FC2ブログ

2019-12

【Espresso】‐実は、縦に深いカプチーノの種類!

【Espresso】‐実は、縦に深いカプチーノの種類!

ハンドドリップコーヒーを覚えると

いれる器具

いれ方

そしてコーヒー豆の種類

焙煎の仕方

などで色々七変化するな

なんて奥が深いのだろう?と感じますが

DSC03561.jpg

espressoも奥が深く最近驚いています。

豆選び

抽出に始まり

メニュー。

DSC03590_20190701083002d22.jpg

日本では、エスプレッソのメニューはあまりなじみがないのですが

本場イタリアでは、色々なネーミングで似たようなメニューが提供されています。


それもそのはず

espresso には、早い!の意味意外に

あなたのために特別に…などと言われる意味も込められているのだそうで

フランスで始まり

イタリアで飲み方が決まったといっても過言でない本場では

お客様の好みに合わせて提供するのだそうです。


決め手のエスプレッソは、抽出量でネーミングが変わったり

そしてミルクの入ったエスプレッソ

代表となるカプチーノは更にミルクの量の加減で細かく

名前がついているのを知ってましたか?

カプチーノ 650円


基本のカプチーノ

espresso:ミルク:泡ミルク=1:1:1


「カプチーノ・キアーロ」

espressoが少ないカプチーノ

キアーロには、淡い、澄んだという意味があります。


「カプチーノ・スクーロ」

espressoが多いカプチーノ

スクーロには、暗いという意味があります。


「カプチーノ・コンタント・スキューマ」

ミルクフォームだけで作るカプチーノ


イタリアンスタイル

選べるエスプレッソとミルク

泡ミルク…

好みが色々あるのですね。


それぞれに名前があるので覚えるのも大変。(笑)


縦に長いカプチーノ

まずは、基本を覚えてからですね。





【Espresso】―カプチーノとカフェラテとラテマッキャート

【Espresso】―カプチーノとカフェラテとラテマッキャート


カプチーノ

カフェラテ

ラテマッキャート


いずれもエスプレッソと牛乳を合わせたコーヒー牛乳(日本語)

という事ですが…名前が違う通り

味わいも違うのですね。


中々見分けがつかない

espressoメニュー。

espressoの量やミルクの量さらにフォームミルクと呼ばれる

泡状のミルクの量でもネーミングに違いがあるので

個々に名前がついているのですね。


ちなみにカプチーノ

カフェラテ

当店のメニューでは、このような違いがあります。


「カプチーノ」


DSC03606.jpg


サイズは、130ccほど

エスプレッソ + スチームドミルク + フォームドミルク

1:1:1

ほぼ同量です。

コーヒー感たっぷりのミルクコーヒー。

オセアニア系の文化圏の方は、仕上げにココアパウダーを振るのだそうです。


「カフェラテ」


DSC03645_20190316073348d80.jpg


こちらの容量は、230cc

ミルクがたっぷりのミルクコーヒー

エスプレッソ + スチームドミルク + 薄めのフォームドミルク


カップにエスプレッソを注ぐ

そして温めたミルクフォームを注ぎます。

国によってもグラスで提供したり

量が違ったり

フォームミルクをまったくいれないなど色々作り方が

分かれます。

日本でもお店によって違ったりという事はあります。


いずれにせよ共通点は

ミルキー感が強いミルクコーヒー。


そして

「ラテマッキャート」

または、

「ラテマキアート」

20190621_142151.jpg


マキアートは、イタリア語でしみの意味。


量は、エスプレッソ1ショット15~20ml

牛乳は200ml

 

大き目のグラスに入れて作ります。

 

先に泡立てたミルクをいれ

少な目に抽出した濃い目のエスプレッソをドームミルクの表面の注ぐ。

そそいだエスプレッソがまさにしみのようになっている事から

名前がついたようです。

 

<ラテマキアートのポイント>

☆グラスにいれて作る事で泡だったミルクエスプレッソとミルクの層を楽しむ

☆カフェラテよりも泡だったミルクが多く口当たりまろやか

 

人気メニューキャラメル・マッキャートなど

のように、フレーバーシロップと合わせて

アレンジされることが多いですね。 相性にいいシロップ系 キャラメルシロップ はちみつ バニラシロップ ココナッツシロップ チョコレートシロップなど 皆さんのお好きなシロップは何でしょう? 私は、ココナッツシロップが好きです。 カフェラテなどにも意外に合うのです。

量が多いのは、ラテマッキャートやカフェラテ

コーヒー感が一番強いのは、カプチーノ

泡が多いのは、カプチーノとラテマッキャート

espressoをミルクの後にそそぐのは、ラテマッキャートのみでカプチーノカフェラテは、エスプレッソの後にミルクを注ぎます。

こういった作り方の違いから見てもラテマッキャートは、

グラスでエスプレッソとミルクフォームとミルクの3層を楽しむことができるというのも大きな違いですね。

カプチーノ、カフェラテ、ラテマッキャート

ミルクの量は、カフェラテが多いですが

ラテマッキャートも泡だったクリーミーなミルクフォームが沢山あるので

ふわふわっと柔らかで

口当たりが良いのですね。

イメージとしては、グラスにいれた量の多いカプチーノ のような印象です。

いろいろ違いがあってユニークですね。

ちなみに私は、カプチーノ派です。

量がちょうど良いですね。ヾ(・∀・)ノ






【コーヒーの泡⑰】―エスプレッソの泡

【コーヒーの泡⑰】―エスプレッソの泡


秋の紅葉シーズン

この時期の外国人さんと言えば

ヨーロッパ・オセアニア

日本から遥か遠くの国方が多いのです。


カフェカフェ…といって入ってきますが

9割の方が

コーヒーは、エスプレッソをご注文されます。



ショートコーヒーとも言われるエスプレッソ。

ショートの意味は、まさに「濃い」です。

日本人にななじみのないごく少量のコーヒーです。

エスプレッソの始まりは、1820年。

ルイ・ベルナール・ラボ-というフランス人によって考案されました。

「深煎りしたコーヒーを細かく粉砕し熱湯を通すために蒸気圧を使う」というものでした。

実用化は、1855年パリ万国博覧会

フランス人のエドアール・ロワゼル・ド・サンテによって

実用化されました。

コーヒーに限らず大量の

コーヒー、紅茶、ビールを短時間で供給できる

静水圧式パーコレーターでした👌

決め手は、1884年のトリノ博物館。

イタリア人の実業家のアンジェロ・モリオンドによって

出品された機械が銅メダルを受賞しました。

「コーヒーを経済的に、瞬間的に抽出する蒸気圧機械」だったそうで、ホテルやレストランに生産されたということです。

(^.^)

この当時から短時間で濃厚なコーヒーをいれていたのですね。

日本で言うと

濃茶のもっともっと濃い版に更に苦みがあるイメージ。


中々このエスプレッソを最初にさらっと飲めるか?というと

だいぶ味覚を鍛えなければ…というのが

印象です。


エスプレッソとは言っても

今は、浅煎りのシングルオリジンから

深煎りの深煎りまで色々なコーヒーが提供されています。


当店では、エスプレッソは、中深煎りの利家ブレンドです。

ブラジルベース

程よい切れ味

甘み

そして見た目のクリーミーさ。

エスプレッソの泡

これこそが美味しさの決め手なのですね。


エスプレッソの泡はクレマともいいます。

高圧で抽出する際にその分多くの炭酸ガスが液体に溶け込み機械から

空気中に出る際に気泡となって出てきています。
20191023152031293.jpg20191023152042363.jpg

20191023152036353.jpg
鮮度のよい珈琲豆を使い、適度な粒度できちんと抽出されると抽出中は濃い黒い液体

気泡と珈琲の混じった液体

そして表面にヘーゼルナッツカラーのクリーム状のクレマの3層に見えます。


抽出過程で見られます。


エスプレッソは、テイスティング時にスプーンでかき混ぜて行います。

飲む前に香り

かき混ぜて香り

そして一口

かき混ぜられたクレマは、なんとまたきれいに戻ります。
時間がたっても消えず

20191023152132529.jpg

これは、マジック。

(良質な抽出時に限ります。)


コーヒーのテキーラとも言われる

凝縮された味わい。

クレマは、は空気を含んでいるので口当たりは軽く

珈琲の苦みをまろやかにしてくれます。

ペーパードリップで泡にアクが集まるのですが、エスプレッソは?


エスプレッソはその泡ごとコーヒーを味わいます。
泡には確かに渋みが付着していますが、それ以上に珈琲の油分

フレーバーが集まり、全体として苦いけど美味しいエスプレッソとなっているようです。

ペーパードリップのようなクリアさとは別に違う域のコーヒーです。

エスプレッソは、ペーパードリップで行うように

毎度、コーヒーの状態が変化するので

微調整しています。

20191023151921170.jpg


20191023151926413.jpg

泡の色

泡の量

泡の質感

これも不思議ですが、毎回変わります。

コーヒー豆自体の状態+室内の気温、湿度など…

毎日朝微調整し、抽出調整を行っています。


煎りたては、とても味が出にくく

エスプレッソとして味わうには、もう少し寝かせたい所。

お店でもエージングさせたコーヒーを使っています。


いりたての泡の量は、いつものショットグラスから溢れそうな位(^_^;)

味は、さっぱり。うまみが…







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

SDGs (7)
コーヒーノキ栽培 (61)
コーヒーギフト (9)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (361)
ネルドリップ (176)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (60)
サイフォン (20)
エスプレッソ (32)
アイス珈琲 (46)
ペーパードリップ全般 (376)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (132)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (516)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (30)
ブレンドコーヒー豆 (8)
シングルオリジンコーヒー豆 (29)
スペシャルティーコーヒー豆 (80)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (560)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (181)
スイーツ (90)
カカオ (32)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (0)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (919)
金沢城公園・兼六園 (337)
陶芸家「小西みき」 (18)
彫刻家「木下輝夫」 (19)
華道家「草月流 栄波」 (69)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (160)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (20)
コーヒーと保存 (34)
ドリップポット (23)
研修レポート (175)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (81)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (20)
インスタント珈琲 (21)
珈琲ギフト (12)
コスタリカスペシャルティコーヒー (2)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (3)
金澤散策 (15)
看板 (1)
コーヒーバッグ (18)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【Espresso】‐実は、縦に深いカプチーノの種類! 2019/12/08 【Espresso】‐実は、縦に深いカプチーノの種類!ハンドドリップコーヒーを覚えるといれる器具いれ方そしてコーヒー豆の種類焙煎の仕方などで色々七変化するななんて奥が深いのだろう?と感じますがespressoも奥が深く最近驚いています。豆選び抽出に始まりメニュー。日本では、エスプレッソのメニューはあまりなじみがないのですが本場イタリアでは、色々なネーミングで似たようなメニューが提供されています。それもそのはずespre...
【Espresso】―カプチーノとカフェラテとラテマッキャート 2019/11/29 【Espresso】―カプチーノとカフェラテとラテマッキャートカプチーノカフェラテラテマッキャートいずれもエスプレッソと牛乳を合わせたコーヒー牛乳(日本語)という事ですが…名前が違う通り味わいも違うのですね。中々見分けがつかないespressoメニュー。espressoの量やミルクの量さらにフォームミルクと呼ばれる泡状のミルクの量でもネーミングに違いがあるので個々に名前がついているのですね。ちなみにカプチーノカフェラテ当店...
【コーヒーの泡⑰】―エスプレッソの泡 2019/11/08 【コーヒーの泡⑰】―エスプレッソの泡秋の紅葉シーズンこの時期の外国人さんと言えばヨーロッパ・オセアニア日本から遥か遠くの国方が多いのです。カフェカフェ…といって入ってきますが9割の方がコーヒーは、エスプレッソをご注文されます。ショートコーヒーとも言われるエスプレッソ。ショートの意味は、まさに「濃い」です。日本人にななじみのないごく少量のコーヒーです。↓エスプレッソの始まりは、1820年。ルイ・ベルナール・...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 贈り物 ゲイシャ ドリップバッグ 新元号 平成 台風 クリスマス 新年度  金沢マラソン 兼六園,桜、花見 ハワイコナ 水出しコーヒー 大暑 コーヒーノキ カニ解禁 立冬 コーヒーの日 

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター