg 

店のネルでは、3杯用サイズがおさまりよく沢山淹れる場合ほどあると便利です。

1杯用の小さなネルは、はまるサイズのやぐらもないのでそのまま持って淹れるのが一般的です。

ネル用やぐら(小)
やぐらネットサイト↓
http://www.krf.co.jp/SHOP/H-KKM-Y1.html


ドリプポットにやぐらに

揃えたくなるものはいっぱい。

受けサーバーは

お手持ちのサーバーでも
パイレックスの耐熱ビーカーでも
ステンレスメジャーカップを使っても
大丈夫です。
(基本的に持ちながら淹れるので)

それでも…


組み合わせでぐっとくるのは

銅製イブリック



店頭で残り1点

販売もしてます。

イブリックというとむかーしから使われているとてもかっこいい器具です。


さわってみるとその高級感が伝わってきます。


ネルドリップしたコーヒーを受けるイブリック。
組み合わせでは

DSC03470_201705111948246a0.jpg DSC03472 (681x1024)

美味しそうに見えませんか

関連記事↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-313.html


最終的に

ネルで淹れたい珈琲

おすすめは「深煎りコーヒー豆」

というのは、定番ですが、実はどれも相性がいい。

焙煎によって、産地によって変わる珈琲のポテンシャルを発揮しやすいのです。

軽やかで華やかな酸味系の浅煎り珈琲では、やや粗めにした粉を使用し時間をかけすぎず淹れる事で舌に残る苦みがなくすっきりと。そして香りがなんと言っても高い。冷めてから飲んでも持続するきれいな酸味が
やっぱりネルだからと感じます。

それでも、淹れてて一番劇的にペーパーよりも美味しくなるのは

やや黒黒とテカッとつややかな
「深煎り珈琲豆」

深煎りコーヒーと言えば、苦みという印象です。

が実は、もっともっと質感があったり香りが合ったり、後味の酸が合ったり…と複雑にからみあった時に

とても 後味がまろやかで甘く感じる事があります。

ネルで淹れた際に感じやすいのです。

何でかっていいうと説明を聞くよりも味わってみる方が

早い かもしれません。(^_^;)

店でも
これは「ネルドリップで飲んでほしい」というメニューには、

表記しています。

「極みブレンド」 です。

極みブレンド 200g

中深煎りコーヒーもぐぐっとくる美味しさに。


おすすめの珈琲豆
店頭では、
*利家ブレンド
*百万石ブレンド
*インドネシアマンデリン
*ブラジル サンタカタリーナ農園

ネットショップで販売中の
*近江町ブレンド
*カフェプリモブレンド
*カフェイタリアンブレンド
*マンデリントバブルー
*マンデリン・アチェ

焙煎度合いでいうと
フルシティ―からイタリアンロースト

は、「ただ単に苦いだけではないコーヒーの奥深さ」を感じる事が出来るはず。
ネット通販サイト↓
http://www.krf.co.jp/SHOP/25386/list.html

ネルに絡めたお話でした。


こだわり器具に合わせて道具集め
相性にいいコーヒー豆…

の紹介でした。
























*アイスコーヒーの保存に活躍容器発見!!*

*アイスコーヒーの保存*


食品のお決まり事…

「開封後はお早目に・・・」
とはいうものの…

お家で料理する際に使う調味料…なんとなく使い切れず、気がついたらいつの間にか賞味期限切れに…

液体状のリキッド物は、開封後からなんとなく劣化していくのがわかります。

アイスコーヒーやアイスティーは香りがぬけ、更に酸化した「酸味」が出てきます。

酸化した酸味は、口の中でずっしりおもたーく出てきます。

パックで購入したアイスコーヒーには開封後お早目になんていう表記がありますが
どのくらいで飲み干しているかは、人それぞれなのでしょうね。

更に、自分で作ったアイスコーヒーはどうなのか?

作った日の次の日までに飲むのが一番安心だと思います。

多少作り方の不備による酸化もカバーできる程度に早く飲み切る。

最近、なんとなく使っている


「スイングボトルが大活躍」


スイングボトルって何?と思いますでしょうか?

コチラの瓶です。
美味しいコーヒーの贈り物は金澤屋珈琲店のコーヒーギフトセットがお勧めです。

当店では、コーヒー豆を保存するのにおすすめし、ギフト包装にて詰め合わせを承っています。


店頭では、約15分のお時間で煎り豆を瓶に詰めて販売しています。


サイズは0,5㍑液体で入ります。

煎り豆だと約150~170gほど入る大きさです。


新鮮な煎り豆は、焙煎後沢山の炭酸ガスを含んでいます。瓶に密閉すると炭酸ガス入りのジュースを振ってあけたときのようになることが誤字ます。のであまりぱんぱんに詰めすぎないようにすると良いですね、(^_^;)

瓶の容量の7分目程度に豆を淹れて保存されるとちょうど安定します。


このスイングボトルの最大の特徴は

「細くスリムな形状で、空気が入りにくく、密閉性が高く気密性が高くなっている事」


そのため、保存物は淹れにくく(^_^;)出しにくい事も…


それでも、酸化しにくいので保存したものがとても長く楽しめます。


コーヒー豆の保存に使いながら
厳選コーヒー2種ビン入りセット(センテニアルブルボン&トバブルー)金澤屋コーヒー店のコーヒー豆ギフトは味・香り・鮮度にこだわり煎りたて挽きたての新鮮コーヒーを使用しおとどけします。。

最近は液体の保存にも使えることを発見しました。

これは、いい!!


自宅用の珈琲豆保存瓶として、そしてアイスコーヒーの保存瓶としても使える!


でどうやって手に入れる?


↓↓↓




ネットショッピングにて

http://www.krf.co.jp/SHOP/209904/519113/list.html


店頭にて↓

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-1949.html


101.jpg


















【簡易版】―水だし珈琲

【簡易版】―水だし珈琲

DSC02234_20170429172854809.jpg
水だし珈琲は、涼をイメージさせる夏の定番です。

水だし珈琲とは、その名の通り

お湯ではなくお水で抽出したコーヒーです。お湯で淹れるコーヒーとは違い…

お水なのでとーっても時間がかかります。

お茶もお水で漬け置きする水だし茶があるように珈琲も同じく。

時間がかかっても作ってのみたくなる要因に…

お水で出したコーヒー特有の

質感 まろやかさ
苦くない味わい 
飲んだ後に残る香り・・・・

いつもとは違う印象の珈琲に上質な時間を感じる事間違いなし。

日本では、よく喫茶店等で提供されていますね。
勿論お店でもこんな風に

専用のダッチマシーンに粉をセットしてぽたぽたやってます。
 
珍しそうにご覧になってかれる方が多く

一滴一滴たんたんと落ちる水滴に…

出来上がった珈琲はどんな味わいだろう…!?と思う事と思います。

DSC02233_201704291728516a9.jpg 

お店では、専用のブレンドを使用し

粉の量も実は、たっぷり。

珈琲の美味しい香り、味のみを取り出し
渋みや雑味が少なく仕上げました。


DSC02247_20170429172856d6b.jpg 

漆黒の液体に

ほろっとした深い香り。ブランデーのように感じる方も。

DSC02248_20170429172855142.jpg 

仕込んだ次の日に提供している水出し珈琲。

すぐには作れませんが

手間暇かけた珈琲。
お家では味わえない特別感が増しますね。

そんな水出し珈琲。

お店のような味をご自宅でも。

大きな器具もいらずお家でもできるのです。


【簡易版】―水だし珈琲

(使用する器具)
コーノ式円錐フィルター
円錐フィルター
サーバーや軽量カップ
珈琲豆 細挽き
氷 適量

20170428183954457.jpg 

(作り方=200cc分)
①コーヒーの粉 20g 細挽きを準備してフィルターに粉セットします。
20170428184023091.jpg


②粉をセットしドリップポットのお水をいれ、ゆっくりとフィルター内の粉を蒸らします。 

20170428184028136.jpg 


③お水で粉全体を蒸らす事によって味をより出やすくします。粉の表面に乾いた部分がないようにお水は加減してください。多すぎると水っぽくなりやすいので注意しましょ。
20170428184038401.jpg

④氷を粉の上にいっぱいにいれます。

20170428184034844.jpg 

⑤そのまま氷が解けると珈琲が抽出されます。抽出量になるまで氷をのせておきましょう。(途中で追加してください。)


20170428184006097.jpg 


⑥約4時間 抽出完了。

水だしアイス珈琲ができました。


20170428184015964.jpg 

⑦出来上がったら、コーヒーを混ぜて濃度のばらつきをなくしましょう。


冷やしてアイス珈琲で


温めてホッと珈琲で…


お楽しみ下さい♪



20170428184010606.jpg  

大き目のドリッパーがあれば
更に沢山抽出できます。
 

珈琲豆は、深煎り豆をおすすめします。

この作り方では、お店で飲む

ダッチマシーンにより近い味わいになります。

【簡易版!】 水出しアイス珈琲でした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (257)
ネルドリップ (134)
カフェプレス (6)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (44)
サイフォン (18)
エスプレッソ (5)
アイス珈琲 (35)
ペーパードリップ全般 (308)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (92)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (333)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (2)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (53)
コピルアック (24)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (352)
珈琲英語 (32)
カフェメニュー (61)
コーヒースイーツ (53)
カカオ (26)
加賀紅茶 (29)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (672)
金沢城公園・兼六園 (185)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (122)
コーヒーとグラインド (52)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (31)
ドリップポット (19)
研修レポート (141)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (53)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
6位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター