2017-09

【美味しい話】―極みブレンド

【美味しい話】―極みブレンド

 
本日の主役
「極みブレンド」
紛れもなく、このメニューを頼む方は100%
コーヒーが好きです。

仕事柄、ついついメニューを見てオーダーされる方の様子を見てしまいます。じっくり眺めて
極みブレンドを頼む方は、コーヒーが好きなんだな…と実感します。

そんな極みブレンド
ネーミングがまたまたいい。と思いませんか?


「極みブレンド」 


は金澤屋珈琲店のオリジナルブレンドです。

taste_kiwami.jpg

チャートを見てもわかるように、フレンチ以上の深煎りコーヒー豆。

200g/1400円

焙煎機ギーセンで焙煎しています。

 

酸味よりも苦みやどっしりとした重厚感が味わえる深煎りコーヒー豆。

開店当初から歳月かけて登場した極みブレンドは、お店のファンのお客様の反応を見つつ…

量は沢山なくても
コーヒーの香り、うまみがぎゅぎゅっと凝縮された珈琲を…

通常の深いり珈琲豆では、感じられないスモーキーさ以外のブランデーのような香り…
後味の甘み…
厳選された素材を使い、ブレンドの配合にこだわりました。

店内で味わう極みは、当初お客様へネルドリップでメニューで提供をすることを目的として作りあげたものでしたが…

歳月をかけてファンの皆様が極みブレンドをご自宅でも。

そんなご要望に応じて
店頭で、オンラインでも販売が可能になりました。焙煎日が週に一度のため、注文から発送までは、お時間を頂いております。

素材はもとより、焙煎と抽出の技術を最大限に駆使して初めて完成される究極の味作りを目指して作り上げたブレンドコーヒ―…
ゆえに

販売するときは、お客様にも美味しく淹れる淹れ方をできる限り
アドバイスさせて頂いております。

DSC01842.jpg

苦味を際立たせるには、熱々のお湯で(90℃以上)
甘みが欲しい時は、ぬるめのお湯で(85℃~)…

ドリップしてみると味わいがかなり変化します。

熱々のお湯の時は、できるだけ時間をかけずに
ぬるめのお湯で淹れる時は、ゆっくりと時間をかけて

粉は、いずれにせよたっぷり使うと尚美味し

ネルドリップで提供する事を目的として生まれた極みブレンド。

店では、粉をたーっぷりふんだんに使っています。
実際にこれだけ

DSC00471_201701061858173ff.jpg


店にある1杯用の小さなネルで淹れます。
もうワンサイズ大きなネルを使うと
粉があふれる心配なく
安定して淹れれますが

でてくる濃度感や味が変わるので
2杯入っても

1杯ずつしか淹れません。

ネルドリップ

涼しくなって
「極みブレンド」のご注文が増えています。

このメニューは、お店で一番のこだわりです。
ゆえに、混雑時は、提供までの時間を考慮してお断りする事もたまにあります。(待っていただける方には提供してます!)



メニュー名

「極みブレンド デミ」


DSC02725_20170106185659102.jpg

神経も、時間も、技術も使うこのネルドリップの珈琲は
まさに
深煎りコーヒーを究極に楽しむコーヒー
としてつくりこみました。

苦味とコク
お酒のような香り
鼻から抜ける赤ワインのような深い酸

苦い、濃いと思わせて酸味や甘みを感じる複雑な味です。

通常3杯分ほど抽出出来る量の粉を

 DSC02724_20170106185658118.jpg

小さなカップ1杯分だけ
 
贅沢に味わう。

 ゆっくりと。
DSC02723_20170106185656a1d.jpg 

オリジナル食器もメニューに合わせて作って頂きました。

こちらのメニューは、甘みを味わうため、ぬるめの温度で提供しています。
冷えていくごとに変化する味や香りもまた美味。


オンラインショップ↓
「本店限定―極みブレンド」

http://www.krf.co.jp/SHOP/K051.html

*極みブレンドのおすすめの味わい方*

 

沢山粉を使って

アイスコーヒーやカフェオレに



濃厚なエスプレッソに 



時間をかけてじっくり抽出

「水出し珈琲」に。

 
 
苦味とコクのある珈琲は、厚手のカップで味わうと口当たりが円やかに感じ、更に美味しいのです。

kiwami_p_2017090419391644d.jpg 

【ブレンド極み】

ネルドリップで淹れてこそ、完成する極みの味わい。
…とそんな願いから誕生しました。
それでも実は、ペーパーで淹れても美味しいのですが、ネルの方がと言う想いが。
あえてネルドリップでしか提供をしていません。

ネルドリップが好きな方はぜひ、極みブレンドをお試し下さい

[広告] VPS

【お酒なしでほろ酔い気分!】―「極みブレンド」―オリジナルブレンド

【お酒なしでほろ酔い気分!】―「極みブレンド」―オリジナルブレンド

 

金澤屋珈琲店の極みブレンド。

私が一番好きなブレンドコーヒーです。このお店で生まれた極みブレンド。

今では、ファンも多く、オンラインショップでも注文が入るようになりました。


「極みブレンド」 


は金澤屋珈琲店のオリジナルブレンドです。

taste_kiwami.jpg

チャートを見てもわかるように、フレンチ以上の深煎りコーヒー豆。

200g/1400円

一番人気の利家ブレンドは、200g/1080円と言う事で若干家のみコーヒー用とするには、ハードルが高いかもしれません。

が、一度はまると

開店当初から歳月かけて登場した極みブレンド。

素材はもとより、焙煎と抽出の技術を最大限に駆使して初めて完成される究極の味作りを目指して作り上げたブレンドコーヒーです。


DSC01842.jpg

当初は、ネルドリップで淹れて飲みたいブレンドとして登場しました。


メニュー名

「極みブレンド デミ」


DSC02725_20170106185659102.jpg

神経も、時間も、技術も使うこのネルドリップの珈琲は
まさに
深煎りコーヒーを究極に楽しむコーヒー
として
つくりました。

苦味とコク
お酒のような香り
鼻から抜ける赤ワインのような深い酸

苦い、濃いと思わせて酸味や甘みを感じる複雑な味です。

通常3杯分ほど抽出出来る量の粉を

 DSC02724_20170106185658118.jpg

小さなカップ1杯分だけ
 
贅沢に味わう。

 ゆっくりと。
DSC02723_20170106185656a1d.jpg 

実際にこれだけ

DSC00471_201701061858173ff.jpg


店にある1杯用の小さなネルで淹れます。
もうワンサイズ大きなネルを使うと
粉があふれる心配なく
安定して淹れれますが

でてくる濃度感や味が変わるので
2杯入っても

1杯ずつしか淹れません。

ネルドリップ


ネルドリップマニアや深煎りコーヒー愛飲家から支持を受けながら…
ファンが増えました。

更に夏に開発した「水出しコーヒー極み 680円」


深煎りコーヒー豆には、沢山種類がありますが…

極みで作った水出しコーヒーは、まるで「洋酒」

洗練された香りと味の奥深さがとても上品でした。

DACH01_20170804080006913.gif 

通常の抽出とは、違いお水では、6時間から8時間かけてコーヒ―を作ります。

お湯の浸透では、蓄積されない風味が生かされ持続。

極みブレンドのうまみをギュギュっと凝縮された水だしコーヒーができました。

あたたかい珈琲は、冷めるとともに味が劣化し香りもどんどん飛びます。

水だしコーヒーは、なんと持続。

美味しさが変わりにくく変化しにくい。

抽出に時間と手間がかかりますが、その美味しさをより多くの方に味わっていただくため、
今ではメニューのバリエーションも増え間口が広まりました。

水だし


「アイス金箔珈琲 900円」


人気のウィンナーコーヒーに金箔をあしらった「金箔珈琲」のアイスバージョンです。

量はたっぷり
水だし珈琲 × ホイップクリーム × 金箔
昨年から提供中です。発案は、お客様より。現在人気の夏メニューの一つ。

DSC00683.jpg 



「琥珀美人 850円」



喫茶店の人気メニュー 琥珀の女王で知られるメニューの金澤やバージョン。


水だし珈琲 × ブランデー × シロップ ×生クリーム

DSC03120_20170602195441710.jpg 


 「アイスカフェオレ 極み 650円」



フランス生まれカフェオレの金澤やバージョンです。

珈琲とミルクを1:1で割ったフランス流のミルク珈琲。
金澤やバージョンでは!

水だし珈琲極みブレンド × 牛乳

珈琲感を強くした専門店ならではのカフェオレ。

人気の程は、水出しコーヒーの次。
DSC02583_20170602195440cc3.jpg 


色々なアレンジメニュ―のベースのコーヒーとして使っています。

少量でも存在感のある味わいを
感じて頂ければと思います。

「極みブレンド」は、ブラジルとエチオピアのコーヒーを使用したスペシャルティーコーヒーのブレンドです。

2種配合のシンプルなブレンドなだけに、その時々のコーヒー豆の産地の味わいをダイレクトに感じます。
極みブレンドのイメージや演出を保つために焙煎や配合で毎回同じような味づくりを安定をさせています。

極みの演出・・・と言えば

あの濃度感の中に感じる洋酒の香…

ブランデーのよう とよくたとえられます。

が(^_^;) 100%ノンアルコールです。

kiwami_p.jpg 

お家でもちょっとこんな味わいを目指したい♪という方は、

「贅沢に淹れる!」をやってみよう!

85℃~90℃以下の低温で
ゆっくりといれてみてください。
3分ほど。
粉は、中挽きから細挽き

「粉をたっぷり思い切って、抽出は控えめに。贅沢に淹れてみる」とコーヒーの愉しみ方のバリエーションが増えるはず。


ちなみに…お店で提供している極みブレンド

ネルドリップ デミサイズ 80cc/に対し粉は26g前後

水だしコーヒー120gで1ℓ抽出なんと1杯あたり約25g使ってます!

アイスもホットも一人分に25g

ペーパードリップでも美味しく淹れられます。

高すぎない湯温でじっくりといれます。

コクと甘みが好きな方は、細挽きメッシュで。

クリアさとすきっとしたライトな苦みが好きな方は、粗挽きメッシュで。

 

「極みブレンド」 店頭で、またはオンラインショップにて販売中です。

!cid_7313F348-B8B0-445B-8308-E1780A2E9B0D.jpg

お店限定ブレンドのため、焙煎日は週に1回となっております。

オンラインショップはコチラ↓

http://www.krf.co.jp/SHOP/K051.html

「うまみ」は日本の文化?

「うまみ」は日本の文化?


ちょっと気になる新商品!

「ダイドーブレンド うまみブレンド」
~豆だけでなくコーヒー果肉まで使用~

ダイドーの自動販売機にかかれたこの秋冬の(2016年)新製品。
なんと うまみ ブレンド!

更に、特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”とは??
ダイドーさんによる商品概要はコチラ↓
特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”
  • 豆だけでなくコーヒー果肉までまるごとドリップ
  • “うまみ”引き立つこだわりのブレンド
  • “うまみ雫”を配したNewパッケージ
※Coffeeberry®Brandのコーヒーチェリー抽出物
うまみ雫をイメージしたニューパッケージ。
ブルーカラーをベースにコーヒーの果実が描かれています。
かなりのインパクトですが、秋冬?というより真夏のよう。(^_^;)

コーヒー豆はコーヒーの木と言われる植物からなる木の実の種です。その木の実は、このパッケージにある通り真っ赤に熟れたサクランボ のようなので! コーヒーチェリーと呼ばれています。
今回は、そんな豆だけでなく果肉を丸ごとドリップ!? と謎のキーワード。

詳しく見ると、収穫したコーヒーチェリーを洗浄、水に透けた後6時間いないにチェリーごと乾燥させて粉砕。
その後抽出し粉噴射という他に例のない方法で果肉をまるごとドリップしているそうです。
果肉と一緒に豆をブレンド。


出来上がった珈琲をどのようにイメージしますでしょうか?
「●商品特長
特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”


    1)豆だけでなくコーヒー果肉までまるごとドリップ
特許技術でコーヒーの豆だけでなく、果肉までまるごとドリップ。豆のコクと果肉のほのかな甘みが融合して生まれるコーヒー本来の“うまみ”を引き出すとともに、香料無添加で素材本来の味わいを追求しました。

2)“うまみ”引き立つこだわりのブレンド
コーヒーの果肉と相性の良い豆を中心にブレンド。浅煎りから深煎りまで幅広く焼き分けることでコーヒーのコクと香りを引き出しました

3)“うまみ雫”を配したNewパッケージ
洗練された深い青の配色に、赤く熟したコーヒーの果実と豆を印象的にデザイン。そこから滴る雫を新たに加えることで、豆だけでなく、コーヒー果肉までまるごとドリップして引き出した“うまみ”のおいしさを訴求しました。

商品概要
■商 品 名ダイドーブレンド うまみブレンド
■発 売 日2016年8月22日(月)
■容量・希望小売価格185g缶・115円(税抜き)
■販売チャネルコンビニエンスストア、量販店、自動販売機および
通信販売(DyDo オンラインショップ http://drinco.jp/)等


(ダイドーより)

丸ごと果実
そして 「うまみ」
皆さんは、よく料理や飲み物を良く表現する際に使う言葉はありますか?
私たちコーヒー業界でも美味しいコーヒーを表現する際にいろいろな身近なものや食品、植物などに例えます。
そのダイレクトな特徴意外にも、ヒトは味を感じる5つのセンサーがあります。


大きく分けて5つ
苦味、酸味、甘み、塩味、うまみの5つ。
説明がしづらく、どのようなものが旨みなのか?

味が総合的に美味しいか美味いかの感覚ではないうまみ。


皆さんはどのような味を想像しますか?

面白いことに、以前外国人と日本人の味覚力調査でこのうまみをわかる人は外国人が3割程度に対して日本人は7割以上も感覚的にわかっていたようです。日本人はうま味を無味のものや塩味と間違えたのに対し、外国人は酸味と間違えたそう。
昆布、カツオ節、緑茶など、旨味が強いものに慣れ親しんでいる国の人と、そうでない国の人では、結果的に味覚力に差が出たということです。

「そもそも味は、下にある味蕾(みらい)というセンサーで感じ取っています。この味蕾は、普段から薄味の食事に慣れ、味の変化を感じようとしたり、味のアレンジを楽しんだりしようとすれば、センサーの感度が上がり、味覚力も高まるらしいのです!味覚は本来、健康に良いものをおいしいと感じるようになっているのですが、濃い味つけの食生活に慣れてしまうとセンサーが狂い…(^_^;)感覚が鈍るのだとか。」

コーヒーには主に、苦み、酸味、甘みがあるといわれ、うまみがある、感じるなどという場合があります。良質なお茶にも感じるうまみ。
うまみの正体はアミノ酸(テアニン、グルタミン酸など)といわれ、鰹節やトマトにもあります。お茶や珈琲にも感じられる成分です。
日本の食生活に欠かせないだし。そのカツオや昆布のだしの味はうま味を含んでいます。


そんな和食文化の発達した日本人が発見した味覚!として海外からも注目を受けています。近年日本食ブームの陰にもそんな背景があります。 なんとも繊細な感覚でしょうか!
そんなうまみ。






















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (269)
ネルドリップ (139)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (46)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (38)
ペーパードリップ全般 (315)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (97)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (376)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (4)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (61)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (392)
珈琲英語 (34)
カフェメニュー (79)
コーヒースイーツ (59)
カカオ (26)
加賀紅茶 (38)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (692)
金沢城公園・兼六園 (190)
陶芸家「小西みき」 (15)
彫刻家「木下輝夫」 (15)
華道家「草月流 栄波」 (60)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (131)
コーヒーとグラインド (55)
コーヒーと器 (11)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (20)
研修レポート (148)
珈琲祭展 (9)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (57)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【美味しい話】―極みブレンド 2017/09/07 【美味しい話】―極みブレンド 本日の主役「極みブレンド」紛れもなく、このメニューを頼む方は100%コーヒーが好きです。仕事柄、ついついメニューを見てオーダーされる方の様子を見てしまいます。じっくり眺めて極みブレンドを頼む方は、コーヒーが好きなんだな…と実感します。そんな極みブレンドネーミングがまたまたいい。と思いませんか?「極みブレンド」 は金澤屋珈琲店のオリジナルブレンドです。チャートを見てもわか...
【お酒なしでほろ酔い気分!】―「極みブレンド」―オリジナルブレンド 2017/08/08 【お酒なしでほろ酔い気分!】―「極みブレンド」―オリジナルブレンド 金澤屋珈琲店の極みブレンド。私が一番好きなブレンドコーヒーです。このお店で生まれた極みブレンド。今では、ファンも多く、オンラインショップでも注文が入るようになりました。「極みブレンド」 は金澤屋珈琲店のオリジナルブレンドです。チャートを見てもわかるように、フレンチ以上の深煎りコーヒー豆。200g/1400円一番人気の利家ブレンドは、200...
「うまみ」は日本の文化? 2016/11/02 「うまみ」は日本の文化?ちょっと気になる新商品!「ダイドーブレンド うまみブレンド」~豆だけでなくコーヒー果肉まで使用~ダイドーの自動販売機にかかれたこの秋冬の(2016年)新製品。なんと うまみ ブレンド!更に、特許技術※「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”とは??ダイドーさんによる商品概要はコチラ↓特許技術「まるごとドリップ」で引き出したコーヒー本来の“うまみ”豆だけでなくコーヒー果...

タグ

器具 焙煎 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
12位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター