2017-05

【新登場!】―ブラジル サン・ジョアキン農園

【新登場!】―ブラジル サン・ジョアキン農園 入荷

burajir.gif

つい先日、ご紹介した

ブラジル サン・ジョアキン農園 の珈琲豆が店内でも解禁!

本日より
今月のおすすめスペシャルティーコーヒーとして
特別価格にて提供しています。

1杯 650円(税込)

ハンドドリップにて提供致します。

joakin001.jpg


前回のコーヒー記事↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2417.html

joakin005.jpg

通常メインで提供している、ブラジル珈琲とはまた異なる持ち味。

ブラジル国内の品評会にて高得点を獲得したマイクロロット珈琲です。

コーヒー大国ブラジル。

広大な土地で農園ごとに、味が違いそれぞれの個性があるといわれ

今まで色々なコーヒーを飲みましたが、どれも個性がある!

今回の豆の注目は

「ルピ」と言われるまるで宝石のような新品種…
に加えて

個性がいきる「ナチュラル」製法

焙煎は中煎り

20170508145739476.jpg 
全体にソフト
甘みが口に広がり優しい味わいです。
苦味が苦手な方にもおすすめです。

本日より提供中です。
ご注文の方には、一口スイーツがつきますよ。

DSC09007.jpg

更にネットショップでは、期間限定のブラジル サンジョアキン農園が贈り物に。


bottlegift201705.jpg

http://www.krf.co.jp/SHOP/BG201705.html

数量限定品です。

特別な方への贈り物にいかがでしょうか?





【再びやってきた!絶品コーヒー】―ドンオスカル農園登場!

【再びやってきた!絶品コーヒー】―ドンオスカル農園登場!

4月からのおすすめスペシャルティーコーヒーは、なんと昨年もお目にかかった
コスタリカの個性派コーヒー。
「コスタリカ・ドンオスカル農園」

そうそう覚えてらっしゃる方もいるでしょうか?
産地へ買い付けにいったコーヒー豆。


紹介記事↓

小規模農園が多く品質も高いコスタリカ産コーヒーを求め、産地へ買い付けに行った際に出会った逸品。 今や世界の最先端を行くコスタリカのマイクロミルより農園主が自信を持っておすすめするコーヒーをご紹介いたします。

コスタリカ産「ドン・オスカル農園」は数ある農園の中から畑、生産者を見て選りすぐったシングルオリジンコーヒーです。 コーヒー豆の生産国、地域、生産処理方法が明確なコーヒーをシングルオリジンコーヒーと呼びます。 「ドン・オスカル農園」は栽培~精製、輸出までを農園でしっかりと管理された“生産者の顔が見えるコーヒー”です。

メープルシロップのような香りにグレープやリンゴを思わせる爽やかな酸味がジューシーに広がります。 後味には熟した桃やチェリーの芳醇な甘さが持続し、まるで爽やかさとまろやかさをあわせ持ったロゼワインの様な素晴らしい味わいです。




DSC09809

普段とは違う風味や特徴を持ったコーヒー。
類まれな香味特徴の秘密…
コスタリカで特徴的な味を左右するその精製方法にありました。


DSC09859


イエローハニー製法と言われるのが


今回の「ドンオスカル農園」
↓この中に珈琲の種が入ってますよ。

DSC01260.jpg

他にも…
コスタリカと言えば!

近年スぺシャルティーコーヒーの市場を世界へ広めつつ、マイクロロットで入荷する美味しくて高品質なコーヒーが盛り沢山。

近年注目を浴びている産地の一つです。

日本から産地となると遥か遠くかなたの事。

なんとなく珈琲豆は、豆だと思ってしまうのですが(^_^;)

実はサクランボのような果実の中に入った種です。


1つのまん丸い果実の中に2つの種がパーチメントの状態で向き合っています。

パーチメントから生豆を取り出すと、グリーンビーンズ。生豆です。

その生豆を焙煎すると珈琲豆になります。
(写真↓ 左からパーチメント⇒グリーンビーンズ⇒ローストビーンズ)


20160902071210613.jpg

コーヒーは、焙煎で8割が決まるといわれています。




ポテンシャルを引き出す焙煎。

ポテンシャルを引き出す抽出。
個人的には、やっぱりネルが一番好き。

特に微妙な精製の違いの多いコスタリカのコーヒーは、微妙な香味の違いを比べると楽しいのです。

DSC01251.jpg

ネルは、コーヒーの油脂分をよく透過するので
その繊細な味わいがカップに出しやすく、やっぱり美味い。

勿論、ペーパーでも淹れたり、いろいろな道具でも試しますが、ネルが一番甘い。それは砂糖を入れた甘さではなく、複雑な味わいです。

スペシャルティーの酸味特性がきれいに出ていきますよ。

砂糖もミルクもいれずに甘く、
果物でないのにそんな酸味やジューシーさがある。
お店では、こちらの珈琲豆以外にも沢山の美味しいコーヒーを提供しています。

生豆選びは勿論、焙煎も風味特性やキャラクターを考えたうえで行い、最終的には、お客様が家庭で美味しく飲んでいただくこと常に考えています。そんな複雑な味わいや店主のこだわりが1杯の珈琲に現れるように!

本日より店内で提供中です。


「コスタリカ・ドンオスカル農園」 1杯 650円

DSC09852


社長お墨付きの1杯です。

ぜひご賞味下さい!


店頭まで、足を運べない方には・・
ネットのご注文が便利!

http://www.krf.co.jp/SHOP/S076.html



【モカ初心者もok!】―世界で人気のモカコーヒーと言えば!「モカ・イリガチェフ」

【新登場!】―世界で人気のモカコーヒー「エチオピア・モカ・イリガチェフ」

20170311100945711.jpg 

店内で提供している限定品
スペシャルティーコーヒーシリーズ今年第3弾!

コーヒーのルーツである…

なんと「エチオピア」産

「モカ・イリガチェフ」

クセがあって苦手意識のある方もこちらのモカは一度飲んでみてほしい…

モカの初心者向けの1品です。


珈琲発祥の地…
知ってましたか?
人間は、どのように珈琲と出会ったのか…

神秘的な物語

モカコーヒーのルーツ
モカコーヒー物語
詳しくはコチラ↓
http://www.krf.co.jp/hpgen/HPB/entries/208.html

コーヒーのルーツをたどればエチオピアへ。

というように現地でも日常的に珈琲が愛飲され客人も前で豆をフライパンのようなもので煎り、容器に粉と水をいれて沸かし、その上澄みを飲む伝統的な習慣があるそうです。

このお店の飾りは…そういった儀式に使われる道具だそう…

日本でいう茶道的風習の一つ。

女性が身に着けるたしなみのようなものだそうです。

そんなエチオピアからモカ港を経由して世界中に珈琲の種や苗木が流通しました。

日本でモカ

と言えば!

イエメン産のモカ
エチオピア産のモカ

どちらも
「モカ」で通っています。

今では、モカと言ってもどのエリアで精製方法で…と色々あり
銘々が長い。

お店で定番のモカは他にもあります。

エチオピア モカ・アリシャ
そして今回紹介の
エチオピア モカ・イリガチェフ…正式にはモカ・イリガチェフェ(言いづらい(^_^;))

モカというと
皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

なんとなく
すっぱい…

日本人はクセのあるもの、特に突起した酸や苦みを嫌う傾向にあります。

なんとなく酸味を毛嫌いする余り…

私個人的には…
昔初めて飲んだ喫茶店のモカ
紅茶のような色をした珈琲に酸味がありサラサラしてますが後味に渋みや粗っぽさ
ワイルドな味わい…

それもそのはず、モカの豆には未成熟豆や発酵臭のある豆があり、それもそのモカっぽい香味の特徴として捉えられています。

最近のモカは本当に他の珈琲の類のない素晴らしい香味を持っていると思います。
苦味というより香りやアロマ、フレーバーを愉しんでいます。

モカのイメージもばらつきがあるように思いますが!

世界中の珈琲の中でも確かにエチオピア産の珈琲豆は特徴的な香味を持っています。

さらにコーヒーブームと豆の品質の向上でとても美味しい珈琲や、とびっきりに美味い・・コーヒーも多く一概に決めれないのが現状です。

本当に美味しいモカ

クセがありますがファンが増えるのはよくわかります。

特に今回登場のエチオピアモカ・イリガチェフ
精製法は水洗式。

クリーンでピーチやアプリコットを思わす香味があるtいわれていますが焙煎や抽出でも変化するので面白いです。

世界的にコーヒーブームで仕入高もどんどん上昇中


モカを知りたい方には手始めに飲んでみるのがおすすめの1品。

モカが少し苦手…という方でもお楽しみいただけると思います。
20170311100951775.jpg 

先日から新登場。

手始めにモカ体験したい方に・・・・

甘みあるモカ…
とても後味がクリーンで

モカを飲む初心者向けにもおすすめしたいですね。

20170311100941104.jpg 

1杯 650円
一口スイーツつき

甘みのある透き通るような爽やかな酸味と、柑橘系のフローラルなアロマが特徴です。
ぜひお試しください。

20170311100934058.jpg 

お店のなかでは…

浅煎りタイプの軽やかな仕上がりです。

ミルクやお砂糖を入れずに楽しんで頂きたいコーヒーの一つ。


モカ・イリガチェフ 焙煎度合い

地 域:エチオピア、シダモ州、イルガチャフェ地区
業 態:小農家(ガーデン・コーヒー)
標 高:2,000-2,200m
グレード:欠点数0.3以内 G1
収穫期:9月~12月
スクリーン:14up 92%
加工方法:水洗式
乾燥方法:天日乾燥
輸送/保管方法:リーファーコンテナ/定温倉庫(15度設定)

モカ・イリガチェフ 味の目安


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (257)
ネルドリップ (134)
カフェプレス (6)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (44)
サイフォン (18)
エスプレッソ (5)
アイス珈琲 (35)
ペーパードリップ全般 (308)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (92)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (333)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (2)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (53)
コピルアック (24)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (353)
珈琲英語 (32)
カフェメニュー (62)
コーヒースイーツ (53)
カカオ (26)
加賀紅茶 (29)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (672)
金沢城公園・兼六園 (185)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (122)
コーヒーとグラインド (52)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (31)
ドリップポット (19)
研修レポート (141)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (53)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
4位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター