2017-08

【石川県初出店!】―新規Open「むさしの森珈琲 金沢入江店」

【石川県初出店!】―新規Open「むさしの森珈琲 金沢入江店」

石川県 金沢市入江
に初出店となる
「むさしの森珈琲 金沢入江店」が開店しました。
住所:金沢市入江2丁目89
℡:076-292-4114
営業時間:7:00~23:00
駐車場&ランチあり

比較的大通りであり、朝と夕方に渋滞する道路沿い。
通勤で使う大きな道路に面し、店舗を建てている時からかなり目立っていました。

私の周りでも大きな建物に何ができるのだろう…と噂が(^_^;)

「むさしの森珈琲」
と看板が上がった時には、あまりなじみのない名前でしたが
石川県では初出店のチェーン店のようでした。

ファミリーレストランで有名なすかいらーくさん系列でした。
全国展開しているようで
他に、東京、埼玉、神奈川、香川、富山、石川、岐阜…

石川県初
金沢市郊外で大きな駐車スペースを設けた広いカフェレストラン 

ファミリー、個人客、女性層、若者…
通勤前のモーニングタイムに営業されているのも嬉しいですね。

2017年8月9日開店
お盆頃は、相当朝から込み合っていたようですね。
新店と言えば新しいもの好きの金沢っこが多いので少し落ち着いてそうな時間にお邪魔してきました。

駐車所
広くてとめやすい。出やすい。


夕方5時過ぎ

喫茶では、少し落ち着いた時間
夕飯前と夕飯を作る主婦層が帰る時間です。

駐車場は広いですが8割は埋まってました。がその割に店内には、3割程度の席の埋まり加減。
これは、一人1台なのか…席数よりも先に駐車場が埋まりますね。きっと。

入口店内へ


店内は広い空間ですが、うまく仕切られ周りの人が気になりにくいレイアウト。
木や木の小物が店内あちらこちらに展示。
優しいトーンでまとめられています。

椅子はソファー。
低めのテーブル。
主に2人客が多いのか4人掛けと2人がけがメインでした。

一人客用カウンターもありました。

女性目線では、男性よりも女性が入りやすい印象。

木目もやや浅目の色合いで柔らか。

これは、いったん入ると長い(^_^;)しそうな雰囲気。
せかせかした人はいませんでした。(時間帯もモーニングでないからかもしれません)

席は、案内されますが、混雑時でなければ、おそらく好きな席に座らせてもらえそうです。



2人がけのテーブル席に。
ソファーでした。

テーブルには、呼び出しブザー
メニュー
砂糖、塩
食事用のスプーン、ナイフ、フォークなどの備品に紙ナプキン
取り皿!?らしきお皿もあらかじめすべてセッティングされていました。

色々小さなテーブルに沢山おいてありましたが、忙しいと持ってくのを忘れるからですね。
うまくコンパクトにまとめられ、ごちゃごちゃっとした印象はありませんでした。

テーブルに座って、店内はきれいだな…と思いつつ
足元に何か?と思えば
前のお客さんが落としたおしぼりとその袋が思いっ切り落ちてました。

同業者目線でいえば
これは
片づけは足元も大事ですね。

スタッフ対応


席に着くと定員さんがお冷とおしぼりを持ってきてくれました。
特に説明は、なく
そのまま一旦去り…

オーダーがきまってからブザーを押すとすぐにオーダーをとりに来てくれました。

コーヒーとロコモコプレートそしておすすめのパンケーキを注文しました。

珈琲はオーダー時に、ミルクがいるか聞かれます。
飲み物は先にお持ちします。とすぐに出てきました。

ブレンド珈琲をチョイス。
フードをオーダーしたので、300円で飲めました。
20170818080257796.jpg 

20170818080306803.jpg 

フードは980円位
ドリンクは300円
パンケーキはノーマルタイプで580円
全て税抜です。
20170818080249223.jpg 

20170818080245618.jpg 

デザートと食事と珈琲を頼みましたが(^_^;)

先にフードを食べたかったのでしたが
珈琲
デザート
最後に食事が出てきました。

この辺は、不親切でしたね。いつ出すかなんてタイミングは向こうの都合のいいようで。
出せるものから出せ のようで。

珈琲は、深煎りダークローストのブレンドでした。

ブレンド珈琲1杯400円
マグでたっぷりと出てきます。

最初は、ブラックで最後はミルクをいれて飲みました。

1杯ずつハンドドリップで淹れてくれるメニューは
カリタのウェーブドリッパーを使用しているようです。

20170818080332806.jpg
おすすめは
有機レインフォレストエチオピアの珈琲
コロンビア・スプレモ
キリマンジャロAA 

1杯ずつは580円(税抜)
つまり税込627円

普通にしっかりと値段はとりますね。

ケーキはパンケーキ
デザートはパフェ
食事に
珈琲のメニューは多く、エスプレッソメニューもありました。
本当の意味でのファミレスよりも圧倒的にメニュー数は少ないのですが、メニューも写真付きでわかりやすく
多く見える。ですが飲み物が多くフードやデザート系は少ないですね。

ワインやビールもあり
ちょっとした夜の時間に入っても嬉しいですね。

テイクアウト

テイクアウトメニューがありました。
珈琲、エスプレッソメニューなど
300~400円代が多かったですね。
比較的安価。
20170818080301076.jpg 

20170818080252828.jpg
店内飲食するとお持ち帰り珈琲がなんと1杯200円。
店内でごはん食べて珈琲は持ち帰り もありですね。
20170818080315356.jpg

20170818080340797.jpg 

20170818080346864.jpg 

お手洗い


お手洗いは、男性、女性、そして車いすの方用に別に設けられていました。

広く女性のお手洗いは更に2つ。

自動で石鹸、お水、乾燥のついた洗面場。
気が利いてます。
ちょっとした備品もありそれも良し。

本や雑誌、新聞もあり。

くつろぎと食事がてらいきやすい珈琲店ですね。

開店が早く夜遅いのも嬉しい点です。
定員さんは、所処まだ不慣れでしたが、開店したばかりでまだ慣れないのでしょう。


会計

会計は、飲食後にします。テーブルで席に伝票があります。
入口にレジカウンターがあるのでそこで会計を。

電子マネーとクレジット、現金など。

クレジット会計で、不慣れなスタッフがいてここで最後にレジ待ち。(笑)

入口には、器具や珈琲豆販売もされています。

カリタウェーブドリッパー
沙時計
珈琲豆100g販売
ゼロジャパンのおしゃれなティーポット
主婦層が思わず欲しいと思うようなデザイン性の高いものが販売されています。

さすがすかいらーくさん、チェーン展開しているだけあり総合的に良かった…
味や接客を追求するのとは別の意味で
色々な方のニーズを取り入れ幅広いお客様層向けに合った店づくり が

よくできている、まとまっていると思います。

他の似たチェーン店よりも細かな点を工夫されているかな…と思います。

待ち時間の紙には、混雑した時間がうかがえる待ちリスト。
15組ほど…
一番忙しいのはランチからカフェタイムでしょうか?
12:00~16:00

これは、郊外で…流行る予感…
一回行きましたが、また機会あれば行こうかと思います。
という気分になったので、そういう人がきっと多いかもしれません。

恐るべしチェーン店。
カフェもニーズが広がりつつありますね。
色々勉強になりました。


「むさしの森珈琲」ショップサイト↓
http://mmcoffee.jp/shop.html

【公式インスタ始めました♪】― #美味しいコーヒーが飲める

【公式インスタグラム始めました♪】― 
#美味しいコーヒーが飲める


Instagram 事 インスタグラム
通称 インスタ


フェイスブックやツイッターに並び流行つつ

皆さんもきっと楽しんでいる事と思います。

最近、お客さまの投稿も目立ち…

若い学生バイトさんに習いつつ(^_^;) 
金澤屋珈琲店 公式 インスタグラムサイトを立ち上げました。

宜しくお願いします!

基本的に言葉よりも写真を楽しむ世界規模のソーシャルネットワーク。

お店にしていただいたお客様の実際の投稿写真が
とてもお店の宣伝になってくれています。

どうもありがとです

10代、20代のお客様
海外のお客様が

インスタの写真を見せて
之が飲みたい。

美味しいコーヒーが飲みたい❗

DSC04106.jpg


ネルドリップコーヒー


 DSC04068_20170622185949778.jpg

コーヒーは、ネルドリップメニューが反響が大きいです。

夏の新メニュー
 
エスプレッソ トニック

 DSC05126_20170622190458e10.jpg

そしてデザートの帝王と言えば!
お松のパフェ

DSC05251_201706221902382cd.jpg 

このメニューが食べたい…

若いお客様にどうやってお店見つけたりするのか聞いてみたら

検索にはハッシュタグ を使うらしい。

金沢へ旅行ならば

#金沢カフェ
#金沢ごはん

など検索。

写真で気になったメニューをクリックして店を探すそうです。

ホームページや他の情報サイトからでは見えにくい リアルで臨場感あるコミュニケーションツールとなっているんですね。

お店でとった写真を沢山のせて頂いているのに最近気が付きましたが

なんだか
とっても嬉しかったですね。

一生けんめい提供したメニューをきれいに撮って頂き

最近多い写真のコミュニケーション。

金澤屋珈琲店の公式インスタでは

皆さんが一番気になる 
ドリンクメニュー
デザート
そして
四季折々楽しめる いい眺め
いい瞬間

をとらえて情報発進してまいります。
そうそうインスタ投稿で割引などたまにキャンペーンできるといいな
と考えております。

写真1枚で「店に来たい!」と
「飲んでみたい!」と
思わせるワンショットを。

毎日写真を撮るのが日課ですので…
より多くの皆様にも楽しんでいただけたら幸いです。

今後も宜しくお願いします。






 


謎だらけのダッチコーヒー

 謎だらけのダッチコーヒー

皆さん、 「ダッチコーヒー」って何か知ってますか?
喫茶店やカフェで目にすることもあるかもしれません。

別名 水出しコーヒー と言うと大半の人がわかるでしょうか。

それでもダッチコーヒーと言えば

英語でDucth coffee

つまり、直訳するとオランダのコーヒーです。

オランダのコーヒーと言う訳ですが、実際には、お湯ではなくお水で時間をかけて抽出したコーヒーを指します。
DSC06446.jpg 

喫茶店でこんな機械を見た事はないですか?
まるで理科の実験のような機械は、ダッチコーヒーのマシーン。


水だし器といったりウォータードリップマシーンと言われています。

上部に特殊な珈琲濾過器を持ち、下部に貯水タンクを持ったコーヒーポット。
上から冷水を一定の間隔で規則正しくぽたぽたっと注ぐことができます。


良質な豆の成分が時間をたっぷりかけて抽出されます。高率の濃度と香気を放ち愛好者がとっても多いのです。


ダッチコーヒーと言うので、オランダ人が関係している?開発した?と
思いますが(^_^;)

実際にはオランダでは、このような器具、抽出方法すら??…
不思議なことに知らない人、一般的ではないといわれています。

DSC06453.jpg

おそらくダッチコーヒーと言われる理由…
その昔…オランダ領インドネシアでは、苦味やえぐ味の強いロブスタ種のコーヒーが栽培されていたため、水による抽出法が考案されたと言われています。美味しくない珈琲を美味しく飲む手段だったのですね。

つまり、お湯だと抽出されてしまう、コーヒーの苦み、渋み、えぐみ…がお水だと少なく円やかになるのですね。

その味わいは
カフェインが少なく刺激成分が少なく美味しい。
スッキリしているのに深いコクがある。
酸化もしにくい(冷蔵庫での保存がきく)など


と聞くと、皆さん一度は飲んでみたい!と興味がわくのですね。

時間と手間もかかり、製造量は毎日限られます。

お水と言えどもしっかりと粉を使い抽出をしています。
お店では、他のアイス飲料よりも価格はややハードルが高めに。


DSC06443.jpg



DSC06449.jpg

喫茶店の水だし珈琲の最大の魅力は


実際のこの演出とムード。


水だし珈琲ってなんですか?と聞かれながら傍にこんなに雰囲気のいい器具があります。

リアルに特別な印象を受けながら、オーダーはやはりよく入りますね。お店でしか味わえない。
 DSC06442.jpg

水だし器と言えば、業務用から家庭用まで様々なものが販売されています。


安価なものは、直接粉とお水を浸して濾すものが多く

高い器具になればなるほど、このように点滴でお水を落とせる機械が目立ちます。

 DSC06455.jpg

「ウォータードリップマシーン」

抽出量の目安 : 10gで100cc
100gで1000cc
粉の粗さ:細挽き
抽出時間:5~6時間

抽出手順はいたってシンプル。粉をセットし、少量のお水で粉全体を湿らせて抽出を開始。

抽出の初期段階は、点滴速度は1^2秒間に1滴

抽出の終盤は、点滴速度を1秒間に1滴
最初ゆっくり後々早く! です。

 DSC06454.jpg 

水だし珈琲の味わいの最大の特徴は、コーヒーのえぐみ渋みといった嫌な味わいがほとんど出ず、スッキリとした珈琲を味わう事が出来るという事です。更にその美味しさが長持ちするのも嬉しい点。

勿論、この大きなマシーンを使わずともお水と粉を直接漬け込んで濾しても水だし珈琲は作れます。
が、同じ水だし珈琲でも濃度感、味のバランス、すっきり感は
点滴のダッチマシーンがやはり一番美味しい。

コーヒー豆の個性がいきるダッチマシーン。

色々試しましたが、ここまで繊細に奥深い味がさせるのはやはり焦らずゆっくり落とせる点滴ダッチマシーンありき。
氷なしで飲むとまるでブランデーや洋酒のような高濃度の香がお口に広がります。

 


店内で提供中です。

水だし珈琲のメニュー

水だしコーヒー極みブレンド
アイスカフェオレ極み
琥珀美人
金箔珈琲…




色々あります。

ぜひ飲みにいらしてくださいね。














NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

コーヒーギフト (1)
珈琲と抽出検証 (67)
ネルブリューワーネルっこ (267)
ネルドリップ (137)
カフェプレス (7)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (46)
サイフォン (18)
エスプレッソ (6)
アイス珈琲 (38)
ペーパードリップ全般 (315)
ペーパードリップ―カリタ式 (22)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (97)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (65)
ペーパードリップ紙のお話 (3)
自家焙煎珈琲豆 (362)
コーヒーと健康 (11)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (3)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (59)
コピルアック (25)
コンビニコーヒー (9)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (385)
珈琲英語 (33)
カフェメニュー (74)
コーヒースイーツ (58)
カカオ (26)
加賀紅茶 (38)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (684)
金沢城公園・兼六園 (190)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (14)
華道家「草月流 栄波」 (59)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (129)
コーヒーとグラインド (54)
コーヒーと器 (10)
コーヒーと保存 (32)
ドリップポット (20)
研修レポート (142)
珈琲祭展 (7)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (54)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (8)
珈琲ギフト (4)
コスタリカスペシャルティコーヒー (5)
センティニアルブルボン (1)
ペーパードリッパーフラワードリッパー (3)

月別アーカイブ

Blogsharelink

【石川県初出店!】―新規Open「むさしの森珈琲 金沢入江店」 2017/08/20 【石川県初出店!】―新規Open「むさしの森珈琲 金沢入江店」石川県 金沢市入江に初出店となる「むさしの森珈琲 金沢入江店」が開店しました。住所:金沢市入江2丁目89℡:076-292-4114営業時間:7:00~23:00駐車場&ランチあり比較的大通りであり、朝と夕方に渋滞する道路沿い。通勤で使う大きな道路に面し、店舗を建てている時からかなり目立っていました。私の周りでも大きな建物に何ができるのだろう…と噂が(^_^;)「むさ...
【公式インスタ始めました♪】― #美味しいコーヒーが飲める 2017/08/19 【公式インスタグラム始めました♪】― #美味しいコーヒーが飲めるInstagram 事 インスタグラム通称 インスタ フェイスブックやツイッターに並び流行つつ皆さんもきっと楽しんでいる事と思います。最近、お客さまの投稿も目立ち…若い学生バイトさんに習いつつ(^_^;) 金澤屋珈琲店 公式 インスタグラムサイトを立ち上げました。宜しくお願いします!基本的に言葉よりも写真を楽しむ世界規模のソーシャルネットワーク。お店にし...
謎だらけのダッチコーヒー 2017/08/18  謎だらけのダッチコーヒー皆さん、 「ダッチコーヒー」って何か知ってますか?喫茶店やカフェで目にすることもあるかもしれません。別名 水出しコーヒー と言うと大半の人がわかるでしょうか。それでもダッチコーヒーと言えば英語でDucth coffeeつまり、直訳するとオランダのコーヒーです。オランダのコーヒーと言う訳ですが、実際には、お湯ではなくお水で時間をかけて抽出したコーヒーを指します。 喫茶店でこ...

タグ

器具 焙煎 

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
13位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター