2017-05

【雑誌でも話題の気になっていた!あの器具】―アメリカンプレスレビュー編①

【雑誌でも話題の気になっていたあの器具】―アメリカンプレスレビュー編①

初めての

「アメリカンプレス」


新聞の新商品ピックアップで初めて見て…ずっと気になり雑誌でも発見!

びっくりするほど価格が高い(^_^;)ので中々手に入れにくく…

ようやく試すことに。

その器具とはコチラ↓

DSC04553.jpg 

どこかで見た事ある!
と思いませんか?

よく家庭でも使われている

His_5_20170330213855d3f.jpg 

フレンチプレス
カフェプレス、ティープレス、メリオールなど色々な言い方のあるフレンチプレスのような

更に最近の流行のカフェで見られる抽出器具

earo_20170330213854a34.jpg 

エアロプレスのようにも見えませんか?


という事で、謎多きこの「アメリカンプレス」を探ってみました。


順番に謎解きを!


色々集めたくなる珈琲の器具
器具によって珈琲の味わい方が変わるって知ってましたか?

日本でコーヒーが親しまれ約150年。

家でも、外でも、お買いものシーンでも…どこでも珈琲が飲めるようになりました。

コーヒーは、お茶の文化の根強い日本でも今では一番に飲まれる欠かせない飲み物になりました。

そんな珈琲を街のいたる所で楽しむ場が増えていますが、一番落ち着いてゆっくり飲めるのはお家やオフィスといった日常的な場。


皆さんもお家で、オフィスでコーヒーを飲んでいるのではないでしょうか。
生活スタイルに合わせて

用途に合わせて
選びたい珈琲器具。

店の働いているスタッフに聞いても皆持っている道具が違う…カリタ式、ハリオ式、コーノ式、ステンレスフィルター…
更に沢山の種類の器具を収集するコレクターも。

日本では、ペーパードリップと言われる小型でシンプルな抽出器具が一番使われています。
家庭用珈琲器具の原点は、ペーパードリップ。

初めての方は、とりあえずペーパードリップから手始めに手を付けるといいかな❤と思います。

他には、喫茶店で見られるサイフォン、ネルドリップ、エスプレッソなど専門的な器具も使う方もいますね。

更に、若者層を中心に広がっている


シンプルな器具があります。


それが プレスする抽出器具。


プレスする抽出器具の特徴って何?


簡単で奥が深い
という事で大変注目度が高く人気も高まっている器具。

特徴としては
*豆本来の味を堪能できる
*コーヒーの粉とお湯を接触させ抽出する手軽さ
*ペーパーデ取り除かれてしまうコーヒーの油脂分が濾されず出てくるのが独特の質感と美味しさの秘密


が良い点として挙げられます。

日本では、コーヒーの美味しさを追求した高品質コーヒー、スペシャルティーコーヒーと言われるエリート珈琲豆を堪能する抽出方法として広まってきた抽出方法です。




で、実際にプレス式器具の種類は…?



先ほどもちらっとあげた


フレンチプレス コーヒーメーカー


エアロビ社のエアロプレス


そして新顔が日本上陸!
アメリカンプレス


の3兄弟。

フレンチプレスは、日本でもむかーしからありましたが、ここ最近のコーヒーの潮流にのって更に注目され、エアロプレスやアメリカンプレスといった個性ある器具まで登場しました。


スペシャルティーコーヒーは珈琲豆の中でもトップのクオリティーと個性を持っています。

雑味がほとんどなくないに等しく
素晴らしい酸味の個性がありふくよかなもの、いろいろな味がするほど評価が高く…
香りには、フルーツやお花、ナッツなど色々なものを感じることができます。

よく言われるのは、


珈琲なのに珈琲でないような香り、味わいを感じる…
初めて飲んだあじわい。

コーヒーの決まりきった印象をかえるそんな珈琲です。

豆本来の持ち味を堪能できるといわれるプレス式抽出方法は、そんなスペシャルティーコーヒーと共に日本でもどんどん広まっています。



むかーしからある
「フレンチプレス」ってどんな器具?


いろいろな名称がつけられ世界中で親しまれているように日は抽出器具として歴史が長い。もともと珈琲用に開発されました。

フレンチプレスの一般的な抽出方法は、粗挽きの粉をビーカーにいれ熱湯を注ぐ。約4分待ってブランジャーを押し下げて抽出完了。

粉の量、湯量、時間をきちっと図って手際を覚えれば
特に難しい作業がなく、誰でも同じように抽出できるのが特徴です。

簡単
手軽
でありつつ…。

豆の持ち味を堪能できます。


ので、美味しいコーヒーを選びましょう。

クオリティーの低いコーヒーや酸化したコーヒー、劣化した珈琲は、間違いなく全部出ちゃうので要注意。(^_^;)



フレンチプレスについて↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-1311.html


「エアロプレス」ってどんな器具?


エアロプレスと言えば、海外から日本へ入ってきた変わった器具 という印象がなんとなく強かった数年前。


ですが実際に使ってみると魅力がいっぱい。フレンチプレスとは似てますがもっともっと奥が深いマニアックな器具だな…と今では思います。

その理由は沢山!
*北欧のバリスタたちが使いこなしてますが実はアメリカ生まれ
*開発したのは、アメリカのエアロビ社。スポーツトイのメーカーです。
*フレンチプレスとは違い、抽出時に空気圧を利用します。短時間でも風味豊かなコーヒーが出来上がります。
*フレンチプレスは、微粉が入りやすく液体の色も濁りますが、エアロプレスは濾し器がついているためクリアで透明度が高く雑味が少ない。ざらつきもなく口当たりがマイルド。
*抽出時間、粉の量、粉の粗さ、圧のかけ方など研究によってはドリップのような味わいからエスプレッソのような濃厚なコーヒーまで作れる。

エアロプレスについて↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html




で、本題の新しい抽出器具
「アメリカンプレス」の特徴とは?


フレンチプレスとエアロプレスの中間のタイプと言われたりしているアメリカンプレス。

フレンチプレスに比べ抽出時間が短く、洗浄が楽というのがアメリカンプレスの特徴。

せっかちなアメリカ人らしい ともいうべき特徴。

器具を観察


各パーツを分解しました。


お湯をいれる本体
ステンレスフィルター付きの濾し器のついた粉用バスケット

プレスするブランジャー


DSC04560.jpg 

DSC04555.jpg


 DSC04554.jpg


DSC04556.jpg DSC04553.jpg

粉をいれるバスケット
DSC04559.jpg 
DSC04558.jpg 


20gいれるとちょうど良い大きさです。


DSC04557.jpg 

ではフレンチプレスよりも早く抽出できるアメリカンプレスを実演!


粗挽きの粉をセット。20g粗挽き。

DSC04563.jpg DSC04562.jpg

フィルターに粉をセットしたら、ブランジャーを取り付けます。

DSC04564.jpg

熱めのお湯をいれる。
DSC04565.jpg 


抽出開始。


DSC04566.jpg 

約2分半から3分ほどで抽出できるという事で沙時計をセット。


DSC04572.jpg 

DSC04567.jpg

プレスしていくと珈琲の抽出過程が…

DSC04568.jpg 

よーく見ると、粉が蒸らされて泡が出ているのがわかります。

微粉も入りにくいらしい。

DSC04569.jpg DSC04570.jpg DSC04571.jpg


DSC04574.jpg

一見、お湯と粉が分離しているので抽出されているとは想像つきません。
DSC04573.jpg 


DSC04575.jpg 


DSC04576.jpg 

最後までプレスして抽出完了。

上澄みをカップに注いで完成。


DSC04577.jpg DSC04578.jpg

DSC04579.jpg

見た目はやや濁ってます。


きらきらっとしたオイル分が浮いています。

 DSC04580.jpg

フレンチプレスで淹れた珈琲に似てますね。
やや思ったよりは味がしっかりしてます。

DSC04581.jpg 


本体に残っている底の方のコーヒーは、更に濁った液体でありざらつきを感じる微粉が混ざります。

上の方が美味しいかも。


DSC04582.jpg DSC04583.jpg

最後の方のコーヒーはコチラ↓
DSC04584.jpg 

ドリップしたコーヒーには程遠いですが。

コーヒーの個性を愉しむ方法としては
あり かもしれません。

DSC04585.jpg 

抽出後は、ブランジャーを外して粉のバスケットを取り除き、洗います。
掃除はフレンチプレスよりも楽でした。

DSC04586.jpg 

DSC04588.jpg DSC04589.jpg DSC04590.jpg DSC04591.jpg

DSC04592.jpg

味の決め手は、抽出する圧力のかけ方、つまり時間だといわれています。

蒸らしてからどれだけかけてプレスするのか…

色々比べてみると良いらしい…


*圧力がかかるので味はしっかりと出やすい
*短時間で味が意外に出る。
*ステンレス製フィルターで濾すので油分がたっぷり入り豆の持ち味が堪能できる。
*金属フィルターは繰り返し使えるのでエコ
*紅茶などにも使えるらしい。
*微粉や粉が通りにくい細かいメッシュ
*抽出時間をきっちり測れば、安定した味になる。

とはいうものの…

フレンチプレスに近い味わい。
劇的に変化 まではいかず
美味しいコーヒーで淹れた方が雑味や渋みもなく楽しめますね!

味は、フレンチプレスで
抽出時間が早く、片付けが楽 という事に。

スタッフも皆フレンチプレスと同じ??という反応でした。

アメリカ発 アメリカンプレス。

自然な速度で抽出するフレンチプレスは約4~5分時間がかかります。それに比べてやや圧力がかかりやすい構造になったアメリカンプレスは4^5分かけずに淹れられます。洗浄も楽!というのがアメリカ人の発想です。

ちなみに、試したコーヒーは

パナマのゲイシャやエチオピア、ブラジルなど…

DSC04594.jpg 

個性的な珈琲の方が楽しめました。

礎リップした珈琲とは違うので飲み比べも楽しいかもしれません。


噂のアメリカンプレス レビュー編でした!





























































カフェプレスと珈琲豆選び

珈琲にはいろいろな抽出器具あります。


先日紹介したエスプレッソ。


高温加圧短時間抽出 と通常の概念からはかけ離れた珈琲ですが、美味しい珈琲をきちんと抽出していれてくれた珈琲はとても美味しいもの。


ご自宅で使っている!とよく聞くフレンチプレス。








フレンチプレス、またはカフェプレスやメリオール…など色々な呼び名がございます。


珈琲とお湯を直接まぜそのままプレスして飲む珈琲は、他の抽出器具に比べとてもシンプルで簡単。洗うのに少々大変な面はありますが、器具の場所も取らず、家庭で珈琲を淹れる器具としてよく見かけるようになりました。


基本的には、カフェプレスでは粉とお湯を直接浸して時間をおき濾す。


濾し器には金属フィルターがついてますが、ペーパーよりも目が粗く粉が細かいと微粉が入り舌触りが悪くなります。反面ペーパーデ濾されるといわれているコーヒーオイル成分が濾されず、独特の「フレーバーやまったり感が甘みともいわれる味覚に変わり人気があるのも特徴です。


とても簡単なカフェプレス。


ですが、注意点は珈琲豆選び。

カフェプレスについて↓

フレンチプレスー安定波の薦め

焙煎後鮮度の良い新しいもの、素材のクオリティが良いものを選ぶことによって美味しさに明暗が出ます。


なぜならシンプルな淹れ方ゆえに珈琲の美味しい成分もそうでない成分も一緒に顔を出しやすいのです。素材そのものを味わう!という観点では、高品質のスペシャルティコーヒーとは相性がよく、カフェでもフレンチプレスで提供するお店もよく見かけます。



良い品質の珈琲でも保存状態が悪かったり、古くし酸化してしまった珈琲はその味の変化もダイレクトに味わってしまうので注意。

どんな珈琲でもいれれるのですが…格別に美味しいのは!



簡単で美味しく飲みたい、こだわって飲みたい方には、フレンチプレスでは、浅煎りの珈琲の個性が生かされたスペシャルティーコーヒーや、ストレートコーヒーがおすすめです。


金澤屋珈琲店では…。


幻の珈琲 コピルアック



エチオピア モカアリシャ



そして期間限定のスペシャルティコーヒー 今はタンザニアテンボテンボ農園。


中挽きから粗挽きの粉にふつふつと熱々のお湯を注いで浸漬。


香がなんといっても高い珈琲。


浅煎り珈琲は、他の珈琲よりも成分が多く粉の量はやや控えても味の輪郭ははっきりとします。なので少し減らしても美味しいかな…


と思います。(’-’*)♪

フレンチプレス。
いくらペーパーレスと言えども器具のお手入れで重要なのは、プレス部分の金属フィルターの消耗と抽出後の洗浄には気を付けたいものですね。

プレスする際の秘訣はゆっくりと優しく❗

珈琲がもっと美味しくなります!🌠

金属フィルターのみ、消耗後は交換しメンテナンスしましょうね。(*^^*)

カフェプレスとアイス珈琲

カフェプレス
珈琲の抽出器具の中でもとてもシンプルで、道具が沢山いらず、で知られている器具。

別名 メリオール、フレンチプレス、ティープレスなど呼び方がありますが、紅茶やコーヒーを入れる器具として昔からあるのです。

キッチン用品売り場、雑貨屋さんにもよく並んでいるので、皆さんもよく目にはしているでしょうか?

始まりは珈琲をいれる器具として出てきましたが、このシンプル構造で、紅茶にもよくつかわれるようになっています。

珈琲や紅茶は香りが強く、器具のステンレス部分に臭いが吸着しやすいので、もし使われるなら、どちらか専用にされることをおすすめします。

カフェプレスの抽出構造
簡単にいうと、珈琲の粉とお湯を接触させ、時間をおいて珈琲を作ります。
出来上がった珈琲は粉とお湯を分離させるのに、金属フィルターのついたプランジャーで圧縮して珈琲を抽出します。
粉は細かすぎると、沢山微粉が混じり、珈琲液も濁り、舌触りがざらつきます。
中挽きから粗挽きがおすすめ。
金属フィルターでプレスすることによって、粉と液を分離させますが、この際に、珈琲豆の油脂分が濾されず、抽出液に溶けだします。見た目はやや濁りますが、きらきらと油分がひかり、香りや旨みがそのまま珈琲に現れるのです。

と話すと、カフェプレスで淹れた珈琲は絶対的に美味しいそうですが…

実際は、珈琲豆の鮮度や、品質の良しあしがダイレクトに現れる淹れ方なので、ただ単に淹れるとコーヒーメーカーやペーパーのほうが美味しかった…(^_^;)となりがちです。

他の抽出器具のように珈琲の雑味や渋みがでないようにする淹れ方とは違い、シンプルに淹れる方法のため、珈琲の良しあしも出るということ、ですが、近年、珈琲豆の品質も良くなり、スペシャルティコーヒーと言われる、流通する珈琲の中でも高品質の豆にとっては、素材の持ち味がすべて出るため、プレスがとても美味しいといわれています。

スペシャルティコーヒーとカフェプレスはきっても切れない関係のようです。

確かに、個性のある珈琲は、カフェプレスで淹れるととても風味豊かに抽出されます。

今日は、スペシャルティコーヒーのコンゴキブをカフェプレスで淹れてみました。

ぐつぐつ沸騰したお湯を準備。



粉をセットします。

お湯をざーっと淹れてもいいのですが、細口ドリップポットで優しくお湯を注ぐと素直な味になりますよ。同じ湯量を注いでも圧をかけて注ぐのと、ゆっくり優しく注ぐのとでは、味にかなりの差が出ます。
ここは人それぞれ性格が出ますね。

カフェプレスの味を変える大きな要因は
珈琲の粉とお湯の接触時間。
浸漬時間の長短によって味が変わります。
また最後にプレスする時間は30秒ほどかけてゆっくりする頃で、珈琲の雑味が入りにくくなります。
出来上がった珈琲は、上部と底の下部では濃度の違いが出るので、別のサーバーに移し替えてもいいですね。

湯を注ぎ始めてからプレスが終わるまでに約4分かけました。湯を注ぐのに40~60秒かけます。
少し浸漬時間をとります。

速すぎず、長すぎず。





どうしても濁りますが、美味しい珈琲ほど、渋みがありません。
粉の量は1g=10㏄を目安に。
浅めの珈琲も、深めの珈琲も個性豊かに仕上がります。


アイスでコンゴを楽しみました。
見た目は濁るものの…

意外に美味しい。



最近の若い方が家のみ珈琲でよく使っているカフェプレス。
あまり難しい事を考えずに抽出できるのと、道具のシンプルさが人気だそうで。

アイス珈琲も作ってみました。

アイス珈琲はよく細かめに挽いた粉で…とは言いますが、カフェプレスは紙で濾さない分微粉が沢山入ります。
多少もったいなく手もいつもよりも粉を多めに使うか、抽出量を少な目にして濃いめに淹れる方が、上手くいきました。

シンプルな構造だけに、他のハンドドリップ抽出器具に比べ、渋みや雑味が珈琲に現れやすいカフェプレス。
おすすめは、
粉は粗挽き、たっぷり、高温で抽出。豆は品質の良いものほど美味しく…

軽やかで、爽やかな一杯ができますよ♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (257)
ネルドリップ (134)
カフェプレス (6)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (44)
サイフォン (18)
エスプレッソ (5)
アイス珈琲 (35)
ペーパードリップ全般 (308)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (92)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (333)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (2)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (53)
コピルアック (24)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (353)
珈琲英語 (32)
カフェメニュー (62)
コーヒースイーツ (53)
カカオ (26)
加賀紅茶 (29)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (672)
金沢城公園・兼六園 (185)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (122)
コーヒーとグラインド (52)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (31)
ドリップポット (19)
研修レポート (141)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (53)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
4位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター