2017-09

「パナマ・カルレイダ農園ゲイシャ」本日焙煎分にて今期終了

新春にておすすめしていたスペシャルティコーヒー
「パナマ・カルレイダ農園ゲイシャ」が本日焙煎分にて終了となります。

希少品種、通常の定番メニューとは別に特別に用紙した珈琲メニューは、テーブル席にちょろっとたてポップとして掲示してあります。

今回のゲイシャ種パナマカルレイダ農園についてはこちら↓

ゲイシャで迎春珈琲

最近テレビや雑誌、珈琲屋さんでブーム的な存在のゲイシャ種。
日本の芸者を思わすインパクトある名前に、どんな方でも記憶に残るもの(-_-;) 
ゲイシャの名の由来はエチオピアのゲシャ地区に自生していた品種だから。1960年代に、珈琲の病害であるさび病に強い品種だからと、パナマやコスタリカ、コロンビアなどに持ち込まれ、長く他の品種と混在しごくわずかな本数が植えられていました。

世界中のロースターが注目している理由には、このゲイシャ種は、近年珈琲の品評会である国際コンペティションにおいて何十サンプルの中に紛れていても、はっきりわかる個性にあります。

珈琲と言えば濃くて苦いものというイメージからは想像を覆す、フルーツやハーブのような香りに酸味、後味にチョコを思わす甘み、レモンのような酸味も出たり…と聞いただけではレモン?となってしまうかもしれませんが、とてもユニークな味わいです。

珈琲専門店では、こういった特別な珈琲を浅目に焙煎することで、豆の個性を引き立たせます。浅く煎ることで繊細な豆の持ち味を発揮できます。
カップの色は澄んだ薄茶、まるで紅茶のような色と、優しい香り。
珈琲にミルクと砂糖を入れずとも、ふんわり楽しめます。

金澤屋珈琲店でも過去に何種類もゲイシャを提供してきました。いまだかつてない、ゲイシャ種の珈琲も反応の良さには驚きますが、今回のフルウォッシュドのゲイシャは、何ともいえない優しい酸味で、苦みが苦手な方がリピートして飲んでくださいます。

苦みが少なく、さっぱりとした飲みやすい口当たりにどんな方でも最初はびっくり(-_-;)珈琲の常識を忘れて挑戦してみませんか?

金澤屋珈琲店でぜひ非日常体験を(^^)

ネルドリップで淹れるとまた美味。
苦みと酸味の角をとるのに、冷めれば冷めるほど、フルーツジュースを口にしたような輪郭の余韻に微栗されると思います。

提供は1杯650円。
特別価格で御用意しております。
コーヒー豆お持ち帰り販売もしてますよ♪

[広告] VPS

コーヒーの酸味~ゲイシャはオレンジ

今日は、コーヒーの酸味を考えてみたいと思います。

金澤屋珈琲店で提供しているコーヒーの中に、酸味傾向の豆があります。

それは、スペシャルティコーヒーの「コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャ」

ゲイシャ種と言えば、近年人気の世界的に有名は品種。その人気の秘密は何ともいえない風味特性があることです。
例えていうなら、オレンジなどの柑橘系のフレーバーが連想されます。
飲んだ後のさわやかさ、フレッシュ感がフルーツに例えられます。

お店でもゲイシャは、酸味傾向のコーヒーとしてお客様にもおすすめしてます。

コーヒーの酸味は、果物、特に柑橘系の酸味と同じく、少し甘みを伴っています。

一般に珈琲は焙煎で味がかわり、ゲイシャ種などの浅煎り傾向のコーヒー豆では酸味が強くなっています。

焙煎が深くなるにつれて、酸味が減少し、逆に苦みが目立ってきます。

今回は、コーヒーの酸味を、ペーハー値で測ってみました。

ペーハーと言えば、液体の酸味度を測る計測器です。

ペーハー値7が中性です。それ以下の数値が高いと酸味傾向酸性。それ以上だとアルカリ性ということになります。

ちなみにお店の珈琲を淹れているお水は、日々変わりますが大体6,5~7,2でした。
ほぼ中性ですね。

コーヒーはお水の酸性度の影響も受けるといわれています。酸味の強いお水で淹れた珈琲は酸味傾向になるそうです。

浅煎り豆 コスタリカ・ゲイシャ  ペーハー3.9 

P1040749.jpg

オレンジのペーハーは3,8
ちなみにオレンジジュースのペーハー値3,2

P1040747.jpg

という事で、まさにゲイシャはオレンジの酸味と同じでした♪
なるほど!と思おう結果。

オレンジみたいな酸が、というのはまんざらでもないですね!

P1040748.jpg

P1040739.jpg

コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャ

期間限定のスペシャルティー珈琲です。
コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャ
P1040508.jpg
P1040509.jpg
P1040511.jpg
P1040510.jpg
P1040517.jpg
P1040518.jpg
P1040519.jpg
P1040520.jpg
P1040521.jpg

スペシャルティー珈琲であまりにも有名なゲイシャ種。

今回は、生産地 コスタリカ、タラス地域のサンロレンソ地区

標高1550㍍で育てられました。

生産処理は水洗式、ウォッシュドです。

綺麗で豊富な水に恵まれているカンデリーシャ農園。

古くからゲイシャ種の生産に取り組んでいる歴史のある農園です。

オレンジなどの柑橘フレーバーがとても爽やかで華やか。

ネルドリップで一杯 650円。

P1040523.jpg
P1040529.jpg
P1040530.jpg

器はフレーバーとマウスフィールをよく感じるこちらの九谷焼で提供致します。

五感で楽しむ贅沢珈琲です。(’-’*)♪

限定品なので、なくなる前に飲みに来て下さいね♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (269)
ネルドリップ (139)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (46)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (38)
ペーパードリップ全般 (315)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (97)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (376)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (4)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (61)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (392)
珈琲英語 (34)
カフェメニュー (79)
コーヒースイーツ (59)
カカオ (26)
加賀紅茶 (38)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (692)
金沢城公園・兼六園 (190)
陶芸家「小西みき」 (15)
彫刻家「木下輝夫」 (15)
華道家「草月流 栄波」 (60)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (131)
コーヒーとグラインド (55)
コーヒーと器 (11)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (20)
研修レポート (147)
珈琲祭展 (8)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (57)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

「パナマ・カルレイダ農園ゲイシャ」本日焙煎分にて今期終了 2015/01/29 新春にておすすめしていたスペシャルティコーヒー「パナマ・カルレイダ農園ゲイシャ」が本日焙煎分にて終了となります。希少品種、通常の定番メニューとは別に特別に用紙した珈琲メニューは、テーブル席にちょろっとたてポップとして掲示してあります。今回のゲイシャ種パナマカルレイダ農園についてはこちら↓ゲイシャで迎春珈琲最近テレビや雑誌、珈琲屋さんでブーム的な存在のゲイシャ種。日本の芸者を思わすインパクトある名前...
コーヒーの酸味~ゲイシャはオレンジ 2014/11/10 今日は、コーヒーの酸味を考えてみたいと思います。金澤屋珈琲店で提供しているコーヒーの中に、酸味傾向の豆があります。それは、スペシャルティコーヒーの「コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャ」ゲイシャ種と言えば、近年人気の世界的に有名は品種。その人気の秘密は何ともいえない風味特性があることです。例えていうなら、オレンジなどの柑橘系のフレーバーが連想されます。飲んだ後のさわやかさ、フレッシュ感がフルーツに...
コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャ 2014/10/30 期間限定のスペシャルティー珈琲です。コスタリカ・カンデリーシャ・ゲイシャスペシャルティー珈琲であまりにも有名なゲイシャ種。今回は、生産地 コスタリカ、タラス地域のサンロレンソ地区標高1550㍍で育てられました。生産処理は水洗式、ウォッシュドです。綺麗で豊富な水に恵まれているカンデリーシャ農園。古くからゲイシャ種の生産に取り組んでいる歴史のある農園です。オレンジなどの柑橘フレーバーがとても爽やかで華やか...

タグ

器具 焙煎 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
7位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター