2016-08

「一服の茶を飲む」~一期一会のおもてなし茶の湯の継承と金沢の珈琲文化

一期一会のおもてなし茶の湯の継承と金沢の珈琲文化の融合店「金澤屋珈琲店」~

~この日この時この一瞬を心にとめ大切にする日本人の文化~
20160823102538067.jpg 
海外に行くと、日本が恋しくなる。
事はないでしょうか?
まずは、飛行機の中で日本航空と海外の航空会社の接客や配慮の差は歴然をしているものを感じる事が多いです。
親切心、心配り、そして提供される飲食サービスであり…

やはり日本は素晴らしい。と外に出ると感じる事があります。

美味しいものを安全に飲食することができ、治安の良さ、衛生面…これは、世界でもトップレベルといわれています。
特に食べ物が美味しい。

日本人の造る料理特に日本食は、五感で楽しむ文化のように感じます。
そんな美食文化も歴史や伝統があってこそと感じます。

コーヒーでいう潮流でいうと、ヨーロッパやアメリカなどの欧米では、トップバリスタと言われる方々が、ペーパーやネル、サイフォンといった日本の器具や道具などを使用し、高品質の珈琲を一杯ずつ丁寧に淹れる事が注目され、その文化が逆輸入されるかのように日本でも見られています。まるでその珈琲を淹れる様子は、エンターテナーのお披露目のよう…
20160113_114550.jpg


 20160113_112716.jpg


20160113_103833.jpg 

20160113_111952.jpg 

その一方で、日本には、珈琲があふれています。インスタントコーヒーに缶コーヒー、1杯ずつのドリップオンタイプのコーヒーにそしてコンビニコーヒーやチェーン展開する外資系のカフェそしてその先端が喫茶店。
海外からいらっしゃる方は、日本の喫茶店に驚かれます。それはサービスであり心配りであり、そして勿論味のレベルの高さ。
外国というものをすべて知っているわけではないので…見えてこない部分もありますが、そうそうないらしい。






日本の喫茶店と言えば、個人個人に行き着けや好みが出ます。何も求めるかにもよりますが大体は、店主のこだわりのある1杯を目で見て味を楽しむこと、さらに内装、音楽、落ち着く空間などのくつろぐこと。普段の生活とは違う何かを求めて休みにいらっしゃる方が多いのです。
更に、こだわりは、自家焙煎コーヒー喫茶店 
生豆からこだわり、焙煎や抽出までの味づくり、一杯ずつ丁寧に客人の前で淹れる所作。

之が日本の昔ながらの喫茶店。

それでも、珈琲もビジネスの一つ。コーヒーを飲んでくつろぐ、ネットカフェ、フリーWiFi、電源サービス、パソコン、印刷サービスなどの情報提供などの利便性と他店との差別化をつけたお店も見かけるようになりました。 どこまで便利になるのか?そんな店が増えるとこの先は…?
と考える事もしばしば(^_^;)

喫茶店としての利用も広がりつつある中、いろいろなシチュエーションがあり、どこまでサービスするのかは、白黒はっきりさせにくい! 
のがこの商売です。
基本としては、本当に困っている人とそうでない人がいます。yesかNo の判断はそれ次第。

コンビニが24時間100円で挽きたて淹れたてすぐに珈琲を飲めるようになりました。インスタントでもなく缶コーヒーでもない、淹れ置きのコーヒーメーカーの酸化した珈琲でもなくそれが100円。 と言うのが日本のすごい所です。
今では年間に数十億杯を記録(-_-;)するらしい。

嗜好品と言われるコーヒー、缶コーヒーも、100円コーヒーもあり更にどこで誰がどのように作りいつ生産され、日本に入りいつ焙煎したのかもわかる、そして目の前で自分の為だけにいれてくれる専門店までが共存しています。
DSC01912_201608231049140ce.jpg 
かつて茶の湯をたしなんでいた日本人の文化はコーヒーへ。

「一服の茶を飲む」事を目的として日本の美、繊細な心に出会う事が出来るといわれている茶の湯。
その究極は茶会。
茶の湯を大成した有名な千利休は、一椀のお茶を客人に美味しく飲んでもらうために、何日何か月も費やすことがあったといわれています。
湯わかしの炭の準備であり、庭の草木の手入れ、茶室に茶道具の手入れに菓子への心づかい。

一期一会のおもてなし と言われその日、その時、その一瞬を大切にしていたといわれ、その心が現代の日本人へ。
業種形態は違いますが、ありとあらゆるシーンで日本のサービス精神の質の高さや奥深さを感じずにはいられません。

もてなされた客は、目で見て体感し、そして味わって体験、自然の美や空間の美を愉しむ。
そして先の四季を想像する。
亭主の配慮を感じる事が出来る。
そういった体験を通して、暮らしの中にも五感を大切にする知恵や配慮を身につけ、歳時にもつながったのですね。

日本人は、客人が家を訪ねると一服の茶に菓子を提供するものです。
昔ながらの利休の心が現代へ。
DSC_0014.jpg
茶の湯の文化は、金沢では歴史深い。
江戸に次ぐ偉業を成し遂げた加賀百万石大名前田利家公はそんな千利休に影響された茶人でした。
siro.jpg
数々の伝統工芸と城下町の文化や伝統の始まりはそこから。

コーヒーの文化も元をたどれば茶の湯の文化から。
20160823061127705.jpg 


20160823061142612.jpg
つい先日、発売された月刊「金澤」9月号にて弊社珈琲専門店のパイオニアとして 「キャラバンサライ」が紹介されました。
創業1980年から地元でより鮮度の高い美味しいコーヒーの文化普及を35年以上がたちました。
創業時、当時最盛期と言われた、喫茶店から始まり他店との差別化を図るために自家焙煎の珈琲店へ。
当時珈琲は業務用にという認識が深かった時代でしたが、一般家庭にこそ鮮度の高いコーヒー豆のニーズがある」と自社で焙煎したコーヒー豆の小売する豆売り店を新たに展開し、珈琲に合う菓子、素材にこだわった四季折々のギフト商品、製品づくりをし地域に根付いた店づくりを。
「焙煎後1週間たった豆は販売しない」が方針で、購入後、各家庭、個人で美味しいコーヒーをより長く楽しんでいただけるようにと配慮を込めています。
興味深いことに、金沢人はコーヒーの消費量は全国でもトップクラス。家のみコーヒーする人が多いのです!
合わせて楽しむ茶菓子については№1.
伝統続く老舗和菓子店は、金沢に数知れず沢山。
甘いものと一緒にいただく珈琲にもこだわりを。
そういった金沢ならではの珈琲文化は、時代と共に変化はしつつ素晴らしいと感じます。
20160823061135121.jpg
コーヒー豆小売専門店から異業種展開させた「金澤屋珈琲店」
は、自家焙煎コーヒー専門店の喫茶部門。
店名は違いますが、新形態のコンセプトショップです。
2012年4月に新たに開業しました。

記事にもちらっと書かれています。

「金沢の持つ優美さと伝統とコーヒー文化」を融合させた金澤屋珈琲店
20160823110029481.jpg 20160823110020861.jpg
開店当初から、働かせてもらっているのが、ありがたい事に私、松崎です。
出会いあり別れあり…で当初の事を知るスタッフはいませんが。
時代の潮流や流れにのりともに築いたものが実ってきたようです。


コーヒーは、1杯500円からです。
金沢の喫茶店では、500円は高いほうに入ります
駐車場は、残念ながらありません。
お店は登り坂の上にあり、歩くのも大変です。
冬は凍結します。(゚д゚)
働くスタッフもしんどいと思う時が(^_^;)

が、ここまで来てよかった。
また来たいといって下さる方が増えました。

きっとここに立って、一服

何か感じるものがあったのですね。
それはありがたい事です。

茶の湯は、日本の美、日本人の心。
一期一会のおもてなし
1338823225997.jpg  1338823223560.jpg
まるで美の玉手箱

「自然の美」



20160823102434807.jpg

20160823110213397.jpg 

露地に、店内に

DSC00398.jpg
DSC00381.jpg
小さな空間の中で過ごすひととき。
草木、花をめでる。小さな変化を気にとめる。
20160823102358231.jpg 

kadan.jpg 
「道具の美」
カップ
食を楽しむ茶器、珈琲を淹れる道具
DSC00364.jpg



DSC00358.jpg


水だし

20160602142139994.jpg

「室礼の美」

20160602142131059.jpg

空間の美、派手すぎず自然に美しく見せる。
晴れの日も雨の日、雪の日もこころに落ち着きを与えてくれる空間
20160823102506560.jpg


20160823102458061.jpg

20160823102444018.jpg

20160823112040864.jpg 20160823112045728.jpg

IMG_20130409_100516185_20160823112811000.jpg


fc2_2012-12-31_01-14-59-589_20160823112519041.jpg


 DSC_0109.jpg


fc2_2013-01-20_06-45-50-204.jpg 

「所作の美」

茶を点てるように珈琲を淹れる。
豆を挽き、湯を沸かし、淹れる。
無駄のない動きや所作は、見ていて心地良い。
DSC02244_201608231048272ed.jpg 

「客人とつくる美」
客人と共に自然、空間、時をもてなす。
そんなひと時を一緒に楽しむ会話であり挨拶の一言。




金澤古来のおもてなし文化をコーヒー店へ。
「一期一会のおもてなし~五感で楽しむひととき」

時のたつままに、趣が出てきました。

金澤屋珈琲店は、このようなお店です。

コーヒーを情緒豊かに楽しめる、五感で感じるきめ細やかな配慮を。
豊さを愉しむ金沢人のコーヒースタイル。

このお仕事の基本は、気配り、目配り、心配り。
スタッフ共々日々精進してまいります。

皆様もどうぞお寛ぎ下さい。















Coconut cookies!-ココナッツクッキー

Coconut cookies!-ココナッツクッキー

新登場! 
ココナッツ風味のサクサククッキー。


20160730181908771.jpg 20160730181928925.jpg

Kokosnuss-Coconut_20160730155918a1d.jpg

ココナッツはヤシ科の単子葉植物、ココヤシの果実である。ココナツあるいは、単に椰子の実ともいう。Wikipedia

ココナッツと言えばやっぱりこの大きな大きな実。
南国の象徴であり、何とも言えない甘い香りを想像してしまいます。

世界中で愛されるココナッツ。
古くから医療薬品としても用いられるほど栄養価の高い植物です。

ココナッツといえば、
香り高いので芳香剤の香りに必ずと言ってもいいほど使われていますね。
菓子材に、ジュースに、ミルクに、そして美容効果が高いと近年知られるココナッツオイルに…
いろいろと加工されて私たちの日常生活に欠かせない存在です。

最近では、ダイエットようの健康食品にも使われています!

ココナッツは、南国の象徴ヤシの木からなる実。
ですが、厳密にいうとココヤシという種類の木です。

コーヒーノキと同じく、南国の年間を通して温かい国で育ちます。

生産国では、ココナッツは主に食用。
栄養価の高さから健康面でも優れた効果がある。
ココナッツオイルは古くから薬として重要な役割を果たしてきた。

日本で使われているココナッツは輸入された加工製品です。
日本でもわずかに育てられているようですが、実ができる事はないそうです。
人気はありますが、日本では作れない貴重な素材です。
加工製品では、
「ココナッツミルク」や「ココナッツオイル」、スイーツなどの材料となる「ココナッツパウダー」といったものがあげられます。

栄養価的には、
ココナッツの約80%は水分で
主な成分は、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、、葉酸などのビタミン類、およびミネラル分となっています。

ココナッツオイルやココナッツミルク一時日本でもブームになりました。
美容効果が高く白湯にいれたりお米を炊くときにオイルをいれるとカロリーカットになるのだとか…

そんなダイエット美容に欠かせないココナッツオイル。

夏バテしそうなこの時期には、いろいろな病原菌から体を守る効果もあるのだそうで免疫力アップに期待ができます!

更に認知症予防、美肌効果…
糖尿病のリスクが下がる!
その理由は…
ココナッツには、中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。
中鎖脂肪酸はエネルギーになりやすい脂肪酸であり、体に脂肪が付きにくいのが特徴です。数多くの動物実験により中鎖脂肪酸を積極的に摂取した場合、糖尿病のリスクが下がるということが近年判明したようです、


ドリップした無糖の珈琲にも同じような効果があるらしいです。


珈琲と合わせてココナッツクッキーを。

20160730181936995.jpg

店内で、
そしてお持ち帰りように。

 20160730181913886.jpg

ココナッツミルクとパウダー、カシューナッツの食感がさくっと美味しい!
自家製クッキー


「ココナッツクッキー」の紹介でした❤

【読書して過ごしたい金沢のカフェ】~「旅色」にて店舗紹介されました!

(*^_^*)【読書して過ごしたい金沢のカフェ】~「旅色」にて店舗紹介されました!

ウェブサイトマガジン
「旅色」にてなんと!お店を紹介していただきました。

今回初めて知った旅色。
旅先の情報収集に助かりそうな、ちょっと上質な大人旅の提案がされています。
fc2_2012-12-31_01-14-59-589_20160823112519041.jpg
女性や一人旅向けとして毎月掲載情報も変わっています!
サイトはこちらから↓
「旅色」
http://tabiiro.jp/

食、グルメ、観光、ショッピング…
日常生活を一瞬でも忘れるひと時を!

そんな中で今回ピックアップされたのは、なんと全国の中でも金沢

時期は、秋号!
という事で秋と言えば…食欲の秋、勉学の秋、そして!読書の秋♪p(*^-^*)q

文学の秋、金沢の秋…

というタイトルで特集が組まれ、金澤屋珈琲店は読書したいカフェにてピックアップされました!

20160823110020861.jpg 

金沢には多くの文豪ゆかりの地があり、加賀百万石城下町としてかつて栄えた場所。

ここ金澤屋珈琲店もかつては城内にあった場所の一つ。

面影や風情を残しながら金沢風情ある場所にひっそりと静かに存在します。

お城まで徒歩5分

siro.jpg 

そして多くの文豪を輩出しています。

著名な3人の作家
「金沢三文豪」
徳田秋聲(とくだ・しゅうせい)
泉鏡花(いずみ・きょうか)
室生犀星(むろお・さいせい)

東山に徳田秋聲記念館
下新町に泉鏡花記念館
千日町に室生犀星記念館
全て街中に点在し、現在も多くの観光客の方や地元の方が足を踏み入れています。

一人きままに旅をして、思索するのも良いかもしれません。

今回は、そんな金沢へ何度か足を運ばれたことのある、魅惑的な女優・檀 れいさんが散策紹介をしてくれています。

落ち着いて読書したいカフェ。

自分で言うのもなんですが(^_^;)
本当に店の雰囲気は素晴らしいと思います。

一人でも来店しやすく、特に2階席は、緑で全面に覆われ本当に時間を忘れてしまいます。

実際に、男女問わず休日を一人でゆっくりしに来る方が特に常連さんに多いのです。

読書している方もいらっしゃいます。
「旅色 金沢」紹介ページ↓
http://tabiiro.jp/book/special/kanazawa/#!1

金澤屋珈琲店紹介ページ

http://tabiiro.jp/book/special/kanazawa/#!9

カップ

この景観です!
店内は、静かにジャズが流れています。

 20160823112045728.jpg

靴を脱いで上がるカウンター席は、座った瞬間から立ち上がるのが嫌になるくらいゆっくりしてしまいます。

20160823102506560.jpg 

赤い格子から眺める前面の緑。
秋はここから紅葉が始まり、落ちゆくのもまた楽しみに。

20160823102449340.jpg 

皆さんは、たまには何もしないでぼーっとしたくなりませんか?

秋の店内はこのように…

mise5.jpg
大手掘りから眺める大きなケヤキの木や桜が紅葉していきます。
 mise6.jpg
たまに格子をあける事も。
mise7.jpg 
秋はもうすぐ。
ご来店お待ちしております!

mise (4) 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

金澤屋珈琲店  本店


Author:金澤屋珈琲店本店
金澤屋珈琲店は石川県金沢市、金沢城公園の黒門口横に位置する自家焙煎のネルドリップコーヒー専門店です。

◎店舗情報
石川県金沢市丸の内5-26
TEL/076-254-5411
営業時間/9:00-18:00
(12月~2月は17:00まで)
毎週水曜定休

リンク



最新記事

カテゴリ

珈琲と抽出検証 (282)
ネルドリップ (111)
カフェプレス (5)
エアロプレス (6)
水出し珈琲 (41)
サイフォン (18)
エスプレッソ (4)
アイス珈琲 (30)
ペーパードリップ全般 (274)
ペーパードリップ―カリタ式 (21)
ペーパードリップ-メリタ式 (14)
ペーパードリップ-ハリオ式 (13)
ペーパードリップ-コーノ式 (79)
ペーパードリップ-ゼロジャパン (4)
ペーパードリップ-スリーフォー (8)
コンパクトワイヤードリッパー (7)
ペーパードリップーKEYクリスタルドリッパー (4)
珈琲教室 (54)
ペーパードリップ紙のお話 (2)
自家焙煎珈琲豆 (250)
コーヒーと健康 (10)
コーヒーとお水 (19)
焙煎 (28)
ブレンドコーヒー豆 (1)
シングルオリジンコーヒー豆 (3)
スペシャルティーコーヒー豆 (40)
コピルアック (19)
コンビニコーヒー (8)
ゲイシャ種 (9)
季節の喫茶メニュー (290)
珈琲英語 (24)
カフェメニュー (48)
コーヒースイーツ (41)
カカオ (25)
加賀紅茶 (23)
スタッフブログ (1)
金澤屋珈琲店 春夏秋冬 (593)
金沢城公園・兼六園 (146)
陶芸家「小西みき」 (14)
彫刻家「木下輝夫」 (13)
華道家「草月流 栄波」 (52)
スタッフ紹介 (6)
本店案内 (83)
イベント (52)
コーヒー器具 (100)
コーヒーとグラインド (49)
コーヒーと器 (7)
コーヒーと保存 (30)
ドリップポット (12)
研修レポート (135)
珈琲祭展 (5)
各種競技会 (39)
日本カフェ巡り (49)
台湾カフェ巡り (16)
コーヒーハンター「川島良彰」 (6)
コーヒーサロン (6)
タイのコーヒー収穫体験2,016年 (21)
インスタント珈琲 (4)
珈琲ギフト (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
7位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター