2018-02

コーノ式フィルター虎の巻-31-「違う味を楽しみたい」

コーノ式フィルター虎の巻-31-「違う味を楽しみたい

 
 
毎日コーヒーをいれていると

たまに

おんなじ珈琲でも違った味にしてみたい…と

と思ったことはないでしょうか?

自分にとっていれやすく、楽しくコーヒーをいれる事が出来る器具…

見つけると

わくわくすると思いませんか?

色々チャレンジするならば、違うメーカーの器具を使って入れてみるのも一つの手段。

更にいつも愛用しているコーノ式フィルターには、他のメーカーにはない特徴があります!

それは、

「同じコーノ式フィルターでも色々なバリエーションがあること」

円錐形で一つ穴、リブの数は勿論同じです。

ですが、ただいま販売中のものは、名門で2タイプ 名人で1タイプ


名門はもともと玄人用に造られたもの。淹れ方もあるのですが、中々一般の人には難しく一般的にななってませんが、知る人ぞ知るフィルターであり、マニアには絶大なる人気となっています。

対して名人は、名門よりも少し価格も抑え、初めての方でも抽出をしやすいようにろ過孤立を上げた作りとなっています。
ゆえに、人それぞれの技量

このフィルターが自分の好みに合う!というのがあるのです。

店頭では3タイプ
詳しくいうと

コーノ(珈琲サイフォン社)
日本生まれ1973年 元祖円錐形
現在のサイフォンを開発した珈琲サイフォン社のペーパーフィルター。
珈琲好きの河野敏夫社長(2代目)が開発した円錐形フィルター。
ネルドリップの味わいを再現、プロや喫茶店向けにペーパーフィルターを開発したもの。
現在では、プロだけでなく一般に幅広く愛用されている。
進化し続けながら微妙に違う、様々なタイプのフィルターが販売されている。


ろ過器の構造:円錐形、短いリブ、底に小さな穴

「コーノ式円錐フィルター名門」
プロ向けに開発されたフィルター

ゆっくり注ぐ、早く注ぐ…
注ぐ速度をコントロールできる人向け。


drip4_m_20161201185835bd2.jpg 



「ドリップ名人」
初めての方でも味が出やすい構造

20150306223036123_20161201185838935.jpg 

「コーノ式円錐フィルター名門K」


KONO/コーノ名門「K」フィルター

「抽出方法」
液体をン長い時間ホールド出来る構造を利用し、蒸らしの際にちょっとずつ湯をしみこませることで豆本来の香り、味わいをより深くしっかりと引き出せる。抽出時間を長くする事でよりボリュームのあるコクを引き出せる。アクや雑味は比較的ろ過されにくい構造のためしっかり味は出るが渋みやえぐみはおさえらえる。

「味わいの特徴
3枚はぎで淹れるネルドリップに近い味わい。
浅入りから深煎り珈琲まで、円やかで甘みが出る。
後味はクリーン。


この3タイプです。





一番売れているのは、入手困難な「名門K」なかなか販売しているお店はありません。

更にこのフィルターの最大の特徴は、リブの短さ低さ。

つまり「とってもゆっくり濾過されます。」

ゆっくり濾すと味がしっかりと出る。薄まらない、水っぽくならない。
程よく雑味をセーブして淹れるまるで喫茶店の味わい。

コーヒーをいれる際に難しい湯量コントロール。
フィルターが調整をしてくれますよ。

そして、3タイプの中でも一人分が一番得意でございます。リブが短い分粉が少なくてもしっかりと湯をホールドしてくれます。


*3タイプの共通点*

新鮮なコーヒー豆は沢山炭酸ガスを含んでいます。
お湯を吸水する事によって放出され泡となって抽出時にでてきます。

炭酸ガスは、粉一粒一粒から沢山出てきます。

乾いた粉にいかに万遍なく湯をいきわたらせるか?で

味の方向性も決まってきます。

一般に、コーノ式フィルターどのタイプにも言えますが、コーノ式フィルターは、湯をホールドするのが得意です。

リブが短い事、フィルターの上部までついてないので紙とフィルターがしっかりと密着します。

ホールドする力は

まさにネルドリップ譲り

 

*コーノ式フィルター名門の特徴

もともとプロ用に考案されたタイプ。
同じ用に見えますが、何も考えないで注ぐと湯が早く抜けやすい構造となっています。

リブが長い

ぽたぽたゆっくりとコーヒーをいれるのが好きな方
点滴ドリップをされる方

淹れるのが慣れている人

に推奨します。

特に蒸らしをしないで沢山お湯を注ぐとあれれ?

水っぽい
ウィークな印象になります。

注ぐ技量おある方にお勧めしています。

*コーノ式フィルター名人

名門と比べとにかく安い。

ですが
紙、メジャースプーンもセットになってます。

嬉しいのですが、安いから美味しく淹れられない!?わけではなく

「おや、美味ししい!!」とびっくりしてしまいます。

同じ用にいれても
早く抽出が終わっちゃっても

味がしっかり特養も出てる。香りもいい。

価格も安くて美味しいなんて…

まさにオールマイティー

不思議なのは、構造の秘密?

家庭向けに改良された、名門の簡易版といわれ

よーく見ると

角度が広がっています。

同じ粉の量でも口広タイプだと、同じ抽出時間でも効率がよくなります。



リブが高い
ガスの抜けを効果的にし、短時間で蒸らしをし、味を出しやすくしています。

時間がかかりすぎず

偏った味が出にくい。

苦味酸味甘みのバランスの良さが魅力的です。

名人には4人用サイズもあります。店では、量を淹れる際には、名門よりも名人を使う事が多いですね。

名門だと4分5分は過ルークかかっちゃって待ちきれない なんて事あります。

名人は、早いのです!

となると

せっかちさんには名人!?なんて組み合わせもいいかも(^_^;)

とにかく名人は、たまに使ってますが、やっぱり使いやすいな の一言。

一人分を淹れるなた名門K

点滴ドリップ派は、名門

お客様にもおすすめしてます!

お客様にも変化のある味わいをと言われ、フィルター事の特徴をお話しました。

コーノ式器具を好きな方は、コレクターも多いです。

色々なタイプを使って楽しんでいるんですね!

やっぱり珈琲好きの為のフィルターです。







【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ

【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ

連休もあっという間に過ぎ去り
つかの間の陽気で今日はお店では、紅葉を楽しむ方で賑わっていました。


オレンジ
黄色

今日の色は…

 

今日も素敵な一日に感謝。

「コーヒーは自分で淹れるより人にいれてもらった方が美味い」

というように
コーヒーは家でも飲めますが、
外で飲むコーヒーは格別。
その時間とお金を費やして楽しむひとときはやはり欠かせない

という人も多いのではないでしょうか?
リラックスした
休日のコーヒータイム。

私たちのようなお仕事は、やはりそんな休日の週末にお客様が多くいらっしゃり、

求められる商売だと感じています。

色々と美味しいコーヒーのコツありますが
金澤屋珈琲店では、コーヒーをいれる際のむらしと2回目の注ぎにこだわりを持って抽出しています。

今日は、そんなペーパードリップのコツをピックアップ!

 

ペーパードリップをするうえで大切な道具

「ドリップポット」です。

自分の手にあった淹れやすいポットを使う事でぐぐっと珈琲は美味しくなります。

色々なドリップ名人さんの遣っているポットもいいですが

ポット選びはどう淹れるかによっても使い勝手が変わります。

昔ながらのドリプポットは、ネルドリップでいれる事を前提に造られているものが多いと言われています。

ネルドリップとペーパードリップのドリップするうえでの大きな違いは

ペーパードリップの場合は、ドリッパーを持ちながら淹れませんが(^_^;)



ネルは基本的に
手で持ちながら淹れますね。(大きななるは、櫓にセットして淹れますが)

 

手で持ちながら淹れるネルドリップでは、お湯が落ちる位置をコントロールしやすいのです。

傾けたり、高さをかえたり…

対して

 

ペーパードリップでは、サーバーの上にのったドリッパーに

狙ったところへお湯を注ぐ。

湯量を調節する

お湯を注ぐ、コントロールするのが

慣れないうちはとっても難関

今でも私は、ネルドリップの癖が残っているので、ドリッパーを持ってしまったりする事がありますが(^_^;)

とりあえず
憧れるポットもありますが、

サイズ、重さ
注ぎやすさ

自分の技量にあったドリップポットが必要です。

私は、女性ゆえに実は重たいものを持つと疲れます。

仕事では、大きなドリップポットを持って仕事をしてますが、普段は、抽出量に合わせた小さなドリップポットを愛用してます。

タカヒロポットは、注ぎやすく軽いのでお気に入り。

愛用しているのは、一番小さな0.5㍑サイズ




でも憧れるのは、

「コーノ特別仕様ドリップポット―ユキワM-5」

yukiwakonoa_201711051856051bc.jpg

入手困難であり、ただいま広口は、店頭で残り1点限りとなりました。
細口タイプは、残り数点。
昔から人気のあるプロ仕様のドリップポットです。

 

そして、人にドリップを教える時に
使いやすいのは、
「金澤式ドリップポット」 0,6リットルサイズ

 金澤式ドリップポット

意のままに綺麗に静かに注げるこちらのポット。

安定感が抜群。

今日はそんな金澤式ポットを使用してドリップを部分解説します。

コーヒーの抽出は、不思議ですが同じ量を注いでも
乱雑にあらく注いだものは、やはり味が…

やさしくやさしく丁寧に注ぐと
あまくソフトな味わいになる。

★高い位置から注ぐ
★やかんのように太く注ぐ

はNGです。
【注ぎ始め―息を止めて(~_~;)緊張する瞬間】
低い位置から粉の表面にのせるようにそそぐ
粉の表面が隠れる程度にそそぐ
紙、ペーパー側に直接お湯をそそがない

むらし

[広告] VPS

【その後コーヒーの様子を伺いましょう!―こんにちは、コーヒー豆さん今日の気分は!?】
コーヒーは、毎日、その時事に変化します。
同じようにいれても毎日同じようにならないのです。
最初にそそいだ湯で粉がどのように膨らむのか、湯が粉に浸透するのか様子をうかがいましょう。
むらしの目安となる湯量は、粉と同じだけの水分と言われています。
がそれ以上に必要な時もあります。
膨らみきった所で乾いた部分に充填。
一度目にそそいだ湯でしっかり湿っているときは、そのままで。

新鮮なコーヒー豆ほど、コーヒー豆から出る炭酸ガスが多く、蒸らしの際の膨らみ具合、湯のはじき具合も大きくなります。

ガス抜きは、コーヒーの味だしに必要な作業。
焦らずゆっくりと。


続き

[広告] VPS

【そろそろ、粉が温まって、抽出の準備完了―長すぎず、短すぎず見極めが必要。ここが抽出のタイミングというピタリとした瞬間に!!】
ここからがお湯を断続的に注いで成分をろ過する作業です。
蒸らしの後の1回目は、一番濃厚なコーヒーのだしがとれます。
うまみがたっぷりと
ここでろ過されるコーヒーは真っ黒な液体。
美味しそうな香りと共に溶け出します。

注水のコツは、細くゆっくり。
中心から円状にまわしかけます。
太く早く注ぐと粉が浮かんでしまい
コーヒー全体の味わいがみずっぽくなる原因になります。


1回目の注水

[広告] VPS

【コーヒーは、一度に抽出量を注ぐより、数回に分けた方が味が出る!-ので一旦休憩】
ドリッパー内にたまった湯がろ過されるのを待ちます。
待ちますが、落ち切ったらNG。
コツは、水位が3分の1くらいになったころ。
もう一度素子ぎ始めます。
落ち切ったら、すべての味が落ち切ります。濃いだけではなく余分な味も出きってしまいます。

抽出の後半戦。
自然とろ過の速度が速くなるのを感じるはず。
ろ過速度と注ぐ速度は合わせると安定します。

2回目の注水

[広告] VPS

【これで最後です。最後は、濃厚なコーヒーを濃度調整。雑味をださずに抽出量になったらドリッパーを外すべし!】

最後の注水です。
サーバーの目盛を見ながら、もう少しかな…と考えているうちにあっという間に適量に達します。

あっという間
濾過速度も速いので、
余分な味が一緒に落ちちゃう前にストップ。

ドリッパーの中に湯がたっぷり残ってても外しましょ。

抽出完了。

終盤

[広告] VPS

連続再生するとこんな感じです。↓

[広告] VPS


【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ♪でした。


人気の「金澤式ドリップポット」×「コーノ式名門K円錐フィルター」


10月も最終日
年の瀬まで残すところ2か月。
早いものですね。

今月はこんなにもこもこの緑だった大手掘り

DSC07585.jpg

がこんなに秋らしく…



なる位に
季節が進みました… 

綺麗ですね。

良き季節となり
沢山のお客様にご来店して頂きました。

ありがとうございます。

10月は色々あった…そう思いませんか?
  
「10月1日コーヒーの日」


中秋の名月観賞会



利家とまつ金沢城リレーマラソン秋の陣

そして秋雨の中の「金沢マラソン。

皆の国民的イベントとなった
「ハロウィン」


大きなイベントが盛り沢山でしたね。

想い出のアルバムが沢山増えたのではないでしょうか

10月の終わりに
入荷した品切れ中の「金澤式ドリップポット」(特別加工品)

入荷したのですが、即完売!
しちゃうほど
すごい人気です。

68s_201710301226387f3.jpg 

注ぎ口
温度計
持ち手など

ちょっとした工夫で
他のドリップポットにはないいい持ち味があります。

加工して下さっているのは

著書「コーノ式かなざわ珈琲」で知られている

金澤政幸氏

本は、図書館に並ぶほどの人気であり
写真
説明
わかりやすい

とにかくコーヒー初心者でもわかりやすく

美味しいコーヒーとは?
が解説されています。

著書の中で珈琲を淹れている金澤氏。

勿論珈琲が好きであり
淹れるのが好き
淹れてあげるのが好き
教えるのが好き

な温かい方です。そのせいかドリップポットに仕込まれた細工は、まさにドリップコーヒーの悩みを解決してくれる逸品。

私も「マイ金澤式ポット」を持っています。

勿論大切に使っています。
そんな金澤氏
現在の活動は、実は東京の世田谷区にて
「かなざわ珈琲」を営業してます。
(4月までの営業ですが、現在も続けてます!)
~自家焙煎「かなざわ珈琲」世田谷店~営業中
詳しくはコチラ↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2379.html

入荷しても即完売する
人気のポット
「金澤式ドリップポット」×

金澤屋珈琲店で愛用中の

「コーノ式円錐フィルター」を使ってレビュー。

konok2green_20171030123811c1a.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (281)
ネルドリップ (149)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (47)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (38)
ペーパードリップ全般 (333)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (102)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (4)
自家焙煎珈琲豆 (422)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (6)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (67)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (12)
季節の喫茶メニュー (421)
珈琲英語 (38)
カフェメニュー (89)
コーヒースイーツ (67)
カカオ (33)
加賀紅茶 (38)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (746)
金沢城公園・兼六園 (216)
陶芸家「小西みき」 (15)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (65)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (139)
コーヒーとグラインド (56)
コーヒーと器 (12)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (21)
研修レポート (157)
珈琲祭展 (9)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (65)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (10)
珈琲ギフト (5)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (1)
金澤散策 (2)

月別アーカイブ

Blogsharelink

コーノ式フィルター虎の巻-31-「違う味を楽しみたい」 2018/01/15 コーノ式フィルター虎の巻-31-「違う味を楽しみたい」   毎日コーヒーをいれているとたまにおんなじ珈琲でも違った味にしてみたい…とと思ったことはないでしょうか?自分にとっていれやすく、楽しくコーヒーをいれる事が出来る器具…見つけるとわくわくすると思いませんか?色々チャレンジするならば、違うメーカーの器具を使って入れてみるのも一つの手段。更にいつも愛用しているコーノ式フィルターには、他のメーカー...
【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ 2017/11/06 【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ連休もあっという間に過ぎ去りつかの間の陽気で今日はお店では、紅葉を楽しむ方で賑わっていました。赤オレンジ黄色今日の色は… 今日も素敵な一日に感謝。「コーヒーは自分で淹れるより人にいれてもらった方が美味い」というようにコーヒーは家でも飲めますが、外で飲むコーヒーは格別。その時間とお金を費やして楽しむひとときはやはり欠かせないという人も多いのではないでしょうか?...
人気の「金澤式ドリップポット」×「コーノ式名門K円錐フィルター」 2017/10/31 10月も最終日年の瀬まで残すところ2か月。早いものですね。今月はこんなにもこもこの緑だった大手掘りがこんなに秋らしく…なる位に季節が進みました… 綺麗ですね。良き季節となり沢山のお客様にご来店して頂きました。ありがとうございます。10月は色々あった…そう思いませんか?  「10月1日コーヒーの日」 中秋の名月観賞会 利家とまつ金沢城リレーマラソン秋の陣そして秋雨の中の「金沢マラソン。」皆の国民的イベ...

タグ

ネルドリップ 焙煎 金沢シャッターガール 兼六園 福袋 ゲイシャ  コーヒーセール 金箔珈琲 器具 いけばな 金沢マラソン トースト ドリップバッグ 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
6位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター