FC2ブログ

2018-10

【瞬く間に完売!】-人気ドリップケトル「金澤式ドリップポット」入荷待ち!

【瞬く間に完売!】-人気ドリップケトル「金澤式ドリップポット」入荷待ち!

68.jpg

著書「コーノ式かなざわ珈琲」で知られる金澤政幸氏監修のドリップポットです。
入手が非常に困難ながらも愛好家の間で人気の高いドリップポット。

上の写真は、松崎が愛用しているポット。
この時のサーモは、赤色ですが、現在の販売品はサーモが白に仕様変更されています。

容量は、もともとティーケトルからきているので
コンパクト計量です。

容量:600ml
材質:ステンレス
・IH対応
・バイメタル式サーモ付

入手困難であり、
入荷後お問い合わせや、購入に踏み切る方も多いこちらのポット。

なかなか手に入らないんです(^_^;)

私の仕様レビューですが以前からブログにて公開しております。
興味芯々な方も多いと思いますのでもう一度レビュー
【ここがすごい!その①】
温度計、サーモつき
ドリップ、抽出の理論や観点を身に着けるのに大切な湯温 感覚。
DSC00976.jpg 
プロは、目利きや感覚で といいますが、自分の中で感覚を身に着ける時にあらかじめ計測も必要です。
バリスタの手始めには きちんと図る が鉄則です。

温度計をさしたり外したりの手間いらず。
蓋ではなく、ドリップポット本体についているので、わかりやすい。

バイメタル式サーモ。
10秒ほどの時間差で細かく測れます。

バイメタルは電子タイプではありません。
大きな振動や衝撃を与えなければ永く使えます。

・・・壊れている時は、沸騰しててもぬるくても同じ温度になってるのでご注意(^_^;)

【ここがすごい!その②】
サイズと軽さ
家庭で最も使いやすい1~3杯サイズ容量。
ステンレスも軽く、持ち手が長く腕への負担がとても少ない。
無駄のない大きさのため、足りないときは湯は注ぎたしも必要かもしれません。
DSC00977.jpg

【ここがすごい!その③】
ドリップポットの口先に注目です。
抽出時に一番要となるこのはばひろーく長い口先。
一見ドリップする際にお湯をのせる先端が遠く淹れずらいのでは?と思われがちですが。
DSC00979.jpg

 DSC00978.jpg DSC00983.jpg
口先をドリッパー内に入っている粉の近く傍まで低めに落とすことができ、湯が落ちる圧がかかりにくいのです。通常のドリップポットは高い位置からしか落としにくく余分に圧がかかってしまいます。
DSC00979_20160715131442fce.jpg

タカヒロポット 細口タイプ先端と、口先の感じが違いますね。

 DSC00980.jpg
圧は、かけすぎずソフトに。珈琲には重要です。
特に最初の蒸らし。
余分に注ぎすぎるとみずっぽくなりやすい。
足りないと抽出不足と、お湯が行き過ぎている抽出過剰の部分が出てくる。
抽出ムラはドリップポットのお湯の出加減も関係します。

【ここがすごい!その④】
抽出時に注ぎたい箇所に垂直にソフトに落ちます。
狙ったところに素直にお湯がおち、細く太くと湯量をかえても安定します。
DSC00981.jpg 
万遍なく、かたよりなく湯を粉に通しやすく、綺麗な抽出濾過槽ができます。(理想的)

【ここがすごい!⑤】
湯切れの良さ。
なんとなくここで湯を切りたい。
という瞬間に湯きれがよいのです。
DSC00984.jpg DSC00985.jpg DSC00986.jpg
DSC00987.jpg
DSC00988.jpg 

【ここがすごい!⑥】
IH対応してました。

ちょっと温めたい。
沸かしたい。
すぐに沸きます!!


逆に気を付けなければいけない事は…
湯の量がすこししか入らないので沢山いれる際は、別にやかんでお湯を準備してくださいね。
大量抽出用ではないのでネルドリップの1ℓだてなどには向きません!
業務用に使用するとすると1杯だてを2連ほどでかなりお湯がなくなります。

蓋をはずしてドリップし、持ち手の先端を持つと湯の蒸気でっ持ち手が熱々になります。蓋はしめてドリップしましょう。

湯を足す際も熱い蒸気によって持ち手が熱くなりやすいですよ。

注意点は、そんなところかな… ですが1杯だてはかなり美味しくなりました。

個人的には1杯だての美味しく決めたい珈琲に使ってます。

味は確実にソフトに渋みやえぐみが少なくなり、まろやかに感じます。

珈琲にやさしくのせれるお湯。
粉にお湯が浸透しやすく色々な味が万遍なく出るのですね。

慣れるまでは、最初にお湯を落とす練習をしてみましょう!


DSC00989.jpg

DSC00993.jpg

DSC00990.jpg

DSC00991.jpg 


レビューでした。

このポットは、かなざわ式珈琲の著書で知られる金澤氏監修のドリップポットです。

抽出を熟知した金澤さんだからこそ細部にこだわってできています。



コーヒーを美味しく淹れたい!そんな方に
ぜひ使ってみてほしいな…

と私も思います。

私もユーチューブ動画にポットを使ってドリップしているものをアップしてます!

参考までに。

【人気ポットを比較レビュー】―プロご用達3シリーズ細口ケトル-「タカヒロ」「ユキワ」「金澤式」


【人気ポットを比較レビュー】―プロご用達3シリーズ細口ケトル-「タカヒロ」「ユキワ」「金澤式」

今日は、コーヒーラバーズの道具の中でも

気になる
細口ポットの話題。

ポットって、あるけど
いろいろ目移りしませんか?

あれも
これも
使ってみたい。

特に淹れるのが美味い人のドリップポットは、必見!!

憧れのドリップポット
色々あります。

プロの中でもご用達の
タカヒロポット
ユキワのポット
金澤さんプロデュースのポット

どれも皆、手に入りにくく、高価ですが

一度使うとずーっと大事に使いたくなる
長持ちする

いわゆる
質重視のいいモノ でございます。

今回は、そんな3つのポットの秘密としかけを解説!していきます。

知らなかった方も
きっと興味がわくはず…

 

20180215184352840.jpg 

しばらくの間
在庫切れしてました

人気のドリップポット
本日入荷しました。

大雪のため、もっともっと遅れそうな予感でしたが。

なんとか無事に到着しました。


「コーノ特別仕様ユキワポットМ―5」

 

なかなか手に入らない名品です。

ドリップする際にしなやかに細く注ぎやすい細口タイプ
ぽたぽたっと点滴ネルドリップしたい方にお勧めの広口タイプがあります。

勿論お店には、なんと2種類ございます。

特別仕様品ゆえに市販ではほとんど見る事の出来ない逸品です。

職人さんの手仕事ゆえに、品切れすると入荷するまでにながーく時間がかかります。
yukiwakonoa.jpg yukiwakonoc.jpg yukiwakonob.jpg
今回も数点限りでございます。

見つけたらお早目に。オンラインでも器具のご購入はできます。

♦商品概要♦
コーノ式特別仕様の「ユキワポットM-5」です。
コーノ式ドリッパーで美味しくコーヒー抽出をする事を考え改良した製品。
「ユキワポット」は昔からよく喫茶店などで見かけますが、あまり市販で出回らず知る人ぞ知る名品。
大事にずっと使いたくなる、そんなポットです。

容量:750cc
材質:18-8ステンレス
形式:M-5型(5人用)

価格 18900円(税込み)

公式オンラインショップ
http://www.krf.co.jp/SHOP/YKDP-M5.html

特別仕様品には、点滴ドリップしやすい広口タイプ
細く注ぎやすい細口たいぷがございます。

どのように淹れるか?
どう淹れたいか?
によって検討されて見られると良いかな…と思っております。

まだ、こちらのポットの広口タイプを使用してドリップをしました。

動画にてご確認できます↓




更に
同じく人気の金澤式ポット
コーヒーを美味しく淹れられる細口ケトル
「金澤政幸氏 プロデュース 細口ケトル」が入荷しました。

 
温度計付き、コンパクトサイズのこちらのポット。

著書「コーノ式かなざわ珈琲」で出てくる…

金澤正幸氏 プロデュース 細口ドリップポット 

68.jpg


持ちやすく、温度計が付き、注ぎ口の口先はぽたぽた落ちやすいように改造されています。

市販品では、まず手に入らないので、気になったらゲットされることをおすすめします。

注ぎ口はかなり変わってます。

 DSC01481.jpg

私も最初は、いいのかな?と迷いましたが

ドリップ時にコントロールしたいこんなことが↓

ぽたぽた注ぐ
細く注ぐ
まっすぐ注ぐ
静かに注ぐ
早く注ぐ
ゆっくり注ぐ
太く細くをコントロールする・・・・


意のまま間にできちゃいます。

軽い。

女性には嬉しい。

実際に色い梨奈ポットを使いましたが、同じステンレス製でも重さや熱みが違います。温度の保温性が変わったりしますが、重たすぎても大変。お湯をいれるのでかった後で、((+_+))使いづらい。と苦労したこともあります。

その点で、重たくもなく、コントロールしやすい金澤さんのポットは、

初めての方❤でも安心。

DSC01485.jpg 

更に一番の違いは、ペーパードリップが得意です。

なぜなら、ドリッパーのすぐ近くまで粉の表面の傍に…

ふわっとお湯をのせる事ができます
。従来のドリップポットは高さがつきやすく高い位置からストンと落ちやすく、粉の表面に力いっぱいお湯があたってしまいます。

不思議なことに珈琲は、ふわっとお湯を静かにのせるのか?

ガツンとどっしりお湯を落とすか?

によって、美味しさが左右されます。

勿論前者の方が上手い。

最初の緊張する一滴がふわっとのってくれる。

魔法のドリップポット。

こちらも好評にて販売中でございます。

ただ今アジアの特に台湾や韓国で大人気。

お店に来て迷わず購入される珈琲好きの方も増えています。

こちらのポットを使用したレビュー動画↓





価格と満足度高い
細口ポットと言えば
【人気の細口ドリップポット】―タカヒロ
コチラが使用率
購入率
満足度
が一番高い人気の細口ドリップポットです。


タカヒロシリーズ。
3100.jpg nerudrip_img.jpg



金澤屋珈琲店本店で使用している細口のドリップポット中でも、毎日使っているのはこの「タカヒロ」シリーズ。
「タカヒロ細口ステンレスドリップポット」は、
ドリップコーヒーをたてるのに適した細口タイプのポットです。

今回は、売れているドリップポットにフォーカス。

◆サイズ/0.9リットル(5~7杯)
◆材質/ステンレス製SUS304(18-8ステンレス)
サイズ 全長     約23cm
    全幅(底径) 約12cm
    全高     約15.5cm
    重量     約375g


気になる価格は…

12420円(税込昔からあるいわゆるいいドリップポット。
決して安くはありませんが…欠品になるほど売れたりするほど今では、人気です!

価格は、私が手に入れた頃に比べて4000円~5000円位は値上がりしてます。原材料が高騰してますので仕方ないですが。
品薄になったり、作れなくなったり…道具というのはそんなもの。探している時にはすでに遅しなんてことも。
やはり、ビビットくるものは、見つけたときに手に入れるのがいいですね。

今回は、この「タカヒロ細口ステンレスドリップポット」の人気に迫ります!

タカヒロって???

そもそもタカヒロっていうと、業務用厨房用品のタカヒロ。

業務用のちょっとした使いやすい機器を、ご家庭に。

コーヒー用ドリップポットを始めとした業務用用品を製造販売する国産メーカー。

価格は高めではありますが、逸品が多い事でも有名です。品質の良さは安定し、プロからも間違いないと定評があります。

一度買えばずっと使える!と言ってもいいくらいしっかりしてます。

ので、贈り物にも重宝されています。そんな中でもドリップポットは人気の看板商品の一つ。

箱には詳しいわかりやすい説明書き。








使えるサイズ展開

タカヒロコーヒーポットには、サイズ展開が3種。

可愛い可愛い手のひらサイズの 0,5㍑(1~3杯)
中間の 0,9㍑(3~7杯)
一番大きな 1,5㍑(5~10杯)

淹れる容量に応じてサイズ展開が豊富。

小さくてもタカヒロ
大きくてもタカヒロ

注ぎ口の安定感はしっかり。
どれを使っても使い心地よし。

DSC05232_20170721120940fea.jpg 

動画でもレビューしてますよ↓




あなたの
気になるポットは!?

金澤屋珈琲店店頭でも販売しております。

使用品が店にございますので選ぶ際には、一声おかけ頂ければお試しいただけます!





【人気の細口ドリップポット】―タカヒロ

【人気の細口ドリップポット】―タカヒロ
コチラが使用率
購入率
満足度
が一番高い人気の細口ドリップポットです。


タカヒロシリーズ。
3100.jpg nerudrip_img.jpg



金澤屋珈琲店本店で使用している細口のドリップポット中でも、毎日使っているのはこの「タカヒロ」シリーズ。
「タカヒロ細口ステンレスドリップポット」は、
ドリップコーヒーをたてるのに適した細口タイプのポットです。

今回は、売れているドリップポットにフォーカス。

◆サイズ/0.9リットル(5~7杯)
◆材質/ステンレス製SUS304(18-8ステンレス)
サイズ 全長     約23cm
    全幅(底径) 約12cm
    全高     約15.5cm
    重量     約375g


気になる価格は…

12420円(税込昔からあるいわゆるいいドリップポット。
決して安くはありませんが…欠品になるほど売れたりするほど今では、人気です!

価格は、私が手に入れた頃に比べて4000円~5000円位は値上がりしてます。原材料が高騰してますので仕方ないですが。
品薄になったり、作れなくなったり…道具というのはそんなもの。探している時にはすでに遅しなんてことも。
やはり、ビビットくるものは、見つけたときに手に入れるのがいいですね。

今回は、この「タカヒロ細口ステンレスドリップポット」の人気に迫ります!

タカヒロって???

そもそもタカヒロっていうと、業務用厨房用品のタカヒロ。

業務用のちょっとした使いやすい機器を、ご家庭に。

コーヒー用ドリップポットを始めとした業務用用品を製造販売する国産メーカー。

価格は高めではありますが、逸品が多い事でも有名です。品質の良さは安定し、プロからも間違いないと定評があります。

一度買えばずっと使える!と言ってもいいくらいしっかりしてます。

ので、贈り物にも重宝されています。そんな中でもドリップポットは人気の看板商品の一つ。

箱には詳しいわかりやすい説明書き。








使えるサイズ展開

タカヒロコーヒーポットには、サイズ展開が3種。

可愛い可愛い手のひらサイズの 0,5㍑(1~3杯)
中間の 0,9㍑(3~7杯)
一番大きな 1,5㍑(5~10杯)

淹れる容量に応じてサイズ展開が豊富。

小さくてもタカヒロ
大きくてもタカヒロ

注ぎ口の安定感はしっかり。
どれを使っても使い心地よし。

DSC05232_20170721120940fea.jpg

スリムでスマートで丈夫でライトボディー

使った人のほぼ全員がいう…
お湯を淹れても 軽い!!

重たいドリップポットを持って湯量をコントロールするには、特に女性や初心者の方には難関。

良いポットを買っても重たくてという経験はありませんか?

ステンレス製であり、しっかりはしてますがなんと軽い。

お湯を沢山いれても安心。

見た目なスリムさの通り、軽いボディー。

使うと楽…忘れられない感覚やみつきに。

コーヒー教室でもよくこちらのポットを使いますが、使った後に欲しい!!と買われる方がほとんどです。

満足度高し。

DSC03076_20170721120752825.jpg DSC03077_201707211207524e8.jpg

電磁調理器対応 更に直火も可能!

数多くのステンレス製ポットが抱えていたお悩み。
それは電磁調理器への対応です。昔ながらの名品は,非電磁調理器対応でした…
とは裏腹に、家庭で、オール電化が増える一方…
が、そんな中でいち早く可能になった タカヒロポット。

ステンレス製で錆に強く直火でも可能ですが、電磁調理器対応に。

お湯が冷めても温め直しできる。 便利なポット。まさに時代のニーズに合っています。

DSC03078_20170721120755f99.jpg


持ちやすい・洗いやすい

よく見ると、沢山容量があるのになんとなくコンパクト。
その秘密は、蓋の口径の広さ。

蓋を開ければ、ポットの底がちらり。手が入るのでスポンジも楽々。
お手入れが楽。

持ちやすい取っ手部分も嬉し。大きな手の方でも入ります。

最大の特徴である極細パイプの注ぎ口

すごい細さと一目瞭然の注ぎ口。
ドリップで難関の細くゆっくり注ぐ事を誰でも簡単に実現させました。

ゆっくり、じっくり、ほそーくなんてコントロールは簡単に。
狙った位置にお湯を落としやすい注ぎ口は、まさに真下に落ちるイメージで開発されています。
DSC03079_201707211207557b5.jpg DSC03082_2017072112074957f.jpg

金澤屋珈琲店では、

0,5㍑から0,9㍑、1,5㍑のタカヒロポットをそれぞれに愛用してます。

繊細なネルドリップには、ミニの0,5㍑や0,9㍑

沢山ドリップをする際にお湯をたっぷり使うのでいつも使うのは1,5㍑サイズです。

ぽたぽたおとしたいネルドリップにも
少ない杯数から多い杯数まで淹れるペーパードリップでも


タカヒロポットは使いやすいですね。

持ち手や蓋の部分に少し加工しました。蓋にはサーモをつけて。

こんな風に愛用してます。

DSC05229.jpg


 DSC05230_20170721120938a4e.jpg


DSC05231_20170721120937261.jpg 


DSC05233_201707211209322de.jpg 

コチラは、定番のタイプですが、今は、もっともっと細い雫シリーズや、カラーにこだわった金メッキ、銅メッキ、黒発色もあるらしいですね。(価格はグーンと高くなりますが(^_^;))

店頭では、0,5㍑サイズ 及び 0,9㍑サイズを販売しています。一生ものと思えば、決して高くはありません。
見て、触れて、他と比べて…

選んでくださいね。

オンラインからも購入いただけます。
詳しくはコチラ↓
http://www.krf.co.jp/SHOP/KKM-004.html
















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (3)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (307)
ネルドリップ (159)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (56)
サイフォン (18)
エスプレッソ (8)
アイス珈琲 (42)
ペーパードリップ全般 (354)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (116)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (464)
コーヒーと健康 (15)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (6)
シングルオリジンコーヒー豆 (4)
スペシャルティーコーヒー豆 (72)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (473)
珈琲英語 (40)
カフェメニュー (127)
コーヒースイーツ (71)
カカオ (33)
加賀紅茶 (41)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (805)
金沢城公園・兼六園 (257)
陶芸家「小西みき」 (16)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (149)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (16)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (164)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (70)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (15)
珈琲ギフト (9)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (7)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【瞬く間に完売!】-人気ドリップケトル「金澤式ドリップポット」入荷待ち! 2018/04/08 【瞬く間に完売!】-人気ドリップケトル「金澤式ドリップポット」入荷待ち!著書「コーノ式かなざわ珈琲」で知られる金澤政幸氏監修のドリップポットです。入手が非常に困難ながらも愛好家の間で人気の高いドリップポット。上の写真は、松崎が愛用しているポット。この時のサーモは、赤色ですが、現在の販売品はサーモが白に仕様変更されています。容量は、もともとティーケトルからきているのでコンパクト計量です。容量:600ml材...
【人気ポットを比較レビュー】―プロご用達3シリーズ細口ケトル-「タカヒロ」「ユキワ」「金澤式」 2018/02/16 【人気ポットを比較レビュー】―プロご用達3シリーズ細口ケトル-「タカヒロ」「ユキワ」「金澤式」今日は、コーヒーラバーズの道具の中でも気になる細口ポットの話題。ポットって、あるけどいろいろ目移りしませんか?あれもこれも使ってみたい。特に淹れるのが美味い人のドリップポットは、必見!!憧れのドリップポット色々あります。プロの中でもご用達のタカヒロポットユキワのポット金澤さんプロデュースのポットどれも皆、手に...
【人気の細口ドリップポット】―タカヒロ 2017/07/23 【人気の細口ドリップポット】―タカヒロコチラが使用率購入率満足度が一番高い人気の細口ドリップポットです。タカヒロシリーズ。  金澤屋珈琲店本店で使用している細口のドリップポット中でも、毎日使っているのはこの「タカヒロ」シリーズ。「タカヒロ細口ステンレスドリップポット」は、ドリップコーヒーをたてるのに適した細口タイプのポットです。今回は、売れているドリップポットにフォーカス。◆サイズ/0.9リットル(5...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ アイスコーヒー 金箔珈琲 ゲイシャ 贈り物 台風 ドリップバッグ コーヒーノキ 水出しコーヒー コーヒーの日 ハワイコナ 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
13位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター