FC2ブログ

2019-05

【冬至2018】-「一陽来復」―甘酒レモネードのススメ

【冬至2018】-「一陽来復」―甘酒レモネードのススメ

20181216073628155.jpg

一年で一番昼の時間が短く夜が長い日。

今年は、暖冬の影響で金澤でもまともな雪の日がない状態で
クリスマス連休を迎えました。

こんなに温かいと
後でドカーン(^_^;)と降る日があるのかな…
とハラハラしております。

冬至という言葉は
一陽来復ということもあります。

繫がりのあるこちらの言葉は

冬至の本来の意味が

「毎年12月22日頃に、一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これを冬至と言います。昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、その厄〔やく〕を払うために体を温め、無病息災を祈っていました。この慣わしは現在も続いています。」
そして一陽来復。

一陽来復(いちようらいふく)

冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ、11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるというわけ。そのため、新年が来るという意味の他に、悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味も込められているのです。良くないことが続いている人も、冬至が来たら「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」と気持ちを切り替えましょう。そういうきっかけを与えてくれる日でもあるんですよ。
早稲田の穴八幡などの神社では「一陽来復」のお守りが配られます。


つまり、冬至が過ぎれば少しずつ明るい陽のあたる時間が延び
昼の時間が長くなっていきます。

昔の方は、暗い所から明るい方向へ向かう事を
運気がよくなっていく ととらえたのですね。

実際には、冬至を境に
約1か月

激動の冬を迎えるのですが。

昨年の冬至も雪解けあとの
あたたかな冬至でした。

「日短きこと至(きわま)る」


雪が降ったら絶景。

まだ見ぬ雪の日。

皆様もお体にお気をつけておすごしください。

最近頂いた飲み物で
とっても美味しかったのが


甘酒 + はちみつレモン

きっと柚子でも美味しいのでしょうね。

酒屋さんの甘酒に
レモンの搾り汁とはちみつを。

甘酒レモネード 


温めて頂くこの時期の甘酒。

なんとも言えません!

 20181216073632225.jpg


【伝説の杜氏-農口尚彦氏】-貴重なテイスティング体験

【伝説の杜氏-農口尚彦氏】
-貴重なテイスティング体験
11月も最終日
忘年会シーズンに入りましたね。
この時期は、何かと外で飲食する機会が増える時期…

お家で飲む自分の好きなお酒も美味しいですが
大切な方と過ごし一緒に楽しむお酒や食事は、また格別。

お酒と言えば
日本酒、ワイン、ビール、焼酎、ブランデーやウィスキー
どれも好きですが
日本酒やワインは、一人で飲むより
一緒に飲むのが美味いと感じたり、新たな美味しさの開拓にもなったりするそんな
一期一会なものが多く、知ってびっくりすることが多いですね。

コーヒーも世界中で飲まれていますが、
お酒も世界中で飲まれています。
いろいろあるお酒の中で最も歴史があるお酒は、果実酒であるワイン。
なんと紀元前4000年ごろから
メソポタミア地方で飲まれていました。

日本では、ワインが16世紀
ビールが18世紀
ウィスキーが19世紀中ごろから
という事で、やっぱりワインです。


ビールを日本で初めて飲んだ人の感想は
「ビールは、思いのほかまずく、全く美味しいものではなかった」
(和蘭門答 1724年より)

私も、親の真似して初めてビールを飲んだ時は、なんて苦くてまずいんだと同じ気持ちです。
ですが今では(^_^;)

同じく珈琲も

19世紀半ばごろまでは、役人や遊女ら限られた人だけが飲んでいたようで
「カウヒイ」と呼び
「焦げ臭くして味ふるにたえず」

苦味に対する不評は、同じく…それが今では、すっかり愛飲される嗜好品となりました。

最初は、刺激的ですが
飲めば飲むほどクセになるのか…
出会うお酒によって変わるのか
中毒性のあるコーヒーやお酒は、やはり神秘的です。


ちなみに日本酒は、奈良時代には、製造方法が確立していたといわれ、飲まれていたようですが
お正月や神事、慶事など現代のように自由に誰でも、いつでも飲めるわけではなかったようですね。

日本のお酒の代表と言われる日本酒は、海外では、お米のワイン
rice wine 、sakeとも言われ

主原料はお米 です。

米ぬかを取り除き、精米、そして研磨して発酵させたものです。
シンプルですが、味は千差万別。
コーヒーと同じく、ハマりやすい方は、お酒も好みが在ったりするのではないでしょうか。

日本各地で行われている日本酒造り
旅先で出会う1杯
その地方特有の味わいの違いに驚いたり
自分好みでハマったり

これが面白いところ。

日本酒造りには、欠かせない最大のキーマンとなるのは杜氏です。
杜氏は、とうじやとじと言われます。

杜氏は、日本酒造りの醸造工程を行う職人集団であり蔵人の監督者、酒蔵の責任者でもあります。

杜氏の文字の由来は、日本の古語である戸主(家事一般をとりしきる主婦)から来ているといわれています。

日本酒造りの最大のカギとなるお米。
コーヒーと同じく毎年変化する出来具合。
もろみや、発酵状態もかわり
その年によって違う米を見て最大限に生かす蔵元の戦略
意図する味へ方向づける大切な分析

杜氏のお仕事と言えます。

そんな杜氏ので石川県にも伝説の杜氏がいます。

能登杜氏の一人であった農口尚彦氏。
伝説の杜氏であり、酒造りの神様とも言われています。

現在は、名誉杜氏となり、2015年に引退。
この当時は、伝説の杜氏の引退にやはり衝撃がはしりました。
その2年後の2017年昨年から、新たにできた農口尚彦研究所。
熱心な方のお声を頂き…復活。
2年のブランクをえて
再びお酒造りへ。
若者に‥
お酒造りと杜氏のお仕事を世に伝えるために
軌跡的に復活をした伝説の杜氏です。

20181129081051894.jpg 

そんな農口尚彦研究所のテイスティングルームと酒蔵見学へ行って参りました。

金沢市から車で1時間半ほど
山の中です。近くには紅葉で有名な隠れ家的スポット
荒俣峡
があり、ちょうど紅葉も見頃でした。
20181129081139283.jpg 

石川県小松市観音下町ワ1番1
観音下町と書いて
なんと かながそまち というのです。
何度聞いても覚えれなそうな難しい読みかた。

一旦ひいた表舞台から復帰した農口尚彦さん。
この場所を選んだ理由は

お酒造りに欠かせないお水
霊峰白山に積もった雪が解けた伏流水が井戸水となってお酒に。 

豊かな緑 大自然
酒蔵の周りで育っている酒米
小松産五百万石。
20181129081144369.jpg 

綺麗な澄んだ空気
すぐそばには、廃校となった小学校がありました。

20181129081111482.jpg 

酒蔵の向いには、観音山があり
1体の観音様と33体の小さな菩薩像が置かれています。
まるで酒蔵を見守るかのようで縁起も良いということで
ここが酒造りにあった土地を探してたどり着いた
場所となったそうです。

20181129081058652.jpg

建物は、周りの景観になじむ
色と持ち味

20181129081135669.jpg 

現在販売している
お酒が並んでおります。

こちらでは、お酒造りと酒蔵見学、テイスティングルームなど
農口を知ってもらう研究所となっています。
オンラインで予約できますが
週末は沢山の人がくるらしいのです。(海外、県外からも)

20181129081130963.jpg

日常を忘れ
自然と静けさに癒される空間でもあります。

20181129081925548.jpg 

酒蔵ラボ的なこちらの空間は
予約の方の貸切スペース。

伝説の杜氏の
酒造りに長年培ってきた歴史が刻まれていました。

20181129081937227.jpg 20181129081952418.jpg


有名な方ですが、晩年の頃しか知らず
ここまでの道のりは、長かったのだと改めて感じたのですが
一番驚いたのは、「お酒が飲めないこと」!

1949年 16歳から酒造りの道へ
「酒蔵なら米はあるから食うに困らない」という事で
初めて働いた場所は、静岡県富士市の山中正吉商店へ

1950年代
その後、三重県などの酒蔵へ勤めたのち
石川へ。

1960年代
若干28歳の若さで石川県鶴来の菊姫の杜氏に抜擢されました。

その後、造ったお酒が北陸の地では、受け入れられず10年に渡り試行錯誤。

京都の酒蔵へ、山廃仕込みを学びに行くことに

その後吟醸酒ブームが到来し、
当時あまり出回ってなかった吟醸酒を市場へ。

1990年には、JALのファーストクラスで初めて日本酒を導入し菊姫の大吟醸を選定されました。

菊姫にて定年65歳で退職、なんとそれまでに金賞24回。

20181129081931184.jpg 

菊姫を退社後は、鹿野酒造の杜氏に就任。

2012年に80歳をむかえ引退
したものの2013年には、再び農口酒蔵の杜氏に就任されました。

2015年に退社…
のちの現在です。

おしまれて引退された伝説の杜氏だけに
そのころは、新聞やテレビでも話題になったのは
言うまでもありません。

長年にわたって
いい酒をコンスタントに作るために数字になるものは、すべて記録
酒米の種類
精米歩合
麹の品温
酒米を浸水させた時間
水温
その沢山の記録が残った使い込んだノートからも
杜氏のいきごみが伝わってきました。
 
12月24日に晴れて誕生日を迎える農口さんは、なんと86歳。
案内をしてくださったスタッフの方も
若者と変わらず元気に働く姿をおっしゃっていました。

農口さんと言えば
菊姫を定年で退職された頃には、就任したころは、700石の生産高だったがなんと7000石に。
36人の蔵人を統率していたという偉業を成し遂げました。

石数というのは、お酒の単位で使われます。
1石は、180㍑
一升瓶でいうと100本分。
石高7000石は、70万本の一升瓶の
お酒が造られたことになりますね。

杜氏一人当たり1000石を受け持つのが一般的で
となると7人分の仕事をされていたという事になります。

そんな農口さんのお酒のこだわりのテイスティングルームはこちら。

20181129082120272.jpg

日本の茶室をイメージして作られた空間。
 
ほどよい緑
自然


20181129082158957.jpg 

茶器もこだわりを。

20181129082059666.jpg 

飲み比べは5種類。
山廃仕込みの飲み比べです。

山廃仕込みというのは、お酒の精製方法の一つ。
お酒好きは、飲みやすい大吟醸よりもこちらの方が好きとう人が多いはず

つくるのはなんと極寒の中、深夜から早朝にかけて
体力がとってもいるそうです。

20181129082236046.jpg 

チェイサーのお水


 20181129082640692.jpg

しぼりたての純米大吟醸
フルーティーでワインのようなイメージ

20181129082629219.jpg

お酒のおつまみ
すみげんという小松市の老舗珍味店で販売されているものです。
塩加減がまたお酒を進める珍味
器は、大杉石です。


20181129082625016.jpg 
山廃純米酒
火入れをしていないもの

20181129082708943.jpg

同じものを
燗したもの

約50℃。
熱燗は、55℃
ぬる燗は人肌程度。

熱燗にする方法は、水から沸かした湯に浸す
沸騰したお湯につける
80℃のお湯につける
色々方法がありますが
80℃の湯につけて温めるのが一番美味しかったのだとか。
お酒にもよるかもしれませんが
美味い…
冷めてきた味わいもまた
20181129082706592.jpg

同じお酒でも印象が違いますね。
香りがたってこれも美味。

更に酒器の形状の異なるもので味わうお酒の味の違い。

口の広がった器では、酸味や軽やかさを
口のすぼがった器では、コク、深みといったボディーを感じる。

これは、好みが出るのかな…
おちょこ選びも考えるといいですね。

20181129082656843.jpg


そして初めて食べた酒米。
酒米は、宇雨情日本酒用に造られ麹米おして使われるお米でです。
普段目にすることもないので
初!!
ほろほろっとして大きな粒。
もっちりではなく、あっさりとした印象。


     20181129082644720.jpg

のどかな風景に移る田園。
酒米を植えるそうです。

四季を通して、景観がかわりその時のおすすめのお酒をテイスティングできるそうです。

週末は、人が多く
平日が比較的すいているということで

20181129082834020.jpg

平日休みの私には、ゆっくりと楽しめました。
閉めには、サケスイーツ。
本醸造酒で楽しむ菓子。

  20181129082901203.jpg

なんとお酒に浸して…

20181129082854251.jpg 

食べちゃいます。

20181129082849200.jpg 
菓子は、小松市の行松旭松堂
で作られたものです。
雪花糖と言われる有名なくるみがしがあります。

(゜-゜)贅沢。
お菓子を食べたら甘みが加わったお酒を
飲んで…

20181129082844192.jpg 

なんと沢山いただいたでしょうか。
お腹もいっぱい
お酒もたっぷり2合位飲んだかな・・・・という印象です。

最後に感想を。
お酒の飲めない農口さんのためのお客様の声ノート。

なんて書こうかなと迷っていたら

なんと目の前に農口さん。
なんと顔をだしてくださいました。

本人の前で感想だなんてびっくり。
伝説の杜氏農口さんに会えました。

20181129082925783.jpg 

大吟醸も頂き…
大満足。
この1杯が一番美味しかった…
というのは言うまでもないです。
心意気を感じました。

年齢を感じさせない気力、体力
意気込み
自分のモチベーションにかえて…
お仕事も頑張りたいと思いました。

今月の楽しかった想い出の一つ。

11月最終日、あっと言う間の1か月。

皆様も沢山の想い出を造られたことと思います。

冬がいつ来るのか?という温かさですが…

来月12/30まで営業致します!

ご来店お待ちしております。

【量よりも…】-コーヒーの気になるカフェイン作用

【量よりも…】-コーヒーの気になるカフェイン作用

コーヒーは1日何杯?

DSC07313.jpg 

と考えて飲んだことはないのですが…
嗜好品もこれだけ沢山の方に愛飲されると

○杯がいい…
どれだけ飲んでいいのか??と思う事もあるかもしれません。

連日の猛暑。
水分補給にコーヒーやお酒は控えるように と言われています。

が基本的に、コーヒーもお酒も

ごくごく飲む水分補給ではなく
嗜好品の名の通り、休憩時間に、自分の時間に味わって飲む
友人や同僚と過ごすカフェタイム
そんな飲料であると思いますので
また別物かな…と思います。



お酒にもコーヒーにも利尿効果があるため、これだけを飲んでいると
気が付かずに脱水状態になることもあるそう…
1杯につきコップ一杯のお水を心がけて…
この時期は、特に気を付けたいですね。

コーヒーが好きという方の多くは
美味しいは勿論
飲むと頭がすっきりする
やる気が出る
香りに癒される
疲れがとぶ


なんて経験があるのではないでしょうか?

コーヒーは、一度に飲みすぎたり
だらだら飲んでいると
逆に体にとってストレスとなることもあるので適量を心がけたいですね。

コーヒーの驚く作用には、よく知られている「カフェイン」の効果が上げらます。
沢山飲みすぎなければ 体にとって良い効果を発揮するのがわかっています。

コーヒーの適量とは!?

DSC00150.jpg 

1日あたり、150mlのカップに
3^4杯ほど 
と言われています。

ドリップしたコーヒーが体に良いともされ…

DSC03168 (640x425) 

抽出器具による違いもあるのです。

<コーヒーのタイプ別のカフェインの量の目安>

ドリップコーヒー 1杯 150ml で カフェイン100㎎

DSC03181.jpg 

インスタントコーヒー 1杯 150ml で 65㎎

hurikake_kanazawadrip002.jpg 

濃厚なエスプレッソ
30^40ml でカフェイン77㎎


DSC05684.jpg DSC00751.jpg

ミルク + エスプレッソの
カプチーノ 1杯 150ml で50mg

DSC02742.jpg 

デカフェで淹れたコーヒー1杯 150mlで カフェイン1mg

decafecatetop_001.jpg 

ちなみに…
お茶の玉露が飲料の中でも一番と言っていいくらい多く
その1杯あたりの量は、(150ml) カフェイン180㎎

コーヒーよりも玉露といった茶飲料もカフェインが目立っています。

いずれにせよ
身近な飲み物に多く含まれるという事ですね。

ちなみにカフェインの量は、
1杯の抽出量に使用する粉の量が多い
深煎りのコーヒーよりも浅煎りのコーヒー豆
抽出量が少ない
沢山飲む

とご想像の通り多くなります。

何事も適量ですね


最近では、身近に美味しいカフェインレスコーヒーが手に入るようになりました。
当店でも、受注後焙煎する鮮度の良いカフェインレスコーヒーが在ります。

種類も多い他、この時期は、カフェインレスのアイスコーヒー、
カフェインレスのドリップバッグ、カフェインレスコーヒーのカフェオレベース
などなど盛り沢山。

気になる方はこちら↓
「カフェインレスコーヒー」
http://www.krf.co.jp/SHOP/277650/list.html



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (4)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (326)
ネルドリップ (163)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (58)
サイフォン (19)
エスプレッソ (17)
アイス珈琲 (43)
ペーパードリップ全般 (370)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (127)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (506)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (14)
スペシャルティーコーヒー豆 (77)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (524)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (159)
コーヒースイーツ (79)
カカオ (33)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (49)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (842)
金沢城公園・兼六園 (279)
陶芸家「小西みき」 (17)
彫刻家「木下輝夫」 (17)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (152)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (166)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (72)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (18)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (3)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【冬至2018】-「一陽来復」―甘酒レモネードのススメ 2018/12/23 【冬至2018】-「一陽来復」―甘酒レモネードのススメ一年で一番昼の時間が短く夜が長い日。今年は、暖冬の影響で金澤でもまともな雪の日がない状態でクリスマス連休を迎えました。こんなに温かいと後でドカーン(^_^;)と降る日があるのかな…とハラハラしております。冬至という言葉は一陽来復ということもあります。繫がりのあるこちらの言葉は冬至の本来の意味が↓「毎年12月22日頃に、一年で最も夜の長さが長くなる日があり、これ...
【伝説の杜氏-農口尚彦氏】-貴重なテイスティング体験 2018/11/30 【伝説の杜氏-農口尚彦氏】 -貴重なテイスティング体験 11月も最終日。 忘年会シーズンに入りましたね。 この時期は、何かと外で飲食する機会が増える時期… お家で飲む自分の好きなお酒も美味しいですが 大切な方と過ごし一緒に楽しむお酒や食事は、また格別。 お酒と言えば 日本酒、ワイン、ビール、焼酎、ブランデーやウィスキー どれも好きですが 日本酒やワインは、一人で飲むより 一緒に飲むのが...
【量よりも…】-コーヒーの気になるカフェイン作用 2018/08/12 【量よりも…】-コーヒーの気になるカフェイン作用コーヒーは1日何杯? と考えて飲んだことはないのですが…嗜好品もこれだけ沢山の方に愛飲されると○杯がいい…どれだけ飲んでいいのか??と思う事もあるかもしれません。連日の猛暑。水分補給にコーヒーやお酒は控えるように と言われています。が基本的に、コーヒーもお酒もごくごく飲む水分補給ではなく嗜好品の名の通り、休憩時間に、自分の時間に味わって飲む友人や同僚と...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 金箔珈琲 アイスコーヒー ゲイシャ 新元号 平成 ドリップバッグ 台風 金沢マラソン  コーヒーノキ カニ解禁 クリスマス 新年度 立冬 コーヒーの日 ハワイコナ 水出しコーヒー 兼六園,桜、花見 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
8位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター