2017-07

【贈り物に】―コピルアック

【贈り物に】―コピルアック

店頭でコピルアックを販売しています。

コピルアック

とは?

それは、インドネシア産の珈琲豆です。


DSC05391.jpg 


幻のコーヒーとまでいわれる稀少コーヒーです。
ジャコウ猫から採取されるこのコピ・ルアックは、なかなか入手困難な高価なコーヒーとして知られています。


DSC05384.jpg 


麝香猫(じゃこうねこ)がコーヒーの実を餌として食べ、種子にあたるコーヒー豆(パーチメントの状態)が消化されずに排せつされます。
現地の農民がその排せつ物からコーヒー(パーチメント)を取り出し、きれいに洗浄したものが【コピルアック


見た目の通りコーヒー豆なので、飲むことができます。

金澤屋珈琲店では、
高級な希少価値あるこの珈琲豆を店頭で販売提供しています。

店内1杯 1200円
持ち帰り 
1杯ドリップバッグ 650円
20g 1200円
50g 2100円
100g 4200円

高い豆だけに美味しく淹れたい♪

そんな方が多いので

金澤屋珈琲店でも美味しく淹れている方法を伝授。

焙煎は、やや浅煎り傾向の珈琲豆です。

香り 酸味 甘み 軽やかさ

を出す事でより美味しくコピルアックをお楽しみ頂けます。

従来の珈琲豆とは違う
苦味、どっしり、コク といった印象とは
かけ離れた
幻の珈琲 コピルアック

をぜひお楽しみ下さい。

コピルアック 20g
粗挽き
湯温度90℃以上
抽出量 300cc
マグカップ2杯分


①粉をセット(平らに整える)

DSC05356.jpg 


②粉の表面にそーっとお湯をのせる。

DSC05363.jpg
 

③乾いた粉表面全体が湿るように注ぐ。

DSC05364.jpg
 

④40秒ほど湯を注がず、蒸らす

DSC05365.jpg
 

DSC05366.jpg 

⑤粉の膨らみが落ち着いたら蒸らしが完了。

DSC05367.jpg

⑥粉の中心に湯を注ぐ。

 DSC05368.jpg

⑦湯を注ぐと白い泡が断続的に出てくる。

DSC05370.jpg 

⑧この白い泡が粉全体にゆっくりと均一に広がるよう丁寧に注ぐ。

DSC05371.jpg 
⑨中心から外側に円状に湯を注ぐ。

数回に分けて湯を注ぐ。


沢山湯を注ぎすぎると水っぽくなるのでご注意。
DSC05372.jpg 

DSC05373.jpg 

DSC05376.jpg 

DSC05377.jpg 

DSC05379.jpg 

抽出完了

2分から2分半目安。

時間はかけすぎない方が軽やかになります。

コピルアック20g 

煎りたてで販売しております。

20gで300cc

2杯分ほどお召し上がり頂けます。

50g で6杯~7杯

店頭限定 コピルアック

お試し価格で提供中です!


ぜひご賞味下さい!






初めての「コピルアック」-淹れ方まで公開

初めての「コピルアック」

入手困難
高額
希少価値がある
テレビや新聞で話題のある!

珍品コーヒー

と言えば
「コピルアック」です。

世界中で話題の「幻のコーヒー」です。

そんな幻なだけに
店頭でも

「こんなところでコピルアックが!?」と予期せぬ出来事で皆さんを驚かせています。

なぜなら、店頭で

1杯 1200円 で飲めるからです。売切れる事もあるので・・・・定番メニューには載せず
ひっそりとあるのです。

その値段の高さや幻の意味を知らない人も多く・・・

知らなかった!初めて知った!という反応が多いのです。

インドネシアのマンデリンのコーヒーの実をを食べる猫ちゃんににた動物から精製されたコーヒー豆です。

コピは珈琲を
ルアックはイタチを意味するそうです。

それで「コピルアック」

現地でも販売されているそうですが… コピルアックと言うだけで価格が高騰するのでまがい物も沢山あるらしい…(^_^;)


勿論店頭で提供しているものは、本物です!


コピルアックの麻袋デザインと証明書

よく熟知した人は、
店内で1杯1200円で飲めるコピルアックを安いといって下さいます。

ホテルでは5000円以上は覚悟してください。


とはいえ、コピルアックを提供しているお店は私自身も今まで生きてて巡り合ったことがない!?位


珍しい。
という事で


開店前に店のメニューを考えながら、このコピルアックを提供したい!


と願い今に至ります。


この店は、喫茶店ではなくコーヒー専門店だから。と
当初考えたのは、コーヒーと言えばモカ、キリマン、ブルマン、マンデリン でした。


更に今ではカフェインレスは当たり前でしたが、そういった健康を気にする珈琲と珍しさにびっくりするだろう!と「コピルアック」を。

今ほど定着してなかったカフェインレス珈琲は一時で終了。

今年に入り、たまに提供すると反応があることがわかりました。

ブルマンでなくても
キリマンでなくても

美味しいコーヒーが沢山あるので、今の顔ぶれに。


「コピルアック」という言葉自体が有名になりすぎて
何処の国で
いつ収穫されて
いつ焙煎されて!?なんていうことも

わからなくなりがちですが、お店ではフレッシュで煎りたてのコピルアックが飲めます。

ドリップバッグもフレッシュです。

コーヒー豆も立派なマンデリンを食べたようです。

ジャコウネコ。
猫にしてはするどくやはり野性的な体つきの猫ちゃんです。

動物は正直なので、美味しく熟したチェリーしか食べないようです。

猫ちゃんが食べて胃の中で消化酵素が加わります。

独特の香り…
言葉では表現しきれません。

店頭で、1杯用ドリップバッグも販売してます。
650円で購入できますよ♪

初めての方にも安心


「コピルアック」について↓

ネルドリップやペーパードリップで美味しく淹れる淹れ方も伝授♪


[広告] VPS





BonNo フリーマガジン12月号掲載していただきました!「コピルアックという魔力」

BonNo フリーマガジン12月号掲載していただきました!

「コピルアックという魔力」

BonNo フリーマガジン最新号のタイトル…

なんと「コーヒーがあれば…」
とタイトルのように
今回は珈琲特集です!

地元石川県をはじめ、お隣の富山県や福井県の珈琲屋さんが沢山乗っています。

コーヒー好きにはたまりません。

コーヒーえおキーワードに様々な観点からピックアップしているので

トレンドの珈琲店から昔ながらの喫茶店まで。
マニアックなお店ものってましたよ♪

色々刺激的で面白い内容です!

DSC02265.jpg 

ボンノはフリーペーパーの1種。
いろいろな観光雑誌とはまた違ったローカルな目線で楽しく旬の情報がよく掲載されています。

最近は、観光でいらした方もそんな地元民がよく読んでいるフリーペーパーを参考にまわっていたり。

よく読まれています、

ボンノ もその一つ。

他には、ファーボや金沢情報もありますがボンノもよく見かけるフリーペーパー。

サークルK系列やイオングループ、戦闘などでも見かける月刊フリーペーパーです。

主に、北陸に主軸を置き
毎月月末配布でボリュームもかなりのサイズ。
パチンコ店の情報も多く載っています。

北陸3県の旬なネタを多く紹介していて、
近隣同士の旅行や行き来に、
参考となるお店なども載っていますよ。

気になる金澤屋珈琲店の記事。

いったいどういういきさつで知ったのか…!?

なぜか、メニューにはちらりとも表記していない

あの噂の珈琲。

年中お騒がせの!
あの珈琲です。

つい先日も店で沢山売れすぎた

あの裏メニューの珈琲。

それは!

なんと
DSC02268.jpg 

「コピルアック」
ついに見つかっちゃいました。

コピルアックについての取材を受けるのは今回で2回目。

1回目はなんと全国誌に掲載され、しかも2012年の冬。

あの時の記事を見てご来店された関東からのお客様がつい最近いました。

その位
影響があります。

フリーペーパーなので、ぜひ見つけたら手に取ってみてくださいね。

関東ページから数ページめくってすぐ。

九谷焼のコーヒーカップが目印。

なんと取材をしてくれた方も店のコピルアックを買って飲んでいたらしい…

なので噂の珈琲があるのを知っていたのです!

記事を書いた本人も高いお金を払って飲んでいるから…
納得いく内容です。

うまく書いて下さいました。

DSC02267.jpg 

現在店頭では、

「ハンドドリップ1杯抽出 1200円」
(菓子つき)

DSC01926.jpg DSC01922.jpg

「お持ち帰り1杯ドリップバッグ 650円」

DSC02243_2016112818472332f.jpg 

珍しいのでお土産に売れてます♪

しばらくあるとは思いますが。

焙煎豆のご購入は、2~3日前に語や訳していただくと確実にお渡しできます。

記事タイトル
「コピルアックという魔力」

どんな珈琲豆かまだ知らない方はコチラ↓

「インドネシア コピルアック」が幻の珈琲と呼ばれる理由

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2144.html

ボンノネットサイト↓
設置店舗も探せます!

http://bonno-web.com/
DSC02269.jpg 


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (263)
ネルドリップ (137)
カフェプレス (6)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (45)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (36)
ペーパードリップ全般 (312)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (95)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (355)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (2)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (56)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (371)
珈琲英語 (33)
カフェメニュー (71)
コーヒースイーツ (55)
カカオ (26)
加賀紅茶 (33)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (680)
金沢城公園・兼六園 (189)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (127)
コーヒーとグラインド (53)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (19)
研修レポート (141)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (53)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【贈り物に】―コピルアック 2017/06/14 【贈り物に】―コピルアック店頭でコピルアックを販売しています。コピルアックとは?それは、インドネシア産の珈琲豆です。 幻のコーヒーとまでいわれる稀少コーヒーです。ジャコウ猫から採取されるこのコピ・ルアックは、なかなか入手困難な高価なコーヒーとして知られています。 麝香猫(じゃこうねこ)がコーヒーの実を餌として食べ、種子にあたるコーヒー豆(パーチメントの状態)が消化されずに排せつされます。現地...
初めての「コピルアック」-淹れ方まで公開 2017/02/03 初めての「コピルアック」入手困難高額希少価値があるテレビや新聞で話題のある!珍品コーヒーと言えば「コピルアック」です。世界中で話題の「幻のコーヒー」です。そんな幻なだけに店頭でも「こんなところでコピルアックが!?」と予期せぬ出来事で皆さんを驚かせています。なぜなら、店頭で1杯 1200円 で飲めるからです。売切れる事もあるので・・・・定番メニューには載せずひっそりとあるのです。その値段の高さや幻の意味を...
BonNo フリーマガジン12月号掲載していただきました!「コピルアックという魔力」 2016/11/29 BonNo フリーマガジン12月号掲載していただきました!「コピルアックという魔力」BonNo フリーマガジン最新号のタイトル…なんと「コーヒーがあれば…」とタイトルのように今回は珈琲特集です!地元石川県をはじめ、お隣の富山県や福井県の珈琲屋さんが沢山乗っています。コーヒー好きにはたまりません。コーヒーえおキーワードに様々な観点からピックアップしているのでトレンドの珈琲店から昔ながらの喫茶店まで。マニアックなお...

タグ

器具 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター