2017-07

ハリオ式ドリップレビュー③浅煎り

ハリオ式ドリップレビュー③浅煎り珈琲


円錐形と特徴的なスパイラル状のリブが液体の流れをコントロールします。


粉の層が深くなる円錐形に加え、湯が滞留しすぎずろ過できる構造。素早く注ぐとゆっくり注ぐ のコントロールがしやすいハリオ式ドリッパーは、注ぎ手や注ぎ方、他使用する紙の影響などを受けるという事を前提に使うと自分好みのテイストにアレンジがききます。


特に浅煎りの珈琲はゆっくりと味を出すと時間がかかりすぎ表に出なく手もいい味が出やすいので、早い抽出が向いています。
蒸らし:ハリオで淹れるとこのふくらみが思わず美味しそう…と見とれてしまいます。


 

深煎りよりも浅煎り珈琲は水分が多く残り、粉が重たいのです。


重たい粉は中々浮かずにどんどん沈んでいきます。味が出る前に沈むと勿体ない!


高いお湯で早めに味を取り出す方が効率が良いのです。



今回は、コットンフィルターを使用したので、思ったよりはゆっくりとろ過が進みました。




わずか2分弱 


浅煎りの香りがふわっと漂い、特徴的なジューシー感や果実味が出ていました。コクやボディ感といったストロングな印象もうけました。


個性的な味がしっかりと出ているのでお好みは分かれるかもしれません。明るい、いきいきした酸味 が よく出ていました。ちょっと濃いめになったので、薄めに淹れてもよかったな… 味を効率よく取り出せるのかもしれません。が、豆の雑味も隠れながらでていました。珈琲のポテンシャルがかなり出やすいので、珈琲はできるだけ鮮度がよくいいもので淹れる事をおすすめします。


気になる微粉などを取り除くといいかもしれませんね。


ハリオ式で浅煎り珈琲レビューでした。

[広告] VPS

スペシャルティコーヒーとハリオ

コーヒーは、産地によって、また人の手によってくわえられた精製方法によって、焙煎によって、抽出によっても味が変わります。


今日は、珈琲の中でも高品質で評価の高いスペシャルティコーヒーを淹れます。


「コスタリカ ブラックハニー」 お店で提供中の珈琲です。ハリオV60ドリッパーは、従来の扇形のドリッパーとは違い大きな一つ穴と上部まで伸びたスパイラルリブがあります。ネルドリップの構造により近づけたといわれているこのドリッパー。


トップバリスタの方、カフェなどでも使用され、日本の家庭でも浸透しつつある人気のドリッパーです。


この形状とリブによって作られる味わいは十人十色。 同じ淹れ方はあるのだろうか? と言う位皆さん色々な淹れ方をしています。


珈琲豆によっても淹れ方をかえたりと工夫しやすいのもこのドリッパーの特徴です。


今日は、京都のとあるコーヒーショップで紹介されていた淹れ方で淹れてみました。


(レシピ)


豆15g 細かめにひく


水:250g(50g+50g+150g)


抽出時間目安2分50秒 


①まず最初にペーパーをセットしお湯通し


②サーバーに落ちたお湯は捨てます。


③粉15gをいれます。表面を平らにする。








④最初の注水は50g そして30秒蒸らす。












⑤2回目の注水も50g入れ30秒蒸らす




⑥円を描くように100秒かけて残りの150gのお湯を注ぎ続けます。










⑦最後まで落とし切って完了




抽出はいたってシンプルです。


粉の量に対して注ぐ量が多いのですが、いろいろな味や香り成分を含んだスペシャルティの繊細な味が広がりました。


ややライト。ですが、コスタリカの生き生きした酸味がスキット出てきました。


酸味の明るさ、香り かなり個性が光る抽出です。これはびっくり!



ペーパーを濡らしてドリップ通常は、ペーパーを濡らすとリブとペーパーが密着し、ガスの抜けの効率が変わるためおすすめはしませんが、短時間で粉とお湯を浸漬状態にしやすく、落ちるろ過速度も変わりました。


最後にドリッパー内の湯を落とし切るのも、良い豆ならではの淹れ方です。


渋みや雑味の少ないスペシャルティコーヒーは、最後の一滴も美味しい。


粉は、かなり細かめにしました。


決め細かな白い泡が沢山で、抽出効率が上がりましたが、苦みも少なく飲みやすい珈琲となりました。


こんな淹れ方もいいね。


何が嬉しいかと言うと、シンプルかつ簡単という事。スタッフもお気に召し!


まだまだ知らない抽出の世界があるのだと実感しました・・・・(^^)

ハリオ式ドリップレビュー②1杯分

















ハリオ式ドリッパー
円錐形ドリッパー 大きな1つ穴と 上部までうねりながらしっかり伸びたスパイラルリブ

珈琲の粉の層が深くなる円錐形に加え、上部まで伸びたリブで蒸らしの際にガスが抜けやすく早く落ちやすい。
時間をかけて抽出する際に出る渋みが出にくい構造となっています。

ガラス機器メーカーハリオ。
ガラスの王様玻璃王から由来するハリオ。

今ではすっかり珈琲ツールが盛り沢山ですが、おしゃれで見た目にもかわいく、耐久性のある調理器具も沢山あるので知らない内に使っている方も多いと思います。

扇形タイプよりも粉の層が深く上から注いだお湯が中心に向かって流れやすい構造です。
抽出は早いですが、意外に味はしっかりと出ます。

注ぎ手の好みや癖がそのまま味に影響するので、毎回味がかわりやすいのです。

蒸らし 少量の湯でしばらく蒸らします。ペーパーには直接湯をかけないようにしましょう。
 
 
珈琲にお湯が浸み込み、ガスが抜けていきます。
最初の一滴がポタリポタリと抜けていきます。

 

やや濃い目

 
スパイラスリブがドリッパーとの間に隙間を造りガスがすいすい抜けているのがわかります。
 
ドリッパー側ぎりぎりまでお湯を注ぐと、珈琲の雑味が出やすいので注意します。


最初は、一点から落ちていた湯も、抽出中は、このように、底の大きな穴に伸びるリブからもお湯が落ちています。

蒸らしの後は、数回に分けて抽出量までお湯を注ぎます。
ドリッパー内にはアクの付着した泡が浮いています。ドリッパー内の液体はすべて落とし切らないように抽出。



ドリッパー内にお湯を一気に注ぐと薄めに仕上がり、泳がない程度に5~6回小刻みに注ぐと濃いめに仕上がります。

 

きっと好みですね。松崎が淹れるとなんでも濃いめにストロングになっちゃいますが(^_^;)

2分かかってもないのにかなりストロングでした。効率がいいですね。

コク、苦み もでてました。酸味も深めにでています。速くて味はしっかり 1人分のハリオ式。
*ちなみに、今回は粉を細挽きで検証してます。
 

↓ いつも珈琲が薄くなる、水っぽいという方は一度お試しください!きっと、いつもよりしっかり、喫茶店やカフェで飲む味 になりやすい!と言えます。


[広告] VPS

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (263)
ネルドリップ (137)
カフェプレス (6)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (45)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (36)
ペーパードリップ全般 (312)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (95)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (355)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (2)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (56)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (371)
珈琲英語 (33)
カフェメニュー (71)
コーヒースイーツ (55)
カカオ (26)
加賀紅茶 (33)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (680)
金沢城公園・兼六園 (189)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (127)
コーヒーとグラインド (53)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (19)
研修レポート (141)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (53)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

Blogsharelink

ハリオ式ドリップレビュー③浅煎り 2015/12/23 ハリオ式ドリップレビュー③浅煎り珈琲円錐形と特徴的なスパイラル状のリブが液体の流れをコントロールします。粉の層が深くなる円錐形に加え、湯が滞留しすぎずろ過できる構造。素早く注ぐとゆっくり注ぐ のコントロールがしやすいハリオ式ドリッパーは、注ぎ手や注ぎ方、他使用する紙の影響などを受けるという事を前提に使うと自分好みのテイストにアレンジがききます。特に浅煎りの珈琲はゆっくりと味を出すと時間がかかりすぎ...
スペシャルティコーヒーとハリオ 2015/12/05 コーヒーは、産地によって、また人の手によってくわえられた精製方法によって、焙煎によって、抽出によっても味が変わります。 今日は、珈琲の中でも高品質で評価の高いスペシャルティコーヒーを淹れます。 「コスタリカ ブラックハニー」 お店で提供中の珈琲です。ハリオV60ドリッパーは、従来の扇形のドリッパーとは違い大きな一つ穴と上部まで伸びたスパイラルリブがあります。ネルドリップの構造により近づけたといわれ...
ハリオ式ドリップレビュー②1杯分 2015/12/02 ハリオ式ドリッパー円錐形ドリッパー 大きな1つ穴と 上部までうねりながらしっかり伸びたスパイラルリブ珈琲の粉の層が深くなる円錐形に加え、上部まで伸びたリブで蒸らしの際にガスが抜けやすく早く落ちやすい。時間をかけて抽出する際に出る渋みが出にくい構造となっています。ガラス機器メーカーハリオ。ガラスの王様玻璃王から由来するハリオ。今ではすっかり珈琲ツールが盛り沢山ですが、おしゃれで見た目にもかわいく、耐...

タグ

器具 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター