FC2ブログ

2019-01

【新年を祝う縁起菓子】-フランスより伝わる「ガレット・デ・ロワ」-限定発売!

【新年を祝う縁起菓子】-フランスより伝わる「ガレット・デ・ロワ」-限定発売!

DSC02486.jpg 

もうすぐお正月。
特別なひと時に添える縁起菓子。

金沢では、福梅を食べる習慣があります。

福梅 前田家の紋「剣梅鉢」をかたどった最中であり、色は紅白。
和菓子屋さんによって最中の生地や厚み、餡の質など…
シンプルな菓子でありますが、和菓子屋さんによって味が異なりこの時期は、今年はどこのを食べようか?なんて
選んだりするのも楽しいもの。

そんな日本らしい和の縁起菓子以外にも色々とあるのですね!

お正月の縁起菓子。

今回は、今日から発売開始のフランスの伝統菓子を紹介したいと思います。

「ガレット・デ・ロワ」
フランスの伝統菓子
「Galette des Rois」

DSC02494.jpg 

見た目は、大きくて
高さのある
コロンとしたパイ。

本場フランスでは、家族や友人でパーティーをする際に切り分けて食べる祝い菓子だとか。

具体的には1月6日という日に食べるようで
この日は、公現祭と言われるキリスト教の祝日であり特別な日です。

ガレット・デ・ロワ を食べないと1年が始まらないといわれるほど
定番のお菓子のよう。

一般的には、パイ生地にアーモンドクリームが入ったものが多く
地方によっても中身が異なるのだそう。

大きなパイの中には、「フェーヴ(fève)」と呼ばれる焼き物が入っています。

フェーブというのは、ソラマメの事ですが
実際に今は、色々な形の焼き物が入っていて
切り分けた際に
フェーブが入っていた人は「王」や「王女」になり、その年1年間皆から祝福され幸せに過ごせるのがそう。

DSC02508.jpg 

フランスの縁起菓子
とてもたのもしいですね。

日本にも近年伝わっている人気のケーキです。

金澤屋珈琲店でもこの時期限定で販売しております。

「ガレット・デ・ロワ」
フランス語で王様のお菓子の意味。

DSC02495.jpg


フェーブの代わりに
一粒
チェリーの洋酒漬けが入っています。

 DSC02496.jpg

切り分けて
皆で食べませんか?

DSC02504.jpg 

中は、柔らか
しっとり、そしてボリューミー
周りのパイ生地が

サクッと音がする切れ味。

思わず、美味しそう…と食べる前から❤

バターにこだわりパイ生地を。
ケーキ職人がこだわってお正月に食べる菓子を作りました。

日持ちもするので
年末にかって新年に食べませんか?

常温で持ち運び可。

DSC02507.jpg 

そのままでもしっとり
温めてもバターのいい香り

おススメの「ガレット・デ・ロワ」 いかがでしょうか?

新年を祝って真っ赤な箱に入っています。

DSC02468.jpg


 DSC02469.jpg

1ホール販売
箱入りで 1730円(税込み)

DSC02474.jpg 

数量限定で販売しております。

金澤屋珈琲店のガレット・デ・ロワ

DSC02472.jpg 

いかがでしょうか?

DSC02480.jpg

フランスの伝統菓子
新発売
幸せをよぶ
「ガレット・デ・ロワ」

新年のお祝いの席で❤食べてくださいね。

【新発売!】-「金澤珈琲ショコラ―茜と葵」

【新発売!】-「金澤珈琲ショコラ―茜と葵」

本日より発売の
「金澤ショコラー茜と葵」
 



茜と葵
中には、とっておきのこだわりコーヒーチョコレートが入っています。

こちらのコーヒーチョコレートは
金澤屋珈琲店から、近江町方面に向かって歩いて2分

love lotus
Bean to Bar & Raw Chocolate 金澤ショコラ

金沢市 十間町61ライオンズマンション1F
076-208-4235
不定休


今年の夏から店舗を構え、栄養価の高いローチョコレートを造っている
チョコレート専門店です。

Bean to Bar 
という言葉をご存知でしょうか?

日本語でビーン トゥー バール
Bean to Bar  ビーン トゥー バールというチョコレートの潮流です。
まさに世界的珈琲ブームのサードウェーブのチョコレート版と言われています。

まだまだ、チョコレートを造るって??というのは、
知られてないですが
その工程には、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形…があります。


”ビーン・トゥー・バー”とは、チョコレートの原材料カカオ豆(ビーン)がタブレット(バー)になるまでの工程を一貫して行うこと
を言います。

金澤では唯一の専門店です。

コーヒーでいうと最近のサードウェーブ。

サードウェーブコーヒーと言えば、
品質にこだわった豆、本来もつ個性、テロワールを尊重した焙煎方法や淹れ方、味わい方を提案するこだわりの潮流。


ビーン・トゥー・バー”という潮流も、カカオ豆本来の個性や工程によって
チョコレートの味が変わることに専門家たちが着目し


今、その生産を一貫するショコラティエが増えてきているといわれています。

チョコ 

なんて美味しそうなんでしょ

金澤ショコラ ラブロータスさんでは
ベトナム産ストーンヒル農園のシングルオリジンです。
喜界島の黒糖や厳選したスパイスがチョコレートの加工に仕様されています。

農薬・科学肥料不使用のカカオ豆を
使い、カカオ豆の優れた栄養素をこわさずチョコレートに。

店内では、職人さんがチョコレートを造っているところを見る事ができます。

カフェスペースもあり
チョコレート、スイーツなどを楽しむことができます。

数々のチョコレート製品があり
試食がすべて可能です。

贈答品
チョコレートが好きな方に
おすすめです。

価格は、やはり…

すべての工程からこだわっているだけに製品はかなり高価。

更に1種類ではなく産地も様々。複数のカカオ豆のテロワールを愉しんだり…

珈琲のようにその楽しみ方も似ています。

わが社でもカカオ豆の仕入れをしています。

自家焙煎カカオの羊羹
自家焙煎カカオのシュト-レン
自家焙煎カカオのブランデーケーキなど


原料となるカカオ豆から
加工したチョコレート製品をいろいろ開発。

わが社でも、西岡社長が
コーヒーの生産地で同じく育っている
カカオの木に注目。

コーヒーもカカオもとても歴史があり似ている。

そんな好奇心から
カカオに興味を持って取り組んだんのは、なんと20年以上も前から…
ご近所にできたビーントゥーバール
金澤ショコラさんへ足を運び…

コーヒーとチョコレートは、相性がいいはず と
話を頂きました。

DSC02403.jpg 

写真右がLove lutus の蒲田社長

写真右がわが社の西岡社長です。

という事で、今回のラブロータスさんとの
コーヒーチョコレートの
開発に取り組みました。

12/6(木)の中日新聞さんの
朝刊でも掲載されました。

DSC02402.jpg 

コーヒー屋とチョコレート屋のコラボ。
コーヒー豆は

チョコレートに合う「ブラジル産 サンタカタリーナ農園」を。

DSC02427.jpg 

焙煎は、深く煎っています。

粉の粉砕加減で食感も変わり

DSC02424.jpg 

カカオとの配合具合でも風味が…

黒糖の甘みの加減が絶妙に

数々の試作を繰り返し

美味しく出来上がりました。

 

「金澤ショコラー茜と葵」

新発売!

購入できる店舗は、
金澤ショコラさんの店舗 
金澤屋珈琲店本店と近江町店の2店舗です。
秋 (1)


近江町市場 十間町口にある
こちらの看板が目印です。

DSC01102.jpg 

詳しくはこちら↓
金澤屋珈琲店の近江町店

 DSC02416.jpg

パッケージに描かれたこちらのイラスト。

茜と葵

あかねとあおい

御気が付きでしょうか?

コーヒーの木がアカネ科で、カカオの木がアオイ科であることから由来しています。

DSC02408.jpg 

コーヒーの木もカカオの木も

温かい国で育てられます。

非常に似た環境で育つのですが…

IMG_1132.jpg

コーヒーもカカオも全く異なる魅力や類まれな

風味があり

世界中で愛されるものとなりました。

DSC02411.jpg DSC02410.jpg

茜と葵
コーヒーとカカオのように性格の違う二人…
茜さんと葵さんの二人が登場する連載小説も始まりました❤

小説「茜と葵」

現在のかなざわを舞台に描かれています。

興味のある方は↓
こちらをクリック
金澤ショコラ茜と葵フェイスブックページより

店頭で、ご来店お待ちしております!

 

【絶品スイーツ!】-新発売「自家焙煎カカオのシュト-レン」

【絶品スイーツ!】-新発売「自家焙煎カカオのシュト-レン」



2018年
今年の最後の大きなイベントと言えば

クリスマス
そして今年は、平成最後のクリスマスとなりますね。



クリスマスと言えば
ケーキが食べれる日として子どもの頃から
この日を迎えるのを楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?

金澤屋珈琲店でもクリスマス向けに特別なケーキをご用意しました。
数量限定で製造されるため
数に限りがあります。

自家製シュト-レン


20171117191938430.jpg

真っ白で
これは何?と思わず手にする方も。

ケーキ屋さんやパン屋さんでもこの時期は、販売されているのを見るかもしれません。

美味しそうなシュト-レン。

見た目はコッペパンのような形。

真っ白で、手に取ってみるとずっしり

なんと重たいのでしょう・・・・

シュト-レンはドイツの伝統菓子パン。

生地の中にはたっぷりのドライフルーツにナッツ

たっぷりのバターと砂糖でコーティング。

シュト-レンの歴史は、なんと700年以上

その昔
司教様に贈られていた「クリスマスプレゼント」
袋からだすとこのように雪のように真っ白

DSC08105.jpg

この形の意味は

幼子イエスをかたどっているといわれています。

白い見た目は、布に包まれた幼子イエス
DSC08107.jpg


本場はドイツ。

シュト-レンがドイツで食べ始められた当初は、カトリックの断食時期に食べるものでした。

バターもミルクも禁止された断食の際に食べる菓子であったのが

美味しいものをという事で今のようなバターたっぷりの美味しいケーキになったのだそうです。

本場ドイツでは
っクリスマス前の4週間前から当日にかけて食べるのだそうです。


薄くスライスして家族で毎日クリスマスを迎えるまで食べます。

日を追うごとに変わる味わいを楽しみクリスマスを待ちわびるもの。

薄くスライスして食べても一切れで
満足できる中身が詰まってます。

DSC08161.jpg

ほのかにブランデー香る
フルーツのケーキ
バターとお砂糖たっぷりコーティングされ
日持ちもします。

DSC08178_20171118121423e12.jpg

こちらのシュト-レンに加え
今年初めて登場したのは、

「自家焙煎カカオのシュト-レン」
つまりチョコレートのシュト-レンです。

DSC02148.jpg

白いシュト-レン
黒シュト-レン
2色揃いました。

贈り物にもちょうど良いサイズです。

DSC02123.jpg 

自家焙煎カカオ

金澤屋珈琲店では、チョコレートの原料から吟味しカカオ豆を仕入れています。
焙煎もじっくりと行い
新鮮なカカオ豆を使いケーキに仕上げました。

 DSC02157.jpg

今年初チャレンジの
自家焙煎カカオのシュト-レン

袋から出すと濃厚なカカオの香



同じように薄ーくスライスして食べます。

生地にはたっぷりとカカオが練り込まれ
ドライフルーツたっぷり
ウォールナッツが入り
食感がとても良くなっています。
バターとお砂糖でコーティング
ココアパウダーと一体化して
トロッとしたチョコレートコーティング✨
冷やして
常温で
更に温めても美味しいのです!
クリスマスまで
友人とご家族と
一緒にお楽しみください。
コーヒーにぴったり
金澤屋珈琲店の自家製シュトーレン
白シュトーレン
黒シュトーレン
あなたの好みは?☺
店内で提供も始めます‼

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (3)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (317)
ネルドリップ (161)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (56)
サイフォン (19)
エスプレッソ (13)
アイス珈琲 (42)
ペーパードリップ全般 (365)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (124)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (482)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (6)
スペシャルティーコーヒー豆 (75)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (507)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (148)
コーヒースイーツ (74)
カカオ (33)
加賀紅茶 (42)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (826)
金沢城公園・兼六園 (269)
陶芸家「小西みき」 (16)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (151)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (164)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (70)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (16)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【新年を祝う縁起菓子】-フランスより伝わる「ガレット・デ・ロワ」-限定発売! 2018/12/19 【新年を祝う縁起菓子】-フランスより伝わる「ガレット・デ・ロワ」-限定発売! もうすぐお正月。特別なひと時に添える縁起菓子。金沢では、福梅を食べる習慣があります。福梅 前田家の紋「剣梅鉢」をかたどった最中であり、色は紅白。和菓子屋さんによって最中の生地や厚み、餡の質など…シンプルな菓子でありますが、和菓子屋さんによって味が異なりこの時期は、今年はどこのを食べようか?なんて選んだりするのも楽しいも...
【新発売!】-「金澤珈琲ショコラ―茜と葵」 2018/12/07 【新発売!】-「金澤珈琲ショコラ―茜と葵」本日より発売の「金澤ショコラー茜と葵」 茜と葵中には、とっておきのこだわりコーヒーチョコレートが入っています。こちらのコーヒーチョコレートは金澤屋珈琲店から、近江町方面に向かって歩いて2分love lotus Bean to Bar & Raw Chocolate 金澤ショコラ金沢市 十間町61ライオンズマンション1F076-208-4235不定休今年の夏から店舗を構え、栄養価の高いローチョコ...
【絶品スイーツ!】-新発売「自家焙煎カカオのシュト-レン」 2018/11/14 【絶品スイーツ!】-新発売「自家焙煎カカオのシュト-レン」 2018年今年の最後の大きなイベントと言えばクリスマスそして今年は、平成最後のクリスマスとなりますね。クリスマスと言えばケーキが食べれる日として子どもの頃からこの日を迎えるのを楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか?金澤屋珈琲店でもクリスマス向けに特別なケーキをご用意しました。数量限定で製造されるため数に限りがあります。自家製シュト-レン真...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 アイスコーヒー 金箔珈琲 ゲイシャ 台風 ドリップバッグ 金沢マラソン コーヒーノキ 立冬 カニ解禁 コーヒーの日 水出しコーヒー ハワイコナ クリスマス 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
11位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター