FC2ブログ

2021-01

【エスプレッソ講座②】-ドリップコーヒーとエスプレッソ比べっこ

【エスプレッソ講座②】-ドリップコーヒーとエスプレッソ比べっこ

エスプレッソって何ですか?

と言われると

「濃くて苦くて量がちょっとで」

・・・

DSC00751_20160911193113458.jpg

なんとなーくイメージが伝わり
カフェラテに使われるコーヒーなんです。

というと

(*’U`*)

なんとなくイメージが付く方の多いエスプレッソ。

実際、そのまま飲んだことある人って実はとーっても少ないんです。
日本人は、コーヒート言えばドリップしたコーヒーが一般的です。

それでも、世界ではコーヒーというと「エスプレッソ」でしょ。
という国が多々あり、今はコロナで外国人さん見かけませんが、
ドリップしたコーヒーを飲む方の方が少ないのです。(笑)

提供する店側としても
同じコーヒーでも、全然違う。
お酒に例えると日本酒とウィスキー位。

コーヒーが日本酒で
エスプレッソは、ウィスキーです。

ちなみに、私はコーヒーもエスプレッソも好きです。
ゆえに日本酒もウィスキーも好きで飲みます。

シーンや食事に合わせて楽しみます。
コーヒーも同じですね。

今日は、そんなドリップコーヒーとエスプレッソのお話。

<ドリップコーヒーとエスプレッソ比べっこ>

1.見た目の違い
2.抽出量の違い
3.どんな飲み方をする?
4.1杯あたりの粉の量と抽出量
5.抽出時間
6.つまり・・・
1.見た目の違い
エスプレッソ↓
DSC00751_20160911193113458.jpg

ドリップコーヒー↓
DSC00135_20170425080522513.jpg

全然違いますね。

エスプレッソは、表面にクリーミーな泡がある少量の液体。
透明なカップに入れると濃さは勿論、濁った色をしています。
(紙フィルターで濾さないので、微粉が入るため濁ります。)

対してドリップしたコーヒーは、コーヒーメーカーやハンドドリップで淹れた一般的なコーヒーです。紙や布で濾すので、見た目の通り液体もクリアに。
「ドリップコーヒー」と言えば
私たちに日常的なコーヒーです。
ドリップとは濾すという意味合いがあるようにコーヒーの粉とお湯で作った珈琲を濾す。
粉と液体を分けて飲む方法です。

コーヒーの粉っぽさが残らず、液体がにごらずクリア。
コーヒーの渋みも感じにくく、すっきり。

多くの日本人が好む味です。


2.抽出量の違い
 エスプレッソは、デミタスカップで味わいます。
その量は20~30gほど。
20190621_122249_20190628070651896.jpg
 対してドリップコーヒーは、コーヒーカップで味わいます。
その量は120~150g。

kanazawaya02.jpg

エスプレッソは、さっと飲み切るのに対して
ドリップしたコーヒーは、ゆっくりと味わって飲みます。
 
3.どんな飲み方をする?
エスプレッソは、さっと飲み切るのに対して
ドリップしたコーヒーは、ゆっくりと味わって飲みます。
 
いずれも、好みでお砂糖、ミルク、ホイップクリームを入れて調整します。
そのままブラックで飲む方もいます。

20190621_125108.jpg

エスプレッソのホイップクリームをのせたメニューは、エスプレッソコンパナと言います。
DSC02682_20190628071242a84.jpg

ドリップしたコーヒーにホイップクリームを浮かべたメニューは、「ウィンナー珈琲」と言います。


4.1杯あたりの粉の量と抽出量
 エスプレッソは、10~12gの粉の量で20~30g抽出します。


チョコレートのようなトロリとしたコーヒー



 ドリップコーヒーは、10~12gの粉の量で120~140g抽出します。

DSC02531.jpg

漆黒で透明度のある琥珀色のコーヒー

DSC06209_20200906081923a80.jpg
 
5.抽出時間
 エスプレッソは、わずか20~30秒で
 ドリップコーヒーや約3分。
エスプレッソは、10倍の速さで、抽出量はドリップしたコーヒーの3分の1以下。

エスプレッソの濃度は、ドリップコーヒーの10倍以上と言われます。

6.つまり・・・
 エスプレッソは、量が少なくてとーっても濃い。
 そんなの飲めない!と想像しますが飲んでみると
 コーヒーの美味しい部分が凝縮されたようなイメージ。
 
 専門店ならではのメニューです。
エスプレッソ単体をメニューとして提供しているお店は、ちゃんとしたマシーンがあると言えます。

 エスプレッソ単体は、ミルクやアレンジした他の副材でごまかせるアレンジメニューと違いコーヒーの味わいが出るのでそのお店の技量が出るメニューであります。

 専門店で飲むのがおすすめですね!

 (^-^)/

金澤屋珈琲店の抽出レッスンを受けたい方はこちら↓

プロ拘りの名品で抽出テクを身につけ極上の1杯を!

美味しい本格コーヒーを楽しんでいただきたい。

「コーノ式コーヒー教室について」

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-3925.html
「ネルドリップコーヒー教室について」
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-3926.html

【Espresso】-キャラメルラッテ

【Espresso】-キャラメルラッテ

キャラメルラッテ💛ってメニュー知ってますか?

この見た目ですから
皆ワーッとわくわくするメニューの一つ。

DSC06587.jpg

甘くて
ふわふわっとしてて
トロリとしたソースがたっぷり

贅沢を極めた甘いデザートドリンクの一つ。

これってコーヒー⁉と思うかも知れませんが

ちゃんとしたコーヒーアレンジメニューの一つです。

ベースとなるのは、カフェラテ。

濃厚なエスプレッソに温めたミルクを注いだ、人気メニューです。

カフェラテ自体には、甘みはついてませんので
キャラメルソースと合わせてのですね。

20200930162636216.jpg

コーヒーって
チョコやシロップ、キャラメルシロップなど
甘ーいものとも相性が良く…
更にミルクが入ってますので、ボリューミーに。

DSC06588_202009301625557fe.jpg

この春までは、
お客様に言われたら作る裏メニューでしたが…

甘いスイーツドリンクって
老若男女問わず、ニーズがあり

この春から定番にしました。
冷たいキャラメルラテも人気ですが
最近は、ホットのキャラメルラテが人気です。

ノーマルカフェラテは、620円(税込み)
+キャラメルソース&ふわふわホイップ掛けで670円(税込み)

∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…

これは、お得。
そしてお家では飲めませんね!

秋冬の小腹が空いたときにいかがでしょうか?



【エスプレッソ講座①】-エスプレッソの一般常識を知ろう!

当店のエスプレッソメニューです。
 エスプレッソは、コーヒーのひとつ。
 フランスで発明されたエスプレッソマシーンに始まりイタリア、アメリカ、
オーストラリアなどで飲み方、楽しみ方などスタイル化されました。  

日本では、エスプレッソと言うよりは、シアトル系のカフェが日本参入に始まり、アレンジメニューのカフェラテが流行し、ミルクと合わせて飲むスタイルが広まりました。 
日本では、独自のスタイルというより、欧米で体制下されたアレンジメニューなどを含めやはり、日本人向けにいいとこどり!したメニューが多いと思います。

お店でも、イタリアンスタイル、シアトル系スタイル…複雑にからみあい
金澤屋スタイルのエスプレッソメニューが生まれました。
客層によって、人気のあるメニューが違いますが、ビギナーの方でも楽しめるようにメニュー構成を考えております。
今日は、エスプレッソの事をもっと知ろう!という事でストーリーも交えながらエスプレッソを紹介
<金澤屋珈琲店のエスプレッソについて>

1.エスプレッソとは?
2.実際のエスプレッソ
3.エスプレッソをいれる機械や道具について
4.エスプレッソに向いているコーヒーはあるの?
5.エスプレッソの魅力のひとつ₋ドリンクからデザートまで幅広いアレンジ
6.エスプレッソを始めるには…結構○○がかかる

1.エスプレッソとは?
  •  エスプレッソというのはEspressoと書きます。
  • イタリア語で早いの意味を持ちます。

  • あなただけの特別な…
  • 特別な1杯
  • 注文ごとに…

という意味があるそうです。


2.実際のエスプレッソ
 20190621_122249.jpg

小さなカップにわずか20~30gの液体です。

DSC05692.jpg

店頭では、専用のエスプレッソマシーンで高温高圧で短時間抽出します。

通常のコーヒーとは違い
たったこれだけ!?という量ですが
一口味わうとびっくり
何とも言えない濃度感。
苦味・酸味・甘み
全てが凝縮された1杯です。

ちなみに濃度は、ドリップコーヒーの約10倍もあると言われています。
オーダーごとに抽出し
すぐに飲み切るのが美味しさの秘訣。

3.エスプレッソをいれる機械や道具について
 店頭で、皆様が目にしているエスプレッソマシーン。
業務用タイプでは、連続抽出の他に馬力がありかなりのエネルギーです。
朝一、開店前準備にエスプレッソの電源を入れますが、エンジンがかかるまでに20分ほど。
その日の気温や湿度によってコーヒー豆の状態が変わりますので、何度か抽出し粒度や抽出量を調整します。業務用のマシーンも昨今では、かなり精度が増しているものもあり自動調整機能がついているものもありますがかなり高額です。一般的には、新車が1台買える位(;^_^A
100万以上400万円 

金澤屋珈琲店のエスプレッソマシーン。
シモネリです。
今年3月に新調しました。

以前までは、大量注文の度に圧が安定せず不安定でしたが
こちらのマシーンでは、サクサクっとした動きで迅速に対応できるようになりました。

ゆえに
店内で楽しめるエスプレッソメニューを増やしたり
日本人の特に女性に人気のメニューを増やしたり

今年の秋冬は、沢山使うのではないかなーと(*^_^*)
想像しております。

業務用のエスプレッソマシーンは、さすがに家庭で使っているという方は
少ないと思いますが、家庭用に販売されているものもあります。

家庭用でも3~5万円位するエスプレッソマシーンと言われる機械を購入して
お家でも楽しまれる方が多いですね。
大きな業務用マシーンとは、違い圧力がたりないのでこの写真のような
きめ細かな泡ができないすが、ミルクをフォームしてカフェラテを作る事が出来ます。
エスプレッソ
精度が高くなると家庭用でも10万円を超えます。
家庭用のエスプレッソ器具。
実は、更にもっとシンプルな器具があり、
DSC02065.jpg

こちらです。↑
簡易版エスプレッソ器具
「マキネッタ」
「モカポット」
「モカ」
「直火式エスプレッソ」
「モカエキスプレス」

などと呼ばれる器具です。

通常お店で提供するエスプレッソのようなクリーミーな泡ののったコーヒーのようにはなりませんが
エスプレッソ風の濃いコーヒーが淹れられます。

ちょうど10年前イタリアに行ったとき
確かにバールがコンビニのようにあちこちにあり
朝から夜遅くまで入る店があり
そうでないときは、露店で
ガスコンロ + モカポット

の組み合わせて、野外でもよく見かけました。

アウトドアでも使えるなーという印象ですが、とても濃いコーヒーが作れます。

業務用マシーンで淹れたトロリとした泡が出ませんが、お茶を飲むようにエスプレッソを飲むイタリアでは、家庭に1台モカポットは必須です。

ちなみに!
モカポットの始まりは
1820年 ルイ・ベルナール・ラボ―というフランス人が「洗濯釜」からヒントを得た直火型の抽出器具。

その後イタリア人のアルフォンソ・ビアレッティが1933年特許を取得。
そして現在もビアレッティ―社が製造を続けています。
フォルムサイズも色々あり
こちらが伝統的なタイプ。

4.エスプレッソに向いているコーヒーはあるの?

DSC00746_20171016120136229.jpg

エスプレッソは、淹れたてのコーヒーを
ささっと飲むのが一般的です。

なぜなら熱い内が美味しい。
淹れたてが美味しいから。

通常のコーヒーに比べて何十倍も細かく挽いて短時間で圧をかけて淹れるエスプレッソは
それだけ、酸化も早いのです。

味が変わる前にさっと飲み切る。

砂糖やミルクをたっぷり入れて。

エスプレッソのこの抽出方法に合わせて一般的にお勧めするのは
中深煎りから深煎りのコーヒー豆です。

淹れ方の通り
コーヒーのすべてをしっかり出すコーヒーですので

★美味しいコーヒーであること
★きちんと保存管理された良い状態のコーヒーであること
★酸味が強く出るコーヒーで淹れると酸っぱくなること
★渋みが強いコーヒーであると渋さが増すこと

おすすめは、浅煎りよりも中深煎り以上深煎りです。
20201009212028029.jpg

これが当店の一番深いロースト。
ここまでの深煎りでなくとも中深煎りの利家ブレンド、単品のブラジル、インドネシアがおすすめです。コーヒーの味を楽しみ、軽めに行くならかなざわ物語もかなり美味しいです。

エスプレッソにした際に
苦味の他に濃度感、とろっとした厚みと甘みが出ます。

最近のスペシャルティーコーヒーと言われるやや浅めのコーヒーでもエスプレッソをシングルオリジンとして楽しむ風潮があります。

経験上、スペシャルティーコーヒーのような極上のコーヒーだからこそ美味しいのかなーという印象で、一般的にはやはり中深煎り以上をお勧めしております。

コーヒー豆もそうですが、忘れていけないのが専用のコーヒーミルです。
店舗で挽いてもらう際は、エスプレッソ用とオーダーをすることが必要です。
お家で挽く際も専用のコーヒーミルで極細で挽きましょう。

5.エスプレッソの魅力のひとつ₋ドリンクからデザートまで幅広いアレンジ

ドリップしたコーヒーって
アレンジというとホイップクリームや牛乳、お酒と合わせたり…といろいろできますが
エスプレッソは、更に上手です。

なんとそのバリエーションは、飲み物は勿論、お酒、そして焼菓子、ケーキ
デザートまで

少量でパンチのあるコーヒー風味を出せるので
アレンジの幅が広く魅力的です。
中でも、アフォガードは、一押しのメニューです。
エスプレッソを楽しむジェラート。
にがあま。
とろける美味しさです。

20200930162626752.jpg
当店のエスプレッソアフォガード
只今の時期の一番人気のデザートです。

6.エスプレッソを始めるには…結構○○がかかる

 エスプレッソを始めるには…
結構お金がかかります。💦

というのも、専用のマシーンに加えて専用のコーヒーミルが必要だからです。

エスプレッソを家庭で楽しむならば、
コーヒーは、ぜひ豆で購入して挽きたてで淹れることをお勧めします。

通常のドリップコーヒーに比べて
かなり細かくパウダー状にするエスプレッソ用の挽き目では、酸化速度も何十倍も早くコーヒーの鮮度が落ちてしまいます。

始めたいならば、マシーンと一緒に専用のコーヒーミルを手に入れましょう!
エスプレッソ用まで挽けるコーヒーミルは、精度が高いものになりますのでやはり、高額に。
ミルだけでも1万円はかかるかもしれません。

3~6万円は、かかるかもしれませんが・・・
DSC01578_2016121116572587f.jpg

挽きたて
淹れたて

に勝るものはなし。

金澤屋珈琲店の抽出レッスンを受けたい方はこちら↓

プロ拘りの名品で抽出テクを身につけ極上の1杯を!

美味しい本格コーヒーを楽しんでいただきたい。

「コーノ式コーヒー教室について」

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-3925.html
「ネルドリップコーヒー教室について」
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-3926.html





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク

ストアカ

金澤屋珈琲店

プロ拘りの名品で抽出テクを身につけ極上の1杯を!

詳細をみる →








リンク

最新記事

カテゴリ

SDGs (16)
コーヒーノキ栽培 (109)
コーヒーギフト (15)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (422)
ネルドリップ (213)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (65)
サイフォン (20)
エスプレッソ (43)
アイス珈琲 (54)
ペーパードリップ全般 (416)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (152)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (70)
ペーパードリップ紙のお話 (7)
自家焙煎珈琲豆 (569)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (36)
ブレンドコーヒー豆 (10)
シングルオリジンコーヒー豆 (34)
スペシャルティーコーヒー豆 (89)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (633)
珈琲英語 (43)
カフェメニュー (209)
スイーツ (116)
カカオ (34)
加賀紅茶 (44)
スタッフブログ (0)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (1027)
金沢城公園・兼六園 (401)
陶芸家「小西みき」 (20)
彫刻家「木下輝夫」 (21)
華道家「草月流 栄波」 (71)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (54)
コーヒー器具 (168)
コーヒーとグラインド (59)
コーヒーと器 (23)
コーヒーと保存 (36)
ドリップポット (25)
研修レポート (178)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (83)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (24)
珈琲ギフト (13)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (3)
金澤散策 (16)
看板 (1)
コーヒーバッグ (25)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (3)
コーヒーセミナー (1)
抹茶 (11)
送料無料の通販ショップ (17)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【エスプレッソ講座②】-ドリップコーヒーとエスプレッソ比べっこ 2020/11/04 【エスプレッソ講座②】-ドリップコーヒーとエスプレッソ比べっこエスプレッソって何ですか?と言われると「濃くて苦くて量がちょっとで」・・・なんとなーくイメージが伝わりカフェラテに使われるコーヒーなんです。というと(*’U`*)なんとなくイメージが付く方の多いエスプレッソ。実際、そのまま飲んだことある人って実はとーっても少ないんです。日本人は、コーヒート言えばドリップしたコーヒーが一般的です。それでも、世界で...
【Espresso】-キャラメルラッテ 2020/10/22 【Espresso】-キャラメルラッテキャラメルラッテ💛ってメニュー知ってますか?この見た目ですから皆ワーッとわくわくするメニューの一つ。甘くてふわふわっとしててトロリとしたソースがたっぷり贅沢を極めた甘いデザートドリンクの一つ。これってコーヒー⁉と思うかも知れませんがちゃんとしたコーヒーアレンジメニューの一つです。ベースとなるのは、カフェラテ。濃厚なエスプレッソに温めたミルクを注いだ、人気メニューです。カ...
【エスプレッソ講座①】-エスプレッソの一般常識を知ろう! 2020/10/16 当店のエスプレッソメニューです。 エスプレッソは、コーヒーのひとつ。 フランスで発明されたエスプレッソマシーンに始まりイタリア、アメリカ、オーストラリアなどで飲み方、楽しみ方などスタイル化されました。  日本では、エスプレッソと言うよりは、シアトル系のカフェが日本参入に始まり、アレンジメニューのカフェラテが流行し、ミルクと合わせて飲むスタイルが広まりました。  日本では、独自のスタイ...

タグ

ネルドリップ 兼六園 コーヒー コーノ サブスク 送料無料 かき氷 通販 ゲイシャ 金箔珈琲 アイスコーヒー コーヒーノキ ドリップバッグ コーヒーの日 エスプレッソ テイクアウト ウーバーイーツ 苔玉 コーヒーの木 国産コーヒー コーヒー水出しコーヒー 麻袋 五輪カラー オリンピック SDGs 

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
4位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

金澤屋珈琲店 公式ブログ

QR