FC2ブログ

2019-06

【コーヒーの木栽培日誌】―真夏日続きで日焼け

【コーヒーの木栽培日誌】―真夏日続きで日焼け

20190526152043335.jpg

店内で紅花を発見


紅花栄(べにばなさく)

紅花と言えば、紅色の占領や食用油をとるために栽培されているもの。


古代エジプトから染料として利用されてきたようです。

日本では古くは、万葉集に登場しています。


別名「末摘花」(すえつむはな)

橙色のお花は、次第に濃い紅色に変化します。


夏の風物詩

とも言われる紅花

今が旬のお花です。


店内でも発見!!

この時期のお花なんですね。


野外で、育て始めたコーヒーの木です。


20190526151147707.jpg


まぶしい太陽にあおられて

新たな葉っぱがすくすく増えております。


20190526151144700.jpg


こちらのやせ細った珈琲の木たちも

若々しい新芽がふさふさ


20190526151136539.jpg


葉と葉の間からにょきっと。


20190526151108675.jpg


新芽が出ております。


20190526151104744.jpg


毎日どれだけ成長しているか

見るのが楽しみに。

20190526151101571.jpg


このところ30℃越えで

暑い日ばかり。

少し日焼けをしています。(^_^;)


20190526151058533.jpg


コーヒーの産地では、コーヒーの木よりも大きな木でシェードツリーをするようです。

直射日光は((+_+))


20190526151054658.jpg


テラスの下の日陰で

この夏育ててみようと思います。


すくすく育ちますように。


20190526151028960.jpg


看板やぼんぼりをつけて

夏仕様になっています。


20190526151040834.jpg


看板も赤く

目立つようにしました。


20190526151045654.jpg


金沢城公園黒門口入口です。

ブラッキーという看板が目印


20190526151050269.jpg


ご来店お待ちしております。

【コーヒーとお酒】―ゲイシャコーヒー酒

【コーヒーとお酒】―ゲイシャコーヒー酒

果実酒

漬け込む季節になってきました。

コーヒーもお酒に漬け込むと

濃厚なコーヒー酒ができるのを知ってましたか?


私も個人的にお酒が好きゆえに

コーヒーとお酒を合わせて楽しむことがあります。


濃厚なコーヒー × ビア


濃厚なコーヒー × 焼酎


の他に


ウィスキーとコーヒー


たまりません。


お酒でコーヒーを抽出する!!という発想から

日本酒

ウィスキー

ブランデー

色々合わせてコーヒー酒を作ることができます。


コーヒー豆選び

×

漬け込むお酒選び

千差万別の組み合わせてコーヒー酒を作ることができます。


まずは基本的に知っておくこと!!




*準備するもの*


保存容器(透明で広口が良い)

コーヒー豆

ホワイトリカー(焼酎甲類)無味無臭のピュアな焼酎 又は 35%ブランデーベースリキュール 
など
他アルコール度数25%以上のもので。


お好みで氷砂糖 


いたってシンプルです。

氷砂糖を入れて作る場合は、作っている環境の温度によっては、溶けにくいこともあるので、たまに降ったりしてよくなじませましょう。



*漬け込み期間*

深煎りコーヒー豆 約2週間~3週間 お好みで

その他の焙煎豆は、約1か月ほど

20170615193431574.jpg 




*漬け込む比率*

色々ありますが、簡単に

コーヒー:お酒:=1:9

ホワイトリカー1,8リットルならば

コーヒー豆180g

リカー1.8㍑

氷砂糖は、入れすぎると後で修正できないので(^_^;) コーヒー豆の量よりも少な目がいいかとは思います。

ちなみに、個人的には、砂糖を入れずに作る方が多いです。

色々なアレンジができるので。

後でシロップなどで甘みをつけることができるので迷う方は、甘みなしでいいと思います。



*仕込み方*

①煮沸熱殺菌、アルコール殺菌などした密閉容器を準備

②氷砂糖、コーヒー豆、お酒をいれる。

③そのまま蓋をして涼しい場所で熟成させる。

④瓶に造った日付、何を使用したかメモをつけておく。(後で便利)

⑤3週間ほどして出来上がったら珈琲豆を取り出す。(苦みが強くなりすぎないように)

とまあ、大体ここまでは一般的なコーヒーリキュールの作り方。

珈琲好きは、もう一歩踏み込んでみよう!


知っておくと面白い!「珈琲豆選び」


DSC02852_20170619082256c25.jpg 

珈琲酒に向いている・向かないコーヒー豆とは?

基本的に、浅煎りコーヒー豆よりも深煎りコーヒー豆の方が向いていると言えます。

*浸透する時間が早く

*深煎りの方が、雑味や渋み成分がぬけよりスッキリと

*浅煎り珈琲豆では、珈琲豆のチャフ と言わる渋みのもとが入りやすい

粉にしてつける場合もありますが、液体と粉を分けるのが大変です。

豆のまま、用意してつけましょう。

そんなリキュールにお勧めの珈琲豆

①中深煎り~深煎りの珈琲豆

②焙煎してから時間がたってない鮮度が良いコーヒー豆

(美味しいコーヒーの賞味期間内焙煎後1か月以内)

③好きなコーヒー豆や産地別のストレートコーヒー豆でオリジナルの個性的な風味が生まれる。

酸味の多い豆、苦みの多い豆
色々選んで試してみましょ。

DSC01844_201706190822559ec.jpg 

今年初のコーヒー酒
コーヒー豆は、最高級のものを。
なんと希少品種
「エチオピアのゲイシャ種」を使用。
20190523191203267.jpg

こんなに浅煎りは初めて。
味が出るかな…

エチオピアのゲイシャ種には、フルーツの味が沢山
レモン、オレンジ、マンゴー
バナナのような甘さ
綺麗な酸味
香り
甘さ
20190523191158798.jpg
色々人によって感じ方が違いますがコーヒーの苦みがなく
固定概念を覆すコーヒーです。

そんなゲイシャの個性を生かすには…!
お酒も控えめに…
今回選んだお酒は4代スピリッツの2種。
カクテルのベースに使われる
ウォッカ と ラムを使用しました。
20190523191155049.jpg

ウォッカとラムと言えばスピリッツと言われるお酒です。

お酒が苦手な方でも飲みやすい
カクテルに色々使われているんです!

たとえば人気のジントニック
はジン とトニック から作られています。

カクテルの代表には
ジン
ウォッカ
テキーラ
ラム
の4種があり
4代スピリッツと言われる蒸留酒です。
ジンは大麦、じゃがいも、ライ麦などを原料 鋭い切れ味と香り
ウォッカも大麦、じゃがいも、ライ麦が原料 癖がなくまろやか

テキーラは、サボテンやアロエに似た植物が原料です。
ラム酒は、サトウキビです。甘みがありコクも強く

今回は、ウォッカとラムです。
ウォッカが癖がなく
ホワイトラムの方は少し甘みがある。
いずれもクリアでコーヒーを挽き立てそうな予感。

ウォッカは、SKYウォッカを。
ラム酒は、ホワイトラムのBRUGAL
半日でこの位コーヒー色に。

20190523191142972.jpg

2週間はかかるかな…
初めてのゲイシャ酒。
贅沢ですね。
♪(/・ω・)/ ♪

どちらが美味しいかな。

20190523191146524.jpg

楽しみです。
出来上がったら、また報告いたします!!




【コーヒーの木栽培日誌】-コーヒーの木ミニが仲間入り

【コーヒーの木栽培日誌】-コーヒーの木ミニが仲間入り

5月初夏の陽気で気持ちよいお天気が続いていますね🎵

冬の間

店内で育てていたコーヒーの木を外へ

安心して出せる気候になりました。

コーヒーの木✨

コーヒーは毎日のように飲みますが、植物から採れる種子と言うこと

皆さんその生態を知ってますか?

コーヒーノキ

アカネ科コフィア続の常緑樹。
アカネ科の植物の種子を播いて作られます。
コーヒーノキは寒さにとっても弱く熱帯から亜熱帯の生産国のコーヒー農園で栽培されています。
そんな適正な気候の産地では、順調に育って種を植えてから約3年で実をつけるようになります。
その後、年に1回、または数回白い花を咲かせ、赤いサクランボのような実をつけます。
その見た目から、コーヒーチェリー または コーヒーベリーと言われています。

日本では、3年たっても日照量や環境が違うため、実は中々つきませんが、花が咲くまでにじ5~6年はかかります。
白い花が咲き、ジャスミンのいい香りが漂います。その香りを嗅ぐとなんとも言えないほど幸せな気分になります。初めて嗅いだ時はなんていい香りだろうと感動しました。珈琲は、実のなる前からいい香りがする。 なんとすごい植物なのでしょうか。
20160114_105700.jpg 20160114_112758_20160225200332581.jpg 20160114_111616.jpg 20160114_114810.jpg 20160114_112901.jpg 20160114_115210_20160225200429e09.jpg 
その後、結実することもあり、希少ながら珈琲豆を手に入れる事もできます。(飲める量ではないでしょうが(^_^;))

赤いチェリーは、熟すと甘酸っぱく食べられます。ただし、果実とは言っても中には大きな種が入っているので少ないのです。
その種! こそがコーヒーの豆 なのです。 コーヒーのチェリーから採れる種子こそが私たちの飲んでいる珈琲の原料です。

100均で見つけたコーヒーの木らしき植物。

観葉植物

とだけ書かれていました。

かわいかったので思わずゲット✨

成長期の夏に育つように

鉢植えを替えました。

新芽も出てきました👌

大きくなりますように❗

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (6)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (326)
ネルドリップ (163)
カフェプレス (8)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (58)
サイフォン (19)
エスプレッソ (17)
アイス珈琲 (43)
ペーパードリップ全般 (371)
ペーパードリップ―カリタ式 (24)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (14)
ペーパードリップ-コーノ式 (128)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (66)
ペーパードリップ紙のお話 (5)
自家焙煎珈琲豆 (510)
コーヒーと健康 (17)
コーヒーとお水 (20)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (7)
シングルオリジンコーヒー豆 (15)
スペシャルティーコーヒー豆 (77)
コピルアック (26)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (14)
季節の喫茶メニュー (529)
珈琲英語 (42)
カフェメニュー (163)
コーヒースイーツ (79)
カカオ (33)
加賀紅茶 (43)
スタッフブログ (65)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (844)
金沢城公園・兼六園 (280)
陶芸家「小西みき」 (17)
彫刻家「木下輝夫」 (17)
華道家「草月流 栄波」 (68)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (53)
コーヒー器具 (152)
コーヒーとグラインド (58)
コーヒーと器 (18)
コーヒーと保存 (33)
ドリップポット (22)
研修レポート (166)
珈琲祭展 (10)
各種競技会 (40)
日本カフェ巡り (72)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (19)
珈琲ギフト (11)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)
ひがし茶屋街 (2)
金澤散策 (4)
看板 (1)
コーヒーバッグ (10)
上海レポート (13)
缶コーヒー (2)
カフェインレスコーヒー (2)
コーヒーセミナー (1)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【コーヒーの木栽培日誌】―真夏日続きで日焼け 2019/06/18 【コーヒーの木栽培日誌】―真夏日続きで日焼け店内で紅花を発見紅花栄(べにばなさく)紅花と言えば、紅色の占領や食用油をとるために栽培されているもの。古代エジプトから染料として利用されてきたようです。日本では古くは、万葉集に登場しています。別名「末摘花」(すえつむはな)橙色のお花は、次第に濃い紅色に変化します。夏の風物詩とも言われる紅花今が旬のお花です。店内でも発見!!この時期のお花なんですね。野外で、...
【コーヒーとお酒】―ゲイシャコーヒー酒 2019/06/09 【コーヒーとお酒】―ゲイシャコーヒー酒果実酒漬け込む季節になってきました。コーヒーもお酒に漬け込むと濃厚なコーヒー酒ができるのを知ってましたか?私も個人的にお酒が好きゆえにコーヒーとお酒を合わせて楽しむことがあります。濃厚なコーヒー × ビア濃厚なコーヒー × 焼酎の他にウィスキーとコーヒーたまりません。お酒でコーヒーを抽出する!!という発想から日本酒ウィスキーブランデー色々合わせてコーヒー酒を作るこ...
【コーヒーの木栽培日誌】-コーヒーの木ミニが仲間入り 2019/06/05 【コーヒーの木栽培日誌】-コーヒーの木ミニが仲間入り 5月初夏の陽気で気持ちよいお天気が続いていますね🎵 冬の間 店内で育てていたコーヒーの木を外へ 安心して出せる気候になりました。 コーヒーの木✨ コーヒーは毎日のように飲みますが、植物から採れる種子と言うこと 皆さんその生態を知ってますか? コーヒーノキ アカネ科コフィア続の常緑樹。 アカネ科の植物の種子を播いて作られます。 コーヒーノキは寒...

タグ

ネルドリップ 兼六園 かき氷 コーノ 贈り物 金箔珈琲 アイスコーヒー ゲイシャ 新元号 平成 ドリップバッグ 台風 金沢マラソン  コーヒーノキ カニ解禁 クリスマス 新年度 立冬 コーヒーの日 ハワイコナ 水出しコーヒー 兼六園,桜、花見 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
9位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター