2017-11

【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ

【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ

連休もあっという間に過ぎ去り
つかの間の陽気で今日はお店では、紅葉を楽しむ方で賑わっていました。


オレンジ
黄色

今日の色は…

 

今日も素敵な一日に感謝。

「コーヒーは自分で淹れるより人にいれてもらった方が美味い」

というように
コーヒーは家でも飲めますが、
外で飲むコーヒーは格別。
その時間とお金を費やして楽しむひとときはやはり欠かせない

という人も多いのではないでしょうか?
リラックスした
休日のコーヒータイム。

私たちのようなお仕事は、やはりそんな休日の週末にお客様が多くいらっしゃり、

求められる商売だと感じています。

色々と美味しいコーヒーのコツありますが
金澤屋珈琲店では、コーヒーをいれる際のむらしと2回目の注ぎにこだわりを持って抽出しています。

今日は、そんなペーパードリップのコツをピックアップ!

 

ペーパードリップをするうえで大切な道具

「ドリップポット」です。

自分の手にあった淹れやすいポットを使う事でぐぐっと珈琲は美味しくなります。

色々なドリップ名人さんの遣っているポットもいいですが

ポット選びはどう淹れるかによっても使い勝手が変わります。

昔ながらのドリプポットは、ネルドリップでいれる事を前提に造られているものが多いと言われています。

ネルドリップとペーパードリップのドリップするうえでの大きな違いは

ペーパードリップの場合は、ドリッパーを持ちながら淹れませんが(^_^;)



ネルは基本的に
手で持ちながら淹れますね。(大きななるは、櫓にセットして淹れますが)

 

手で持ちながら淹れるネルドリップでは、お湯が落ちる位置をコントロールしやすいのです。

傾けたり、高さをかえたり…

対して

 

ペーパードリップでは、サーバーの上にのったドリッパーに

狙ったところへお湯を注ぐ。

湯量を調節する

お湯を注ぐ、コントロールするのが

慣れないうちはとっても難関

今でも私は、ネルドリップの癖が残っているので、ドリッパーを持ってしまったりする事がありますが(^_^;)

とりあえず
憧れるポットもありますが、

サイズ、重さ
注ぎやすさ

自分の技量にあったドリップポットが必要です。

私は、女性ゆえに実は重たいものを持つと疲れます。

仕事では、大きなドリップポットを持って仕事をしてますが、普段は、抽出量に合わせた小さなドリップポットを愛用してます。

タカヒロポットは、注ぎやすく軽いのでお気に入り。

愛用しているのは、一番小さな0.5㍑サイズ




でも憧れるのは、

「コーノ特別仕様ドリップポット―ユキワM-5」

yukiwakonoa_201711051856051bc.jpg

入手困難であり、ただいま広口は、店頭で残り1点限りとなりました。
細口タイプは、残り数点。
昔から人気のあるプロ仕様のドリップポットです。

 

そして、人にドリップを教える時に
使いやすいのは、
「金澤式ドリップポット」 0,6リットルサイズ

 金澤式ドリップポット

意のままに綺麗に静かに注げるこちらのポット。

安定感が抜群。

今日はそんな金澤式ポットを使用してドリップを部分解説します。

コーヒーの抽出は、不思議ですが同じ量を注いでも
乱雑にあらく注いだものは、やはり味が…

やさしくやさしく丁寧に注ぐと
あまくソフトな味わいになる。

★高い位置から注ぐ
★やかんのように太く注ぐ

はNGです。
【注ぎ始め―息を止めて(~_~;)緊張する瞬間】
低い位置から粉の表面にのせるようにそそぐ
粉の表面が隠れる程度にそそぐ
紙、ペーパー側に直接お湯をそそがない

むらし

[広告] VPS

【その後コーヒーの様子を伺いましょう!―こんにちは、コーヒー豆さん今日の気分は!?】
コーヒーは、毎日、その時事に変化します。
同じようにいれても毎日同じようにならないのです。
最初にそそいだ湯で粉がどのように膨らむのか、湯が粉に浸透するのか様子をうかがいましょう。
むらしの目安となる湯量は、粉と同じだけの水分と言われています。
がそれ以上に必要な時もあります。
膨らみきった所で乾いた部分に充填。
一度目にそそいだ湯でしっかり湿っているときは、そのままで。

新鮮なコーヒー豆ほど、コーヒー豆から出る炭酸ガスが多く、蒸らしの際の膨らみ具合、湯のはじき具合も大きくなります。

ガス抜きは、コーヒーの味だしに必要な作業。
焦らずゆっくりと。


続き

[広告] VPS

【そろそろ、粉が温まって、抽出の準備完了―長すぎず、短すぎず見極めが必要。ここが抽出のタイミングというピタリとした瞬間に!!】
ここからがお湯を断続的に注いで成分をろ過する作業です。
蒸らしの後の1回目は、一番濃厚なコーヒーのだしがとれます。
うまみがたっぷりと
ここでろ過されるコーヒーは真っ黒な液体。
美味しそうな香りと共に溶け出します。

注水のコツは、細くゆっくり。
中心から円状にまわしかけます。
太く早く注ぐと粉が浮かんでしまい
コーヒー全体の味わいがみずっぽくなる原因になります。


1回目の注水

[広告] VPS

【コーヒーは、一度に抽出量を注ぐより、数回に分けた方が味が出る!-ので一旦休憩】
ドリッパー内にたまった湯がろ過されるのを待ちます。
待ちますが、落ち切ったらNG。
コツは、水位が3分の1くらいになったころ。
もう一度素子ぎ始めます。
落ち切ったら、すべての味が落ち切ります。濃いだけではなく余分な味も出きってしまいます。

抽出の後半戦。
自然とろ過の速度が速くなるのを感じるはず。
ろ過速度と注ぐ速度は合わせると安定します。

2回目の注水

[広告] VPS

【これで最後です。最後は、濃厚なコーヒーを濃度調整。雑味をださずに抽出量になったらドリッパーを外すべし!】

最後の注水です。
サーバーの目盛を見ながら、もう少しかな…と考えているうちにあっという間に適量に達します。

あっという間
濾過速度も速いので、
余分な味が一緒に落ちちゃう前にストップ。

ドリッパーの中に湯がたっぷり残ってても外しましょ。

抽出完了。

終盤

[広告] VPS

連続再生するとこんな感じです。↓

[広告] VPS


【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ♪でした。


人気の「金澤式ドリップポット」×「コーノ式名門K円錐フィルター」


10月も最終日
年の瀬まで残すところ2か月。
早いものですね。

今月はこんなにもこもこの緑だった大手掘り

DSC07585.jpg

がこんなに秋らしく…



なる位に
季節が進みました… 

綺麗ですね。

良き季節となり
沢山のお客様にご来店して頂きました。

ありがとうございます。

10月は色々あった…そう思いませんか?
  
「10月1日コーヒーの日」


中秋の名月観賞会



利家とまつ金沢城リレーマラソン秋の陣

そして秋雨の中の「金沢マラソン。

皆の国民的イベントとなった
「ハロウィン」


大きなイベントが盛り沢山でしたね。

想い出のアルバムが沢山増えたのではないでしょうか

10月の終わりに
入荷した品切れ中の「金澤式ドリップポット」(特別加工品)

入荷したのですが、即完売!
しちゃうほど
すごい人気です。

68s_201710301226387f3.jpg 

注ぎ口
温度計
持ち手など

ちょっとした工夫で
他のドリップポットにはないいい持ち味があります。

加工して下さっているのは

著書「コーノ式かなざわ珈琲」で知られている

金澤政幸氏

本は、図書館に並ぶほどの人気であり
写真
説明
わかりやすい

とにかくコーヒー初心者でもわかりやすく

美味しいコーヒーとは?
が解説されています。

著書の中で珈琲を淹れている金澤氏。

勿論珈琲が好きであり
淹れるのが好き
淹れてあげるのが好き
教えるのが好き

な温かい方です。そのせいかドリップポットに仕込まれた細工は、まさにドリップコーヒーの悩みを解決してくれる逸品。

私も「マイ金澤式ポット」を持っています。

勿論大切に使っています。
そんな金澤氏
現在の活動は、実は東京の世田谷区にて
「かなざわ珈琲」を営業してます。
(4月までの営業ですが、現在も続けてます!)
~自家焙煎「かなざわ珈琲」世田谷店~営業中
詳しくはコチラ↓
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2379.html

入荷しても即完売する
人気のポット
「金澤式ドリップポット」×

金澤屋珈琲店で愛用中の

「コーノ式円錐フィルター」を使ってレビュー。

konok2green_20171030123811c1a.jpg

【急増中♪】―若きドリップ学生たちが揃ってそろえる道具3選♪

【急増中♪】―若きドリップ学生たちがまず、そろえる道具3選

1日雨の金沢
しっとりとした紅葉が窓際から

 

「10月1日はコーヒーの日」

街角で、いたる所で目にする
可愛い可愛いコーヒーツール

思わずパッと足を止めて…
衝動買い

なんていう若者が増えています。

 

お店の週末のスタッフは、大学生がメインです。

コーヒーマニアも入ってきますが…

珈琲を知らずして店に入り

興味はなくとも…

「謎解き形式のカッピング」



1杯ずつオーダーごとに抽出する「ペーパードリップ」

 

見ているせいでしょうか

静かに店のスタッフの中でも珈琲男子や珈琲女子が増えつつ…

「道具を一式そろえた」

という話題で最近は、楽しんでいます!

 たまに聞く
「ドリップ男子」「ドリップ女子」でしょうか!

意味的には、ちゃんとこだわって家で珈琲を淹れている男子や女子

「ドリップ男子」に始まり
女子にも広まりつつ…

そしてお店にも急増しています。

ただ単に家で淹れるのではなく…

かなり凝ってます。
いつの間に!?とこちらも思うほど(^_^;)
特徴としては…

★コーヒー豆にこだわる
★必要な道具はそろえている
★コーヒーをいれる事が好き
★コーヒーを淹れてあげる事に喜びを感じている
★淹れ方にはこだわっている

あなたの周りにもいませんか?


「道具を一式そろえた」
まずそろえる道具3選

とりあえず

「コーヒーミル」



コーヒー豆は、淹れる前に挽く!が
ドリップ男子の鉄則!



お湯を注いでぷっくりと美味しそうに膨らむ。

これぞ「ドリップの醍醐味」

ちなみに…手動タイプが手始めに人気です。
ごりごりっと
時間はかかりますが

部屋中にいい香り
癒しの音

コーヒーミルには、手動から電動まで様々なタイプのものが販売されています。

色々ありますが、基本的に必要な知識は

「自分の使う器具に合わせたコーヒー豆のメッシュ(粗さ)がある」 という事です。

更に、一歩二歩ドリップにはまると…

「自分の好みのテイストにするコーヒー豆のメッシュ(粗さ)がある」
という事に気が付きます。

もっともっと知りたい方ははコチラ↓

「コーヒーミルを手にいれたら…」
http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2581.html




そして
「ドリッパー」と「ペーパー」に「サーバー」


つまりドリップ用品




「ドリッパー」って何?

色々なタイプがありますが、抽出を左右する
粉をろ過するもの

ドリッパーと呼んだり
フィルターと呼んだり

各メーカーごとに形状、リブ、穴の数など構造の違いがあります。

カリタ
メリタ
コーノ
ハリオ

が一番多いかな…

それでも見た目でかわいいって選んじゃったっていう話も。

ドリッパーには、キュートな材質でたまに衝動的に欲しくなるものありますね。

そして
選んだドリッパーにあった「ペーパー」

 つまり「紙フィルター」です。

kono_set_kr_2017102920225034c.jpg 

ドリッパーのサイズに合わせて使って下さいね!

「サーバー」

っていうのは、ろ過されたコーヒーを受ける器です。

一般に目盛のついたガラス製のサーバーが多いですね。

1杯分であれば、そのままマグカップにのせて

他にもメジャーカップなどでも代用は可能ですがお家に一つはあると便利なので一緒にそろえておくと良いですね。

ドリッパーと同じメーカー品であれば、セットしてもがたつきなくフィットします。

他社同士や大きさの違うものであれば、口径を確認してから購入しましょう。

多い杯数であれば、やはりサーバーはあると便利。

淹れる杯数分の目盛がついたもの

どれだけ淹れたかわかる 容量目盛がついたもの

透明であれば、抽出中の珈琲の色や音、ろ過状況が確認できます。

ドリッパーについて詳しくは↓

【コーヒー歳時記】⑲さじ加減とドリッパーの関係


http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2205.html


これ必須↓
「細口ドリップポット」
一番高いけどこれマスト!!

ペーパードリップでやっぱり淹れるからには

「美味しく淹れたい」

「かっこよく淹れたい」

なんて喫茶店のマスターを見ながら憧れた事はありませんか?

使い込んだ細口ドリップポット

どこに売ってるのか?わからないくらい使用感があって

重そうですが使いこなしている姿



高いけど欲しいな…

というのが
「細口ドリップポット」

yukiwakonoa_20171029203652d68.jpg  
ドリップ初心者も

1万円以上もするポットを手に入れて
最初から名人級の注ぎ

という位ポットで注ぎが変わります。

特にステンレス製のドリップポットは、冷めにくく持ちがよく永く使えるので人気です。


DSC03100.jpg


おすすめドリプポット選びはコチラ↓
【とっておきの器具】細口ドリップポットの紹介

http://kanazawayahonten.blog.fc2.com/blog-entry-2289.html


以上

つまり

「コーヒーミルとドリップ用具にドリップポット」

これがマスト。
家庭でもカフェと同じように…
ワンランク上の珈琲タイム

店の学生さんたち

目も口もこえてるのね…
でも
いいとこ目につけてます。
一度揃えれば、永く使えるので間違いなし!

 







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (271)
ネルドリップ (140)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (47)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (38)
ペーパードリップ全般 (323)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (101)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (393)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (5)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (62)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (402)
珈琲英語 (38)
カフェメニュー (82)
コーヒースイーツ (62)
カカオ (26)
加賀紅茶 (38)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (708)
金沢城公園・兼六園 (200)
陶芸家「小西みき」 (15)
彫刻家「木下輝夫」 (16)
華道家「草月流 栄波」 (62)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (133)
コーヒーとグラインド (56)
コーヒーと器 (11)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (20)
研修レポート (155)
珈琲祭展 (9)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (64)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (9)
珈琲ギフト (5)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ 2017/11/06 【ピックアップ!!】―ペーパードリップのコツ連休もあっという間に過ぎ去りつかの間の陽気で今日はお店では、紅葉を楽しむ方で賑わっていました。赤オレンジ黄色今日の色は… 今日も素敵な一日に感謝。「コーヒーは自分で淹れるより人にいれてもらった方が美味い」というようにコーヒーは家でも飲めますが、外で飲むコーヒーは格別。その時間とお金を費やして楽しむひとときはやはり欠かせないという人も多いのではないでしょうか?...
人気の「金澤式ドリップポット」×「コーノ式名門K円錐フィルター」 2017/10/31 10月も最終日年の瀬まで残すところ2か月。早いものですね。今月はこんなにもこもこの緑だった大手掘りがこんなに秋らしく…なる位に季節が進みました… 綺麗ですね。良き季節となり沢山のお客様にご来店して頂きました。ありがとうございます。10月は色々あった…そう思いませんか?  「10月1日コーヒーの日」 中秋の名月観賞会 利家とまつ金沢城リレーマラソン秋の陣そして秋雨の中の「金沢マラソン。」皆の国民的イベ...
【急増中♪】―若きドリップ学生たちが揃ってそろえる道具3選♪ 2017/10/31 【急増中♪】―若きドリップ学生たちがまず、そろえる道具3選1日雨の金沢しっとりとした紅葉が窓際から 「10月1日はコーヒーの日」街角で、いたる所で目にする可愛い可愛いコーヒーツール思わずパッと足を止めて…衝動買いなんていう若者が増えています。 お店の週末のスタッフは、大学生がメインです。コーヒーマニアも入ってきますが…珈琲を知らずして店に入り興味はなくとも…「謎解き形式のカッピング」1杯ずつオーダーごと...

タグ

兼六園 器具 焙煎 トースト 金沢マラソン 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター