FC2ブログ

2019-05

エスプレッソと抹茶はどっちが濃くて苦い!?

エスプレッソと抹茶はどっちが濃くて苦い!?
コーヒー屋ですが
抹茶を店内で提供しています。
コーヒー屋だからお茶は
という事を何年か前からずーっと思っていたのですが

 

場所柄
年々増え続ける世界中から観光でいらっしゃるお客様

店内で提供するメニューも
少しずつ時代のニーズに合わせたい所です。

お抹茶は、園内の茶店や兼六園に…任せて
とは思っていましたが

御手前とまでは、行きませんが
簡単にお抹茶を味わっていただけたらと思い始めてみました。

茶の湯の世界は、作法など色々とあり
どうしたら…と思いますが
日本人独自の美しい習慣が見られます。

大切な挨拶
飾る花、お菓子、懐石に旬の素材を取り入れ季節を楽しみます。
御手前を学ぶことによって身につく綺麗な姿勢、しぐさの美しさ
またお茶の席では、両手でお椀を運んだり、片手を添えてささえます。さりげない気配りをすることによって
道具を大切に扱うようになります。

茶の湯から学ぶものは、日常生活でも役に立つ
と言われ、今でも親しまれている世界です。

DSC01914.jpg 

お抹茶
濃くて濃度のある抹茶。

少量ですが、お口の中に広がる香りは、なんとも言えません。

日本人は、抹茶に砂糖をいれませんが
抹茶には、あんこたっぷりの甘い和菓子を一緒に合わせて楽しみます。

DSC00199.jpg 

甘いものを食べて
お抹茶で。

海外の方は、この抹茶を
ベリーストロングと驚きますが…

私たちから見ると…
(スタッフ共々)
こんなに濃くて苦いエスプレッソを
好んで飲む海外の方の方が不思議である(笑)

 DSC00751.jpg

日本人は抹茶の苦味はわかりますが
エスプレッソは…!?

これは、文化の違いでしょうか。
不思議でございます。

皆さんは、どう思いますか?(^_^;)

【Espresso】-エスプレッソメニュー

【Espresso】-エスプレッソメニュー


海外の方が増えると

店内のコーヒーカラ―もガラリと変わります。


エスプレッソというのは、
エスプレッソとは、イタリア語。

意味は「急速」英語でエクスプレスにあたる言葉です。
その名の通り、1杯の珈琲がわずか20~30秒で抽出できます。
イタリアでカフェ―と言えば「エスプレッソ」
ソロは英語でいうシングル
ドッピオは英語でいうダブル

エスプレッソは、わずか20~30秒でコーヒーの味わいを引き出すために極細パウダー状に挽いた粉を使用し、専用のマシーンで蒸気圧をかけて抽出します。出てきた液体はとろっとしたまろやかな泡が見られ飲んでみるとその泡の中から濃厚で漆黒の珈琲


店内で提供するエスプレッソは、オリジナルで作った

可愛いカップ&ソーサーを使用しています。


器も和テイスト

最近作っていただいた専用の小さな木のスプーンはミニマムサイズ。

販売もしております。


「エスプレッソ・ソロ」


DSC03590_20190316073348957.jpg


沢山飲みたい方は↓


「エスプレッソ・ドッピオ」


DSC03603.jpg



「カプチーノ」


DSC03606.jpg


サイズは、130ccほど

エスプレッソ + スチームドミルク + フォームドミルク

ほぼ同量です。

コーヒー感たっぷりのミルクコーヒー。


「カフェラテ」


DSC03645_20190316073348d80.jpg


こちらの容量は、230cc

ミルクがたっぷりのミルクコーヒー

エスプレッソ + スチームドミルク + 薄めのフォームドミルク


カフェラテ

カプチーノ

エスプレッソたっぷり濃いめが好きな方には追加ショットがおすすめです。

プラス100円で可能です。


「ロングブラック」または

「アメリカーノ」

エスプレッソのお湯割りです。


ドリップしたコーヒーのようにたっぷりと飲めます。


DSC03683.jpg

「ロングブラック」
と言われるコーヒー。

こちらは予めお湯をいれたカップにエスプレッソを注ぎます。
薄いのですが、クレマが残りバランスも良いエスプレッソコーヒーになります。
ルンゴには、似てますが量も、ドリップコーヒーに近く、更に軽やかになります。
エスプレッソマシーンで沢山抽出し続けると
過剰に抽出することになりコーヒーが渋くなってしまいます。
ちなみにロングには、薄いという意味があります。
ショートは、逆で 濃い です。
ブラックは、コーヒーを意味します。
ロングブラックは、薄いコーヒーの意味。
同じ意味合いのメニューに
「アメリカーノ」があります。

比較的馴染みのあるネーミングかもしれません。
抽出したエスプレッソにお湯を加えたものです。
ロングブラックと違う点は、クレマが溶解するので薄くなります。
アメリカーノの始まりは、第二次世界対戦の終わりにイタリアに駐屯していたアメリカ人兵が、エスプレッソの濃さにのみなれず、母国アメリカスタイルの薄目のコーヒーにするためにお湯で割った事が始まりだそう…
日本では、ちなみにアメリカンという薄いコーヒーがあるので
勘違いする人も。
ここでいう似たイメージのエスプレッソメニュー
まとめてみると
量がドリップコーヒーに近いのは
ロングブラックとアメリカーノと言う事になります。

店内のメニューにはございませんが、オーダーを頂いた場合は提供しております。

「カフェモカ」
金澤屋珈琲店のホットカフェモカは、クーベルチョコレートを
エスプレッソに溶かして作る本格メニュー。
カフェラテ+チョコレート。

程よい甘み
チョコの粒粒感を残しました。
カカオのいい香りと
エスプレッソの濃厚な香り
相性がバッチリ。


こちらは、アイスも人気です。


「エスプレッソ・トニック」
瞬時に濃厚なエスプレッソを抽出し急冷するアイスエスプレッソタイプ。
DSC03665_201903160733523fc.jpg
わずか数十秒でコーヒーの濃縮エキスを抽出。
淹れたてを急冷して味わうエスプレッソアイスコーヒーも最高の贅沢です。

DSC05671.jpg


中身はシンプル…





「エスプレッソ」
×
「トニックウォーター」
×
「フルーツ」

コーヒーとフルーツのペアリング
まさに
口当たりさっぱり
香りよし

甘みを付けて飲んでも美味しい…

注目すべき点

ベースは日本人が飲みなれない…
そして外国人さんの珈琲の常識「エスプレッソ」珈琲をベースとしています。

エスプレッソをアイスコーヒーにするのは、日本のアイスコーヒーを飲みなれない外国人さんが多いのだとか。

短時間で瞬時に高圧で抽出したエスプレッソ

濃厚でトロリとした質感の
エスプレッソ

20170524172626784.jpg 

は、そのまま飲むと
わずか20㏄ほどの抽出液の中に

ぎゅぎゅっとつまった
苦味、酸味、甘み、コク…

とりあえず濃厚…

この濃縮コーヒーがアイス珈琲に…




DSC03670.jpg


エスプレッソメニューは、ドリンクだけではなく

デザートもあります!


「カフェコンジェラート」
甘―いソフトクリームにほろ苦い濃厚なエスプレッソをかけて食べる
イタリアンスタイルのデザート。
kafe.jpg






【エスプレッソメニューの気になる違い!】-ラテアートとデザインカプチーノと3Dラテアート

【エスプレッソメニューの気になる違い!】-ラテアートとデザインカプチーノと3Dラテアート

エスプレッソメニューのあるカフェに行くと
皆さんもご存知のカプチーノやカフェラテがありますよね。

苦いエスプレッソは、飲まなくても

牛乳の入ったカフェラテやカプチーノは、日本の方にも人気のメニューです。

お店でも、カプチーノとカフェラテは外せないな…と
定番メニューにしています。

カプチーノとカフェラテは、どちらかというとカフェラテの方が店では人気があります。

さてさて、エスプレッソはともかく

同じように見える

カフェラテ
カプチーノ
どちらも エスプレッソがベースのコーヒー牛乳です。

色々名が飛び交っていますが、どう違うのか?と思ったことはないでしょうか?

コンビニでもメニューにカフェラテがありますね。

他にもレストラン、喫茶店でも提供しているお店は多く、
提供するカップの量、お店によっても
カプチーノとカフェラテの違いのつけ方は微妙に異なります。

更に最大の違いは、エスプレッソマシーンの力量
家庭用と業務用では、馬力が違い
本格的なカプチーノやカフェラテは、やはりお店のマシーンで淹れてもらったできたてが美味しいのです。

ちょっとカプチーノとカフェラテから基本をおさらいしましょ。

「カフェラテ」


エスプレッソ + ミルク
DSC01603_20170521165729736.jpg



「カプチーノ」


エスプレッソ + ミルク + 泡立てたミルク
20181005162229939.jpg

イタリア生まれのエスプレッソ
カプチーノやカフェラテは、

エスプレッソを好むイタリア人のスタイルから生まれたのでしょう。
ベースのコーヒーはエスプレッソです。


大きな業務用マシーンで高温高圧で瞬時に珈琲を抽出します。

その時間はわずか30秒。

20170520180630705.jpg

エキスを絞り出す…

  20170520180658111.jpg


ぎゅぎゅぎゅっとつまった

質感

苦味

コク

甘み

初めて飲んだ一杯は、コーヒーの常識を覆すものでした。

にがーい。

DSC00751_201705211657279cd.jpg 

エスプレッソ…
極細に挽いたパウダー状の珈琲を使い短時間でコーヒーを作ります。
日本では、家庭ではまずあまり作っている方のいないタイプのコーヒーです。
コーヒーの原液に近い漆黒の液体。
少量でもかなりの満足度。
デミタスカップと言われる小さなカップで飲むのが一般的です。

イタリアでは、家庭でもモカプレッソと言われる直火式のコンパクトな家庭用のエスプレッソメーカーで
短時間で圧力をかけて濃い目の珈琲を作っています。


バールと言われるカフェがコンビニ並みにどこにでもあり

エスプレッソマシーンを使い数十秒で濃厚でとろりとした
エスプレッソコーヒーを砂糖や牛乳をいれてさっと飲むのが当たり前のようです。

ミルクの温めは、マシーンで行います。
コチラも手鍋で温めると時間がかかりますが、そうではなくエスプレッソの抽出同様
数十秒で温まります。
エスプレッソマシーンの蒸気で温めます。

スチーミング と言いますがこの時にエアーで表面をクリーミーにホイップクリームのように泡立てる事ができます。
スチームドミルクは泡だってないあたたかいミルク
フォームドミルクは泡だったミルク
DSCN0024.jpg


カプチーノは、フォームをたっぷりのせたメニューが「カプチーノ」
カプチーノとカフェラテの違いは、ある店とない店もあるのです。
どちらもエスプレッソとミルク。
イタリアでは、家庭ではカフェラテ

カプチーノの方は、エスプレッソと温めたスチームミルク、そしてふわふわっとした泡だったミルクが約1:1:1のバランスで
作るのが一般的です。

ラテは、エスプレッソとミルクのバランスが2:8
沢山ミルクが入っているカフェラテの方が
口当たりがミルキーに。

泡の量の好み
エスプレッソの量や味の好み
飲みかたは、千差万別。
ミルクの泡の量が多いカプチーノをドライカプチーノ
逆に少ないカプチーノをウェットカプチーノと言います。

泡が多いとミルクの量は若干減るので
コーヒー感がさらにたっぷり。

金澤屋珈琲店では、カフェラテもカプチーノにも泡がのります。
若干カプチーノの方がふわふわしております。
ミルクの量は、ラテが倍くらいに入ってますのでたっぷりと
お楽しみ頂けます。
カプチーノカップは、量が少なめですので
やはり エスプレッソ + ミルク + 泡立てたミルク =1:1:1

金沢では、美味しいエスプレッソのお店と言えば

キュリオさん。
金沢駅のすぐ近く
20180808175725566.jpg

外国の方がオーナーさんで、店内は、海外の方でいつもいっぱいです。
カプチーノはこんな風に…
美味しそうでしょ。




こちらのカプチーノに綺麗に描かれたデザイン。

カフェラテやカプチーノの表面にデザインがされていますね。
やはりこんな1杯を頂くと
バリスタさんの愛情を感じるものでとても嬉しいですね。

こんな風に模様が描かれたものって今沢山あるのです。


ラテアート、デザインカプチーノ

そして3Dラテアート…

一体何が違うの?

芸術性を高める表現というのは、広義では、いずれも同じですね。

「ラテアート」

カプチーノやカフェラテにデザインが描かれた物を全般にさします。
ラテというのは、イタリア語でミルク アートは、芸術と言う事で
抹茶ラテ
ほうじ茶ラテといった
そのほかのメニューにも何らかの手法でデザインしたものは、共通してラテアートということにもなります。

ラテアートをする手法の用とによって更に呼び名が変わります。
「フリーポア」と「エッジング」の2つに分かれます。


フリーポアでは、道具を使わず、エスプレッソにミルクを注ぐ速さ、注ぎ方で模様に変化をつけ❤やリーフといったデザインを描くます。


エッジングでは、楊枝、ピックなどの道具を使ってデザインします。
勿論、難しいのは、フリーポアです。

ですが、エッジングでは、見事なキャラクターや凝ったデザイン性が多く

どちらもお客様には、とっても喜んでもらえる演出の一つだと言えます。

エッジングは、カフェラテ、カプチーノどちらにも行われます。

更に、カプチーノに行われるものを特に「デザインカプチーノ」と呼んでいます。

カプチーノを作って自分でデザインしたうさぎちゃんのデザインカプチーノです。

fc2_2014-06-22_06-08-56-268s_2019021219330980e.jpg

こちらは、フリーポアのカプチーノ

カプチーノ 

チョコレートシロップでデザインしたものです。
こちらは、エッジングの手法によるラテアート
fc2_2014-06-21_21-57-20-454s_20190212193307bb2.jpg

そして、イベントや教室も盛んに最近行われているのが
見た目に可愛い
「3Dラテアート」

ふわふわの立体感のあるミルクフォームを
動物にしたり
キャラクターにしたり…

見た目にもインスタ映えするこちらの「3Dラテアート」
とっても人気です。
決めては、ふわふわのミルクフォーム

水分を抜いて比重を軽くしたミルクフォーム。
コツがいるのですね。

こちらのミルクフォームを3Dフォームと呼んだりします。

見た目に面白く

メッセージ性もだせ、演出効果や、イベントにもとても盛り上がる「3Dラテアート」
ベースとなるカフェラテやカプチーノなどの他、アイスメニューにも盛り付ける事ができます。
こんな風に高さが出るので
不思議ですね。

わっと驚かせたい!
そんな時には、盛り上がります。


c9374d6c-300x300.jpg 
パフォーマンス性が高いアートでは、あります。

可愛いですね。

家庭向けに教室も最近では、頻繁に行われている分野です。
姉妹店であるキャラバンサライの本店でも定期的に開催されていますので、要チェック!!

ブログやフェイスブック、店頭で告知されてるんですよ。


他にもデジタルアートなるものも登場して
ラテアートの世界も広がっています。

金澤屋珈琲店では、フリーポアによるラテアートを心がけています。

エッジングによるデザインは、やはり時間がかかってしまう事!が難点です。

勿論美味い人は、20秒ほどで仕上げるようですが…
折角のドリンクが冷めてしまったら…

と思うのです。


が時間のある時は、楽しんで見たいな…と思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (4)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (326)
ネルドリップ (163)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (58)
サイフォン (19)
エスプレッソ (17)
アイス珈琲 (43)
ペーパードリップ全般 (370)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (127)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (506)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (14)
スペシャルティーコーヒー豆 (77)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (524)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (159)
コーヒースイーツ (79)
カカオ (33)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (49)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (842)
金沢城公園・兼六園 (279)
陶芸家「小西みき」 (17)
彫刻家「木下輝夫」 (17)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (152)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (166)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (72)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (18)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

エスプレッソと抹茶はどっちが濃くて苦い!? 2019/04/10 エスプレッソと抹茶はどっちが濃くて苦い!? コーヒー屋ですが 抹茶を店内で提供しています。 コーヒー屋だからお茶は という事を何年か前からずーっと思っていたのですが   場所柄 年々増え続ける世界中から観光でいらっしゃるお客様 店内で提供するメニューも 少しずつ時代のニーズに合わせたい所です。 お抹茶は、園内の茶店や兼六園に…任せて とは思っていましたが 御手前とまでは、行き...
【Espresso】-エスプレッソメニュー 2019/03/24 【Espresso】-エスプレッソメニュー海外の方が増えると店内のコーヒーカラ―もガラリと変わります。エスプレッソというのは、エスプレッソとは、イタリア語。意味は「急速」英語でエクスプレスにあたる言葉です。その名の通り、1杯の珈琲がわずか20~30秒で抽出できます。イタリアでカフェ―と言えば「エスプレッソ」ソロは英語でいうシングルドッピオは英語でいうダブルエスプレッソは、わずか20~30秒でコーヒーの味わいを引き出す...
【エスプレッソメニューの気になる違い!】-ラテアートとデザインカプチーノと3Dラテアート 2019/02/13 【エスプレッソメニューの気になる違い!】-ラテアートとデザインカプチーノと3Dラテアートエスプレッソメニューのあるカフェに行くと皆さんもご存知のカプチーノやカフェラテがありますよね。苦いエスプレッソは、飲まなくても牛乳の入ったカフェラテやカプチーノは、日本の方にも人気のメニューです。お店でも、カプチーノとカフェラテは外せないな…と定番メニューにしています。カプチーノとカフェラテは、どちらかというとカフ...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 金箔珈琲 アイスコーヒー ゲイシャ 新元号 平成 ドリップバッグ 台風 金沢マラソン  コーヒーノキ カニ解禁 クリスマス 新年度 立冬 コーヒーの日 ハワイコナ 水出しコーヒー 兼六園,桜、花見 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター